森の先生 活動の様子

子どもたちと森の先生の自然体験 お伝えします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

森の先生活動 賀来小学校3年生

2017-05-31 15:19:45 | 学校周辺での観察会
ちょっと心配だった雨も何とか止んで さあ自然観察会はじまりぃ

小学校の隣の賀来神社に集合! ご挨拶とハチに注意のお話を聞いて

グループごとに分かれます。

担当の先生とご挨拶。 みんな先生に話したいことがいっぱい

柿の葉っぱを少しもらって 工作

土が盛り上がってます。 なんでだろね。モグラの仕業だと森の先生が教えてくれました。 壊れたトンネルを修理したんだそうです。

神社の大きなイチョウの木 根元には ちっちゃなイチョウの木 この木もあんなに大きくなるのかな

横を流れている川の土手でも観察会   ステキな髪飾りを作ってもらいました。 これはとても丈夫なクズのツルです。
むかしの人はこれで籠など作ったそうです。今の子どもたちはこれで縄跳びをします。


神社の奥にある木に なんとサルノコシカケ(きのこ)が生えてます。 壊れないようにそっと座ってみました。
堅いキノコですねえ。 座ってみたらなんとなく おサルの気分。  ウキッ―

あっと言う間に時間が来て まとめのご挨拶の時間になりました。子どもたちから感想発表。

秋にもまたここで観察会をしようと約束しました。 春と秋 自然の移り変わりを感じようね。 またね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の先生 研修会

2016-10-21 11:56:19 | お知らせ
10月18日に大分県森林づくりボランティア支援センターで 森の先生を対象とした研修会を開催しました。
当日は 講師に元小学校教諭の 柳本典枝先生をお招きし 「子どもたちとの接し方」について学びました。

参加者は 大分県森との共生推進室の担当者や事務局を合わせて 30名。 
柳本先生から  学校の現状 昔の生活から今の子どもたちの置かれている現状までをお話してもらい、質疑応答に入りました。

話を聞かない子 ケンカを始めた子 同じグループの子を無視する 危ないことをする子 他の子どもを危ない目にあわせる子
質問は次から次に
その対処方法を まずその理由から 具体的な例をあげて話してくださいました。  

自然を伝えていく前に 子どもたちとどう友だちになっていくのか。森の先生達は熱心に学んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の先生活動  田尻小学校の1年生    2016.7.6

2016-07-06 14:42:31 | 学校の校庭での自然観察会
7月に入って暑い日が続きます。 今日も暑い日、でも田尻小学校の1年生は 元気です!
森の先生と学校の校庭の探検です。
校舎の木陰でご挨拶。 みんな「ハチに注意」についてはとてもよく分かっていました。さすがです。1年生。

10人づつのグループに分かれて 森の先生と探検開始。今日は中学生のお兄さんやお姉さんと父兄の方たちも探検に参加。


さっそく ヒイラギの木の葉で 風車。

葉っぱを指で押さえて(押さえすぎると指がいたいよ) 口で上手に吹くと葉っぱはグルグル回ります。
こちらは かくれんぼしている キツネさんを見つけます。

まあるいヤハズソウの葉っぱに おまじないして(コンコン キツネになあれ)引っ張ると きつねさんの顔が出てきます。

オオバコの茎で おすもうです。 6連勝したよっ

高い所にあるタイサンボクの花の枝を森の先生が引っ張ってくれました。 匂いをかいでみます。
い~~匂い。 ユズみたい。レモンみたい。 お魚のにおい。、、、?!

花の跡の軸がたくさん落ちてます。 これって本当に面白い形をしてますねえ。

校庭のプラタナスの木の根元には セミの抜け殻がたくさんついてます。

セミもゲット。  ニイニイゼミです。 校庭にはセミの抜け出てきた穴が沢山開いてます。
ヒメジョオンの花で あっかんべ~

タイサンボクの葉っぱ イチョウの葉っぱ ヒメジョオン クローバーの花と葉っぱ 校庭にあるものでこんなにすてきな舟ができました。



池に浮かべて 吹けよ風!  落っこちないように吹いてね。 舟は素敵に進水です。
あっというまに 終わりの時間。

楽しかった人! たくさん宝物見つかったひと! 森の先生にまた来てほしい人! 先生の呼びかけにたくさんの手が上がりました。

暑い日でしたが 田尻小学校の1年生は最後まで 元気いっぱい。 1年生も先生も中学生もお母さんたちも みんな楽しかったです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の先生活動 明野東小学校 2016.6.3

2016-06-03 14:44:00 | 自然公園での自然観察会
さわやかな初夏の風の中 高尾山自然公園に明野東小学校の3年生が集合。 自然観察会の始まりです。

公園では森の先生がお出迎え。 ご挨拶がすんだら さあ 森へ

最初に出会った クスの木 葉っぱのさわやかな匂いは 人気です。

みんなが拾って集めた落ち葉を並べてみました。 本当にいろんな形や色があるね。

この実 何の実?

森の先生が カップに水を実を入れて振ると、、 あら不思議  泡が立ってきました。
ムクロジの木の実は石鹸のように使えるよ。

大きな白い花が咲いてます。  順番に匂いをかがせてもらいました。なんていい匂い。 タイサンボクです。

クモの巣見つけ。  触ってみよう。 べたべたする糸としない糸があるよ。 なんでかな?


みんながあまり元気いっぱいなので 隠れているつもりのカエルさん。でも見つかっちゃいました。 シュレーゲルアオガエルです。

拾った葉っぱでジャンケン。 1本の木で いろんな形の葉っぱがあるカクレミノを使います。
 私グーがない。 その時は 手を使えばいいよ。  あっという間に時間が来てしまいました。

最後に振り返り。 楽しかったこと発表できる人と言ったら たくさんの手が上がりました。
 みんな 楽しかったんだね。 また秋にここで会おうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林業アカデミー での「森の先生」

2016-05-17 11:28:47 | 学生対象
今年度から 「森の先生」は 幼稚園・保育園から 大学生まで幅広く活動することになりました。
今回は 林業家を育てる「林業アカデミー」の講座に講師としていきました。 
林業のプロが 森の樹木について 種類・特徴・材の用途 などをレクチャー
今回は危険な動植物の実践ということで 山で出会う危険な動植物についても。

まずは樹木の区別のやり方から。 一番の決め手は 葉 の形やつきかたです。

危険な植物。 ヤマウルシ。 この木の下を通っただけでもかぶれる人がいます。要注意。

この森は コナラの木が多く 椎茸生産県大分です。

危険な動物。 マムシです。 初めて見る受講生もいて みな早速撮影。


みんなで取り囲んでも逃げません。 マムシはよっぽどでないと向かってこないおとなしいヘビです。
じっとしていると 見落とすことも多いのです。 でもうっかり踏んだりしたら大変なことになるので 気をつけましょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加