karibu sana

育児しながら卒業した看護学校。で、今、看護師してます。

看護観て

2017-06-13 | お仕事
退職して、肩書が「専業主婦」になったのって13年ぶりです。

すっきりしてます。

でもあんまりのんびりしていると保育園を退園させられちゃうから

頭も痛くなってきた


看護学校の教員をちょびっとやってみて
看護観にこれは直結するなって思った

看護過程の展開なんて
そこそこできてればいいと思うんだけど
きっちり一字一句見なくても
ポイントが抑えられてて分析から目標、計画が筋として流れてれば
いいと思うんだけど
それじゃダメだって厳密にやろうとしている上の人

学生にしてみれば
そんなの大体できていればいいから
国試の勉強させてよって

国試に受かるのが目的なんだから
そこから全部さかのぼって
科目ごとの課題とかやっていけばいいのに

変なところこだわりを持って押し付けてる

バカじゃないの?

可哀想なのは学生さんで
振り回されて
怒っていいよ、あなたたち


教員って何を教えるんでしょう

看護師として一番大切なことを教えてるんでしょうか

一番大切なことは
古いけど
使い古された言葉だけど
やっぱり
寄り添う事ではないかと
私は思う

たくさんいる患者さんの全員に寄り添ってたら
体がもたないけれど
そういう気持ちで看護過程もやってみればいいのにと思う

個別性をもたせて、とか
寄り添う気持ちがあったら自然とそうなるはず

NANDAも結構ですが

困ってる人がいたら
つらそうな人がいたら
声をかけて
手を差し伸べて
必要なケアを提供する
それが私の思う看護の本質

そんな自分の看護観を
学生に伝える場面もなくて
何のための授業なんだか

軽蔑
軽蔑

先生の力って大きいな

学生さん、ごめんね。

看護師がいい仕事だとは今はあんまり思えない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんばろう | トップ | サローヤンと美声 »

コメントを投稿

お仕事」カテゴリの最新記事