しはんの裏日記「B面」

工房師範が陶芸と関係なく、日々感じたり、深く想ったり、いいことをひらめいたり、バカバカしいことを考えたりしてることです。

今日の運勢

2017年07月12日 07時58分45秒 | Weblog
占いはあまり信じないけど、信じてるものは何個かある。
毎朝、パソコンで麻雀ゲームをやるんだけど、こいつの勝ち負けは重要だ。
トップを獲れば、その日は絶好調に過ごせるし、ハコを割ったら、要注意の一日となる。
朝の情報番組の占いを見せられると苦々しい気持ちになるわけだけど、わが麻雀システムは、運勢を実力で勝ち取るものなんで、直接に一日のテンションに影響してくる。
かくて、一位なら本当にいい一日になるし、最下位なら本当に凹んだ一日となる。
占いのメカニズムとは結局、こういうものなのだ。
もうひとつ、信じてる占いがある。
これは「丁半」の賭博に近いかもしれない。
意外とやってるひとは多いに違いない「ブラジャー占い」だ。
二人暮らしである我が家は、洗濯は数日置きに行われる。
その間に、よめはんのブラジャーがたまってく。
これらを洗濯し、干すのはわが任務なのだが、この干すときに、どっちをつまみ上げるか、なのだ。
つまり、ブラのホックの。
ブラジャーには、背中で接続するべき二端があり、それぞれに別形状のホックがついてる。
ホックにはオス型とメス型があり、つまり立体的に盛り上がった「ツメ」側と、扁平な「ウケ」側がある。
このホックを洗濯物干しのピンチにはさむには、ウケ側の平らな部分が必要だ。
すなわち、ブラをつまみ上げる際には、当たり外れが存在するのだ。
洗濯カゴに手を突っ込み、運よくピンチに据わりのいいウケ側をつまみ上げられればポイント獲得、ツメ側をつまんでしまった場合はマイナスポイントとなるわけだ。
その「何勝何敗」というアベレージが、その日一日の運気の量となる。
しかしここでなかなか厄介な問題が発生し、そのためにイレギュラーなルールを設定しなければならない。
洗濯カゴからは、よめはんいったい何枚持っとんねん、というほどのブラが姿を表すが、その中に「ホックなし」のブラ、すなわち、オスもメスもつなぎ目もない輪っか状の「頭からかぶり式」のものが一枚だけ存在するのだ。
こいつは最悪だ。
なにしろ、運気の判断がつかない。
そこでこいつは「ボーズ」として扱うことにする。
百人一首を用いたお馴染みのカードゲーム「坊主めくり」のボーズだ。
こいつを引くと、今までの勝敗数がノーカウントとなり、次の一枚から勝負のやり直し、となる。
負けが込んでるときには、ボーズはラッキーな徳政令となり、勝ちまくった末の最後にボーズをつかんだ日にゃ、思わずベランダでへたり込みたくなる。
こうした天の気まぐれにより、わたくしはその日一日の運気をコントロールされてるのだった。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都議会議員選挙 | トップ | エスカレーター歩行考 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む