goo

盛山正仁の本<バリアフリーからユニバーサル社会へ>

 今年は東日本大震災、福島原発事故、台風による水害等で、我が国は大きな被害をこうむりました。エリザベス女王が即位40周年の1992年を「annusu holibilis(ラテン語でひどい年)」と表現されたことを思い出します。私自身、阪神大震災で実家が全壊し、途方にくれましたが、今回の東北の皆様の被害はさらに大きいものであり、被害を受けられた方々に対して国民全体で手を差し伸べていかなければなりません。

 私は平成10年度にバリアフリーを担当して駅にエレベーター、エスカレーターの設置を推進する助成制度を創設し、平成12年には交通バリアフリー法を、平成18年にはバリアフリー新法を制定しました。我が国のバリアフリー化は急速に進んで参りました。

昨年末には当初設定したバリアフリー化の目標年次を迎え、今年3月には2020年度をめざした新たな基本方針が定められました。また、今年1月に視覚障害の方が転落され死亡される事故が起こったことにより、ホームドア設置についての動きも加速しています。

この機会をとらえて、これまでのバリアフリーの動きと、これからの誰にとっても暮らしやすいユニバーサル社会について、他人を思いやる「バリアフリーの心」についてまとめてみました。被災者に対する支援も、高齢者・障害者等に対する思いやりの心も、困っている人に手を差し伸べるということでは共通しています。

1028日に出版しました「バリアフリーからユニバーサル社会へ」は、私にとりまして「エコツーリズム推進法の解説」「生物多様性基本法」「観光政策と観光立国推進基本法」「生物多様性100問」に続く5冊目の本となります。

お手にとっていただき、ユニバーサル社会の実現に向けてご一緒に取り組んでいただけると幸甚に存じます。

(注)多くの方々に読んでいただければありがたいのですが、私費出版ですので三省堂書店以外の書店では取り扱っておりません。私宛ご連絡いただければお手元にお届けさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

バリアフリーからユニバーサル社会へ

バリアフリーからユニバーサル社会へ
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2011-10-27

* * * * * * * * * * * * * * * *

創英社/三省堂書店広告より

Hp

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )