ルンルンピアノ

ピアノ教室の子どもたちとの楽しい毎日。。。。。。

4012    ブンタ

2017-06-15 09:18:03 | Weblog

13日

N達が西成行きなので、久しぶりに動物園へ出かける。
一緒に大阪まで出て天王寺動物園でもよかったのだが、帰りのことを考え
神戸の王子動物園に決めた。
とにかく涼しいのがありがたい。


まずは、きょう冴えてた動物たちの記録。

『よしはるは かみます』 と札のかかったケヅメリクガメ。
ウナギのような首をクネクネさせ、意地悪い顔でいがみ合ってばかりのフラミンゴの群れ。
お腹を搔きながらだらしなく寝そべるカンガルー。
大きなソテツの周りを、2羽でグルグルグルグル走りまわるダチョウ。
「林家三平ソックリやなあ」と呟くと、近寄ってきて低い声で怒ったようにボンボンうなるエミュー。
ナミコというお母さんカバのそばで、時おりザバーッと、笑ったような顔をだす赤ちゃんカバの出目丸(マキバオーそっくり!)
これには思わず、「カワイイッ!」と声が出てしまった。
小さな水浴び場で、バシャバシャとひとり遊びに夢中なツキノワグマもいじらしい。
最近なぜか逢いたくてたまらなかったキリンは、うす暗い室内でひっそりしているが、これもまた良い。
脚に白い布を巻いて歩く大アリクイを見つけ、(あれ、どうしたんだろう)と驚いて近づくと
床ずれ防止用サポーターらしかった。

持ってきたオニギリを、涼しい木陰でのんびりと食べる。
最近はプールばっかりで、こんな緩やかな時間は久しぶりだ。
寄ってきたハトやスズメにオニギリのかけらをやりながら、ぜいたくなひと時を満喫する。
この日は、せわしないサル類は見ない予定にしていた。

出口付近で、動物園サポーターのチラシが目に入る。
ひと口1万円で1年間、特定の動物のサポーターになれるらしい。
実はきょう1番気になったのが、ブンタという名前のロバだった。
シカ達と隣りあった柵の中で、向こうを向いたままひとりポツンとたたずんでいる。
ちょっと青みがかったグレーで、金太郎の羽色に少し似ている。
「ブンタ」 「ブンちゃん」 と声をかけるが、ジッとしたまま振り向きもしない。
説明板には『鹿児島の平川動物園から来ました。王子動物園ではロバの飼育は23年ぶりです。人気者になれるといいな!』
と書いてあった。
子ども連れの家族や若いママ同士が来てはロバに声をかけるが、相変わらずピクリとも動かない。
「ほんま動かへんな」
「微動だにもしねー」
みんなそそくさと通りすぎていくので、(これは人気者にはなれないだろう)と案ずるが、(いや、その不愛想さが逆にセールスポイントにつながるかも) など、色々と印象に残るロバであった。


サポーターのチラシとブンタが重なる。
1万円は大きいが・・・・・・やってみようかな



帰りは三宮まで出てデリカテッセンとドンクに寄り、太平閣のブタまんを買って帰宅。

いい気分転換の1日だった



おわり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4011  Nの東京行き | トップ | 4013   kayoさん初競... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事