Moritareiko2000の美術探訪

美術(絵画、工芸品)と美術館に関する探訪を主体に、
芸術に関する個人的な考えも発信する。

ブルージュ ピーター・ポーバスの最後の審判とジェラード・デイビットのカンビュセスの審判

2017年05月10日 | 美術館

グリーニング美術館あるPieter Pourbusの最後の審判は有名である。

この絵に関して、図象的に

 北方ルネッサンスでは一般的である魂の重さをはかる大天使ミカエルがいない

 画面下中央の裸の女性が目立ちすぎて、何かの象徴のようである

との疑問を持ったので、また、同じ絵が自由ブルージュ博物館にも展示されているため、美術館に問い合わせをした。

答えは以下であった。

Thank you for your email and interest in our collection.

The work of art is painted by Pieter Pourbus (1523/4-1584), an artist from Gouda, that worked in Bruges from 1543 onwards.

The naked woman in the foreground is not a portrait. Except for Christ in the middle and the saints in the clouds, nobody specific can be identified.

The arch angel Michael is sometimes depicted to weight the souls to decide if they have to go to heaven or hell. In this painting Christ makes this decision himself. It is visualized by his arms pointing to the sky. Pourbus took Michelangelo’s fresco in the Sistine chapel as an example for this painting.

 

 

The painting in the Brugse Vrije is a copy of the painting in the Groeningemuseum. It is displayed in the Brugse Vrije because that is the original location.

 

 

 

With kind regards

 

これによると、ヴァチカンのミケランジェロの最後の審判を参考にしたと書かれている。

 

 

大天使がいないことは同じだが、ずいぶんと印象が異なる。

 

一方、自由ブルージュ博物館の絵は、元々はこの絵の有った場所であるが、今ある絵はグルーニング美術館のコピーで、絵は小さい。

自由ブルージュ博物館の最後の審判の隣にはジェラード・デイビッドのカンビュセスの審判が飾られている。

これも、グルーニング美術館に下に示す本物がある。

 

この2つを比べると、レプリカ(上の絵)の背景が簡略化されているのが分かる。

 

コメント

ベルギー ゲント 聖バーフ大聖堂

2017年04月29日 | 美術館

ゲントの聖バーフ大聖堂は、その中にあるヤン・ファン・アイクの絵や真理の説教壇などの美術品でも有名である。

今回、訪問した時は(2016年)残念ながら修復中で全体を見ることはできなかった。この教会は12世紀に建設が始まり16世kに完成したため、ロマネスク様式とゴシック様式の両者だといわれている。3廊式の建物で入り口から主祭壇を望むと、全くのゴシック様式といっても間違いではない。

この聖堂で有名なのはヤン・ファン・アイクの「神秘の子羊」と呼ばれる祭壇画である。残念ながら、本物は修復中でレプリカが飾られている。

残念ながら、レプリカなのに撮影禁止であったため、ウイキペデァの写真を使用する。

北方ルネサンスの傑作のひとつであり、この絵に関してはいろいろな解説がなされているが、詳細は別の機会に譲りたい。

 

デルボー作の説教壇が有名であるが、主祭壇もそれに見劣らない荘厳なものである。

 

コメント

ベルギー ブルージュ 公文書館 自由ブルージュ博物館 市庁舎

2017年04月19日 | 美術館

公文書館 自由ブルージュ博物館 市庁舎は隣り合わせのゴシックの建物です。

上の写真が共通の入り口。下の写真の右が市庁舎です。

 

市庁舎は大きなホールで宗教色の少ない絵で装飾されています。

これは!という絵はありませんでした。中央に金色の聖母子像が設置されています。

 

自由ブルージュ博物館の絵の展示も多くありません。

最後の審判と聖バルトロマイの絵が並べて掲げられていました。非常に寓意に富んだ並べ方です。

絵に説明がなかったので、推定ですが15世紀中の絵と思います。空気遠近法の使用、木版の使用、動きの少ない構図、全体にかかる光などからの推定です。

この最後の審判は天使でなく、キリスト自身即ち神が裁いています。また、聖バルトロマイ(ミケランジェロの最後の審判で、皮を持ち神のそばにいる聖人)はユグノー事件を思い起こさせます。カソリックの乙女が新教徒の恋人にカソリックのマークをつけてくれと願うミレイの絵と重なります。

新教と袖を別ったベルギーがこの乙女と重なり、最後審判の中央の乙女(ベルギー)が神に正しさを訴えているように見えます。

この文書だけでは分かりづらいので、いずれ詳しく分析します。現在、ブルージュの美術館の学芸員に問い合わせ中です。

 

 

 

 

コメント

イタリアの美術館の珍しい聖母子像、受胎告知、磔刑図

2017年04月18日 | 美術館

今回の旅行で見つけた珍しい宗教画を紹介してみます。

まず、聖母子像です。

            

聖母子像と言えば 聖母マリアが赤ん坊のキリストを右、左、または中央に抱くのが一般です。

紺と赤の服、髪をベールで包んでいる、光輪等から聖母マリアは明白である。幼子キリストではなく少年キリストが、母を守ている図象である。

聖母マリアのこのように勇ましく意志の強い顔を見たことは有りません。

      

これは、レオナルド・藤田の聖母子像です。すべての悲しみに共感できる母のやさしさ、悲しさが心を打ちます。

 

次は受胎告知です。この図象は、天使が左、聖母マリアが右と決められていると思い込んでいました。

    

イコノロジー的に見ると、全く約束通りです。

 神を表す手と光、精霊を示す鳩

 マリアの青と赤の服、髪を包むヴェール、わきに置かれた聖書、純潔を示すユリ

しかし、マリアが左にいます。

 

次は磔刑図です。

           

ダリの作品です。

 

 

 

コメント

パリの美術館

2017年04月17日 | 美術館

今回のイタリアの美術館探訪の最後の都市がパリです。

 

イタリア、特にヴェニス、フィレンチェではすべて徒歩で回ったことと、当然ながら美術館は徒歩で回らないといけないことから。かなり疲れました。それで、パリではゆっくりとすることにしました。

 

10時過ぎにノートル・ダム寺院に行くと、入場の列が長くとても混んでいたので、内部見学はあきらめました。また、本日はルーブル美術館は休みなので、セーヌ川河畔を歩きながら、エスプレッソにクルワッサンを楽しみながら、オルセー美術館まで歩きました。風が心地よいものでした。

やっぱり、オルセー美術館も混んでいてあきらめました。

訪ねた美術館は以下です。

 

プティ パレス

 ロココの美人画を見てちょっとホッとしました。

 

Musee Jacqement

 いい美術館です。

 

何度来ても、パリはいい街ですね。テロなど無粋なことは忘れます。

 

 

コメント

ローマの美術館

2017年04月11日 | 美術館

今日、10日は、月曜日で、休みの美術館も多いので、ヴァチカン美術館を主体に計画を立てました。

 

ヴァチカン美術館

  公式ホームページで、9時に予約をしていたので、8:30に着くように行きました。ウフィツィ美術館どころではない混み方でしたが、公式ホームページのバウチャーのおかげで、すっと中に入れました。ところが、チケットに変える窓口がもの凄く、混んでいました。今度は、優しいスタッフのおばさんが、一人で公式ホームページで予約したのだからと、誰も並んでいない窓口に連れて行ってくれました。8:40には、中に入れました。  混んでいること、混んでいること。

 

サンタ マリヤ ソプラ ミネルヴァ教会

  すっと入れました。

 

サンタ ルイージ デイ フランチェージ教会

  あるべきところにあるカラヴァッジォの絵は圧巻です。

 

ドーリア パンフィーリ美術館

  本当にローマの貴族はお金持ちだったんですね。

 

今回、ホテルの部屋がルーフトップスイートでした。猫脚のバスタブが、2つもあり、20畳と6畳ぐらいのテラスが付いていました。リビングからは、ライトアップされたヴァチカンが見え、ベッドルームからは、スペイン広場の方向が見えます。早く帰って、ベランダで月とお酒を楽しみました。ちょっと贅沢をしました。

コメント

フィレンチェの美術館 2

2017年04月10日 | 美術館

昨日に続き、いろいろな美術館に行きました。

 

アカデミア美術館

  ミケランジェロのダビデ像で有名ですが、ルネッサンス期の絵画もかなりあります。ここも混んでいましたが、チケットオフィスで、簡単に2時間後の予約が取れました。

 

サン マルコ美術館

  ここは、空いている上に、アカデミア美術館に近いので、好きな美術館です。ほぼ、自然光に近い環境でエル アンジェリコの受胎告知が見られます。また、非常に簡素な僧房(4.5畳ほど)にフレスコ画が描かれています。磔刑図が多いのが印象的です。毎日この部屋でキリストに仕える敬虔な生活を送っていたと考えると、絵も意味を持ち始めます。

 

サンティッシマ アンヌンティアータ教会

  それほど印象には残りませんでした。

 

ドウモ付属美術館

  ブレネッレスキーとジョットの競作のイサクの犠牲があるかと思っていましたが、展示はありませんでした。金属細工は観るに値します。

 

残念ながら、パルジェッロ国立博物館は、休みとのことで、観られませんでした。第2、第4日曜日は休みとのことでした。あとで調べると、たしかにそうなっていました。残念。

大聖堂の方も、列が長いので、当日の予約を取ろうとすると、3日後と言われ、前回、前々回と見ているので諦めました。

 

ピザの話になりますが、ミミを食べ残している人を時々見かけました。ヤッパリ、石窯の使い方が上手くないと思います。フィレンチェといえば、キアナ牛ですが、このステーキ(Tボーンではありません)に、塩辛いチーズの薄切りを、ソースのようにかけてサーヴされました。初めてのことですが、非常に美味しかったです。

コメント

フィレンチェの美術館 1

2017年04月10日 | 美術館

フィレンチェは、ウフィツィ美術館とドウモ(大聖堂)で有名なルネッサンス発祥の地です。

 

ウフィツィ美術館

  混んでいました。前回訪れた時は、空いていて、ユックリ鑑賞できましたが、もう、これは無理な注文なのでしょうね。赤の間がは入れなくなっていました。有名な絵の前は人ごみです。

 

ヴェッキオ宮殿

  ここも、以前と比べると人は多めです。前回は、本当に貸切といった感じでした。今回は、居住区(アパートメント)も開放していました。戦闘の絵が多く写実的なので、好きになれません。

 

パラティーナ美術館

  ここは、空いていました。フィレンチェの繁栄を知ることができる建物です。ここから、ベッキオ橋を渡りウフィツィ美術館まで、屋根付きの専用の道をコジモ一世が作ったそうで、何を考えていることやら。

 

サント スピリト教会

  敬虔な雰囲気があります。

 

サンタ マリア デル かルミネ教会

  本当に教会の壁は絵で埋め尽くされています。偶像崇拝論争は、プロテストの勝ちなんでしょうか。無の要、空間認識など、日本の美意識との議論をしたいところです。

 

フィレンチェは、徒歩で回らないと行けないので、疲れました。

ウフィツィ美術館では、予約をしていたのに、ミーティング ポイントに行っても、他のツアー会社ばかりで、入場券が手に入りませんでした。スタッフの恰幅のいいヒゲのおじさんが、20分もの間、いろいろな入口やツアーコンダクターを探してくれましたが、見つかりません。ツアー会社にも連絡を取ってくれました。でも、だめでした。おじさんが、1時間後の予約を取ってくれました。この間にヴェッキオ宮殿にいけました。ウフィツィ美術館に入場すると、そのおじさんがセキュリティの監督をしていて、にっこり笑ってBuono!と握手をしてくれました。

 

ピザはヤッパリ日本の方が美味しいようです。

 

コメント

ミラノの美術館

2017年04月09日 | 美術館

ミラノには何回も来ているので、滞在は1日としました。

訪問したのは以下の美術館です。

ブレラ絵画館

  前回来た時は、人がほとんどいなかったが、今回は少し賑わっていた。地元のミラノデザイン大学がいろいろな催しをしているためでした。中には、Panasonicと組んで未来の映像芸術の創造もありました。 ただ、1階は展示品も少なく寂しい限りです。

 

スフォルツァ城絵画館

  城には観光客が多いのに、絵画館やピエタ美術館には、人はほとんどいません。ゆっくりと鑑賞できます。絵画館は、内容が少なく、ブレラと合わせれば一流の美術館になれると思います。

 

サンタ マリア デッレ グラツィエ教会

  有名な ダ ビンチ の最後の晩餐です。予約時間より早く着いたら、係員の人が行けと言うので、列に入ったら、入口のところで、止められました。あと15分と、、、。非常に良かったです。

 

サンタンブロージョ聖堂

  入口を間違えて大学に入ってしまいました。可愛らしい女子学生が入口まで連れて行ってくれました。

 

アンブロジーニ絵画館

  ここも空いていて、ユックリ鑑賞できました。

 

 

話はそれますが、ピザの本場と言うので、石窯のある専門店で、ピザのマリゲリータを何回も注文しましたが、日本の方が上でした。もう一度確認します。

 

 

コメント

ヴェネチアの美術館

2017年04月08日 | 美術館

現在、ヨーロッパに来ています。

北方ルネッサンスは一次中断してイタリアの美術館のことを書きます。

ヴェネチアを訪ねました。ここは、ルネッサンスのヴェネチア派を中心に、国際ゴシックから、バラックまでと考えています。今回は、訪問したところの簡単な紹介のみです。

訪問したのは、

  大同信組合 Scuola Grade di San Rocco

  サンタ マリア グロリオーサ デイ フラーリ 教会

  アカデミア美術館

  サンタ マリア デッラ サルーテ教会

  コッレール博物館

  サン マルコ寺院

  ドッカーレ宮殿

  サンテ ジョバンニ エ パオロ教会

  同信組合 Scuola Dalmata San Giorgio degli Schiavoni

 

圧巻で、ヴェネチアの富を感じられた。ヴェネチア派が、色彩にこだわる理由が分かった気がした。

細かいことでは、美学で言われている空間恐怖、図象学的に聖母子のキリストの抱き方の左右の対対象、油彩画とテンペラ画の差などに、独自の考え方が浮かんで来た。

 

コメント