Moritareiko2000の美術探訪

美術(絵画、工芸品)と美術館に関する探訪を主体に、
芸術に関する個人的な考えも発信する。

外国の美術館での、日本の美術品の取扱 4 オランダと出島

2017年01月04日 | 美術館

今回も、前回と同じアムステルダム国立美術館である。

出島はオランダにとって、特別な意味を持っている。

1800年初頭に、オランダはナポレオンに征服されフランスの直轄地となり、さらに、フランスと対立する英国が

オランダの植民地を征服し支配下に置いた。これにより、一部の海外の要塞を除き、世界からオランダの国旗が消えた。

このとき、唯一、オランダの国旗を揚げ続けたのが出島である。しかも、英国の攻撃を撃退したのである。

当然のこととして、オランダ国旗を掲げた出島の模型が展示されている。

その他、かなりの展示スペースをとって、日本の美術品が展示されている。南蛮屏風や、抹茶壷などは展示されている。

 

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 外国の美術館での、日本美術... | トップ | 2016年の特別展 1 クラーナハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL