しはんの裏日記「B面」

工房師範が陶芸と関係なく、日々感じたり、深く想ったり、いいことをひらめいたり、バカバカしいことを考えたりしてることです。

韓国のデモ

2016年12月07日 09時09分21秒 | Weblog
寒い寒い休日なんで、昼間っから部屋でゴロゴロして、バカバカしいワイドショーを観てんだけど・・・
いやー、おもっしろいねっ!朴槿恵さんのやつ。
ひどい大統領がいるもんだなー、とは就任当初から思ってたんだけど、吊し上げれば吊るし上げるほど新しい事実が出てきて、その高いコスパが愉快だ。
国民が窓の外で声を張り上げるほどに、ちゃんと面白いネタが転がり出てくるわけね。
スキャンダル的なやつがじゃんじゃん明かされるその下世話な内容も面白いけど、それ以前に、なんつっても直接民主主義が機能しちゃうそのシンプルなシステムが興味深い。
情報開示ってのは、やっぱり圧の強さに比例するんだね。
官邸前で「わーっ」と大声を出したら、当局側がすぐに根をあげちゃって、国民に味方せざるを得なくなる、その潔さ・・・というか、単純さがいい。
民衆の圧力とその意欲、それに対する権力サイドのレスポンスの早さ(手の平を返すような)には、感服するしかないよ。
ぱーん、とうまく決まったメンコ(昭和の遊び)のように美しい。
韓国人が、事あるごとにデモをしたくなる気持ち、わかるなあ。
日本もこうでありたいもんだ。
わが国では、のれんに腕押しだもんね。
声をあげたところで、なんのレスポンスもなきゃ、なんの変化も生み出し得ない。
皮肉でもなんでもなく、あのうねりには本当にうらやましさを感じる。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腕立て伏せの作法 | トップ | 頭の悪いやり方 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む