森田宏幸のブログ

Morita Hiroyukiの自己宣伝のためのblog アニメーション作画・演出・研究 「ぼくらの」監督

負けました

2007年06月13日 00時36分34秒 | 監督日記
以下に、原作ファンの皆様の気持ちを考えない表現をしてしまったこと、深く反省しています。

私が「ぼくらの」をアニメーション化するに際しての苦労を、「原作を嫌い」「悪意を持ってる」など、否定的な感情で説明してしまったのは、私の真意に照らしても、間違いでした。
その部分、ならびにその性質を含めた原作批判ともとれる部分を取り消したいと思います。
大変申し訳ありませんでした。

尚、私の発言を受けての、皆様の批判は甘んじて受けたいと思います。そのため、この記事と以下のコメントを削除はしないことお許しください。
__________________________

原作ファンの皆さんには負けました。
私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
こう宣言しないと、このブログ上に展開されているいくつかの論点の矛盾が埋まらなくなると、私も覚悟しました。

私がこれまで嘘を書いていた、というわけではありません。
8話によせての以下の部分は今でも本当で、

「私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を手にした最初だけで、仕事を引き受けた以降はそれはまったく関係ないです」
「なにしろ大勢のスタッフが毎日私に、自分の考えをぶつけて来ます。以下に続く私の見解のほとんどは、私の好みではなく、スタッフとのやりとりを通して叩かれた、理屈の積み重ねだと考えてください。」

原作の一部分に異論があるというだけで、ジアースを巡る戦いのルールのアイディアは面白いと思っていて、以下の方針は、最後まで貫徹しています。

「 この「ぼくらの」が、ある一定のファンの人たちに支持されていることを尊重し、かつ原作を支持しない人たちをも納得させるために、私が出した結論は、「ジアースに乗ったパイロットは死ぬ」という戦いのルールは変えない。それを変えてはこの原作をアニメーション化する意味はない。かわりに、まわりの大人たちや、主人公の子供たちを取り巻く社会の描き方を変えるということです。」

しかし、これは結果的に、原作の一部の改変にとどまらず、根本的な解釈のし直しになってしまうことに気がつきました。なので、そのことを認めます。

以下のようなコメントが、私にはとても寂しかったのですが、、、

>Unknown?(ニコニコ動画)
>まあ監督がこの原作大嫌いなの良くわかる。
>だから原作思いっきり無視でやればいいと思う。

>Unknown?(うた)
>監督が原作を意図的に壊そうとしているのはもうわかりました、

だけど、おっしゃる通りなので、しょうがないですね。
猫の恩返しの時も、私が原作の内容に改変を提案していたら「森田さんは一体この原作の何が好きでやってるの?」とスタッフに責められたことがありました。
私はよほどまわりと協調し調和した生き方が苦手なようです。
「森田さんはいつも話が唐突」「人の話を聞いてない」
などと、これは私の性格に対するスタッフの声ですが、これがそのまま作品自体に対する批判となってるようで、いや、まったく進歩がないですね。

この作品に賛否両論あるとしたら、おそらく否に立つ人は原作ファンとなるでしょう。この結果は私の負けです。原作に対する理解が足りませんでした。

?(やきそば)さんは雑誌に公開されている情報だから、このブログで取り上げてもよかろうと思われたのでしょう。「12話 命のつながり」の雑誌宣伝を受けて、厳しい批判を展開されています。この内容、他の皆さんには意味が分からないだろうし、本編が放送される前に、私がこのコメントに返答するのも、常識はずれですが、今改めて、マキ篇の原作を読み直してみて、なるほど、自分の理解の足りない部分に気がつきましたので、そのことを書きます。

私は、テレビ版のシナリオ作業に入る時点で、手元にあった原作のキャラクター、すなわちマキ編までの各キャラクターに関しては、すべて原作にあるエピソードやモチベーションを核にして、脚本にしてます。その作業は大きく、解体と再構成に分かれ、解体作業では、ストーリーに結実しない無駄を切り落とす、再構成に際しては、新たなアイディアを付け足すというものです。
原作のエピソードを核にしているという意味で、あくまで原作を尊重していると私は言い張って来た(このブログ上でもそうですが、スタッフに対しても)のですが、切り落としと付け足しの繰り返しの中で、原作は切り刻まれていく。

マキ編は”ここを核にするしかない”という、私のひらめきをもとに脚色しました。しかし、今改めて原作を読み直してみて、他にも核が見つかります。他の切り方でこのシリーズがうまく再構成できるかどうかは、またやってみなければ分からないし、本音を言えば、今のままが最高だと、私は考えているのですが、原作を解体した結果、原作ファンが思い入れしている台詞やエピソード、キャラクターの属性のかなりの部分が消え去っている、その傷みに気がつきました。

鬼頭さんの原作は、おっしゃるとおり人物描写が細かい。マキ本人や、その父、母の人間の臭いと申しますか、そうしたものが表現されているのに比べ、テレビ版(12話はすでに納品が終わっています)のマキは、通りのいい元気少女に終わってしまっている。
ただ、漫画はズルいな、とも思うのです。前後が繋がらなかったり、唐突に思えても、読み手のペースや想像で、その隙間を補完できるようになっているというか、いくらでも台詞で取り上げ、内容をテンコ盛りにしても、逆にその物量を魅力にして読者を惹き付けることができる。

たとえば、

>Unknown?(猫之進)
>私は8話でのコメントで畑飼氏に対して「かっこうよさを感じた」と
>述べましたがそれはキリエ編での彼の言動に対してのものです。
>私自身畑飼氏の発言した内容自体に同意はしても最低な行いをした
>彼という人間には同意はできませんし、そんな彼が正論を言っても
>ただの自己弁護でしかないことはよくわかっております。

と、つまり行いはよくないけど、言ってることはかっこいい。漫画や小説だとこれがありです。猫之進さんのおっしゃることはよく分かるのです。しかし、これをそのままアニメーションに移植するのは無理です。アニメーションではその行動に重きをおいてキャラクターが描かれます。

あと、ついでですが、

>Unknown?(コゲムシ)
>監督の「チズは恋愛していない」という発言がありましたが、
>これには非常に違和感を覚えました。
>決め付けてしまえるほどに説得力のある書かれ方が原作上であったのだろうか・・・?と、
>気になって原作を読み返してみましたが、
>私には結局そうと断定できるような描写はなかったように思えます。

私の根拠は、
畑飼「本田、俺つきあっている人がいるんだよ」
チズ(モノローグ)「それでも かまわない」
という、このチズの「行動」の軽さを指していて、次の展開で畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうと、そういうことが言いたいのですが。
コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。

話は戻りますが、
私は、展開する時間軸が一定速度、一方向のテレビアニメーションだと、それらがひとつの方向に噛み合い、結びついてないとおもしろさに結実しない、とそこにこだわって来ました。だから、ストーリーに結実しない要素は無駄と切り捨て、シンプルにしていくことを至上命題としてます。ただ、ぼくらのの場合はそれが裏目に出るようです。

 思えば、90年代に入った宮崎駿もここに挑戦していたのだな、と気がつかされます。猫の恩返しに対する褒め言葉で多かったのは、「もののけ姫で分かりにくくなったジブリの世界観を、分かりやすいエンターテインメントに戻してくれた」というものがあるのですが、宮崎さんは世界観を分かりにくくした代わりに、複雑で割り切れない時代の心象を手に入れている。ぼくらのの原作の複雑さを読みながら、似ているなと思いました。
 しかし、ハウルの動く城を見て、「宮崎さん! 世の中ってこんなに複雑ですか?」とも言いたかったです。特に戦争とは何か?という解釈に私は異がある。「いいモノを作っていれば売れなくたってかまわない。その時代の方が間違っているのかも知れないのだから」とは、宮崎さんのキマリ文句ですが、そう言ってたわりに、時代が抱えている迷いを受け入れてしまってるように見えました。それって、どうなんだろう?と。子供たちを勇気づけて「この世の中は生きるに値する」ということを言っていかなければならないのなら、分かりやすくて普遍的なストーリーに再び戻らなければいけないんじゃないのか、とも思ってるんです。

 要するに、どなたかが書いていたとおり、私はベタな展開を嗜好します。ベタと指摘された時は、そんな単純でもないのにな、と正直嬉しくなかったのですが、今更かっこつけるタイプでもないので、分かりました、ベタ監督と呼んでもらいましょう。
 以上は、いわゆる語り口の問題。原作は語りが細かい。それに比べ、私の語りはざっくりです。そのことが、原作とミスマッチを起こしている、と。

 そしてもうひとつ、私が原作とズレてるのが、最初に認めた私が原作の一部を嫌悪している点です。

 私が、原作で嫌いなところのひとつは、子供たちの死に行く運命を作者が肯定してしまっているかのように感じられる点です。だから、私が鬼頭さんに頼んだ一言がすべてを言い表しています。

「子供たちを・・・・助けていいですか?(・・・はネタバレ防止のため略)」

これに対する、鬼頭さんの返答は

「魔法を使わないならいいですよ」

です。
 この会談で、ぼくらののアニメーション化の方向は、はっきり決まったのです。それは、鬼頭さんの敷いた世界観ルールはすべて受け入れる。そのかわり、ストーリーは変える。です。これは、ある意味原作への挑戦、死にたくないと思っている子供たちと私は立ち位置を同じくして、希望を見つけだそうということ、です。

 ただ、原作に希望がないということはないだろう、とおっしゃる方もおられるかも知れません。希望とは何か、絶望とは何か、話はどんどん難しくなっていきますが、ひとつだけ理屈を書いておきます。
 「感動は描いてもいいけど感傷はダメ」という言葉があります。これは山田洋次の「映画を作る」に書かれていたロジックですが、私はこれを座右の銘のようにして信じている。
現実に負けて流す涙が感傷、現実に挑んで流す涙が感動です。感傷は人を弱くする、感動は人を奮い立たせる。
原作にはこの感傷が多い。私はこれを感動に再構成しようとしてます。

 というわけで、次の指摘は当たっています。

>Unknown?(うた)

>肝腎のところで原作をトレースし原作の面白さを頼りにしてるように感じています。

 原作を尊重してるんですから当たり前ですけどね。
 ただ、たとえば、「OPのウシロの走りがいい」という感想に私は驚かされてるのです。だって、アニメーション版にはまだ、ウシロのドラマは出てきてませんから。あのカットは、最初誰だか分からなくても、後半分かってくれればいい、ぐらいな気持ちで作ったのです。なのに、褒めてもらえる?! つまり、この「ウシロの走り」に魅力を付加しているのは、まぎれもなく原作です。
原作を離れてオリジナル展開を始めたときに、どう評価されるかが問題であること、重々承知しています。

最後に、書きたくないことを書かなければならないのですが、
アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

と、これは言い過ぎか。これからも見て、批判をよせていただいて結構ですが、がっかりされるのが目に見えているものですから、つい。。
次の第10話、ナカマ篇など、大幅な改変によって、原作をはっきりと否定していること、ここに明言しておきます。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
猫の恩返し ハウルの動く城 ミスマッチ もののけ姫 テンコ盛り モチベーション ニコニコ動画 テレビアニメーション
コメント (778)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ちょこちょこ気になるコメントに... | トップ | 「ぼくらの」10話によせて »
最近の画像もっと見る

778 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (Unknown)
2007-06-13 00:54:55
よくがんばりました。ごくろうさまでした
・・・? (もりしげ)
2007-06-13 00:55:27
まさかとは思いますが監督はアホなのでしょうか。
Unknown (tea)
2007-06-13 00:56:06
このブログのコメント欄閉鎖してしまった方が良いと思いますよ。決して逃げることにはならないと思います。作り手にとって原作ファンの意見を紳士に受け止めることも必要ですが真正面から受け止めてしまっては精神的にきつくなるだけでは?決して悪い意味で言っているわけではありません。ここで発言されることは、ネット上で脚色されて広まりがちですから。とくに森田さんのようにとても直球的な発言をされると餌にされてしまいます。それでいい方向に向かうとは到底思えません。
それを言ってしまうのは (Unknown)
2007-06-13 00:59:04
さすがにどうかと思いますが・・・w
原作は嫌いだが、いいものを作ろうとしている、ということですよね?
でも、マキ編のように、根幹を成している性格を変えるのは勘弁してください・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:00:25
森田さんはなんでこの仕事を引き受けたのですか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:03:41
初めてコメントさせていただきます。
監督なりの思いでこのアニメを作って頂いてるのはよくわかります。
人によって感じ方は違うのだから、アニメにする際に原作と変わってしまうのは仕方ありません。
コメントに丁寧に返事をするのもいいのですが、ちょっと喋り過ぎだと思います。
>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。
>だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。
そう言われてしまうと、すごく悲しいです。
子供ではないのだから言わなくてもいいこと、言うべきこと、わかりませんか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:04:31
まさか自爆テロまがいの事を書くとは
でも言うならせめて全話終わった後に言っちゃった方が受けなくてもいいダメージも少なかったんじゃ・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:04:51
なんか潔くてかっこいいです
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:05:43
原作を改変するのは悪いことではありません。
面白ければ良いのです。



面白ければ…ね。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:05:44
演出家としての矜持をほんの少しでもお持ちなら、「言いたいことがあるなら作品で語れ」としか答えようがありません。
Unknown (高校男児)
2007-06-13 01:13:13
今回も良かったですよ
監督が何を言いたいか分かってきたし

でも今回は尺が厳しかったっすね
いっそバーの所は切って欲しかったです。
あれはあれで好きですが
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:15:50
神wwwwwww

あんたカッコいいよwwwwwww

このアニメ知らんが
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:16:05
ストーリー変えてあれですか

てかどういう方向に展開するつもりですか?

ギャグ漫画日和はいりませんよ
Unknown (N)
2007-06-13 01:21:39
100本もテレビアニメがあるのだから
10話の感想 (tea)
2007-06-13 01:22:02
原作未読ですが10話は凄く淡白な印象ですが悪くは無かったと思いますよ。ただ、淡白ゆえにどうしても不満ってのは付きまとうものなんですね。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:23:21
ここまではっきりとぶっちゃけてしまうからには監督も
それなりの勝算ありと踏んでのことだと思うんですが、
そのタネをここで全部明かすことには何の意味も見いだせません。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:25:09
9話は原作より評価できたぜ
だから頑張って欲しい
Unknown (見張り塔からそっと)
2007-06-13 01:25:32
原作が終わっていない以上、オリジナル展開はアリだと思います。
ただ、ここにきて公の場でこのような書き方をされる事については、正直疑問です。

作品を預けた鬼頭先生はどう思われてるのでしょう?
「作者=生みの親」は「子供=作品」を、できるだけ良い環境で育てたい・働かせたいと思うものではないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:26:19
もう一つのぼくらのを原作ファンとして最後まで見続けます
頑張ってください
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:26:43
批判されてあたりまえぐらいの気概でいなかったのが原因なのかな。。
監督作業してるんだったらもっと自分に自信を持って黙して語らずで良かったのでは?
自己分析を書かれていますが、そこまで自分でわかっているのであれば
公の場でわざわざ気持ちを吐露する必要もないと思います。

原作つきのアニメーションを原作ファンが見るのはある意味当たり前で
その人達に対して、あまりに突き放した、小馬鹿にしたような文面に感じました。

ぼくらのアニメ版はこれからも楽しく拝見しようと思っていますが
今回の事は正直残念な気持です。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:26:52
アニメ版はアニメ版で良いと思いますよ

監督は色々と気にし過ぎなんではないですか?
Unknown (ワロスワロス)
2007-06-13 01:27:12
原作付きのアニメをなぜやろうとするの?
しかも改変しても面白くもなんともないし
才能ないんじゃない?
10話観ました (Unknown)
2007-06-13 01:27:31
いくら原作が嫌いな人でも今回の話はアニメの方がいいという人は絶対いないと思いますが・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:27:31
原作物をアニメ化するにあたって、
言ってはいけないことを言ってしまったように
思います。

色々心配しています。
Unknown (Navarro)
2007-06-13 01:32:01
すみません間違えて投稿しました…
週に100本とも言われるテレビアニメが放映され
次の年も記憶に残っているような作品がどのくらいあるのかわかりませんが、似たり寄ったりな作品が多いように思います。 そのなかに森田さんのような
挑戦的な監督が居るのはやはり面白いことのように思います。 私は作品とともにここでの
森田さんの発言も非常に興味深く楽しんでいます。ぼくらは匿名で好き勝手なことを
わめくことが出来ますが、森田さんの場合
自分を出した上でここまでおっしゃるのですから、その発言は軽くはないものだと思います。

あとウシロの走りの評価は
田辺さんの作画の力が大きいように思います(笑
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:34:12
森田「だってさ、俺にはそれができるからそれをするんだろ。」
Unknown (名無し)
2007-06-13 01:36:21
初めてコメントさせていただきます。
ぼくらの、は原作を読んだ事がありませんが原作とアニメを分けて楽しむのも私はありだと思います。
アニメはアニメ、原作は原作と。

こんなにすぱっと自分の思ってる事を言えるというのは色々な意味で凄いことだと思います。
頑張って下さい。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:36:39
こういうの見ちゃうと、製作側とファンのブログを通じての交流なんてなくていいなと思う。誰も得しない。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:37:16
どうしてこのアニメの仕事をやっているのでしょうか。



私はまだ「ぼくらの」を見た事がありません。

でもとても興味があって、時間が出来たらDVDで見てみたいと思っていました。

もうその気も無くなってしまいました。残念です。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:41:50
アニメ版いつも楽しくみさせていただいております。そんな私からしたら今回の記事ですっきりしました。

"ぼくらの"にかかわらず、最近は原作のあるアニメ作品の大半を"イマイチ"だとか"原作レイプ"だと叩く人が増えていてきてしまいました。
ネットが普及したせいか、アニメ作品をとりあえず叩けるだけ叩くという風習が出来始めてしまっていているように思えます。

原作には原作の、アニメにはアニメのよさがあって当然なのに、アニメ版に原作同様のよさを求める儲の方々は一体アニメに何を求めているのでしょうか?

Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:41:58
ぶっちゃけ原作より面白いと思いますよ
頑張ってください
原作もアニメ版も大好きなんですけど (joba)
2007-06-13 01:42:01
そんなこと言われたら悲しいし、素直な気持ちで見れなくなっちゃいますよ…
Unknown (drgn)
2007-06-13 01:44:05
既に書き込んでいる方も居ますが、
原作が嫌いならば、仕事を請けないでください。
あなたの行っていることは、ただの冒涜に過ぎないことを自覚してください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:44:13
  _, ._
( ゚ Д゚)
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:44:27
>「感動は描いてもいいけど感傷はダメ」
なるほど、この言葉を座右の銘となさるならこの改変もやむなしかもしれません。
とりあえず話題性目当てで残酷にする、出口のない疑問をうじうじいじり続ける、
そういった作品を「大人の鑑賞に堪える」ものであると短絡的に考えている制作者が
昨今少なくないように感じる身として共感できるところもあります。

ですがその座右の銘のみを以て多様な価値観を否定し、自分だけは確実に気持ちいい世界を
まして原作付きアニメの中で一方的に受け手に押しつけることの危険さについては
監督はどのようにお考えなのでしょうか。

原作者ともどもに十字架を背負えというのではありません。
自分に誠実であることと、目の前の仕事に誠実であることは時としてイコールでは
ないのではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:45:53
「悪意を持って」というのは売り言葉に買い言葉な気がします。
監督は良い作品作りをしてました。
ずっと楽しく観てました。2度続けて観るアニメはこれだけです。
これからも楽しみにしてます。

同じクリエイターとして (ぺろーね)
2007-06-13 01:46:17
どこかで吐露しないとやってられないというのは常ですよね。
でもそれをこうやって公表するのは誠実であり、軽薄だとも思います。

一つここを見ている皆さんにちゃんと言いたいのは
「原作が嫌い」かも知れないけど、原作の面白い部分は勿論認め、それを自分なりの信念で面白いアニメーションにできると思ったからこそ監督をやっているわけです。
それを短絡的に捉えて欲しくはないです。
私も原作は「面白いけど、嫌い」な作品です。
確かに面白いけど、子供たちが死んでいく作品を「好き!」とは軽々しく言いたくありません。

私は最後までアニメ版を見守りたいと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:47:02
原作ファンはスプラッタ映画を好んで観るようにグロい表現を求めているのだから
アニメではそういうのを省略する、とか
中学生があんなに達観した物言いや行動ができるわけがない
というような監督の意識はカコ編以降見え隠れしてきたわけですが
ナカマ編とこの発言で確認がとれたな、という感じですね

自分はIKKIで連載が始まったときから追いかけてる原作読者ですが
OPを見てアニメなりの解釈で世界観を表現できてるなぁと感動したものです
それがこんなことになって、正直辛いですね…
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:48:23

悲しいな・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:48:50
今まで監督の日記を読むのみで、コメントは書き込んでいませんでしたが
今回は書かせてもらいます。

なぜ監督は、そういう事を視聴者が読んで見てるであろうと判る場所に書くのでしょうか。
原作が嫌いである、という事はただ、個人の自由なので構いませんが
ここを見てる人の中には知っての通り原作の読者が居ます。私もその一人です。
そんな人達が読んでるのを判っていながら
>私自身が原作を嫌いで
>ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
というある意味で原作読者に対する侮辱とも取れる発言をするのは何故ですか?
もう原作の改変以外の事は何を言ってもいいから
原作と比べるのは止してくれという事ですか?
私は原作抜きにしても、監督の作るアニメ作品が好きでした。
ですが今となっては正直幻滅しています。
森田監督、せめて放送が終わってから言ってくれれば
私も何も言わなかったでしょう。

今、まだ半分の話数にも達してないのですが
監督の言ってた後半からのオリジナル展開はどうなるのでしょうか。
このブログから察する限り、余り良い物にはならないのでしょうが・・・
Unknown (n)
2007-06-13 01:51:02
こんなに葛藤するのなら表現だけにこだわるのってダメなんでしょうか、
ウシロ走りがやたら好評なのは上にも書かれた人が居ますが、作画の影響だと思いますし。

ずっと見てたらアニメを作る人が話しまで作る必要が感じられなくなってしまいました。
どうせなら気持ちよく動かすことだけ考えてるほうが楽しいんじゃないかとも。

でも「ぼくらの」は原作が未完結だし、
原作をのストーリーを否定する周りのスタッフも居るようだし、
規制はあるし、予算も限りがあるはずだし、
そういうわけにはいかないんだろうと思って、

結局、どうにも悲しい気持ちになるだけでした。

でも見ます、最後まで見るのでがんばりましょう。
批判や批評に屈しないでください。
Unknown (見張り塔からそっと)
2007-06-13 01:51:03
追伸させて頂きます。

例えば監督=教師なら、原作=子供を、好き……とまでは言わずとも理解はしてほしかったですね。

嫌いなどと簡単に言い放ってほしくはなかったです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:51:04
(ノ∀`) アチャー
・・・ (NA)
2007-06-13 01:51:06
というか、自分の主義主張をメインにしたいなら
オリジナル作品でやればいいと思うわけですよ。

例えば自分が正しいと思って作った作品に
全く別の色を勝手に塗られた時に監督は腹立たないのですか?
もし、自分が原作者の立場だったとしたら。

そこを許容するにしても
せめてどうしても別の色を塗りたいなら下絵を完全に
塗りつぶしてしまって欲しいです。
中途半端に元絵を残すから不自然な境界線が発生して
矛盾が発生すると思いますしね。

少なくとも、プロとして、社会人として
公にこういう発言をするのはどうかと思います。
知らなければ一視聴者として納得できた部分もあったのですが・・・。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:51:35
このblogにしろ作ってるアニメにしろ自分さえ気持ちよければ他の誰が傷つこうが構わなんって根性なんですね
わたしはアニメ版好きですよ (とんぼ)
2007-06-13 01:53:56
ネット上で罵詈雑言を書いている人って、
現実では面と向かって言えないんだろうなぁ…

はっ
あらためまして、はじめまして。
「ぼくらの」アニメ版を楽しく?拝見している一視聴者です。

わたしはこのアニメを気に入っています。
原作はまだ読んでおらず、アニメを見終わった後に読んでまた違った解釈を楽しんでみようと思っています。

批判が多そうですが、Evangelion だって当時いろいろな批判があったわけですから…
批判すらされない作品よりはよいかと思いますので、がんばってほしいです。
応援しています。
Unknown (げり)
2007-06-13 01:54:30
森田さんの主張や思想は筋が通っていると思うしなんら偏ったところはない。おれは原作を楽しく読んでいるが、森田さんの批判する感傷云々の事についても理解できたし共感した
だからあなたを一方的に叩くようなマネはしないが


>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。




これはいくらブログ上とはいえホントに言いすぎだよ
せめて作品(アニメ版)が完結してから言うべきだと思う。オブラートに包もうよ。余計な反発招くだけ
Unknown (HAVU)
2007-06-13 01:54:35
あなたは監督です
あなたの下で何十人ものスタッフが動いています
あなたの上でも何百人もの関係者が見ています
大人として分別ある責任を持った発言をしましょう
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:54:39
> 子供ではないのだから言わなくてもいいこと、言うべきこと、わかりませんか?

コメントしてる奴の中にも子供みたいというか子供以下なのがいるよな… まぁそんなのはただの落書きとしてスルーするのがいいんだけど。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:56:44
あまりにもぶっちゃけすぎ
少なくとも製作中は発言しないほうがいい
っていうかコメント欄いらない このブログもいらない
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:57:39
"原作が嫌い"ってワードに反応している子が沢山いますね。
原作の全てが好きってほうが珍しくないか?

逆に原作が好きで好きで、非の打ち所がなくて、これ以上のものが考えられない、ってならアニメは見るべきじゃない。

今回の記事で作成側の意思(作成方針)はしっかりでました。
後は視聴者側がその作成方針の内容を見たいなら見ればいいし、見たくないなら見なければいい。それだけのことだ
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:58:46
朝になる前に一旦閉鎖にした方がいいかもしれませんね
GONZOの方からはまだ何も言われて無いんですか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:58:51
メインスタッフとして働いてる間はblog更新禁止とか
各社そろそろルール決めた方がいい気がします。
Unknown (K)
2007-06-13 01:59:11
今とても複雑な心境です。
原作も好きですが、僕はそれ以上にアニメ版の方が好きでした。

しかしアニメ版を作っている監督は原作を嫌いだと言う。
では、アニメ版の方が好きな僕はなんなんだろう。

>「私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を手にした最初だけで、仕事を引き受けた以降はそれはまったく関係ないです」

確かに森田監督は原作の好き嫌いに関係なく全力を尽くしてアニメを作られてきたと思いますし、僕もそう感じていました。

ただ、こうもはっきり原作を嫌いだと言われると、これといった思い入れもなく仕事と割り切って作っているように感じてしまいます。

そんな風に作っていた物を好きだと思ってしまった自分がなんだか悲しいです・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 01:59:20
森田さんのブログは演出意図や作画さんの担当パートを教えていただける場として
楽しく拝見させていただいていたのですが
こういう負の連鎖を生んでしまうならコメント欄はいらないような気がします
もしくは、有る程度流してコメントするなどをした方が良いのではないでしょうか
制作側にとっても視聴者側にとっても良くない結果になってしまったと思います
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:02:08
どんな人にも好みはあるでしょうが、原作を嫌いと公言するのはどうかと思います。アニメ版は主題歌がとても好きです。おそらくこのアニメを見ている人で主題歌を悪く言う人はまずいないでしょう。主題歌を作った石川智晶さんは原作が心底好きだと言っていました。あの主題歌は原作が好きという感情を持って作ったからこそ多くの人に評価されているんじゃないでしょうか?分野は違えど原作を嫌いということが作品に及ぼす影響は悪影響の方が圧倒的に大きいと言わざるを得ません。
Unknown (UQ)
2007-06-13 02:04:14
原作が嫌いなら、なおさら原作に沿ってやっていればいいんじゃないでしょうか
オリジナルを嫌いな人が、オリジナルを改変していいものを作れるとはとても思えないのです。
人の心に訴えようとするものをつくるには、やっぱり愛情がいるのでは?

改悪されたされた作品を見るたびに思います
この監督は原作者のことをどうおもっているんだろうなぁ、と
Unknown (unknown)
2007-06-13 02:04:49
ペローネさんの書き込みに強く共感。

>一つここを見ている皆さんにちゃんと言いたいのは
「原作が嫌い」かも知れないけど、原作の面白い部分は勿論認め、それを自分なりの信念で面白いアニメーションにできると思ったからこそ監督をやっているわけです。
それを短絡的に捉えて欲しくはないです。
私も原作は「面白いけど、嫌い」な作品です。
確かに面白いけど、子供たちが死んでいく作品を「好き!」とは軽々しく言いたくありません。

私は最後までアニメ版を見守りたいと思います。

>>

監督もそんな気持ちだったのではないでしょうか。
面白いのかもしれないけど、好きと言えない原作です。
私はアニメの方が好きです。
アニメのぼくらのの方が好きです。

これからも頑張ってください。
改変は当たり前と思っていましたが (Y2T)
2007-06-13 02:05:01
>最後に、書きたくないことを書かなければならないのですが、

>と、これは言い過ぎか。これからも見て、批判
>をよせていただいて結構ですが、がっかりされ
>るのが目に見えているものですから、つい。。

はい、自省の通り蛇足です。
原作絶対主義の人達のコメントに感情的になってしまったのかもしれませんが、あまり褒められたものではありませんね。

>原作ファンの皆さんには負けました。

>加えていることを認めます。
これも蛇足です。

私は原作ファンでありますが、改変は当たり前と思っていましたし、チズ編は原作通りアニメ化なんてできるわけがないのは分かり切ったことでしたから。
さらにチズ編が一番大事なんていうコメントは理解不能です。

私が今回思ったのは、原作の盲目的な信者からのコメントを監督が受け止めきれなかったという事です。
いろいろな意味で自信がおありになったのでしょうが、いろいろな意味で今回の日記はミスだと思います。
Unknown (原作未見派)
2007-06-13 02:06:19
初めて書き込みさせていただきます



原作を読んでいない者ですが

毎週楽しく、そして少年少女たちの「戦い」を切ない思いで見させていただいております



原作未見とは言え、森田さんの言い分はよく分かります

運命と割り切らず、もがき苦しんでこそ「人間」であり、そこに命の輝きとも言うべき少年少女たちの心情が表現されると思います



今後も森田さんの考える方向で進めて問題ないと思います



ただ、制作中の作品に対して

原作のここが嫌いだから変えます

と発言なさるのはどう考えても暴走、暴論です



原作者も、作る側も、見る側もまた、「人間」なのです

そして「ぼくらの」は森田さん一人で作っている、作られたわけではないですね

人間は感情と理屈で動きます

嫌いと言われて、否定されて、心穏やかな人間などおりません



森田さんが業界から干されてしまわないか他人事ながら心配してしまいます

Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:06:48
結局、監督は原作の嫌な部分から逃げただけでしょう?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:06:57
はじめてコメントさせていただきます。
最初にアニメを観て面白いと思い、原作(書店で売り切れだったため一部のみ)を購入しどちらも同じように楽しみにしているのに、原作ファンは見るなという発言はショックです。
漫画のアニメ化ということは原作ありきのものなのに、原作ファンは見るな・自分は原作が嫌いだというのは言ってはいけないことではないでしょうか。

なぜこの仕事を請けたのですか。

アニメ製作に関する詳しいことは分かりませんが、嫌いな作品を嫌々請けなきゃいけない程の事情があるのでしょうか。
ナカマ編も原作とはほとんど違う話でしたが、これはこれでまた違った視点で…と感じ今後も楽しみにしていたのに、残念です。

>希望を見つけだそう

という文がブログ内にありますが、森田さんの今回の発言は、「視聴者の希望」を叩き潰したということ、分かっていただきたいです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:07:57
そもそも、原作嫌いなのに何故仕事を引き受けたんだよ
まぁ製作者側が原作嫌いな監督選んだ時点でOUTだったって事か
森田さんは別に悪くないのでこのまま原作ぶち壊しちゃってくださいね
Unknown (真心)
2007-06-13 02:08:34
原作ファンに負けたというより、頭の固い視聴者にぶっちゃけてしまいたい誘惑に負けてしまったと言う感じでしょうか?

ネット上で匿名の人間と交流を取ろうとするのは非常に難しいことだと思います。
私も含め、匿名の人間は名のある人には必要以上に大人であることを求め、自分の発言には責任をもたないためそもそも対等な議論が成立しません。

ここでの交流のために言わなくて良い事まで言ってしまうのであれば、このブログはコメント欄を消して監督からの発信の場だけにした方が良くはないでしょうか?

最後に、私は原作ファンですが監督の「ぼくらの」に対する姿勢は支持します。
今後、もっともっと面白くなることを期待してます。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:08:47
監督…面白すぎwww
第一印象は最悪だったのに…
好きになっちゃいました。
恋って案外こうやって始まるものなんですね^^
がんばって。 (七四)
2007-06-13 02:09:46
いかに原作を映像にするか。いかに原作を表現するか。とても難しいことだと思います。

原作を現実世界の一般的な視点で表現されていること、理解できます。アニメ版があっさりしていると言われているのはこの点でしょう。ですがやはり原作主義の方は合点がいかないのでしょう。

原作・アニメともに主張が伝わってきている、と私は感じています。ぜひ今後も頑張ってください。

どんな物事でも賛否両論は尽きることがありません。だから世界は平和にならんのでしょう。しかし、ひとりひとり考えが違うからこそ人間なのでしょうね。
ほんと難しいものです。
Unknown (ゆうてん)
2007-06-13 02:11:07
初めて書き込みますです。
原作ファンですが、ストーリーを大幅に変えても別に構わないと思うんですよ。
というか、それが堂々とできる原作だと思います。「ぼくらの」は。
だから、割と楽しく見ております。

ただ、原作のいい所に、一人一人のストーリーのための小さな伏線みたいなのがあるじゃないですか。
たとえば原作のダイチ編だと
「ダイチが土の入った袋を担ぐ」が「ジアースが敵を担ぐ」に生きるわけですし
ナカマ編だったら
「掃除しなよ」→「小田さん掃除」に生きるわけで。

そういった部分があるから原作は面白いと思うんです。
そういった部分を入れれば
「ああ、ぼくらのだ」みたいに見る人は思えるかもしれませんし
ストーリー変えても批判は少ないんじゃないかなあ、と素人なりに考えて見ました。
Unknown (g)
2007-06-13 02:13:27
何でアニメ作っている最中にこういう事を言うのか意図が分からない。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:13:41
原作が嫌いなら
なおのこと同じストーリー展開で
面白くして見せろよ
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:13:43
2ちゃんから来たけどこのぶっちゃけっぷりにむしろ好感持てたぜ
最後までこのままやっちゃいなよ
いいんじゃないの? (とおりすがり)
2007-06-13 02:17:02
別に監督擁護じゃないですが

責任追及するなら許可した原作者にでしょ。
許可を出した時点で、どう作ろうが製作者側の勝手だよ。
(勝手と言っても、ちゃんと原作者と打ち合わせをして
方向性を煮詰めて原作者も納得しているだろうしね。)
娘を嫁に出したようなもんだよ。

原作ファンの求めるものとは方向性が違うかもしれないけど、
良いものを作ろうとしてるのは確かだろうし、
アニメとして悪い出来ではないと思うぞ。
今は原作ファンは冷静にみれないかもしれないけど
5年経って観直してみたら、以外にすんなり楽しめたりするかもしれないし。

ここで原作ファンに媚び得るように路線変更しても
それこそ中途半端な作品世界になってしまう。
それよりもこのまま一貫して主張を貫いたほうが
それはそれで、「森田監督版ぼくらの」ということで、
一つの作品として完成すると思うよ。

ただ、まぁ、尺足らずっぽい10話観て
2クールで14人消化は厳しいと感じたのも確か。
オリジナル展開にしても一人一人じっくり描くために
2〜3人削っても良(かった/い)んじゃないかなとは、思った。
気になったので、一言 (ぬらりひょん)
2007-06-13 02:17:18
森田さん、毎回力作をありがとうございます

森田さんのコメントで一点気になりましてので、書き込ませていただきました


> 私の根拠は、
> 畑飼「本田、俺つきあっている人がいるんだよ」
> チズ(モノローグ)「それでも かまわない」
> という、このチズの「行動」の軽さを指していて、次の展開で畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうと、そういうことが言いたいのですが。
> コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。


まず、前提が違っているような気がしています
チズは恋愛経験者ではなく、恋愛に対して初心であり、かつ恋に恋しているだけではなかったのかと
このようないわゆる「擬似恋愛」状態において自らの自己肯定のため、チズ自身が(自分に対してへの)嘘を嘘で塗り固めていった末の結果(破綻、崩壊)ではないかと感じました
この場合、仮に畑飼の正体を知ったとしても、いままで積み上げ、塗り固めてきた、自己肯定をいまさら崩したくはない(崩せない)といった状態にあると思います
# そういえば、畑飼は巧みにチズの自己肯定感をくすぐってましたね・・・
仮に、ここまで根が深くないにしても畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうというのは些か早計ではないでしょうか?
# でないと不倫関係で、相手に別れる気がなくてもズルズル・・・などという状態の説明がつかないですしね
ただし、チズの姉に対する感情だけは、自己肯定を維持し続けようとするチズ自身の「黙認キャパシティ」をはるかに超える事象であり、我慢ならなかったのあったのであろうと推測しました

最後に、私の愚妻に原作を読ませ、チズの心理が理解可能か確認したところ
限定的に理解を示しておりました
妻曰く、あのころは「熱病」みたいにうなされていて「教師(大人)」や、「不良」にやたら惚れていた
家に居場所がなかったので、自己肯定してくれる人や優しくしてくれる人、自分とは異質な人にあこがれていたそうです
もし、自分がチズの状態の陥ったら、知恵もなく、相談相手もない状態で、チズ同様思考停止してたこも知れないなぁとのこと
ただ、この「熱病」はさめるのも早く、あっという間に「カタギ」に戻ったwと遠い目で語っていました


取り留めのない駄文をツラツラと書いてしまい申し訳ありませんでした
最後に、暑い季節に向かいますゆえ、なにとぞご自愛くださいませ
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:17:25
アニメ版ぼくらのは原作とはまた別の形で好きですし、
僕ははっきり言って、監督の考え方捉え方は嫌いではありません。


が、今回ばかりは流石に喋りすぎだと思います。
ナカマ編とプログを見て (Unknown)
2007-06-13 02:19:32
今回を見てあれ?っと思ったのでが納得です
嫌いなのはおおいに結構です、でもあくまで「原作付きアニメ」をやってる以上根本的な部分の改変は
ファンはおろか、原作者である鬼頭さんに失礼だとは思わなかったのでしょうか?(鬼頭さんが納得してるなら別ですが)
正直このような根本の改変をするのならオリジナルでやって欲しいです、なぜオリジナルでつくらないのでしょうか?
その理由に「原作が無いと商業的にまずい」というのが理由ならファンに失礼意外の何者でもないですよね
原作ファンを金としか見てないわけですから(この辺りはもっと上の方の問題かもしれませんが)
エロス (Unknown)
2007-06-13 02:19:48
ジアースのパイロットだって逃げないで頑張ってるのにお前ときたら、、、はっきり言わせてもらうよ、お前は絶対Daiki監督の様にはなれないぜ、そんな根性じゃ!
Unknown (岩城淳一郎)
2007-06-13 02:31:41
>という、このチズの「行動」の軽さを指していて、次の展開で畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうと、そういうことが言いたいのですが。
「たら・れば・だろう」こそが「理屈」だと思いますよ。そして、女性に「理屈」は通用しません。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:41:01
監督変わってやろうか?
素人の俺の方がいい展開に持って行けるぜ?
Unknown (丸)
2007-06-13 02:44:09
森田監督は公の場で「原作が嫌い」と仰っていますので、僕も率直な感想を言わせてもらいます。

僕はアニメ版ぼくらのが嫌いです。
それは、原作通りでないからではなく、純粋につまらないからです。

これからの活躍に期待しています。がんばってください。
ともかく (STR)
2007-06-13 02:47:52
お疲れ様です。
STRと申します。返答などは必要ありません。
商売として、原作ファンでこれを見ている人間より、あなたの作品で初めて「ぼくらの」を知った人間の方が、圧倒的に多いと、思って(信じて)ください。
原作を知らず、あなたのフィルムを見て、興味を持ち見続けている人間が圧倒的多数だと、信じてください。私はそう信じています。であれば、商売として、職業監督として、あなたの勝ちなのです。
私は原作者のファンですが、作者に傾倒し、心酔しているわけではありません。この作者の描くものに、惹かれる部分はありますが、いろいろと違和感を抱きつつも見ているような人間です。「ぼくらの」はあなたのフィルムで初めて認知しましたよ!
私の常識(感覚)では、鬼頭莫宏は一部熱狂的なファンはいても、決してマスに相手にされるような作家ではありません。(くりかえしますが私はファンです)
「ぼくらの」はアニメーションであり、芸術作品ではなく、エンターティンメント。このフィルム単体で、結果を出していくらの世界の製品という側面も持つアニメーション作品です。
フリーの職業監督であるならば、このプロジェクトをどうやって成功させるか、結果として評価はもちろんインカム(・・・私の業界のことばですが)を出さないことには話にならないでしょう。
サイレントマジョリティのことをお考えください。
その観点からすれば、現状私は成功しているのではないかと感じています。
圧倒的多数に共感を得られると思いますよ。
DVDがどれだけ売れるかはわかりませんが(このあたり、今のアニメ業界とその周辺のの状況には、私としては一家言あるのですが・・・)。

チズ編で私の感じた違和感は、あの変態教師への、この世界としてのなんらかのケジメが感じられなかった部分です。チズと一緒に観客が振り上げた拳の落とし所がどのような形にしても無かった所ですね。
がゆえに、反響も大きかったのではないかと、私は感じています。頭ではわかっても、体で感じられなかった人間が多かったのではないでしょうか。

ナカマ編は、大筋はよかったと思いましたが(尺的に)少し窮屈な感じがしました。

大地編は泣きました。

なんにせよ、「ぼくらの」は今期最も見逃せないアニメになっていると思います(いろいろな意味で)。
電脳コイルもそうですが。

ハードな内容かつ過酷な環境のお仕事にあわせ、うるさい(失礼)少数派の声に少し、疲れておられるのかなと今回の文章を読んで感じましたので思わず筆を取りました。こんなことで仕事に差し障りは出して欲しくないです。余裕の範囲でやって欲しいです。
と、いいつつも毎週見に来ている私もいるわけですが・・・。

主題歌担当の方もそうですが、この作品は本当にスタッフに恵まれた近年まれに見る良(心)作だと思います。
とりあえず人の話は黙って最後まで聞け!!
という気概で、最後までやり遂げてください。
日本のアニメ業界の今後2、30年を支えるのはあなた方だと、私は思っています。

蛇足になりますが
ハウルは、私が劇場で(終了後)立ち上がって「(この内容は)どういうことか説明しろ!」と憤慨して叫んだ最初で最後(であって欲しい)の映画です。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:48:48
>コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。

チズは大人じゃないんですよ、中1なんですよ
自分の目線でばかり作品見てませんか
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:55:22
森田監督はちょっと見込み違いをしてしまっただけです。
ぼくらの というアニメを、
『鬼頭模宏の ぼくらの』として見ている人が想像以上に多く圧倒的で、
『森田宏幸作品』として見ている人が想像以上に少なかっただけです。

嫌いな作品がライバルで大変でしょうが、がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 02:57:42
本当にがっかりです、
Unknown (「ぼくらの」一ファン)
2007-06-13 03:01:49
「原作は好き、アニメは嫌い」という人達より
「原作は好き、アニメも好き」という人間が
今回の発言でショックを受けると思います。
自分もアニメを楽しく試聴している原作ファンの一人だったので、
今回の発言を見てとても悲しくなりました。

例えそれが本音なのだとしても、
「原作ファンは見ないでほしい」
と言うのではなく、
「原作ファンも原作は原作、アニメはアニメとして楽しんで欲しい」
と言える大人の態度を貫いてほしかったです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:02:04
ダイチ編はうまくまとめたと感じたけど、ナカマ編は全体的に薄味ですね。
面白ければ原作いくらいじっても気にしません。
一つ一つのエピソードを楽しませてくれさえすれば。
正直、10話はこれで終わり?って感じで消化不良気味です。

> コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。

通用する必要なんてあるんですか?
別に最大公約数的なキャラにする必要なんてないと思うけど。
Unknown (かつ)
2007-06-13 03:11:08
いいんじゃね?
鬼頭の作品面白いけど鬼頭自体は頭おかしい人だから森田さんの言うこともわかるわ。
残酷な運命を描いておきながら、死を肯定的に受け止め残酷に殺すのを楽しんでる節が鬼頭があるからなー。
ただ、漫画以上に面白い物にちゃんと最後はしてくれないと原作を改変した意味が無くなります。
もしも原作を上まれないのなら原作に忠実に作って欲しいと思います。森田監督。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:12:13
原作ファン「あんたって、あんたって本当にサイテーな・・
      あんたなんてもひろんの意図なんてわかんないかもしれないけどっ・・・けどっ・・・」

スタッフ「な、やめようぜ!!森田は素直じゃないんだよ!!」

森田「やめてくれ。今は自分の気持ちをくんでくれ」
Unknown ( )
2007-06-13 03:14:52
必殺の脚本家は最後まで取って置くもんなのよ!




そうですよね?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:17:08
とりあえず、監督…少し落ち着いてくださいませ。

私は原作もアニメも好きです。
しかし原作ありきの作品でもあるので、時には「あーそうしちゃったかー」と思う事もありました。
だけど、放送中の今、そんな明確に監督の意図を今は聞きたくなかったのが本音です…。ご自身で言ってらっしゃいますが、言い過ぎですよ〜…。
誠実な受け答えはファンとしては嬉しい事です。
でもやはり時と場所を少しだけ、考えてみてください。

批判ばかりがみんなの声ではないと思います。がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:18:11
マチ「アンタはちゃんと制作するって言ったんだ!
真面目に作れ!作れよ!
じゃないと・・・せっかくのOPも声優も無駄になっちゃうんだよ!?」
Unknown (ddd)
2007-06-13 03:20:15
初めてコメントします
なんだかいろいろとぶっちゃけてますねw
なんていうか、苦悩してるんだなぁと思いました
もうコメント欄閉鎖でいいんじゃないですか?
僕は逃げだなんて思いませんから

何はともあれこれからも頑張ってください
「アニメ版ぼくらの」は原作未読の僕にとっては
ただただ純粋に面白い作品ですよ
Unknown (ゆら)
2007-06-13 03:32:29
監督の日記を読みました。いろいろな意見がありましたが、監督ご自身のお言葉はとても潔く、個人的には好感が持てるものでした。

しかし、原作というものがある作品を監督されるということは、最初から「作品のファン」が居るということです。

昔とは違い、昨今のアニメでは「監督のお名前」よりも「原作」を重視している傾向があります。なので、監督が受ける批判は仕方のないことだと思います。

しかし、監督ご自身の物作りに対する姿勢はとてもすばらしいものだと思います。

大事なのは、この作品はまだ完結をしていないということです。ここまで公に、はっきりと意思表示をしてしまったからには、おもしろいものを作ってください。すべてはそれからです。

もしそこで上手くいかなければ、「原作付きのものをアニメ化するというのはどういうことなのか」、ということを考えて頂きたいです。

とにかく、頑張ってください!応援しています。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:33:24
>今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。
>だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

原作のファンにアニメを見るなっていうのは流石に可笑しいんじゃないでしょうか。
監督の脚本に対する気勢は分かりましたが、これは言って良いものなのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:34:10
今の僕には(監督が)理解できない〜♪
hnyan (言っていいことと悪いことが…)
2007-06-13 03:38:57
たとえば最初から、「アニメは新解釈でいくから覚悟しろ!」とかなら、いいんですが、
せっかく、視聴者側が盛り上がってきているこのタイミングに、いまさらグダグダとこういうこと書くのは作り手として最低な自殺行為だと思います。

自分は原作もアニメも好きですし、原作に対する考えとしては監督に近いものがありますが、
今回のことで、なんかもうネタアニメになっちゃいますよ、ぼくらの……orz
長文失礼 (Vivaldi)
2007-06-13 03:46:08
 森田監督のお名前はあいにく存じ上げておりませんでしたが,アニメ版「ぼくらの」は楽しく拝見しております。
 アニメ版「ぼくらの」を見てから,原作にある意味忠実な「なるたる」を見る機会があり,そのあまりの内容の無さにがっかりしたことから,個人的には監督独自の解釈に基づく「ぼくらの」の今後の展開を楽しみにしておる次第です。

 さて,もう同じような感情が先走ったようなコメントが数多く見られますが,所詮匿名のコメントですから,リスクを負わない者の発言は大して気にする必要はありません。現実とweb空間が直結している監督と,旗色が悪くなればいつでも逃げられるでは,発言の重みは比べものにならない程に異なると言えましょう。
 もっとも,だからこそ,監督職にある者として十分に推敲を重ねた発言が求められるわけですし,発言にはそれ相応のリスクを覚悟していただきたいと思います。これは,自由に表現する者であるが故に背負わなければならない責任です。


 私が思うに,森田監督のここ数日のエントリでのご発言には,いくつかの勇み足があったように思います。監督ご自身が悩んでらっしゃるのでしょう。いい加減原作詣な発言者のコメントばかりが続いて嫌気がさして,ついつい悪魔のささやきに耳を傾けたのかもしれません。
 厳しい事をいうようですが,それでも,やはりここは踏みとどまるべきでした。

 原作を一部にしろ「嫌い」と表現したことについて,私は違和感を持って受け止めました。
 なぜなら,森田監督は以前のエントリで論理と感覚は不可分のものだとおっしゃっていたことからすると,日本語の感覚的に感情的でしかない「嫌い」という言い方をすべきではなかったかと感じたからです。むしろ,好意的に解釈すれば,原作に「納得がいかない」のだろうと思います。
 しかし,「嫌い」という言葉は字面だけ捉えれば非常に単純で稚拙としか言いようがありません。今後,全ての批判が「監督は原作が嫌いだから」という一点に収束してしまうであろうことが非常に残念でなりません。あとは揚げ足取りばかり続くことも目に見えています。


 今回,ある種の「炎上」が発生している理由を考えるに,森田監督は,鬼頭作品ひいてはセカイ系作品にここまで熱心な読者がいるであろうことをあまり念頭に置かなかったから,といったことが想起されます。
 こうした原作ファンからは一線を画し,アニメがあらかじめ独自路線・独自解釈で行くことを森田監督ご自身が強固にアピールされず,なかば原作ファンに自白させられた形でコメントされたことが,今回の混乱の引き金になったのだと思います。
 このあたりの姿勢が,「仕事だから好きでもない原作アニメを作ったのか!」と突っ込まれる原因となっているのではないでしょうか。


 こうなってしまった以上,原作を「嫌い」と公言した森田監督は,なぜ嫌悪感を抱くに至ったのかを内省的かつ理論的にこのBLOGの読者に説明し,なぜ内容に納得のいかない原作のあるアニメ化を引き受けたのか,引き受けたからにはどのような覚悟で作品として生み出すのか,とことん語るしかないのではないでしょうか。
 その際には,相手に議論を預ける書き方をせずに,きちんと森田監督のご意見を示すことが肝要だと思います。森田監督には,原作ファンはアニメを見ないで欲しいというのではなく,アニメならではの解釈・森田流の解釈を披露し,原作にない魅力をもって,原作ファンを魅了するくらいの気概を持っていただきたいと思います。
 冒頭申し上げた責任の取り方の一つとして,ご提案させていただきました。

 最後になりましたが,森田監督の曖昧な部分が明らかになるにつれ,このBLOGの読者の気持ちもすっきりとしたものになることを望みます。皆さん,大人な会話を楽しみましょう。
Unknown (ヴぃぺr)
2007-06-13 03:47:48
まぁいいんじゃね?
糞みたいに暗い原作よりアニメのほうが暗いながらも面白いし

これからも原作クラッシュしてください
Unknown (ムッハー!)
2007-06-13 03:50:33

監督なんだから何をやってもいいんだよ

それが監督という役職の権限なんだから

信念を持ってオタに迎合しては良くない
若干訂正 (Vivaldi)
2007-06-13 03:50:55
長文読み返したんですが,やはり誤りが…。
申し訳ありません。>諸氏

(誤)日本語の感覚的に感情的でしかない「嫌い」という言い方をすべきではなかったかと感じたからです。
(正)日本語の感覚的に感情的でしかない「嫌い」という言い方をするべきではないと感じたからです。

(誤)なぜ内容に納得のいかない原作のあるアニメ化を引き受けたのか
(正)なぜ内容に納得のいかない原作のアニメ化を引き受けたのか
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:57:08
放送終った後のコメントなら分かりますが
放送中にすごい事書きますね・・・

精神的に相当参っているのかな?

私は毎週楽しみにしてるので、
がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 03:57:49
ぶっちゃけすぎだろ、ガキじゃねーんだから…
言いたいことがあるなら、こんなトコでグダグダ言い訳じみたこと言ってないで作品で語れって。
アニメが原作より面白くなれば、監督の発言も受け入れてもらえるかもしれないしな。今からでも遅くない。
あぁ、でもそんな才能があるとも思えないからなぁ…猫もあんなだったし。

つか、現場スタッフ他の関係各位やイズミプロジェクトにとっては物凄い迷惑な話だな。
アニメ業界のことは知らないが、状況によっては謝罪と賠償を要求されたりすんのかなw

まぁ今後も頑張ってくださいね。
さて、明日にでもDVDの予約全部キャンセルしてくるか。
Unknown (原作もアニメも面白い)
2007-06-13 04:02:51
「アニメに文句を言う原作信者=キャラと台詞ばかりに気を取られてる頭の軽いヲタク。

自分はそんな物よりもっと上の次元でアニメを作ってるんだ。」

そういう風に思われてる感じが文章からにじみ出てる気がしますw
Unknown (Unknown)
2007-06-13 04:06:34
原作未読者です。

監督は少々雄弁すぎると思います。が、それは原作未読者やアニメファンには受け入れられる作品を作っているという自負から来ていると信じています。

この「ぼくらの」が良い作品になることを期待しています。
これからも頑張ってください。
お疲れ様です。 (ぱっせんじゃ)
2007-06-13 04:08:55
アニメ版「ぼくらの」のファンです。
このようなBlogのコメントを一々真摯に受け取り、誠実に返答してらっしゃる監督の姿勢に敬意を覚えます。

人は誰しも、自分の好きな仕事ばかりできる訳じゃない。大人なら誰でも知っているはずの事です。

嫌いな部分のある原作、その映像化に手を抜かず真正面から向き合ってらっしゃる監督。
そんな人にただひたすらエゴをぶつけるだけの「子供」達。
この社会はいつからこんな、「子供」ばかりが目立つようになっちゃったんでしょうね。

私はこの作品、楽しませていただいています。
これからもがんばって下さい。
う〜ん。 (元ライター)
2007-06-13 04:25:43
……まあ、いろいろ大変だと思いますが、ひとつだけ。OPのウシロの走りの魅力は、原作の魅力ではないですよ。僕は原作未見ですが、よいと思いましたから。

おそらく「魂」とかそういった曖昧な言葉ではなく、僕は具体的にあのシーンのよさを説明できると思います。(あくまで僕個人の見解であることは否めませんが、一応)

まず最初の要素は「走り方」です。
あのウシロは、顔が常に不動で、ひたすらに真正面を見据えているのです。そして、アゴが出た感じになっています。

これは「必死さ」を伝える記号です。いわゆる「アゴが出ている」状態なのに、バテかけているのに、必死に走っている感じっていうのが、実によく伝わってくるんですよ。

それから、次の要素は「背景」です。全体に赤が基調ですよね。日が暮れかかり、遠くには山が見えている。足元には草が生えている。この光景は、田舎風でもあり、見る人のノスタルジーをかきたてます。

そして、これらを総合すると「どこともしれぬ田舎の夕暮れ、少年が何かを求めて、必死で走っている」という情景が生み出されます。

しかも走っているのがウシロ、あの一見凄くクールで自己中心的に見えるウシロだというのですから、誰もが彼は、何のために必死に走っているのだろう、と思う。

自然と、彼がクールさの仮面を脱ぎ捨て、本心をさらけだしてひたむきに何かに向けて走っているんだろう、という流れが想像ができます。ある人は、妹のためかもしれない、と思い、ある人は何かの約束を果たすためだろう、とも思う。

つまり、これはすごく「想像力を刺激する」シーンなんですね。それが結果として心に残り、存在感があるという効果を生み出しているんだと思います。

このシーンはアニメのオリジナルでしょうから、こういうシーンが現われる可能性というだけでも、アニメ版を楽しみに観る価値があると思います。

そういうわけで、僕はアニメ版の今後も観つづけていくつもりです。困難に負けず、頑張ってくださいませ。
お疲れ様です (キリエ)
2007-06-13 04:37:07
>私が、原作で嫌いなところのひとつは、子供たちの死に行く運命を作者が肯定してしまっているかのように感じられる点です。

至極まっとうなコメントだと思います。しかもそれが理不尽で理解できない目的のため、そうとは知らずに契約させられているというところに毒味があります。

この作者は子供を過酷な状況に追い込んで大人にはマネできないくらい潔く死んで行く様を淡々と描いて読者を感動させます。死が前提だから成り立つ話です。

要するに、戦時中の特攻隊の物語だと割り切られるのも一つの手かもしれませんよ。

いや、自分も子持ちですから監督の気持ちはわかりますが。あまり考えすぎず、深刻になりすぎず、そして真摯かつ率直に書きすぎないほうがいいのかもしれません。ジアースが来た世界の搭乗者たちは救われなくても、すぐ隣の世界では搭乗者に選ばれず、誰かに守られていることも知らずにいい笑顔をしているのかもしれませんしね。
ブログ見ただけの一見さんですが (ビリジアン)
2007-06-13 04:49:56
アニメの改変は好きにやっていいと思います。原作に対する解釈に差が生まれるのは当然ですし、アニメは監督というフィルターを通して表現されるべきだと考えます。

ただ、監督のブログ発言が高みから見下ろしたような印象を受け、さらに自分の行動、発言を美化しているように見えます。それが明らかに、監督の印象を悪くしています。
少なくともこのブログを覗いている人で監督の好き・嫌いレベルの嗜好を求めている人は(それを面白がっている人を除けば)いないでしょう。基本的に求められるのは「解釈」までであり、「主観的な嗜好・好き嫌い・改編過程」ではありません。
アニメの評価が、監督の発言が原因で変動するのを良しとしないのであれば、監督は文章を省みたほうがいいでしょう。
「私のブログスペースだから何言おうと勝手だろ」というのなら、ご自由に。
ただ、少なくとも、まだ視聴していない私のような人が、この日記で見る気を削がれることもある、ということは理解して頂ければ幸いです。

監督の言動は好きになることができませんが、作品に対する態度等については非常に好感が持てました。
どうぞこれからも頑張ってください。


※名無しの言動は無視しろ、という方もおられますが、ネット上の名前欄一つに何を打ち込んだところでコメントの価値は変わらないと思います。(もちろん、ただの暴言は論外ですが)
あくまでコメントの内容を見て、監督が判断すればいいことでしょう。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 04:52:19
番組が終わってから今回のような発言されてたら、全話見ているであろう者からすれば
「せっかく全話見たのに裏切られた」と思わざるを得ないし、それこそただの事後処理に映ってしまっているだろうから、
好きで見てる者からすればどうにもならない歯痒さと鬱憤が募るだけだろうね。
そしてコメントには同じように「がっかりです」と並ぶんだろう。

今回、このタイミングで発言されたのは、選択肢を与えてくれたという意味でベストに近いと思うよ。
終わっちゃってから一方的に実はアレはこうだったと話されるより、今思いの丈を伝えてもらった方が
今後を考えれば遥かに良いでしょ。極めてフェアなタイミングとしか言いようが無い。
視聴を続けるにしても、もう我々は監督の思索を汲んだうえで、リアルタイムに今後残りの話を受け止めていくことも出来るんだし。

恐れることとすれば、今後監督が寡黙に徹底してしまわないかということだけ。
業界、あるいはアニメーションに携わる方の内情や心境を吐露してもらえる場や機会は未だに限られると感じてるから、
そこに興味のある者としては、今回のが原因で以後だんまりにはならないで頂きたい。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 05:08:08
原作が嫌いだと先に言い訳したり
原作ファンは見るなと言ったり
嫌いだからと捻じ曲げたり

現実に挑むって、素敵だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 05:15:07
>原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

あんた最低だよ
じゃーなんで作った?

クリエーターじゃないのか?
今すぐ監督辞任すべきだよ
何を言ってるんでしょうか (さなだ)
2007-06-13 05:17:46
監督自身どう思おうがなんでもいいが、
それを公の場に発表するな。
ストーリーを見て気になって、これから見ようと思ったのだが


その前に監督のブログがあると聞いて見にきたらこのざまだ。
思ってても言ってはいけないことがあることくらいわかれ。
今この場で言うことで責任逃れか。
本当にイライラする。
アニメは見ないで原作だけを見ることにした。

こんな監督は即刻解任すべきである。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 05:40:00
途中で青い服の女の人が消えたのにはビックリです。

どんなリアルが起きたのでしょうか
Unknown (NA)
2007-06-13 05:45:00
読み直しててどうしても一個だけ気になったのでここだけ

>>肝腎のところで原作をトレースし原作の面白さを頼りにしてるように感じています。
>原作を尊重してるんですから当たり前ですけどね。

原作の要素を一部入れること=原作を尊重すること
では断じてないと思います。原作を尊重するべきか否かというのとはまた別問題で。
原作を尊重してるといえるとしたら 核 を引き継いでる場合で
核さえ引きついてれば展開そのものは全くちがくてもむしろ尊重と言えると思いますし
逆に、核を変えてしまえばどんなに他の部分が原作をなぞっていても尊重とはいえないかと。

Unknown (Unknown)
2007-06-13 05:52:17
>Unknown?(コゲムシ)
>監督の「チズは恋愛していない」という発言がありましたが、
>これには非常に違和感を覚えました。
>決め付けてしまえるほどに説得力のある書かれ方が原作上であったのだろうか・・・?と、
>気になって原作を読み返してみましたが、
>私には結局そうと断定できるような描写はなかったように思えます。

私の根拠は、
畑飼「本田、俺つきあっている人がいるんだよ」
チズ(モノローグ)「それでも かまわない」
という、このチズの「行動」の軽さを指していて、次の展開で畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうと、そういうことが言いたいのですが。
コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。

相手が妻子持ちで不倫関係でも、他の女と二股をかけていても、風俗通いをしていることを知っても、出会い系にはまっていても、最低の男だと理屈では分かっていても好きだという気持ちを変えられない人はいます。
監督さんは余程経験豊富で世の全ての女性を理解しつくしているのでしょうか。
理屈だけで考える前に自分が知らないタイプの女性がいる可能性も想像してみてください。
はめてお金もらえたwww (さわだマックス)
2007-06-13 05:55:23
はめまくって感謝されて報酬をもらえるだなんて、こんなオイシイ世界があったんだなww ttp://cutie7.net/beauty/
Unknown (Unknown)
2007-06-13 06:01:13
お前らも叩いてばっかりいないで監督という職業を理解してやれよ

原作とアニメを一緒に考えてる原作信者は見なければ良い
監督も助言してるんだから

同じアニメーションを作ってる人間から言うと「ぼくらの」は全然良く出来ている
監督が監督として機能してないアニメなんて腐るほどあるしね

まぁ、今回の件で監督降板とかない事を祈っています
Unknown (Unknown)
2007-06-13 06:02:42
原作の解釈については、2chでやろうぜ。
俺は好き (けんじろう)
2007-06-13 06:11:44
俺は原作に全くノータッチなんですけどアニメ版大いに楽しんでますよ。俺の中では守り人とこれの二つが今期のトップを走ってます。
過去ログ読んだら原作の方は色々エグイ話があるみたいですね。鬼頭氏の作品はヴァンデミエールの翼から知ってるんですが、なるたる辺りで既にうんざりというか、何か自分には相容れないものを感じて、その後の作品を追う気にはならなくなりました。登場人物をことさら過酷な状況に陥れて放置する姿勢に違和感を覚えたんですよね。アニメ化の話が出て初めて作品の存在を知って、設定見た時「ああ変わんないなあ」と思ったんですが、救ってやるという方向を目指してるとわかり、ちょっと安心です。
俺は応援しますよ。良い意味で原作を壊してもらいたいですね。
Unknown (PPP)
2007-06-13 06:17:51
初めて書き込みさせて頂きます。
前々から時々覗かせていただいておりましたが、
最近の書き込みはなんだか弁解ばかりでとても見られる状況じゃないなと避けてきました。
アニメのみ見てる方ももちろんいると思いますが
原作を読んでアニメも見て、更にblogを読む方なんて少数派かもしれませんね。
こちらを読んでいると、やはり何人かの方も書かれているように作品で勝負しているようには思えません。
ネットの影響は大きいです。悪いほうにばかり膨らんでゆくものです、特にこんな問題発言は。
アニメ+blogでやっと一作品なのでしょうか?
言い訳じみたことは正直やめて頂きたいです。
私も原作既読ですが、原作丸々好きとは言いません。
でも緻密な構成や、少なくとも読者を惹き付けるエピソードを持っているのです。
監督はまるで読者を卑下したり見下したりするような態度ですよね。それは失礼な態度以外何ものでもありません。全部目を通せませんでした、読んでいて気分がよいものではないので‥。
そんなに否定するのであれば金輪際原作ものには関わらない方がよろしいと思います。
ご自分で原作からお創りになればいいのです。
原作者だってクリエイターなのです。ご自分を自負してらっしゃるのなら1からやっていってください。そういったことが出来る監督になられるまで応援しております。
それからなんだか盲目的になっていて独りよがりな感が致します。
例えばチズの恋愛について、あれはチズにとってほぼ初恋だけども、恋愛についてまだよく分かっておらず、恋に恋してる、憧れてるといった印象を持ちました。現実の中学1年なんてまだそんなものでしょう。むしろ監督のおっしゃるように周りの女性に聞くなんて筋が違うというか‥(私も女性ですが‥)身体を許す許さないに関わらず、本当の恋愛を見極めるなんて、判断材料がチズにはないのだから。
今後blogを更新されるのでしたら、本編の内容よりも、仕事場等について書かれる方がよいかと思います。
原作はそんなに守るべきものだろうか? (けんじろう)
2007-06-13 06:37:11
高橋留美子の大不興を買ったというビューティフルドリーマーは面白かったよ。
原作を離れようが面白いものは面白い。
アニメ版として出来上がったものの背景に一本筋の通ったテーマがあり、最後に振り返って「ああ、だからそうしたんだな」と思えるものになるのだとしたらそれで良いんじゃない?
原作トレース至上主義も解らなくはないけど、原作知らずに楽しんでる者も現に居る訳だから。
監督フザケンナって言ってる人はちょっと頭冷やしなさい。
観てるのは君たちだけじゃない。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 06:47:50
なんか一生懸命に擁護してるひともいるけど

普通に考えたら
原作守る必要はないけど
それは面白いものならってことだろ?

どうか考えたって・・・
監督も認めてるがおもろないじゃん

悪い意味でしか原作壊してないだろ

監督は辞めるべき
Unknown (詩本)
2007-06-13 06:50:17
うわ、10話の前にこんな発言があったのですね、驚きました。

> アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。
> 今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。
> だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

いくらなんでも監督という立場上言ってはいけないことですよ。こういう作品ってDVD売ってナンボだと思っていましたけど放送してしまえばどうでも良いののでしょうか?
DVD購入意欲減退どころか、継続視聴も無くすような発言は正直どうかと思います。

こういうのはGONZOに苦情言ったほうがよいのでしょうか、それともDVDの発売元?
お願いします (お願いします)
2007-06-13 06:50:29
お願いします
すぐに監督を交代してください
お願いします
すぐに監督を辞任してください
お願いします
もう二度とアニメに携わる仕事をしないで下さい

本当に本当にお願いします

辞めてください

お願いします
原作ファンをたまには思い出してください

何卒、宜しくお願い申し上げます
Unknown (Unknown)
2007-06-13 06:59:00
監督

ブログで原作ネタバレしすぎ。
自重してくれ。
Unknown (おはようさん)
2007-06-13 07:03:15
監督は、自分がなぜ批判されてるのか理解できてないのかな。
原作既読者が文句言ってるのは、ただ単に改編したからってわけじゃなくて(中にはそういう人もいるだろうけど)、わざわざ原作変えてるのに面白くなってないからでしょ?
まぁ、都合の良いように思い込んでたほうが楽かもしれないが、もっと冷静に状況を把握した方がよろしいかと。

あと、ビジネスなんだから公私混同せず自らの立場をわきまえて行動してください。
原作原作言うけどね (けんじろう)
2007-06-13 07:09:49
調べたらこれまだ連載中なんでしょ?
だったら尚更原作とは違う流れになる事わかるじゃない。それがイヤなら始めからアニメ化の話を持ち出すなと、そういう話にならないかね?
完結してないのをアニメ化する以上変わるのは仕様の無いことであるし、違うものになるでしょう。辞任交代して何がどうなるのよ?
ハッキリ言って、原作読んでない俺にはどうでもいいですよ、原作。26話で完結する一つのアニメ作品として完成度高めてくれれば良いのです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 07:09:59
原作嫌いなのになんで仕事請けたのか意味不明。
嫌いなものを自分色に染めるオナニーですか?
まぁ、監督が協調性のないあたり俺の嫌いな韓国人タイプだということはわかりましたw

でも9話は感動したので高評価。GJ!
Unknown (Unknown)
2007-06-13 07:12:24
>>けんじろう

なんでここが炎上してるのかわからんのか
Unknown (Unknown)
2007-06-13 07:21:40
このブログ、最初はすごい楽しみに見させていただいてたんです。こういう風に作られたり、こんな葛藤があるのかーとか。共感だってできましたよ。それがどうしてこんな風になってしまったんでしょうね。

原作が嫌いなら何故仕事を引き受けたのか理解に苦しみます。っていったら元も子もないのでいっちゃいけないのはなんとなく分かるんですが……やぱり嫌いと言われてしまうとがっかりです。どうしてもそう考えてしまう。

「ぼくらの」という作品が好きだから、その作品関わっているあなたのブログに私は辿り着きました。原作と比べてどうこうというつもりは私にはありません。アニメのぼくらのも違った味があって私はそれはそれでいいと思っていました。ただ、徐々にブログに書かれている事が原作はこうだけど、実際は〜みたいな切り口になってきて、別にそんな事ココで言わなくてもいいのにと思いつつみていて、それで負けましたって……


私はこれでもまだ楽しみにしています。監督の考えも見てしまったのでそれを考慮してこういった演出なんだなと理解する事にします。「ぼくらの」ではもう取り返しのつかない発言をしてしまいましたが、もし次になにかの作品の監督になって、その作品の原作が嫌いだったとしたら監督しないでください。嫌いでも仕事と割り切ってやる、自分なりの作品をつくるという今と似た状況になったとしたら嫌いとはっきり言わずに、もう少し嫌悪しないで作品と向かい合ってください。

はっきり言う事はいいことだと思いますが、コダマのときのブログに書いてあるとおり「自分で自分のことを第一優先で考えるのは当たり前なんだから、それはさっさと出来るようになれ。そして早く、人のことも考えられるようになれ」と趣旨はちょっとずれるかも知れないですが、もう少し周りをみて物事を言ってください。その言葉に傷つく人、本当に沢山いると思いますよ。
原作嫌いでも (nagi)
2007-06-13 07:46:54
原作がスキじゃなくてもいいです。
でも、一通りアニメが放映されてから自分の仕事を
振り返るのならばまだしも、半ばで、ブログにこんなことを書くなんておかしくないでしょうか。

別に監督が好きか嫌いかなんて知りたくもない。
マジメに作ってくれれば楽しめるようにやってくれてるならそれでいいんですよ。

面白さが、原作と違うとか、話が違うとか

”どーでもいい”

こっちを最後まで魅せてくれるならね。
それがあなたの仕事だ。 と思いますけどね。

自分で勝手に吐露したところで何も変わりません。
Unknown (s)
2007-06-13 08:02:36
お前もこの業界から消えろよ
無責任な発言するな
このアニメに関わった関連会社に土下座して来い!
Unknown (Unknown)
2007-06-13 08:09:13
>「感動は描いてもいいけど感傷はダメ」
これは理解できますが多分原作について甚だしく思い違いをしているのでは?

原作を”現実に負けて流す涙が感傷”物
等と思っているのなら読解力が無さすぎです。

目の前の現実を受け入れそれでも前に向かおうとする姿を描いているのが原作なのであってそこが好きなのですが。

というか、原作者に失礼すぎにもほどがある。

今言うべきことなのかそうでないのか分からないぐらい子供なんですか?監督は。
Unknown (あのさ)
2007-06-13 08:10:05
GONZO、原作ファンなめるな、まじでジブリみたいなアニメだけ作ってろよ、なんであんたが「ぼくらの」監督になったんだよ、ふざけんなよ、視聴者馬鹿にすんなよDVD欲しいけどここまでぶっ壊されてちゃ買う気になれんわ(たとえifの設定だとしても糞すぎる)
どうしても (真紅の180sx)
2007-06-13 08:13:54
原作と見比べてしまうのが俺達原作ファンではあるが、原作を無視してもアニメとして面白いもの提供してくれれば「俺は」満足だよ。
お客に媚売った結果に駄作が出来るのであれば他人の言う事など聞く必要はない。ニーズに応えた結果、利益は出ても本当に理解のある人間から理解されなんてのはどこの業界もあるものです。
頑張って下さい。
連投スマソ (真紅)
2007-06-13 08:22:36
にしてもバカすぎですよ。真面目に監督の心配するわ(汗)
そこまで自分を追い詰めなくてもいいと思いますよ。

後、一応書いときますけど監督を降りないように。どんな形であれ(アニメの出来や評価が)逃げちゃダメですよ。
Unknown (うらしまたろう)
2007-06-13 08:23:07
カントクは誰のためにこのアニメを作っているんですか?
上司のため?クライアントのため?
それとも単に金のためですか?
まあ、原作ファンのためでないことは分かりました。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 08:36:22
原作に改変を加えて事は悪いことではないと思います、というか今までも色々なアニメに限らず、ドラマなどでも監督の意向が反映されているものが多々ありますから。
引っかかるのが「悪意を持った改変」のくだり
あんた馬鹿でしょ?「悪意」という言葉の大きさを知ってください。
監督として有能でも大人として屑ですね。
アニメはあんた一人で作ってるんですか?もう少し周りを見たらどうですか?
Unknown ( )
2007-06-13 08:40:30
これって、原作の良さを引き出す能力が自分にはありません、って宣言をしてるだけじゃないかと。
原作が嫌いなら断りなさい、それでもやらなければならないなら、我を出さすプロとして仕事をしなさい。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 08:44:51
このエントリーが、別に炎上してる風には見えなくて、自分の意見を言っている人が殆どなので、コメントは閉じない方がいいかと思います。

カッコイイと思うよ。
監督の目線 (うた)
2007-06-13 08:57:19
結局監督の目線は原作ファンというか視聴者に向いてない気がしますね。自分の作る作品、自分のやりたいことしか考えてないように思えます。
芸術家ならそういう態度もありえるでしょうけれども、原作つきのアニメ監督でその態度はちょっとどうかなと。自分で設定を考え、キャラを生み出し、物語を作り出して初めてそういう態度を示す資格が生まれると思います。監督の状況は察しますが、そういう事言うならオリジナルで話作って見せろって思うのが一般的な反応だと思います。
あと、原作が嫌いなのに、原作を尊重しようとしたことがそもそも間違いかもしれませんね。嫌いなら徹底的に壊せばよかったんです。設定だけ都合よく利用すればよかったんです。繰り返しますが今のところ原作の主張の1部分だけを表現していて、新たな監督の主張は感じられません。もちろん原作の主張の内どれを選択するかということが、監督の主張の表れだとは思いますが、今のままだとストーリーを変えた意味がほとんどないと思います。
もちろん完結していない今の段階でこういうことを言うのは早計です。後半のオリジナル展開に、もし前半の改変が生きてくるのであれば、そのときは素直に謝ります。
いろいろ批判されて大変でしょうが、こうなった以上最後まで自身を貫いて物語を完結させてください。原作に従うだけではなく、それを越えようとする監督の姿勢は好きです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 09:01:53
監督の発言は、理解はできますが共感はできません。
視聴者全員と質疑応答でもする気が無いのなら、こん
な発言はしないでほしかったです。

別に言葉にしなくても、監督の意図や方針は真剣に視
聴していれば、漠然とではありましたが、わかってい
ました。少なくとも今作、私個人としてはそのつもり
でしたし、事実、この発言でそれが間違っていなかっ
たことも確認できました。

でも、だからこそ、この発言はしないでほしかったで
す。世の中には暗黙の了解、言ってはならないことと
言うものも存在すると思うのです。

視聴は続けます。言いたいことも理解できました。作
品に対する姿勢も「間違っている」とは思いません。
最後までがんばってください。
Unknown (名無し)
2007-06-13 09:14:37
監督、ブログで対話しちゃだめです!!!

事務所に送られてきたメールや手紙ならいいですがブログはまったく責任がないところで書かれています。まじめに相手してはだめです。

監督は原作とは違う表現をめざしたのだから、それでわかりました。それはHPで書くべきです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 09:22:05
私は原作には好悪入り混じる感情を持っていた
鬼頭ファンだったので、監督の言い分は
非常に清々しくて共感が持てます。
真正面から原作ファンと向かい合おうとする努力は
評価しても良いのではないかと思いますがねー。
でもま、原作ファンにとっては心象イメージを
覆される事になるわけですから、ある意味宗教的な
反応があることも否めないワケで。難しい所ですね。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 09:30:20
仕事の内容や本音を大っ平にネットに書いてしまう人間が居るのを見て愕然としました。
上に誰かが書いてましたが、製作中は関係者のブログ更新禁止というように
各アニメ製作会社でガイドラインを作るべきでしょう。

まったく一般企業に勤めた事無いから社外秘という言葉も知らんのでしょうね・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 09:44:23
とりあえず出版社と原作者と関係者に謝ってこい。
あと監督やめろ。
はじめまして (boby)
2007-06-13 09:49:07
どうも失礼します。
私は原作未読の視聴者なのですが、毎回楽しみに視聴しております。
今回の監督のコメントを読ませていただいて、とても切なくなりました。
原作ファンの方達に対し今後観ないで下さい、と言うのはあまりに悲しいことだと思います。
逆に原作よりも面白くします!!ってくらいの気概を見せて是非観てください!!って言って欲しいです。
そして原作にとっても高いハードルになるような作品を創って欲しいです。
現時点での私の感想は正直微妙・・・。
毒にも薬にもならないような中途半端な印象です。
現在の魅力は恐らく原作による所が大きいのかな〜と思っています。
これからどうなるのか分からないですが、どんなラストなのか期待して視聴させてもらいます。


これを言うのか… (ななし)
2007-06-13 10:02:44
最後に、書きたくないことを書かなければならないのですが、
>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。



監督ですから好きに作るのは別にいいとおもいますが
さすがにこれを言うのはどうかと思いますよ。

Unknown (Unknown)
2007-06-13 10:03:44
皆ちょっと落ち着こう
原作が嫌い発言も原作ファンはもう見ないでください発言も
なんか売り言葉に買い言葉みたいな感じで思わず言ってしまったように思える。
そりゃ言っちゃった監督が悪いのかもしれんのだが、監督だって人間だもの
匿名の人間からたくさんの否定的意見を聞かされれば、冷静ではいられなかったのかもしれない。

皆さんも監督の発言に目くじら立てないで
スルーして冷静になってみてはいかがでしょうか?
やめてくれ ((´・ω・`))
2007-06-13 10:10:14
なんて学習しない監督なんだ。
原作嫌いならもうやめてくれ。
どこか別のところで勝手にオリジナルの作品作ってなよ。
なんつか頑張れ (Unknown)
2007-06-13 10:14:47
10話は原作信者としては好感を持てるようなものではなかったですが、これはこれでアリだと思った。

でも、原作のネタバレをされると少し・・・びびりますw

まぁ、これからも私は見続けます。
なんで、頑張ってくださいです。


あと、いちいちこんなこと書かなくてもいいと思うですよ。
監督なんだからお山の大将よろしくふんぞり返ってればいいのです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 10:18:39
表現者に向かって「黙ってろ」という事ほど、危険な思想は無いと思う。
Unknown (ゼウス・クレンザー3世)
2007-06-13 10:24:53
他社のアニメ『グレンラガン』で、プロデューサーが批判的な視聴者を肛門呼ばわりして公式ブログが炎上した事件をちょっとだけ思い出します。監督の「アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです」というご発言は、ある意味作品に愛情を持っているが故につい肛門と罵倒してしまったプロデューサーよりも、絶望的な発言かも知れません。

それでも『ぼくらの』が『グレンラガン』ほど収拾のつかない状態にギリギリのところでなっていないのは、やはりそれでもまだ視聴者は期待しているからじゃないですかね。皆、たぶん『ぼくらの』という作品が好きなわけだし、だからそれを大切に映像化してほしいと願ってるんだと思いますよ。だから、監督がキレかかっても、それを批判はするけど、監督に失望はしないで、最後まで頑張ってほしいという書き込みが自然と多くなるんじゃないですか?作られたアニメがお客にどう見られるかということに、もう少し自覚的になっていただければと思います。

監督が製作中にブログを同時進行させるという、ネットが製作者と視聴者の垣根を低くするという現象は、功罪相半ばするものかも知れませんが、監督の製作中ブログというのは、双方向性があって面白いとも思います。なるべくキレたり喧嘩したりせずに、監督もお忙しい中ブログまでチェックするのは大変だと思いますが、アニメもブログも最後まで貫徹されて、アニメ作りの新しい方向性を提示されるのも良いのではないでしょうか?
個人のブログですが (こんにちは)
2007-06-13 10:33:24
直接の依頼人である法人のゴンゾや製作委員会の方々にはつっこまれませんか?
天地無用の時と同じように現場放棄して逃げだされるのでしょうか?
Unknown (ニコニコ動画から来ました)
2007-06-13 10:42:52
私は原作版とアニメ版と別々の作品と見てますから改変だろうが何だろうが気にしませんね。

私はぼくらのが好きだから見ているのです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 11:02:06
ぼくらのをアニメ化すること自体かなり無理あるよね。
どうみても作者の趣味全開の原作だし、
原作のまんまだとついてこれるのは原作読んだ人だけ。
よくこれの監督引き受けたよって思う。

まあかなり裏目になってるのが痛いですね・・・
OPのウシロの走り (yamatano)
2007-06-13 11:02:48
はじめまして。僕は原作未見で、アニメが終わってから読もうと思ってますが、この「OPのウシロの走りがいい」には賛同できます。ブログを読むまではウシロなのかどうかは確信できませんでしたが、いずれにしてもあのカットはOPの中で一番好きです。放映時間が仕事中のため毎回録画したものを見ているのですが、OPを早送りせずに毎回見ているのはあれを見たいからと言っても過言ではありません。ウシロの回が楽しみです。

なので、「OPのウシロの走りがいい」は原作のウシロが入っているから良く見えるとは限らないんですよ。・・・ということが言っておきますね。でもまあ、あの画に力があるのは原作を見ている作画スタッフが描いたからなのかもしれませんし、そういう意味では原作のおかげで良く見えるのだと言えるのかもしれませんが。
「原作にある主張を曲げてはいけない」 (koz)
2007-06-13 11:16:54
原作を嫌いな人が何故に監督を引き受けたのか?それを探して過去記事を読んでいて別の物を見つけました。

ご自身では曲げていないつもりなのかもしれませんが、ここまで反響が大きい(しかもマイナスの反響)ということは、他者には「原作にある主張を曲げてしまっている」と写っているのでしょう。

「原作にある主張」と思う部分が監督と、ここにコメントを残した人々とで食い違っているんでしょうね。
放映完了後にでも、監督が「主張」だと思われたものを書き残していただければ幸いです。

PS.私は最初、走っているのはカコだと思ってました。
カコ編で水族館のシーンが出るまで。
だって、「逃げ足、速い」子ですから。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 11:29:04
原作ファンがどういう人間か垣間見えますね。
言い過ぎだと思うなぁ… (マリオ)
2007-06-13 11:30:42
原作のすべてが嫌いという訳ではないという事はわかってるので、このエントリーの最後の方にある文章はちょっと辛かったかな…。パッと見、ホントに全部嫌っているようにも見えるので。

「負けました」という発言も、放送後ちょっとした思い出話程度に語ってほしかったなと思っています。ネットを使っていれば、色んな意見が飛び交うのは当たり前なので、返信するのは構いませんがそこまで重く受け止めなくてもいいと感じています。視聴者側が、重くなってしまいます。

僕は原作と違う流れはあっても、好きな所は好きでした。特に9話なんて、すごいと思いますよ。

あと、ザッとこのエントリーのコメント欄みたんですが、すべてが批判コメントではないのは救いだと思います。応援している方や監督の今回の発言を残念と思っている方もいます。真面目すぎる監督を心配してくれている方もいます。それは原作と違うアニメ版でも、面白いと感じている人が多いからだと思っています。僕も面白いと感じている1人です。


とにかく今は、監督なりの「ぼくらの」を精一杯作っていって欲しいと思います。このようなエントリーがあって、ちょっと驚きましたけど、まだ応援しますよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 11:45:50
>私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を手にした最初だけで、仕事を引き受けた以降はそれはまったく関係ないです

と監督はおっしゃっていますが。人間は一度嫌いと思ったものはそう簡単に切り離せるものじゃありません。
深層心理のどこかで嫌いだと無意識に思っているはずです。

今からでも遅くないので監督を辞退してください。
もしくは、最後に「やっぱり森田監督でよかった」と思えるような作品にしみてください。
Unknown (通りすがりの者ですが)
2007-06-13 11:46:24
こちらのブログは某掲示板で知って拝見しに伺いました。

率直な意見を書かせていただきますが、
森田さんは監督としての資質に欠けていると思います。

まず、キャラクターの本質を歪めて捉えていること。
また、自分の解釈で勝手に変えてしまっていること。
構成・演出の整合性がとれていないこと。
そして一番重要なポイント「人間を描く」という事を失念していること。
素人の私から見ても、必要最低限の事ができていないと思います。

そもそも原作がお嫌いなら最初からオリジナル作品を作れば良いでしょう? 他のクリエイターの作品を拝借しておきながら、原作が嫌い、キャラクターの考え方や生き方が理解できない、などと、口が裂けても言うものではないと思いますが?

今後は森田さんのいうように、アニメ版「ぼくらの」は一切見るつもりはありません。と、いうよりすでに見ていません。その必要も楽しみも見いだせないからです。

初めての投稿で、かなり辛辣な内容を書いてしまい申し訳ありません。ですが、これでもかなり自重して書いたつもりです。こちらのコメントを拝見して「これだけはどうしても言っておかなければいけない」と感じたものですから。では、これで失礼します。
Unknown (通りすがりの者ですが)
2007-06-13 11:51:33
あ、言い忘れましたが、

小説版「ぼくらの」は原作を読んだ後でも楽しめました。

それは何故なのか?

その理由を考えてみれば、ひとつの参考になると思います。

では。
監督は頑張ってる方でしょ (Unknown)
2007-06-13 11:54:11
よくこんだけブツ切りの原作をアニメ用に仕上げたなぁと思った。
まだ最終回まで進んでないからあまり持ち上げるのもあれだけど、
やっぱり原作と同じようなアニメ作るだけなら誰でもできますしね。
森田監督の思うように作って下さいよ。期待してます。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 12:06:19
宮崎駿にうんちくたれるほどあなたは出来てはいない
Unknown (Unknown)
2007-06-13 12:28:30
匿名故に無責任に放たれる膨大なコメントと
監督のある種無責任な発言と
Unknown (ゆり)
2007-06-13 12:47:16
アニメ版しか見てきていないので、他の皆さんの意見で知る真実が多いことにびっくりしています。

その他の部分は監督さんの意見なので、否定も肯定もしません。しかし、

>畑飼「本田、俺つきあっている人がいるんだよ」
チズ(モノローグ)「それでも かまわない」

という、このチズの「行動」の軽さを指していて、次の展開で畑飼の正体がばれたら、チズは簡単に目を覚ますことができるだろうと、そういうことが言いたいのですが。
コゲムシさん、そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。

このコメントには女性として反論させてください。
私はある程度恋愛も経験してきたつもりです。
あくまでも"つもり"なので、監督の言われるところの女性とは違うかもしれませんが。
ただ、私の意見なのですが、本当に好きで好きで仕方のない人がいて、その人に彼女がいたとしたら。
私は、それでも構わない、2番目でも構わない、と思います…というか、そうしてきました。
その分痛い目も見てきましたが、それでも愛しい人の傍にいられて、その人との時間や感覚を共有できればいいと思っていましたし、今でもそう思います。
私の考えは一般の女性からはずれているのかも知れません。
しかし、そう思う人間がいること、そしてチズという女の子には"人格"があるということを考えて作っていただきたかったです。
また、このことについて「行動の軽さ」などと発言して欲しくもありません。
今回のブログに (千華)
2007-06-13 12:48:05
何か深い意味があったとしても
原作ファンで無い私でも今回の監督の発言は
とても悲しかったです・・・。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 12:48:21
批判と呼べない中傷はやめたほうが良い
売られた言葉を買うようなスタンスもやめたほうが良い
人間がこんなにも違う考えを持っているということを知れるという点で興味深い作品ですね
「ぼくらの」は
Unknown (Unknown)
2007-06-13 13:36:47
なんか一生懸命に擁護してる人いてワロタ

面白くなってるなら壊したとか言っててもいいけど

なにこれ?

原作観た人は観るなといいつつ

原作観てないと内容を理解できない流れってどういうこと?

監督とかいってて恥ずかしくないのか?

監督の発言は原作ファンを侮辱してるとしか思えんし
同時にアニメ視聴者も馬鹿にしてる
Unknown (Unknown)
2007-06-13 13:43:54
多分内容が重複していると米があると思うので一言だけ

>原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。
私はこのアニメから知って原作ファンになったのでちょっと悲しいです
フォローはしていますがこの一言はなんとも複雑にさせてくれます
Unknown (コンボラ)
2007-06-13 13:53:48
まあね、自分にはアニメを作るような技術はないですが、もしこの作品を作れと言われたら

「こんな悪趣味な作品作りたくねーよ」と思いますわ。

それでもキャリアアップとかもろもろの事情で引き受けるのがプロなんですかね。

まあ「ぼくらの」ってのは商業アニメなんだから、特定の視聴者を見限ってしまうような発言は非常にマズイと思いますよ。

そういう発言を除いては監督の考えに非常に共感できるので、精神を壊さない程度に頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 13:55:42
連載当初からの原作ファンですがコメントさせてもらいますね。
別に原作改変は悪いことではないですよ。というか原作が途中なのに2クールアニメ製作すると発表された時点でほかの原作ファンの人たちにも改変されることはわかっていたはずですしね。鬼頭氏も承認しているみたいですし。
面白いのは認めるが、好きではない。この思いは別におかしいことではありません。多数のアニメが製作されるなか、すべての監督が自分の好きな作品だけを作れるわけもないし作ろうと思っても監督として、アニメーターとして失格でしょう。というかアニメに限らず、自分の好きな仕事だけをできる職業なんて存在しません。上に立つものならなおさらです。匿名なのをいいことにすき放題言ってる仕事を理解してない子供が多いようですが…。

ですが、監督として商売してる身として公に向けてのこの発言はするべきではなかったと思います。純粋にアニメを楽しんでる人たち、あなたを信じてついてきてる下のものたち、あなたに仕事をまかせてる上の人たちのことを考えてください。あなた一人でなりたつアニメではありません。その点は反省してほしいです。

ではこれからも苦難は続くでしょうが、原作とはまた違うおもしろさを見せてくれることに期待しております。がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 14:03:16
もはや、原作からの改変が原作ファンの気に障るというレベルではなく、アニメ単体としても面白みが感じられないというレベルまで行ってしまっている気がします。

潔く認めちゃえば格好良いというもんでもないでしょ〜に。プロなんだし。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 14:50:17
なんか偉そうに語ってる素人共がいるな・・・

監督の潔さは個人的には好きだし
職人としていいたいことは分かるが
でもアニメ監督としては微妙だと思うがね
何言っているんだッ!!\(゚∀゚)ノ (何言っているんだッ!!\(゚∀゚)ノ)
2007-06-13 14:52:44
何言っているんだッ!!\(゚∀゚)ノ
Unknown (みゃぁ)
2007-06-13 15:18:51
なんで監督してるんですか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 15:22:02
>私はよほどまわりと協調し調和した生き方が苦手なようです。
>「森田さんはいつも話が唐突」「人の話を聞いてない」
>などと、これは私の性格に対するスタッフの声ですが、これがそのまま作品自体に対する批判となってるようで、いや、まったく進歩がないですね。

自分で言ってるぐらいなんだから分かるだろ?
監督としてとかじゃなく、まず人として失格なんだよ。いらないんだって。協調も調和も出来ない人は。この国には。
そういう存在が社会人するのってまずいと思うよ?
早いとこ出て行ってくれないかなぁ。この国から。
犯罪とか犯す前に。怖いわ。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 15:31:03
業界の人ってアンタのことどう思ってんの?
少なくとも俺は、言われたら言い返さないと気がすまないようなガキとは仕事できないんだけど。
その辺どう?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 15:42:53
アニメの有名監督はそういう人多いだろw
原作もアニメも未見ですが (Unknown)
2007-06-13 15:47:31
要するに、監督は原作を生理的に受け付けられないのが理由で読み込みを怠った。
そのせいで人物描写などに様々な見識の甘さが露呈した。
それを無理に宮崎駿氏の名前や座右銘を引き合いに出して
必死に言い繕っている。
そうとしか読みとれませんでした。

嫌いなら嫌いでいいと思います。その感情はむしろ大切です。
で、肝心なのはその『嫌い』という感情がどこからわき上がるのか、
その箇所を好きな人がいるならなぜ好かれるのかを見いだすこと。
そういった思考実験を行って
「自分が嫌いな話さえも面白く見せる」
のが監督業の本質なのではありませんか?

それら思考実験を経た上で為された改変なら理解できますし、
原作ファンも自然とついてくるものだろうと思います。
今の監督は視聴者に無理矢理ご自分の物差しを押しつけようと
しているだけですよ。

モノ作りの現場に身を置く者としてなにか決定的な見込み違いをしてらっしゃるのでは。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 15:55:48
ビジネスとして引き受けたのなら、最後までビジネスライクに通せばいいのに。
こんなとこでグダグダと「俺の言い分を聞け! 理解しろ!」ってな事書くから叩かれるんですよ。

メシの為だけに動いてるのなら、自分で田んぼ耕して米作って育てればいいのに。

一応書いておきますが、農家の方は尊敬してますよ。 ウチの実家も兼業農家ですし。 っていうか、もっと慎ましく全てを受け入れる覚悟が無いと、農家でもやって行けないでしょうけど。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 15:59:08
素人ですが、少し勉強すればこの監督よりも
「ぼくらの」を良い作品にできると思います。

少なくとも、森田監督よりは原作に理解がありますので。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 16:02:00
なんかこの森田監督って人、
某ロボット系アニメで散々叩かれた
某監督&脚本家夫妻の言動と
全く同じ事を言っている気がする。

気のせいではないよなぁ・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-13 16:09:33
↑↑がんばれ!!!
Unknown (Unknown)
2007-06-13 16:23:58
原作が好きな石川さんに謝ってください
可哀想過ぎます
Unknown (ダベ子)
2007-06-13 16:37:51
見ないでください と言われるとはビックリしました。
私は9話までのアニメーションを見てから原作を読みました。
その時点では両方好きだったので見ないでくださいといわれると複雑です。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 17:17:48
森田さんのような方は監督業は向いてない気がします

交代するなり辞めるかしてはいかがでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 17:35:16
「原作が嫌い」
「今後アニメーションを見ないでください」

原作が好きでアニメを見た人に失礼じゃないですか?
製作事情や監督思想で物語に改変があるのも納得してます。
万人に受ける構想なんて無いのもわかってます。
けど、それでも一人でも多くの人が面白いと思うアニメを作るための監督なんでしょう?
自分が作った物で最後まで勝負ができないクリエーターってどうなんですか?
正直、ブログ読ませていただいていたら、本気で今後見る気が萎えてきましたよ…
ネットのしすぎの悲劇なんだろうけど (同業)
2007-06-13 17:41:17
森田氏は、生産者と消費者の関係をもう一度勉強し直した方がいいと思うなぁ。

良い物を作りたいとか、成長し続けたいとか、日々勉強とか、それはよく分かるんだけど、アンタは今プロの立場なんだよ、分かる?


批判されたから一々どうこうとか、ここを見過ごしたら良い物が作れないどうこうとか、そういうのは、学生の立場の時にやれよ。

ちゃんと、生産者と消費者の関係を踏まえた上で、要望に応えたり議論したりコミュニケーションしたりしてくれよ。


自分は誰にも迷惑かけてないと思ってるのかも知れないけど、同業の立場として、こういう中二病みたいな事やられると、すげー迷惑なんだよ・・・。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 17:46:13
好き嫌いで仕事するようなら辞めちゃえば?って思う
あなたがやめても変わりはいるわけで
Unknown (Unknown)
2007-06-13 17:53:25
今後の展開によって評価が決まりますね。
  (原作嫌い)
2007-06-13 17:57:48
今後に期待します。
Unknown (「」)
2007-06-13 18:12:37
いもげからきました
原作未読 (Unknown)
2007-06-13 18:13:25
原作嫌いなら仕事を断ればいいんじゃね? プロとして

業界の差でしょうか。。。 (ys)
2007-06-13 18:18:24
私は映画業界なのですが
>同業の立場として、こういう中二病みたいな事やられると、すげー迷惑なんだよ・・・。
という意見には疑問を持ちます。

公の場で失言の類をして配給元・プロデューサともめる監督もいますが、
商業的に損失を被った場合、そこから干されるだけで、同じ現場のスタッフならともかく、
同業者が迷惑するって感覚はありません。
(少なくとも、私の知っている範囲ではありません。
 批判はありますよ。そういった発言はどうよ?とか、
 でも、迷惑ってのは感じたことも、聞いた事もありません)

何故、迷惑になるのでしょうか。
アニメ市場から観客離れしてしまう事が迷惑なのでしょうか?
内部関係者の必要以上のコメントが迷惑なのでしょうか?
お聞かせ頂けないでしょうか。
Unknown (うーん)
2007-06-13 18:33:18
京アニだったら更迭されてそうですねw

それはともかく、もうちょい物事の因果関係を考えた方が宜しいかと思います。
件の発言は流石にちょっと配慮に欠けすぎでは??
Unknown (Unknown)
2007-06-13 18:33:30
こういうアニメは俺野にやらせれば
もっと鬱アニメになったのに
残念でならない
森田君せめてOP/EDのCDは
100枚くらい買ってあげなさい
Unknown (Unknown)
2007-06-13 18:49:18
選んで仕事したり勝手に降りたりできるほど巨匠だったらこんな事にならないでしょ。
「与えられた仕事」と「ファンの言い分」に軋轢を感じて私事を吐露してる、とすればいいでしょ>ALL
しかし監督もあまり口数が多いとガイナックスみたいな騒動に発展する恐れがあるから、この辺にしといた方がいいかと。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:00:38
>少なくとも俺は、言われたら言い返さないと気がすまないようなガキとは仕事できないんだけど。

業界にも寄りけりだと思いますが、モノ作り系は、そういう人多いと思います。
くだらない事でもすぐ喰い付く人が多いです。
(幼稚だと思いますよ)

自分がいる業界ではないので、本当かどうかは判らないのですが、
プログラマさんとか発注受けて製作する方々は、そういった事が少ないと聞きました。
ロジックに考える頭が良い分、大人なんだなと思った記憶があります。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:03:30
逆にこうもはっきり真情を吐露するのは凄いと思いますがね。
表面上だけ原作に敬意を、なんて言ってアニメで改悪する監督も幾らでも居る業界ですし。
ただ、否定意見=原作ファンという決め付けはどうかと思いますよ。
原作は見ずアニメだけ見ていますが正直だなぁ、と思うと同時に、
でもこのアニメ相変わらずつまらないよな。とも思ってますから

願わくば森田さんが嫌いな作品は断って、好きな作品のみを請け負えるほどの立場まで
早く出世されるといいですね。それだと森田さん含めてみなさん被害が少なくて済みますし
Unknown (Artie)
2007-06-13 19:07:54
監督が「嫌い」と仰っておられる部分は、
「ぼくらの」という作品のショッキングな設定、過激な描写を指しておられるのでしょうか。
こういった部分に嫌悪感を感じる人がいるのは当然だと思いますし、
私もその後味の悪さがあって、原作を好きとは余りはっきり言い切れないです。

しかし、監督の仰る「原作ファン」の多くが
原作の魅力であると感じ、このアニメに求めているものは、
キャラクターの丁寧な心情描写や、厳密に計算された伏線の消化です。
3話や9話が高評価なのは、それをアニメならではの表現で丁寧に示していたからでしょう。

8話、10話を批判する人達が多いのは
原作がそれまでの話で築き上げた伏線を抜きに、安易に原作の台詞をツギハギしたせいで
肝心の主役であるチズやナカマの心情が場面毎でコロコロ変わってしまい
彼女たちの行動が唐突でちぐはぐな印象になってしまったからだと思います。

私は原作未読の妹と一緒に10話を見たんですが、
原作既読者は展開を知っているから、ある程度行動原理を頭で補完できますが
原作未読者には説明不足、唐突だと感じられたシーンもあったようです。
(例えばチズの妊娠発覚、ナカマが売春を決意する場面などはその最たるものかと)
原作既読者にも未読者にも不親切な話、という印象を受けました。

監督は一体どういった層を想定して、このアニメを作っておられるのですか?
クリエーターたる者、自らの信念をしっかり持つのはとても大切なことだと思いますが
同時にこれは商業作品である以上、もう少し受け手の求めるものを考え直して頂きたいです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:12:50
私は森田さんにこんなことを言えるような人間ではありませんが、「ぼくらの」の原作が嫌いで「ぼくらの」というアニメの監督をやっているというのは少しおかしいのではないかと思います。
私には、森田監督がこの「ぼくらの」という話を嫌々アニメにしているように感じられます。 


私はどうも森田さんのやりかたを尊敬したり応援したりできません。

私は原作が嫌いだという人に「ぼくらの」というアニメを作ってほしくありません。
Unknown ( )
2007-06-13 19:26:54
笑った。
子供かい
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:30:39
宮崎駿監督を引き合いに出していますが
あなたはそのような大物ではありませんよ。
私同様代わりはいくらでもいると思います。
ブログからは思い上がってるようにしか読み取れませんでした。

原作未読で10話をみましたが、何もかもが突飛過ぎて理解できませんでした。
突然売春しようとしたり、自分で稼ぐ事に拘ったり、
最後の「いつも模範的である必要は無い」など・・・
原作を読まなければ分からないんじゃないか?と思えるシーンばかりです。
このコメント欄を見る限りそれは間違っていないようですし、
原作が嫌い、原作を否定すると言う割には原作に頼りきってませんか?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:44:30
原作がそんなに嫌いならばもう仕事辞めればいいじゃない
その方が見てる側もやってる側もそしてあんたも楽になれるよ
この仕事やり続けてストレス溜まりすぎて気が狂う前に辞めた方が身のためだよ
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:48:28
私はアニメ版から見て、原作を読んだのですが、監督は
>原作にはこの感傷が多い。私はこれを感動に再構成しようとしてます

とおっしゃいますが、原作・アニメを見比べてみて、むしろアニメの方が悲愴感のみが後味として残り、
 原作から感じられる圧倒的な現実の前に打ちのめされながらも、残された時間、自分の成すべきことに向い合う強さ見たいなものが感じられず

むしろ原作よりも悲愴的で救いの無い物語に思えてなりません


みなさんいってらっしゃいますが、
やはり、「原作が嫌い」なら仕事はうけるべきではないと思いますし、商業的にも成功するとは思えません。

原作が嫌いだから本気になって造らないなんてことはないですしょうし、完成度が低くなるとも思えませんが。
「原作が好き」でないとできない到達できない完成度っていうのは必ずあると思います。

言い方は悪いですが、原作がないと商業的に成り立たない現場なら、原作を尊重するのは当然だと思います。

私たち消費者が偉いわけではないですが、商業的に成功するかいなかは、私たちにかかっているのは間違いない事実です。

そして、原作付の作品をつくる以上は原作ファンがアニメ版の売り上げに貢献することを期待していることは絶対に否定できないはずです。

それなのに、原作の主柱を抜く行為は、表現者・造り手としては許される行為かもしれませんが、原作付ものを監督するプロとしては許されない行為だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 19:55:45
改造してる上につまんない作品
救いようないね、この監督。
やっちゃった感・・・・・ (一也)
2007-06-13 20:10:36
少し前から危惧していたのですが、ついにここまでになってしまいましたか・・・・。
それでも自分一人が批判の矢面に立つ事で、(他のスタッフにまで中傷や批判の矛先が向かないよう)監督としての「責任」を果たそうとされてるのでしょうか?

蛇足ですが、多くの方と同じく私も思う所を書き込ませていただきます。長文ですがご容赦下さい。

>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。
>今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。
>だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

「原作を読んでいるが、原作の内容の全てが好きではないし、全てを褒めていない」
監督ほど嫌ってないにせよ、こういう原作読者もいるのですよ。
そういう立場の人で、アニメ版を好意的に捉えている人に対しても、森田監督のこの言葉は配慮が欠けていたと思います。
少なくとも、アニメ自体完結していない今この時点の、この場所で話すべき言葉では無かったのではないか?と、非常に残念に思う次第です。

>ただ、漫画はズルいな、とも思うのです。

演出、コンテ(カット割りや構図の工夫、間の取り方等)や音楽、キャラクターボイス等、そういった漫画には無かったり限界があるものを上手く使うことで、視聴者をひきつける作品を作ることができる。こうした「漫画には無いアニメならではの表現」を出来る立場にある監督や演出をやる創り手の言葉としては、これは「逃げ」あるいは「負け惜しみ」と受け取られるのではないでしょうか?
それとも「アニメーション」という表現にそんなに自信が無いのですか?(とあえて嫌味っぽく言ってみる)

>ただ、ぼくらのの場合はそれが裏目に出るようです。

そこは監督の切り捨て方が下手だった、という事でしょう。
原作の肝をちゃんと読みこまず、自分自身の解釈に溺れすぎた。だから、
>>原作をトレースし原作の面白さを頼りにしてるように感じています。
>原作を尊重してるんですから当たり前ですけどね。

これは尊重ではなく、ただ「安易に都合よく使っているだけ」な狡さだと私は思います。
少なくとも「原作が嫌いで、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません」と言いきった以上、原作に対して尊重も尊厳も払っていないし、全部でなくても原作に好きな部分を感じた人に対しても「斬り捨てた」としか思えません。
だったら最初からご自身のオリジナル企画で作品を作れば良かったのに、とも思いますが。

まあ、観たくない人は確かにアニメ版は観なくてもいいわけです。受け手側も「つまらないと思ったら観なきゃいい」という選択の自由はありますから。

ただ、ここからは私個人のアニメ版に対する感想ですが、
「原作に欠けていた、又受け入れがたい要素を上手く補い時には改編し、アニメ版を面白く作り上げている」と、放映されてた9話までを視聴して感じた事は事実なので、「森田版「ぼくらの」は、セカイ系の壁を打ち壊せるか?」という期待を込め、最後までこの作品を見届けたいと思っています。
私も既に書き込まれた数名の方と同じく、原作には受け入れられない箇所もあるし、全てを評価しているわけではありませんので。

それに、私も「OPで全力疾走しているウシロの姿」は、アニメオリジナルとして「いい!」と評価しています。
>あの一見凄くクールで自己中心的に見えるウシロだというのですから、
>誰もが彼は、何のために必死に走っているのだろう、と思う。
>つまり、これはすごく「想像力を刺激する」シーンなんですね。
>それが結果として心に残り、存在感があるという効果を生み出しているんだと思います。
>こういうシーンが現われる可能性というだけでも、アニメ版を楽しみに観る価値があると思います。

この方の意見に同意ですし、前にも書いたと思いますが「廃墟に佇むマチ?らしい少女の姿」も同じく「想像力を刺激する」シーンだと思うから、同じく楽しみです。


ただし、今後「森田監督の切り口の何処がどうつまんない」という批判はご自身の日記での発言から「されても当然」だと思いますし、自分も面白くなければ「つまんねー」という評価しかしませんけどw

あと1つ。
監督はセカイ系のみならず、原作の持つ「ザ・ムーンへのオマージュ」という肝についても全く考慮したり、敬意を払っていないという事でしょうか?
6/13のこの日記では、私は監督の意図はそういうものだと併せて感じました。
ただこの点が私の勘違いであれば謝ります。「ゴメンなさい」

長々と書きましたが、「責任を果たそうと努力している大人」として、最後までこの作品に監督として関わってくれることを望みつつ、筆を置きます。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:11:36
これは酷い
Unknown (nag)
2007-06-13 20:17:15
原作ファンは見るなと言うなら
第一話放映前に言えばよかったと思います。
このタイミングで言われても
責任放棄にしか聞こえません。
z (z)
2007-06-13 20:17:20
原作が嫌いなのに何で監督やってるんですか
Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:36:56
この状態になる事を承知の上での発言としか思えません。
監督は思い通りの展開に満足されているのでしょうか?
どうも視聴者(というか自分以外の人全て)を見下しているような気がしてなりません。
そもそも人を「感動させてやる」なんて思い上がりもいいところです。

他人のふんどしで相撲を取りながら「原作は嫌い」などと大口を叩くなら、100%オリジナルで勝負してみてはいかがですか?

Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:38:43
仕事だからね
Unknown (結局金なんですよね)
2007-06-13 20:39:44
あんたはちょっともう駄目ですよ、人間として
自殺のすすめって本あげます、使ってください
Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:40:26
普通に原作の味とも言える部分を意図的に壊してるんだから原作を面白いと思ってる人がアニメをつまらなく感じるのは自然な事だろう。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:41:00
原作が嫌いなのは、原作を超える面白い作品に仕上げてくれるのならが、全く問題ありません。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:43:03
でもあの教師をザックリ殺してくれてたら多分喜んだ原作者いただろうなぁ、後原作で出てきた教師の仲間も出して家族ごと消しとばす所も見たかった。
Unknown ( )
2007-06-13 20:48:04
私はもとよりDVDを買うつもりはないので、
まあ別に批判はしませんが。
多くのスタッフの苦労を台無しにしている
ということぐらいはわかって書いているのでしょうか。
このエントリを見た人はおそらくDVD買わないでしょう。
Unknown (たるたる)
2007-06-13 20:48:40
10話まで放送した後で、原作嫌いです。ファンの人は観ないでください・・・って
だったら放送前に言ってくれよ
悲しい (けい)
2007-06-13 20:51:47
アニメを見て、ずっと感じてました。「この監督は原作が好きじゃないのかな?」と。
だけど、こうハッキリと突きつけられると、ただただ悲しい気持ちでいっぱいです。
原作あってのアニメのはず。監督は何か勘違いをなさっているのではないでしょうか。

ちなみに、自分はアニメが気に入って、原作をそろえました。原作を知ってからは、アニメより原作のほうが遥かに好きです。正直言って、改変の末、原作を超えられたエピソードはひとつもないです。
Unknown (も太郎)
2007-06-13 20:51:52
私は原作の改変に特に異論はありません。
それはそれで別の楽しみ方があるような気がしますから。

しかし第10話の後半、いわゆる戦闘シーンでナカマが「いつも模範的で無くても良かったんだ、自分に責任が取れるならソレを使ってもいい」と言う台詞がありましたね。
でも『ソレ』を差す部分がごっそり抜け落ちているような気がします。
そしてそれは監督が削ってしまった原作の部分に合ったような気がするのですが?いかかでしょう?

しかし今回は説得力に欠けてましたね。
私に理解力が無いのかもしれませんが……。

あと、このブログを読んで思ったのは
『監督は原作を仕事の資料として読んだだけ』
のような気がするが残念です。

Unknown (Unknown)
2007-06-13 20:53:56
原作が嫌いと言い切ってしまった時点で監督をやる資格は無いな。
Unknown ()
2007-06-13 20:56:48
これまで普通にぼくらの見てきましたが
あなたのコメントで一気に幻滅しましたw
ブログでうだうだ言い訳しなきゃならない程原作が嫌いならオリジナルを作ればよかったんでは?
まぁ簡潔に言えばネームバリューが欲しかったって事すよね!
理解できない部分。 (ゲン)
2007-06-13 21:02:12
>子供たちを勇気づけて「この世の中は生きるに値する」ということを言っていかなければならないのなら、分かりやすくて普遍的なストーリーに再び戻らなければいけないんじゃないのか、とも思ってるんです。

とおしゃってる、コメントなんですが、子供たちの取り巻く社会や環境が複雑な中で、シンプルで普遍的なストーリーで「生きるに値する」ということを伝えてしまったら、全体のバランスが崩れてしまうかと思います。またわかりやすいストーリーがそれらを伝える手段としてベストというのは、どういった解釈でしょうか?
監督のおっしゃってることはある程度、理解できたと思うのですが、この部分だけ問題がずれてるような気がしたので気になりました。
また監督は、全体にむけてわかりやすく自分の意見を伝えるために、極端なものの言い方になって来ている
と感じます。ネット上の文章では人の理解力は落ちると言われています。もうすこし、丁寧に極端ではない発言が必要だと思います。
えらそうなことを書いて申し訳ないです。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 21:02:56
とっとと打ち切って自分でオリジナルやってみたほうがいいですよ。いろいろわかるでしょうし。
金のためにやるんなら最後まで猫被っといてください。
Unknown (残念でせう。)
2007-06-13 21:03:31
まぁ、確かにアニメで面白いと思ったシーンは原作にもあったシーンなわけで。
原作がなかったらこの作品、全然面白くないと思う。

そもそも私には監督がこの作品を利用しているようにしか見えません。
作者の思想だけを否定し、アイディアだけをパクっているように見えるのです。

正直、ずるいですよ。
人として軽蔑に値する (Unknown)
2007-06-13 21:11:26
嫌いな作品の監督をする事が監督失格だとは思いません、
むしろ嫌いな作品の監督はできないとかの方がプロ失格でしょう。
嫌いな部分を改善して表現する事も立派にプロの仕事だとは思います。
でもね、
原作ファンも見てる場所で、
原作の看板を借りて仕事してる立場の人間が、
原作を軽々しく「嫌い」とか言っちゃダメだと思います。

プロとか製作者とかの高尚な立場以前の、
人としてやっちゃダメな事だと思います。

人として軽蔑に値する行為だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 21:16:49
原作ファン以外を納得できるだけのアニメを作れる自信があるのか?
最終話まで作って原作ファン以外が納得できるレベルのものを作れないなら廃業した方が良いぞ。
Unknown (ぎち)
2007-06-13 21:19:40
原作が嫌い。
だから自分の良いように改変してます。

そう解釈しますがいいのですかね?
それってアニメを作るクリエイターとして何かがおかしいような気がします。
だって原作あってのアニメでしょう?
それはどこまで忠実に原作を再現するかがアニメの楽しみではないのでしょうか?
確かに、アニメオリジナルストーリーを展開する作品もあります。
しかし、それは方向性、または完璧な作戦があってのことです。

けれども、あなたの発言をみる限りでは「原作が嫌いだからなるべく違う感じで描きたい」と解釈できます。

いや、おかしいっすよ。ええ。

あなたの独断でアニメ、そして原作の良さを壊さないでください。
このアニメの影響で一体どれくらいの人が原作を買ったと思いますか?
そしてどれだけの人がアニメに失望したと思いますか?

よく考えて作ってください。
Unknown (歩幅)
2007-06-13 21:27:34
まぁ監督自ら視聴者の期待度と質(笑)を上げたわけだから
これでアニメがつまらなかったら監督はただのバカって勝手に思うよw
Unknown (悲しいです)
2007-06-13 21:30:13
好きが昂じての改編ならそれが改悪であろうと仕方ないと思える。

しかし原作が嫌いだから、という理由での改編は、改良であったとしてもなんだか寂しい。
誰も救われないと思う。

そんなことは言ってもらいたくなかった。
そんなことを言うぐらいだったら、どんなにつまらない物ができあがったとしても、原作に忠実にやってもらったほうが良かった。

とにかく、なんだか悲しい。
悲しくてこの憤りを表現する言葉がうまく見あたらない。
Unknown (あさ)
2007-06-13 21:33:15
私は原作ファンです。
でもアニメ版も好きです。
元々どんな作品でもアニメと原作は別物だと思ってますから。
Unknown (ハリバートン)
2007-06-13 21:35:17
いやだいやだいいながら仕事をする人たちが私の職場にもいるのですが、見ていてとても可哀相です。
人生損してるなぁ、と。

そしてなにより、そういった人たちが仕事で良い成果を残すことは、私の経験上まずありません。

このブログを読ませていただいてふと、そんなことを思いました。
Unknown (日系)
2007-06-13 21:36:10
オリジナルで行くならまずぼくらので結果出さなくちゃね
オリジナルオリジナル簡単に言うけど、それに金だすスポンサーとかがつかなきゃアニメは作れないんじゃないかな・・
ぼくらののファンだけど鬼頭の車のデザインや(俺から見れば)現実からかけ離れたありえない近未来設定、なるたるの終盤にあったようなリアリティのない露骨なドロドロな人間描写。
とくに、中天楼(?w)なんか失笑モン。
だから、森田監督にはすごく期待してた、俺がぼくらので嫌いな部分をぶっ壊してくれんじゃないかって。
けど、最近の話は微妙ですね。
同族嫌悪的に原作原作うるさいファンが嫌いですが、もし、全面的に原作万歳してたら、きっとここに書き込む頭の悪い人たちのようになっていたかもしれません。
なにせ、ここ見る前に10話見て、事前に原作読んでたこと後悔したくらいですから。
俺としては、ストーリーやセリフはほとんど変えないで、もひろんデザインの車や中天楼、天津条約(?w)
諸設定を徹底的に破壊して、より身近な世界観でのぼくらのがベストでした。
Unknown (タシ)
2007-06-13 22:04:22
監督さん
俺はアニメ版しか見て無いけど面白いぜ
毎週楽しみにしてるから頑張ってくれ
確かに俺も原作に対してはちょっと疑問というか、
こんなまま終わっていいのか?ってのはある。
「アニメ版ぼくらの」と「原作版ぼくらの」はいくら忠実に作っても違うものなのだから、
好きなようにしてくれれば良いと思う。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 22:05:59
原作が嫌いなら仕事しなければいいんじゃない?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 22:09:42
メシ食う種としてアニメに携わる、よくわかる。
食わずに生きていくことは出来ないからな。
しかし、(好きでもないどころじゃない)嫌いな原作をぶっ壊してまでアニメ化する、
クリエイターとしてこの姿勢はどうよ?
原作・原作者に対するリスペクトがないってのは?
原作のファンを斬って捨てるその姿勢は?
原作・原作者・原作のファンあってのこの作品じゃないの?
あなたのその姿勢、めぐり巡って自分に降りかかるよ。
クリエイターに向いてない、やめた方がいい。
それでもアニメに関わりたいのなら、オリジナルでもやってくださいな。
スポンサー付いてくれるか知らんけど。
スポンサー付きのオリジナル、原作付き作品の原作者よりスポンサーの方がうるさくなるかも知れんけど。
オリジナル作っても、リスペクトされないかも知れんけど。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 22:13:40
>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌い
>です。

原作が嫌いならば、どうして監督をしているのか。
原作が嫌いでオリジナルの展開にしても、決していいものは作れないと思いますよ?
Unknown (Unknown)
2007-06-13 22:15:42
>いやだいやだいいながら仕事をする人たちが私の職場にもいるのですが、見ていてとても可哀相です。
>人生損してるなぁ、と。

仕事の場合、特に監督業で若手(歳ではなく)の場合、望んだ作品の話が来る訳でもなく。

でも職業監督と割り切った人以外は、
知らない原作でも
「まず、惚れ込む作業から入る」と思います。
そうでないと、とてもこなせる様な仕事じゃないです。
恐らく、監督さんの「嫌い」って言葉は、
・熱心な原作ファンと比べると「好き」と言えるレベルではない。
・原作の一部のディテールや思想が、自分の信条とは相反する
等(様々な要素)が、売り言葉に買い言葉によって乱暴な「嫌い」とか「悪意」って言葉に置換されたのだと思います。

ですので、嫌々仕事をやっているのでは無いでしょう。
(それは、Blogに書かれている各過去エントリを読めば判ると思います)

原作付きを監督するのには、非常な体力と精神力を必要とします。(割り切っているのでなければ)
その作品と原作、ファンに対する誠実さが、火種になったのでしょうが、
悲しい事は、監督自身が対面で話している感覚でコメントし始めた事でしょう。
スタッフや関係者間の話では、監督が書いていることは、別に珍しくも無いでしょう。
各プロットの議論になったら、収集の付かない喧嘩なんて日常茶飯事です。
でも、このBlogは不特定多数の視聴者、そして匿名ユーザなんですよね。

まぁ、炎上してもしょうがないとは思いますが、
これが変な問題に置換されない事を祈ります。
Unknown (名無しさん)
2007-06-13 22:21:51
原作厨のウザさは異常ですからね。
原作のままだったら深夜帯にも放送出来るわきゃねーんだよ。
監督は良くやったと思う。
森田監督が悪いというより (ホロッホ)
2007-06-13 22:27:47
n改め、ホロッホとして投稿します。

変える必要があるのは
原作の未完結による部分だけでよかったのでは
ないでしょうか?

日系さんが書かれてますが、
変更するにしても、
車や中天楼やイスや戦闘機、あとジアース、
敵のジアース、

その程度にするべきだと感じました。

でもそれは森田監督が悪いというより

「この原作で絵を描きたくない」
なんて言ってる学生以下のレベルで
仕事をしている周りのスタッフと
それを許してるGONZOにあると言いたいんです。

子供が居たら子供が死ぬストーリーを描きたくないってなに?

くだらない。

クレヨンしんちゃんを子供に見せたくないと
言う親レベルの価値観で仕事しないでよ。

異を唱えた周りのスタッフが謝れよ
コノヤロウ。
おつかれさまです (とおりすがりのものですが)
2007-06-13 22:28:30
こんばんは。そしてこちらにははじめてコメント致します。
記事を拝見して衝撃を受けました。
"監督"という職業に携わる中で、こんな思いで仕事なさってる方もおられるのですね。
私は原作を読んだこともなく、アニメもまだ見たことがなくて作品のタイトルのみ存じておりました。
同時に、これから見てみようかなという思いもありました。
コメント欄を閉鎖することもせず、ファンの批判も賞賛も受け止め、ブログでハッキリと自分の意見を言い切ることは、とても勇気が必要なことだと思います。

私は、アニメで原作を改変することについてはごく普通に行われていることだと思います。
他のアニメですごく重要な部分を省かれ、改変された時は「なんだよアニメスタッフ!!」と思ったものですが。
でも、今では、たとえ原作者がいてもアニメを作っているのは監督をはじめとするスタッフの皆さん方で、アニメ自体は監督の作品だと言い切ってもよいのではないか、と感じます。
原作は原作。アニメはアニメ。それぞれ別の作品として見る側が楽しめばそれでいいようにも思います。

こうやってコメントをされている方全員が悪いことばかり書いているわけではありません。
励まして応援してくださる方がいることを忘れないで下さい。
どうか投げてしまわないで下さい。

猫の恩返し、私大好きでした!
これからも素晴らしい作品を作ってくださることを期待しています。
Unknownうざい (もちごめ)
2007-06-13 22:41:13
いいかげんウゼーし、キメーんだよUnknownのキモオタどもが、何様だと思ってんだ。
そんなに気に入らんのなら、んなもん見ずにとっとと寝ろ。
文句あんだったら、24話全部見終わってから2chにでも書き込んでオナってろボケが!
(森田氏、私の書き込みを含めUnknownどものコメはすべて削除してください。品位を下げるコメントをお許しください。)
Unknown (Unknown)
2007-06-13 22:49:17

非常に同意

だがフレームの元になりそうで怖い
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:02:50
あまり賢いとは言えない記事ですね。
もう少し、ネットと政治を勉強されてはどうですか?

アニメの方は毎回、面白いです(原作を見たことはありませんが)。
私の個人的意見ですが、原作者の意見以外全く耳をかす必用はないと思います。
「ぼくらの」は鬼頭先生が作り出した作品であって、アニメ化にあたり原作ファンが勝手に「もっとこうして欲しかった」というのを「こうあるべきだ」と言い出しているに過ぎません。

原作者の許容範囲内での改変は全く問題ないと思います。(ただし面白くないと立場ないですけどね^^)
Unknown (ko)
2007-06-13 23:10:19
馬鹿は相手にする必要はいと思いますが
監督は、売れるものを作ればいいし、
いやなら、原作信者は見なければいいし、
黒歴史ってことで、売り上げに貢献しなければいい
ただそれだけ
この人は、最初から原作と違う風にするっていってたから、いまさらこんな形で釈明する必要はないと思う

あんま相手にすると疲れますよ、相手は多数で
監督は一人なんだから

日本はロリコン犯罪者の巣窟 (FBI)
2007-06-13 23:19:03
監督と同様、俺も原作が嫌いかな。
嫌いというより、この年齢設定でこんなマンガ描いて、逮捕されないのは日本ぐらいかもね。
それでも原作がいいなんて言えるのは、「私は児童ポルノ愛好者です」って言ってるの同じだと思われるよ。
それに「嫌いなら仕事引き受けるな」って言ってるヤツは、仕事したことないだろ。
だからニートになるんだよ。
というわけで、監督がんばって!
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:20:42
「原作が嫌い」と言う言葉に過剰反応している方が多い様に思えます。
私は原作もアニメもまだ見れていないのですが、監督の仰ることは筋が通っているように思えます。
そもそもこの騒動自体単なる価値観の相違くらいにしか思えないのですが。
確かに少々過激的な発言だとは思いますが、原作を全否定している訳では無いのですし、
原作とは異なる監督独自の解釈を楽しめばいいのではないでしょうか。
むしろ原作に全く忠実なアニメなら別にアニメを見ずとも原作を見ればいいのではないかと。
批判なら兎も角、
誹謗しているだけとしか解せない行為は少なくとも最終回を見終わるまで待つべきだと思いますよ。
監督も最終回まで頑張ってくださいね。期待しています。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:42:44
監督を擁護するならば、
もうちょっとアニメの中身を誉めてあげようよw
自閉症な世界観の物語は (Unknown)
2007-06-13 23:45:22
原作より結果的に納得できる収束なら
アニメ版監督と原作者の確執などどうでもいい
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:47:35
原作が嫌いなのはともかく
原作の魅力が引き出せないので原作ファンは見ないでくださいとかいってるのが問題だろ
原作もアニメも両方好きな人もいるんだからそういういい方はやめろと
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:51:09
原作を支持しない人たちをも納得させるってあるけど、
原作を支持しない人は最初からこのアニメ観ない
のでは?
原作支持しない人を納得させる必要あるのかな。
Unknown (Unknown)
2007-06-13 23:58:23
>次の第10話、ナカマ篇など、大幅な改変によって、原作をはっきりと否定していること、ここに明言しておきます。

1ファンとしてそれは勘弁してください、としか言えません><
原作を嫌いな人が原作を否定するアニメを作る。しかもそう明言する。
いったいなぜ、誰のために、なんのために><
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:01:02
大人の都合で無理だったのかもしれませんが、
改変することに意義を見出しているなら
マンガの方を「原作」ではなく「原案」として
クレジットすればよかったのでは?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:14:01
>>マンガの方を「原作」ではなく「原案」として
それは監督の責任ではなく、大人の事情です。

でか、原作改変も監督の所望ではあったが、
それをOKした、会社と原作者、版元を叩かないのは何故?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:24:29
自分の考え方を通したいのならオリジナルをやればいい
このキャラには共感できないとかこの設定は意に沿わない
というのはそれは単なる一読者の感想であって原作から
アニメにする際世界観の崩れる程盛り込むのは如何なものか
今時同人誌でももっと上手く原作の意図をくみ取り設定を
活かしその上で自分の欲も昇華してるのではないでしょうか
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:35:12
人間だから好き嫌いはあって当然だと思うし、
原作をアニメに合うように改変するのは当たり前だと思う。
でも、「原作キライだ。原作ファンは見るな」
などということをわざわざ言う神経が分からん。
「嫌なら見なければいいじゃない」という言葉は
プロとして許されないと思うんだ。

俺が原作者ならブチ切れると思うけどなぁ。
この話、ゴンゾの方から持ちかけたんでしょ?
それでこの仕打ちってないんじゃない?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:38:40
この原作者の信者として一言

この作者の作風上、原作どおりなんて期待してない。原作どおりに(やれるではなく)やる奴がいると思ってない。

ご自由にやってください。この原作で希望が描けたらすごいと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 00:39:00
毎週楽しみに観ています。

漫画―原作との違いが問題になっていますが、そもそも何で漫画が原作になるのでしょうか。
オリジナルの脚本でもいいし、小説やノンフィクション、伝説・・・色々あるはずです。
漫画もアニメも、同じ方向の絵で表現するからアニメ化しやすい?
私はその辺りの理由を良く知りませんが、
漫画というエンターテイメントを原作としてアニメ化する以上、アニメが原作からある程度離れていくのは当然だと思います。
原作と寸分も狂わぬストーリーなら”アニメ化する意味があるのか”という問題になりますし。
もちろん、どの様にストーリーを改変していくかが問題です・・・
その点について森田監督の改変は間違いではなかった。
悪く言えば軽いのかもしれませんが、とても飲み干しやくなっていると思います。
Unknown (通りすがり)
2007-06-14 00:49:44
今回の文章を読んで人間として森田監督は大変真摯な方なのだろうと感じました。
ただ同時にクリエイターは作品によってのみ答えを出すべきだとも感じます。

現在進行形で続いている作品について
ここまでぶっちゃけるのもどうかと思いますが
アニメ版「ぼくらの」が作品として幸せな最後を迎えられることを祈っております。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:00:08
マンガがズルイ、と言いますが、そこが判る以上は
是非アニメのズルイ部分も見せて欲しいなあと
思いました。

原作とアニメは全く別物として見たほうが楽しいと
思ったので、どちらが面白さにおいてズルイのか
今後も観て行きたいと思います。

個人的には、いまのとこ原作のがズルイです。
頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:04:57
結局ただ言い訳しているようにしか感じられません
というか、みっともない鬱憤晴らし。
大勢のスタッフがかかわる作品を預かる監督が
やってはいけない最低な行為だと思いました。

コレでは作品に先入観を持って観るなというほうが無理で
私はたぶんもう二度とこの作品を見ることはないでしょう。
作品云々以前の問題です。
まぁ、祭りになれば一時的にでも視聴率上がるかもしれませんが
どちらにしろ最低な行為であることには違いありません。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:12:06
そんなことより野球しようぜ
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:12:55
じゃあ俺ピッチャーな
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:13:31
俺もピッチャー!
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:20:16
自分を表現したいなら勝手にオリジナル作品作ればいいじゃないですか

原作が納得いかないなら同人でも描いてればいいじゃないですか。
他人のふんどしで自分をアピールしないでください。

感傷は人を弱くさせるかも知れないけど
感傷は人を優しくさせるものだと思っています。
あなたの信念は分かりますが原作を改変してまで通す意味があるものだとは到底感じられません。
非常にがっかりしました。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:21:53
猫の恩返し、つまんなかった。
でも、原作がどうしょうもないクソなので同情すらしました。(分かり易いっつーより、稚拙?)
でも、褒めてもらえて嬉しかったんですか?

ぼくらの、残念ながら原作は読んでませんが
原作と違う方向へ行くってあたりで、子供たちを
救う方向で行くのかな、と思いました。

それはそれで否定しませし、それはそれで
良いのでは?とも思います。

ただ、原作に対する愛情が感じられないので
原作ファンは怒ってるようにも思います。
案外そういうのは作品に出てしまうと思います。
原作好きだけどアニメはアニメで面白いと
思っている人もこのブログ読むと否定された気に
なるのでは?

原作の感傷の涙を感動の涙に再構成するって、
それは言いすぎな気がします。
感傷の涙を流す原作は作品として
間違ってる的な言い方に聞こえますよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:23:33
漫画が「ズルい」という発言には正直憤りを感じますね。

それが漫画の特徴である、とかアニメでは表現しにくい、といった言い方ならまだしも、原作の鬼頭さんに対しても失礼で情けない発言だと思います。

自分でアニメ監督になることを選んでおいて、この仕事を引き受けておいて、何を言っているのかと。逃げてるだけじゃないですか。
それは思っても言ってはいけないことなのではないでしょうか?

また、上から見たような言い草も気になります。

最後の発言についてはがっかりですね。長くなるのでここでは詳しくは述べませんが。

なぜこの仕事を引き受けたのか、何をしたいのかをもっとはっきりと言えば、問題もより明確化するかもしれませんね。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:32:51
お疲れ様
さようなら
擁護してる人 (Unknown)
2007-06-14 01:49:03
擁護コメントの大半は「原作とアニメは別物でいい」っていう内容ですが、改変自体を叩いてる人は少数ですよね?

そうじゃなくて、監督が改変についていちいち「原作のここがおかしい、ここにリアリティがない、こんな奴いるわけない」って原作を貶しつつ説明するのが批判されている原因だと思うんですが。

しかもその原作の解釈が「なんでそうなるの?」っていうくらいズレてるんだから、それはつっこみたくもなりますよ。

そのあげく「原作ファンは見ないで下さい」って。
 
本当に、このブログが無ければアニメはここまで批判されなかったと思います。

Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:51:13
貴方のこと、忘れない。ありがとう。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 01:58:56
えーと、原作もアニメも見たこと無いのですが
原作つきの仕事を任されるということは、その原作の持ち味を殺さないように
上手にアニメとして成立させてくださいという仕事の依頼なんじゃないでしょうか?
監督個人の好みで改変するのは最早プロの仕事とは言えないと思います。
プロとして仕事を請けるとはそういうことではないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:25:57
中傷している人のほとんどが、
・過去ログ等、一連の流れを見ていない。
・各エントリの日本語をちゃんと読んでいない。
ほとんどの中傷は意味が無い事は明白でしょう。


日本語、ちゃん嫁。

監督がどういう意味で
>私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
と書いたかも読めないのか。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:27:49
プロで監督という立場の人間がこのような発言を、しかも放送後ならまだしも、放送中に人目の触れるこのような場所で展開することは、商業的にも人格的にも間違っています。
Unknown (ぽ)
2007-06-14 02:35:01
漫画の「ぼくらの」を読んでいますが、好きか嫌いかといえば嫌いです。でも読んでしまいます。
そんな作品なのでアニメ化は正直どうかと思っていました。実際にアニメを見て漫画とは多少異なる見せ方は、個人としては多少救われる気分になり好きかなと思っています。

ブログを立ち上げて個人の思いを綴るのは、クリエイターの自由ですし、何か言えば反応があるのは妥当だな思います。擁護も反論もコメントを見ていて、共感したり、非共感だったりと楽しめますね。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:39:59
監督ともあろう方が何を自棄になっているのです?
まだ仕事は終わってい無いのでしょう?

ファンと同じ目線に立つと言えば聞こえは良いですが、一緒に汗水垂らし、生活を投げ打ってまで「「ぼくらの」アニメーション」に携わっているスタッフを顧みてください。少しでいいから。

貴方の発言は大勢の人に影響を与えるものです。
取り返しがつくか付かないかは周りの人が判断することになるでしょうが……。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:44:40
2007-06-14 02:27:49

[1]非常に意味のあるBlogと感じている人の方が多かった。
 もちろん、原作ファンには(の中には?)納得がいかず、
 「お前、原作にリスペクトしてるのか?」
 としつこく非難する人間もいた。

[2]それに対して、監督自ら弁明。

[1]への繰り返し、
 繰り返している内に、ヒートアップ
 監督自身を無くしたのか「負け」宣言
 原作ファンには勝てねーよ。
 俺は原作嫌いだよ。
 (正確には、原作の一部がどうしても納得できない)
 原作ファンは、アニメは見るな
 (正確には、俺が何を言っても納得できないのなら見ても嫌な思いしかしないだろう。
 だったら見ない方が良いだろう)

鮮烈な言葉になっているから、「それ言うのはどうよ?」って皆言うけど、
結局は、原作ファンが粘着してたのが起因だろ?
監督は監督なりに説明してたよ。
それを納得できないなら、しょうがないだけなのに。
やれ、原作が好きなのか?とか、
原作を重視してないとか。
挙句の果てに、それが出来ないなら監督やるなと。

作品の批判なら判るが、
もうアホかと。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:47:10
一応原作ファンに対してと言っていますがそんな事云々よりもまず、自分の作品を「見ないで下さい」って言ってる時点でかなりあり得ないと思うのですが・・・

いくら監督だからといってそこまで言う権限は無いのでは?
見る見ないはこちらの自由です、あなたに視聴者を選ぶ権利なんて無いはずです。

もしかしてアニメ版ぼくらのはあなたの自己満足の為の物なのですか?

うむむ (ほいほい)
2007-06-14 02:47:13
大好きで通いつめてるラーメン屋がノレン分けして、
その店のラーメンを食べたら、どうも微妙に味が違う。

首をかしげながらも食べていたら、調理場で店長が

「いやぁ、正直オレ本店のラーメン嫌いなんだよね」
「材料は大体使わせてもらってるけど、味はオレ好みにかえてる」
「本店のラーメン、しょっぱすぎ。あれ食って喜んでる客、オレの店こなくていいよ」

なんて言ってるのが聞こえてきた感覚です。
本店の味が好きだから食べにきたのに・・・。
これじゃぁいくらノレン分けした意味ないよなぁ。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:48:39
その状況を選んだのは自分じゃねええか!!


それを言い訳にするんじゃねえ!!
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:52:42
別の分野で、クリエイターの末席を濁している……つもりの者です。

正直、こういうのは胸のうちに仕舞っておくのがほんまの仕事人だと思います。

好きなものだけを取り扱って仕事をできる、というような恵まれた環境にいる人は、世の中そうそういませんよ。
多くの人が、自分がさして好きでもない洗剤やら車やらをつくったり売ったりするために、努力をしているんです。それが、仕事、なんです。
そういうのがふつーであたりまえ、圧倒的多数の人びとの暮らし、なんです。んで、そういうことに疲れている人が、元気を取り戻す為に、アニメを見るんです。

クリエイターでしょ。いいわけしてないで、作品だけで視聴者をうならせてご覧よ。
監督の事情なんか、どうでもいいんだよ。作品だよ、作品。

山田監督の矜持とか、どうでもいいよ。そんなの口にしたほうが、負けよ、つか、野暮よ。
それは、視聴者が見て、そのことが分かるかどうか、だけのことなんよ。
自分だって、クリエイター(の端くれ)としての職業倫理やこれだけは譲れない一線、みたいなもんを持ってるけれども、そんなん言って回るほど野暮じゃないぜ。見せた作品で受け手にそれを分からせなきゃ、本当の仕事人じゃないからね。

こんだけ啖呵切ったんだから、しっかりいいもんつくんなよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 02:54:59
>その状況を選んだのは自分じゃねええか!!

結局こうなるから、みんなこんなBlogやらないんですよ。

貴重な場を壊してどうする。

ホントに。。。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 03:06:57
協調性なくて他人の話を聞かない性分と自己分析できてるくせに
なんでblogを、しかもコメントオープンでやってるのか。
愚痴れる同業者の友人とかいないんですか。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 03:20:08
2007-06-14 02:52:42さん

貴方が言う末端の方と、受注品専門の方、工芸品職人の場合は、言う事が当て嵌まると思いますが、
作品監督の場合は自分を出してナンボの場合もあります。
その方が多いと思います。
実際に似た立場に立つと判りますが、しゃべってナンボです。
でないと、誰も着いて来ません。

商業アニメが受注作品として、監督に求められる事は作品によって異なると思いますが、
ぼくらのの場合、性質から後者に当てはまるでしょうね。

このブログは、恐らくスタッフ間で話されているような話も、ざっくばらんに書いておられました。
今まで、視聴者は表しか見えなかった。
裏を知ろうとおもったら、関連する書籍やインタビュー・メイキングを探すしかなかった。
ほぼ、リアルタイムで現場指揮者の考えが聞けたのです。

聞きたくない人も、もちろんいるでしょう。
聞きたくない人は、このブログを読まなければ良かったのだと思います。

不幸は、原作との解釈の違いに納得いかない熱心な原作ファンが、このブログの読者だった事。

お互い、
監督として、
原作を愛するファンとして、
一歩も引かない状態が、続いたのがこ結果です。

監督は、監督として引けないのなら、ブログを閉じれば良かった。
原作ファンは、愛する原作を汚した弁解を聞きたくないのなら、ブログを見なければ良かった。

どちらが良いかは判りません。
ただ、私はこのブログがとても興味深かったので、存続して欲しかったです。
Unknown (ぱち)
2007-06-14 03:57:04
僕はアニメ見てません。でも原作は読みました。
監督さんの、原作は感傷的なトコロが多い、というのは共感できます。
とにかく悲惨にすればいいんだろ?的な感じを受けました。おかげでハマれませんでした。

アニメが放映中にもかかわらず、ブログを開設し、コメントを開放し、それに答え、長文の意見を返すなんて男気溢れるなぁと思いました。応援してます。

でも、漫画のアニメ化となると、その人気を牽引するのは原作ファンです。原作ありきのアニメで、原作批判やファンを貶めるような発言は、プロとしてどうかな、と思ってしまいます。僕もプラテネスが改悪された時はすごくショックでした。アニメ版はほとんど見ませんでした。

ちなみに、「猫の恩返し」はクソつまらなかったです。途中で見るのをやめました。「ハウル」と同じくらいクソでした。もう一度言います、クソ面白くなかったです。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 03:59:53
まぁ、そこまで原作が嫌いなら
原作を超える神アニメを作ってくださいな。
Unknown ()
2007-06-14 05:12:20
アンタはこの職業をやるべきではない
こんな事を書いてる時点で

黙っとけば良かったものを、ブログ炎上を知らんのか?
Unknown (ちこ)
2007-06-14 05:14:06
アニメ面白いと思います。頑張って下さい。
Unknown (any)
2007-06-14 05:21:43
まずは視聴者と制作者が双方向でガチンコが出来るネットというメディアでこれだけぶっちゃけてくれた(そしてその返信を受け入れてくれる)事に感謝します。

自分は鬼頭氏がアフタに登場してからずっと全ての単行本を初版で買い続けている原作ファンです。

正直、原作が途中のこの時期にアニメ化される、しかもGONZOが噛んでいる時点で原作通りに展開される事はあまり期待できませんでした。
OPを初めて見た時はマキ編で終わらせて(エマのように)そのままぶん投げるかと思ったのですが、後で2期放映されるという事も判り、後半は完全オリジナルになるのだなというのも判りましたし。

ただ、その事に対してそこまで憤りを感じるものでも無いです。少なくともこれだけの話題や議論が生じるぐらいの完成度と魅力をアニメ版は持っています。この作品の前になるたるがアニメ化されましたが、あれは正直こういう議論が生じるレベルまでも到達していませんでした。それに比べると、アニメ版独自の迫力とオリジナリティを持っている本作は恵まれています。
鬼頭氏は超越的な視点で作品や登場人物を扱います。畑飼なんてのはその典型ですが、それを嫌い、わかりやすい展開でアニメを展開し直すのはアリだと思います。例えばジアースが政府管轄下に置かれるプロセスなどは完全に独自の展開で見せていて、それは原作とまた違った切り口で楽しかったです。
とどのつまり、アニメ版は設定を流用しながらも別作品である、というスタンスが明確な分なだけ原作派にとっても楽しめる作品になっている、という事です。
少なくともこれだけ別作品になってるからこそ、逆に原作にもアニメにも別のプレミアが載っていると解釈します。

ただ、監督も明言している通り、原作の縛りが無くなった以降がどのように化けるのかが少し疑問です。SAMRAI7のように前半部分まで台無しにするような転け方は勘弁して下さい。
ま、正直な所を言えば、原作部分まで再現できたらそれで十分、転けたなら「失望した人は原作を読んで下さい」、もし上手く完結できたらそれはそれで大団円、と後半を期待しております。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 05:22:50
ぼくらのをアニメで初めてしりましたがOPで一番印象に残ってるのは ウシロ?の走ってるシーンです。
あの首を横に振りながら走ってるシーンは何か心に響きます。
アニメ化するほどの作品ではなかった (名無死さん)
2007-06-14 05:23:24
俺もアニメの方は一度も見てないんですけど
この原作あまり好きじゃないですね
なんでアニメ化しようと思ったのか不思議なくらい
キャラクター達に生気がない。現実と漫画を
比べるのはどうかと思うけど中学生の少年少女が
そんなに間単に死を受け入れられるとは俺は
思わないですねぇ。もうちょっとキャラクターたちに
リアリティがあれば面白くなったんじゃないかと
思いますけど。そもそも一番のミスはアニメ化したのが間違いでしたねーするべきじゃなかった。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 05:42:42
>2007-06-14 03:20:08

>作品監督の場合は自分を出してナンボの場合もあります。
>その方が多いと思います。

だったら最初から「原作」ではなく「原案」とすべきで、
なにか適当な副題でもつけて制作すべきだったのでは。
「アニメ版ぼくらの」と銘打たれている以上、視聴者は
基本的に「鬼頭莫宏作品のアニメ化(この場合、原作に忠実で
あることは絶対条件ではありません)」を期待しているのであって
実写版キャシャーンみたいな「自称アーティストのオナニー」に
利用されることも、まるで囲碁教室番組のように「ここを
こうすればもっと万人に受けるのにね」とでも言いたげな
「自称識者の講釈」も望んでいやしないと思います。


>実際に似た立場に立つと判りますが、しゃべってナンボです。
>でないと、誰も着いて来ません。

現場は確かにそうでしょうが、視聴者にとっては完成品、結果だけが
純粋な評価対象です。現場でいくら揉めていようが、スタッフが
みんな割り切れない思いを抱きながら作っていようが、面白ければ
評価は自ずと高くなるし、つまらなければ低くなるものです。
blogと併読してようやく作品として成立するのであれば最初に
そう明言してもらわないと不公平です。

「真摯に作っていれば許される」なんて生易しいものではありません。
同人作品じゃあるまいし。
そういう意味で、ここに書き込んでいる皆さんは至って冷静に
作品について評価をしていると見受けます。

しかもここの読者は監督のカウンセリングまで請け負っているんですから
よくよく物好きの集まる場所ですよ…。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 06:35:54
監督のお考えは判りましたがこの作品に関わるスタッフ全員が
原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。
とは思っておりません。
そして漫画が「ズルい」とも思っておりません。
漫画は漫画、アニメはアニメ。別の媒体です。

アニメ版が原作とは違う内容に変わったとしても、
原作ファンにも楽しんでもらえる作品にしたいと考えて
関わっている人間も存在します。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 07:18:40
言い訳とか擁護とか短絡的発想でしか会話出来ない方ばっかりですね^^

てかですね、監督と対話できる機会なんてないんですよ?
もう少し言葉遣い等を覚えましょうよ
Unknown (Unknown)
2007-06-14 07:20:49
僕自身は「ぼくらの」はあまり好きな作品ではありませんが、
作品を「嫌い」という監督の手に作品を委ねなければならない原作者・およびファンの気持ちを考えると、不憫でなりません。

運が悪かったと思い寝入るしかないのかもしれませんが、プロのクリエイター、強いては大人として胸に締まっておくことはできなかったのでしょうか。

某グレ○ラガ○の件然り、アニメ業界の上に立つ人たちは、社会人としての「その発言により発生する弊害」についての計算が働かない人が多すぎます。

自分の自慰まみれの一言で、視聴者や原作者・末端のクリエイターの方々が得るはずだった恩恵が、失われることもあることを覚えておいて欲しいです。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 07:34:52
私は原作を知りません
アニメもちらちらしか見てません
でも面白いなとは思っていました。
「猫の恩返し」も好きでした
別に監督がどうしようとそれでいいと思っています

でもそれを公言なさるとというのは
上に立つものとしてどうなのでしょうか?
確かに自分を誤魔化すのは嫌なものです
やはり今回のはまずかったと思います
監督、自分の子供たちをなんやと思ってるんでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 07:36:57


森田「俺には、それができるんだからするだろ?」
Unknown (通りすがり)
2007-06-14 07:44:01
原作と違う、という批判は
当然原作者の同意が取れているであろう以上
的外れであると思う。
また、好きか嫌いか、面白いかつまらないか
なんてことは各人が判断するしかないことだし、
結局主張してもあまり意味のないことだと思う。

ただ、監督という立場の人間が、この原作は嫌い、と公言するのはどうなのか。
所詮は他人のおこぼれで飯を食わせてもらっている人間に過ぎないわけで、
それは原作者や原作が好きな人間に失礼だろう。
嫌うべきなのは、オリジナルを製作できない自分の能力だろ。
プライドを捨てるか仕事を捨てるか、
せめてその位は選んで欲しい。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 07:54:41
マンガが狡いと仰いますが、完結してもいないマンガをアニメ化し
あまつさえ監督の名に物言わせて自分語りとはまたずいぶんとコスい真似を。
現代社会に物申したいならご自分の言葉で喋りなさいな。
10話見ました (Unknown)
2007-06-14 08:29:18
コゲムシさんあてのメッセージの中に恋愛感どうとかというのがありましたが、中学生(それも小学生の皮がむけただけの年)の子の恋愛感の件でコメントします。
その年頃の少女には妄想恋愛というか、恋愛妄想というか、とにかく強い思い込みで突っ走ってしまうこともあるので『もうこの人しかいない』『この恋だけがあればいい』という盲目的な感情に溺れる子はいます。
例えそれが世間一般からみて本当の恋愛でなかったとしても『それでもいい』はありだと思います。
監督の周りの女性はなしだと言ったのですか?
それこそ、周りの女性の多くに聞いてください。大人になって、中学生の頃のことなんか忘れていると思いますが、中学生的には、ありだ、と言われてもおかしくないですよ?
大人になってその頃を振り返るのが恥ずかしいから、鼻で笑ってるだけじゃないでしょうか。
大人の女性の立場から言わせていただきました。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 08:56:21
何故わざわざ視聴者を不快にするんですか?
いちいち自己弁護のためだけに楽しんでみていた一部の人達も不快にするんですか?

自分の監督という立場をもう一度よく考えなさい
Unknown (Ryo)
2007-06-14 09:03:02
言うことはでかい。
行いも間違いでは無いでしょう。
「結果が伴えば」の話ですが。
最初から、原作物を引受けずオリジナル脚本で実績を作られては如何でしょう。

原作ありきの作品は、商業的に原作愛好者を取入れる事が前提のはずです。
大きな改変は当然、そういった方々の批判を受けることになります。
それらをごく少数に抑えれるほどの脚本を、
他人に迷惑の掛からないところで、練習する必要があると思います。
自分の好きな作品を練習台にされたと思うと、
不快に思はないほうが、どうかしてますから。
Unknown (ぷ)
2007-06-14 09:45:29
原作嫌い言う前に、オリジナル作品で結果出してよ。
話はそれからだよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 10:07:23
私はアニメ、漫画が大好きです。
それらに携わる人達を尊敬しています!(もちろん森田監督も)
作品に嫌いと思ったことも一度もありません。(趣味が合わないと思ったことは幾らでもありますが…)
だから監督も嫌いなんて言わないで下さい。


最後に…   表裏一体   死が在るから生が在る
Unknown (しがない鬼頭作品の共通設定好き)
2007-06-14 10:17:34
個人的には原作から離れた
完全に森田監督節の「ぼくらの」が見たかったですけども。

好まない設定を持っていたり、TV放送向けではないエピソードが入れられたキャラなどは
中途半端に改変するよりは丸ごとオリジナルキャラに入れ替えて、別の「地球」の話にしてーなどなど・・・

原作の設定や刊行されている小説版などから考えれば、可能なメディア展開だったかと思いますが
まぁ、小説より商業的な物が要求されるアニメでは
無理だったのかなーと詮ない気分です。

とりあえずこれからラストまで、どれだけ原作と
別の答えを見せていただけるのか楽しみにしておりますよ。
Unknown (reg)
2007-06-14 10:21:02
原作が嫌いなのは構わない
が、自分が気に入らない部分を改変すると言うのは何様か?

原作を知らない人ならまだしも、知っている人間は鬼頭氏のストーリー、
人間の描写に引かれ集まっているのだ、一監督の勝手な解釈による
オナニーが見たいわけではない。

自分好みの作品が作りたければ、人の作品にヘドロを塗りたくるなどせずに、
己が名前でゼロからオリジナル作品を作ればいいだろう?

貴方の作るものは原作ファンへの物ではないとのことだが、
原作を知らない人だけを対象としているにしても、自分の信条を貫けない代物
(妥協で中途半端な歩み寄りに落ち着く改変)を出す位なら、貴方が妥協し、
原作に忠実に作るべきではないのか?
誰の為 (Unknown)
2007-06-14 10:24:26
一体誰の為に作品を作っているのですか?
何のために作品を作っているのですか?
TS (Unknown)
2007-06-14 10:28:05
好きだとか嫌いだとかいう個人的な感情の次元で
多くの人が関わるものを作る仕事の指揮を取ってほしくはない
Unknown (Unknown)
2007-06-14 10:53:27
2007-06-14 05:42:42さん

>だったら最初から「原作」ではなく「原案」とすべきで、

こういう事は、監督よりも上の人たちが決めることです。
気持ちは判りますが、版元、プロデューサー、スポンサー(出資者)、場合によっては原作者を叩きましょう。

>blogと併読してようやく作品として成立するのであれば最初に

説明する為のブログでは無く、
最初は色々な随想を書いておられました。
本作品公開が近づくにつれ、それが作品に関する事になるのは、格段いけない事ではないと思います。
(契約の取り決めで禁止されていれば別ですが)

放送がスタート後は、コメントも作品に関する批評になり、
それに関して監督が答えるようになりました。
疑問をぶつけたり、要望を出したり、それに一つ一つ答えておられていました。

後は、前例があるのでわかると思います。
だんだんコメントが、一線を越えるようになり。。。

ですので、貴方が言うことは当て外れなのです。

>しかもここの読者は監督のカウンセリングまで請け負っているんですから
>よくよく物好きの集まる場所ですよ…。

怒っている人の大半は、このブログを今まで読んでいた人たちでしょうね。私も含めて。
ここで批判をされている人の、ほとんどが、
このエントリだけ読んで、監督批判をしています。
このエントリ自体が、コメントに対する返答なのに、返答だけ読んで何にどのように返答してきたか知らない。
極端に言うと、荒しに近いかもしれません。
そりゃ怒ります。

>「真摯に作っていれば許される」なんて生易しいものではありません。
作品に対して真摯である事は、監督業を営んでいるほとんどの人に当て嵌まると思います。
監督の作品に対する考え方に対して、「真摯」であると思われた方もいますし、
ただ、ここで「真摯」と用いられるのは、一つ一つの質問に答えている姿勢の評価だと思います。

納得行かない人、作品に対しての批判、皆さんが様々な思いを持っていると思いますが、
「ブログの監督のコメント」を批判するのであれば、せめて一連の流れを読んでから、行うのが常識だと思うのですが如何でしょうか。
ちゃんとブログへのコメントを書きなさい (Rei)
2007-06-14 11:12:54
昨日のコメント数の倍近い数字になっているので
何かと思えば……

ちゃんとブログへのコメントを書きなさいよ。
ここは掲示板ではないでしょう。
コメントへのコメントを書いて批判合戦しても
見苦しいだけですよ。
擁護、批判意見ともどもね。

もっとも、そういう事をしているのは
ほんの数人のようですが……
Unknown (Unknown)
2007-06-14 11:42:54
森田さん、批判なんざ気にするな。

俺たちは原作を弄り回してても、面白ければ
ちゃんと見るよ。

面白ければ、ね。

今、見てくれてる人ってのは森田さんの演出に惹かれてみてるわけじゃないんだよ、大半は。
原作が好きでみてるんだ。

原作を一つでも越えて見せてくれないと、あなたの意見は
負け犬の遠吠えに見えてしょうがないよ。


Unknown (雨降り)
2007-06-14 12:01:02
漫画は漫画、アニメはアニメ。原作に忠実にって具体的にどう言う事?ストーリーや絵が似ていればそれでいいのかな?それはあくまでも後追いだけであって、原作を超える事は出来ない。作品を鑑賞する者、受け手の想像力は更に上更に上の物を求めるから。アニメ「ぼくらの」の評価はアニメが完結してから言うべきでしょう。うる星2が原作派からバッシングされたが、作品としては高評価されたように。無論このアニメ「ぼくらの」が名作となるかは別だが。
Unknown (HJ)
2007-06-14 12:13:17
というか、よくもまぁ、こんな戯けたことを書けたものだ。
信念や思想を語るならまだしも「好き嫌い」で原作付きアニメ作られたら堪らんわ。
嫌いならそもそも最初から関わるな。
Unknown (**)
2007-06-14 12:16:33
好きな女の子が好きなマンガだから監督をしたし、この作品を選んだと聞きましたが・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-14 12:21:40
応援してます。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 12:28:56
アニメ製作は仕事なんだし、監督がどんな考えを持って仕事していようと全然構わない。
僕らはアニメが見たいだけなんだし。

でも、自分の心情を不特定多数の人が見るブログで書くのはどうな、と思います。
せめてこのアニメの製作が終わった後に書いてください。

結果として、ファンに混乱と対立を招いているだけのこの独白に何の意味があったんでしょう。自分の仕事を批判された愚痴なら身内に吐いて下さい。視聴者まで巻き込むのは何か違うと思いますよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 12:33:19
原作を読んでいないので改変等についてはわかりませんが、少なくともアニメで見て面白いと感じて見続けています。変に途中で主旨を変えるのではなくて、このまま面白いと良いと感じるものを作って欲しいと思います。
Unknown (Jack)
2007-06-14 12:39:21
とりあえず、あなたはもう「ぼくらの」の制作にかかわらないでもらいたい

原作ファンからすれば、アニメ版は許容できない原作レイプです
Unknown (I came from ⊂⌒つ゚Д゚)つ)
2007-06-14 13:05:59
いくら原作ファンは見ないでと言っても、原作の名前を背負っている以上、(原作ファン視点での)改悪を無視出来ない原作ファンがいて当然です。

自らの倫理観でシーンをカットするのは監督という立場上、そこまで批判されるべきことではないと思いますが、ストーリーの変更にはもっと慎重になるべきだったと思います。
いくら原作ファンを切り離そうとしてもそう簡単に切り離せるものじゃありません。
ましてや、原作が嫌いなどと書かれてしまっては「なぜ監督を引き受けたのか?」といった疑問が出てくるのも当然の事です。

自分の倫理観や道徳性を優先したプロ意識は買います。その倫理観や道徳性が欠けているものとも思いません。
しかし、(推測の域を出ませんが)このアニメを見ている大部分は"原作を支持しない人たち"ではなく"原作ファン"だと思います。
そこを無視するというのは、それはそれでプロ意識に欠けた行動だと思います。

このまま突っ走るのか、それともDVDである程度修正し(1巻につき3話収録なら修正版を丸々入れても収まるはずです)和解の道を辿るのかは定かではありませんが、コメントやスタッフの意見をしっかり聞いて一度考えてみて欲しいと思います。
予算と予定さえ考えなくてよければ、最善の道は見えているはずですが・・・。

と、原作に関してもアニメに関しても掲示板からの情報しか持っていない第三者の視点からマジレスしてみたよ〜^^
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:11:06
自分は原作未見でこの作品を見させてもらっていますが、展開が早いとはいえ、楽しく見させてもらっています。
ただ
>ただ、漫画はズルいな、とも思うのです。
これは言ってほしくないですね。アニメは漫画と比較する対象にはならないと思います。動画、音を使って表現できるアニメの方がよほどズルいと思いますが・・・。
応援しています。頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:46:05
コメント大杉ワロタwwwww

カジ速から来ましたwww

個人的に、こういう監督には非常に好感が持てますwwww
「ぼくらの」見てみようかな・・・・・・

あ、もちろんアニメの方ね
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:52:42
>原作を知らない人だけを対象としているにしても、自分の信条を貫けない代物
(妥協で中途半端な歩み寄りに落ち着く改変)を出す位なら、貴方が妥協し、
原作に忠実に作るべきではないのか?

その葛藤がアニメに力をあたえるならアニメを応援します。ぼくらの真実。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:53:20
>漫画はズルいな

そうですか。じゃあアニメに限界を感じて、それを打ち破れないまま漫画を「ズルイ」呼ばわりするのなら
アニメ作り辞めたらいいのに。

僕はアニメより漫画の方が好きです。
アニメより面白いからですよ。

森田監督が頑張れば頑張るほど
アニメは漫画に勝てないんですね。
残念です。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:55:00
ぼくらの妄想。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 13:56:39
まぁ、このコメント欄も監督の餌になるんだから。君らも共犯。
宮崎さんに連絡しましょう (魚)
2007-06-14 14:04:56
宮崎さんは「合身戦隊メカンダーロボ」の仕事を少ししたことがあります。
(少しだけですが。たしか2話分)
森田さん、宮崎さんに連絡してください。
現在の苦境を包み隠さず打ち明けて、教えを乞うてみてはいかがですか。

宮崎さんがまだ、徳間社長と出会っておらず、ナウシカを大ヒットさせていなかったころ、
彼はまだ、いわゆる業界人的な発言力は持っていませんでした。
(その才能を、極一部で畏怖されてはいましたが)
どんな気持ちで、メカンダーロボの仕事を受けたのか?
メカンダーロボの悪口を一度でも言ったことがあるか?
今は、仕事を選べなかったあの頃をどう思っているか?
宮崎さんと話し合ってみてはいかがですか。
そして話の内容を、このブログにアップしてください。
責任ある者故 (Unknown)
2007-06-14 14:12:07
制作スタッフの皆の努力が、あなたの一言で消えるんです。
今後、部下や仲間にへの誠意ある対応を望みます。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 14:23:02
「ぼくらの」の子供たちは死と向き合っているのに、
森田さんは原作の嫌な部分と向き合おうとしないのですね。

「嫌いだから、削る」って、
子供が嫌いな食べ物を残すのと一緒です。


仕事なんですから、
好きだとか嫌いだとか、個人の感情で勝手にしていいものとは思えません。


たとえ嫌いだとしても、
それを口にするのはプロとして最低です。

引き受けた仕事はきちんとこなしてください。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 14:33:11
森田宏幸アワーはここですか?
次回も見て、くれるかな?!
"ミネーヨ!"
原作 (森田監督)
2007-06-14 14:58:22
漫画等のアニメ化、映画化はの意味はなにか。
その作品のファンがその作品に登場するキャラクータ
が実際に動き、しゃべるのを見たいわけで。
 そこに監督の感情など介入する余地はないです。
ぶっちゃけ監督はお飾りなんですよ。
それが嫌で自分の存在を主張するためにストーリーを変えたり、オリジナルストーリーを追加する。
止めていただきたい。ダークに進む作品が子供向けに放映されたために原作もそれを余技なくされたりとかな。ガンダムシードなんかも良い例だな。監督の奥さんが嫌いだからフレイ死亡。シン主役変更。
原作が嫌いなら仕事を引 き 受 け る な。
お前の考えを持 ち こ む な。
ストーリーを改 ざ ん す る な。
OK?理解できたか?どんなに良作でも貴方みたいな人がかかわることでクソに変わるんだよね。
今からでも間に合うよ。キスダムの監督みたく逃げちゃえよ!
上にも書かれてるが嫌いなくせに引き受けたのならせめて一般監督程度には仕上げてくださいね。
仕事に私情を持ち込まないでください。
Unknown (^Д^)
2007-06-14 15:01:28
全部読んだけどこれ悪口じゃなくて意見じゃね?
ゆとり涙目wwwwww
Unknown (Unknown)
2007-06-14 15:14:40
記念カキコ
Unknown (Unknown)
2007-06-14 15:43:23
原作のある作品に監督の個人的な個人的な思想なんていらない(* ^ー゚)
Unknown (Unknown)
2007-06-14 15:49:01
アニメを見てから原作を揃え、原作ファンになったものです。

「ぼくらの」という作品に出会う、あのOPとEDの曲に出会うきっかけとなったアニメにまずは感謝いたします。

監督が原作に対してどのような感情を持っているか、などは
自分には特に興味はありません。

自分が10話まで見て感じた事をコメントさせて頂きます。

○良かった所

OPとEDの曲と映像が好きです。
作品のイメージによく合っていると思います。
また、キャストもキャラクターのイメージに良くあっていると思いました。
カコの死に方の改変やコダマの父親とのやりとり、チヅのハタガイに体をす許すまでの描写
ダイチとフタバの別れ際のやりとり、ナカマ母の授業参観は
個人的にはアニメとして見られてとても良かったと思っています。

×残念な所

確かにアニメが原作と同じ進めかただったら原作が完結していない以上
必ずどこかで矛盾が出来てしまいます。
原作と違い話数もきまっていますから、話のどこかが削られ、新しい解釈が入る事は
避けられない事だと思いますし、それを楽しみにしてアニメを見ることも出来るでしょう。
ただ、監督やスタッフが重要視した話の核と、自分たち原作を読んだ視聴者が重要視していたであろう核が
あまりにもズレているのが残念でなりません。

国語の試験で「重要な箇所に線を引きなさい」という問題に対して
自分の考えていた所とはまるで見当違いな所に赤ペンで
二重に線が引かれているような、そんな感じがします。

特にチヅ、ナカマは話が重要な場面が削られすぎて
「死」への覚悟がとても軽く、唐突に思えてしまいました。
原作の伏線がアニメではほとんど削られているので
唐突に思える台詞や行動が目立つのも、気になりました。

あと幾つかの話を終えれば、監督、スタッフの考えた完全なオリジナルの話になります。
その時に今までの残念な気持ちを払拭してくれるような
作品になれば良いなと思いつつ、監督の意に反して視聴を続けようと思っています。

乱文失礼いたしました
Unknown (Unknown)
2007-06-14 15:53:07
原作嫌いだろうがストーリー改変しようが
その作品が面白ければいいです

ですが原作が嫌い発言をしたからには原作を超える作品を作らないと皆納得しないでしょうね
気に入らない場面を削っただけなんて事にならないよう信じてます

自身でハードルを上げた訳ですから大変でしょうが頑張って下さい
Unknown (no)
2007-06-14 16:12:13
先日も魔砲少女リリカルなのはに関わっている末端とおぼしきアニメーターがブログでネタバレと作品批判をし、すぐさまブログを閉鎖しました。

グレンガランの件といい、もういい加減作り手サイドはブログを禁止してはいかがでしょうか。社会人として、適切な行動ではないように感じます。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 17:45:51
最低。

監督変えるべきだと思います。
辛くても嫌いでも口に出すのは最低です。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 17:51:37
あなたはここに書かれたコメントを見て変わるんですか?
それとも
「またなんか言っている」って流すんですか?
Unknown ()
2007-06-14 17:59:54
原作が嫌いなら仕事を引き受けないでください。
原作を嫌いなのは勝手ですが、あなたは原作を借りてアニメを作っているんです。
原作を汚さないでください。
原作物のアニメ化を二度としないでください。


あなたが関わった仕事をすべて色眼鏡で見てしまいそうです。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:01:31
9話はとてもよくまとまっていて感動しました。

10話はちょっと詰め過ぎたのかな、あまり伝わってこなかったです。

それでも、このアニメは面白いので毎週観ます。

頑張ってください!!!!!
うーん。 (Unknown)
2007-06-14 18:02:57
我を通したいなら仕事を辞めるべきだし、
ご飯が食べたいなら我を引っ込めるべきでは?

思うのは自由ですし表現も自由だと思いますが、
我を通してご飯を食べようとするなら
叩かれるのもまた必然ですよね。
Unknown ( )
2007-06-14 18:04:59
「ぼくらの」は監督の作品じゃないですよ。勘違いしてるみたいですが、原作ありきの作品なんです。


嫌なら 自分で作ったお話で 勝負してください。



簡単なことですよね。
嫌いな作品に手を入れるより、もっと簡単に自分の表現したいことが出来ますよ?

原作者とファンを冒涜するのをいい加減にしてくださ
い。
嫌いだ嫌いだだから改変してやる!って心意気じゃ原作は超えられないでしょうね。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:06:57
僕もワンピースファンでしたがアニメは
うけつけませんでした(特に声優が

ついでにアニメから入った作品は
原作が受け付けなかったので
やっぱ漫画とゲームアニメだと違うんだなと感じました
Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:07:19
アニメより原作の方がマシです。
アニメも好きだけれど
監督がこんな心意気じゃ
誰も楽しめませんよ。

鬼頭さんの作品なのに
森田さんが嫌う意味が分かりません。

監督おりれば?
Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:11:54
宮崎駿を引き合いに出す必要が、わからない…
Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:18:22
別に好きでも嫌いでも原作変えようが変えまいがどっちでもいいです。

問題はあなたがここでそういう発言をしたと言うことです。
一言だけさ・・・。 (Mallfoi)
2007-06-14 18:27:32
最後まで、良いものを作る事をやめないで欲しい、原作がどうとか、そういうものを超えて共感できるものがあると思います。

Unknown (Unknown)
2007-06-14 18:30:15
人の作品で相撲とってるくせに
理解しないで嫌いだから勝手にやるですか?
これはおめでたい
原作否定する監督に作られる作品もかわいそうだね〜

原作嫌いなら自分の作品作れば?
さぞかし素晴らしいのが出来るでしょうね

ああ、それをやると自己作品=原作となるから自己価値か無くなるか
まいったねこりゃ
Unknown ()
2007-06-14 18:52:00
苦しいこともあるだろう。

 言い度いこともあるだろう。

  不満なこともあるだろう。

   腹の立つこともあるだろう。

    泣き度いこともあるだろう。

     これらをじっとこらえてゆくのが
                  
                 男の修行である。
Unknown (e)
2007-06-14 18:55:50
(ブログを)アンインストール アンインストール
Unknown (名無し)
2007-06-14 19:03:07
>「私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を>手にした最初だけで、仕事を引き受けた以降はそれ>はまったく関係ないです」

って書いてるけどさ、関係あるからその嫌いな部分を
改変したんじゃないの?

全く関係無いなら原作ファンに配慮するんじゃない?

まぁクリエイターが作品以外で語りだすとろくなこと
がない典型例
Unknown (Unknown)
2007-06-14 19:05:52
監督やめた方が原作者とファンのためです
京アニみたいに監督辞退してくださいよ
Unknown (citrus)
2007-06-14 19:30:53
初めてコメントさせて頂きます。

>ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
これは原作好きな人達にミスリードされかねませんよ。
コメントを見ても「ある意味」を読まなかった事にして、必死に叩いてる人が多いですから。

要点をまとめると

>「私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を手にした最初だけで」
あって、改変については

>原作の一部分に異論があるというだけで
という事から、異論があり変更したという事ですよね?


素人判断で申し訳ありませんが、森田監督はネットの意見を見るべきでは無いタイプの人だと思います。
どんな作品にも批判はある訳で、特にネット上だと配慮の無い暴力的な意見も多く見られます。
そんなのを一つ一つ気にしてたら折れてしまいますよ?
Unknown (もにもに)
2007-06-14 20:17:34

森田監督、今のスタイルでがんばってください!
Unknown (ういろう)
2007-06-14 20:28:38
森田監督はじめまして。
自分はアニメを見て、原作を買いました。そんな立場の人間として、色んな考えが頭をグルグルしてます。でも率直に一番感じたのが“責任”を感じられないこと。お金を貰ってるプロとして、その辺をもう少し強く意識してほしいと思います。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 20:36:25
見事に原作の内容理解してませんね...
何でこの仕事引き受けたんですか?
ホント不思議なんですが。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 20:36:25
見事に原作の内容理解してませんね...
何でこの仕事引き受けたんですか?
ホント不思議なんですが。
こんばんわ (ガン)
2007-06-14 21:01:02
やはり、
>私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
ここを見て叩きに走ってる人がいるのが悲しいですね

監督の方向性や考えは、今回でよくわかりました
原作と進む未来が違っても、この物語は「ぼくらの」です。

>ジアースを巡る戦いのルール
が守られてさえいれば、例え原作と違うキャラでも、この物語は、
成立すると考えていましたので。



原作主義者・キャラに愛着を持っている人には、
快く受け入れられないのかもしれませんが、
(監督の意図した事とは違うのですが)「原作と全く同じに作られて何が面白いのか!?」
という事を問いたいですね。

Unknown (ユン)
2007-06-14 21:09:01
森田さんがジアースに乗ったら一番最初に選ばれて
意味もなく死んで行きそうですね。
Unknown (Stella)
2007-06-14 21:12:51
わかる必要も、わからない必要もないのですが、やっぱり、キチガイでないと作品は作れない。これは事実なんだと。知る(判るではなく)ことが第一歩かなぁと。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:14:13
別に原作どおりでなくても良いとは思いますが
それは置いといて

嫌いなら監督ひきうけないでくださいよ

嫌いだと心で思ってるのは良いかもしれませんが
それをわざわざブログで書くというのはどうでしょうか
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:22:08
くだらないコメントに媚を売るような真似だけはしないでくださいね
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:29:26
嫌いの一言に反応して変な反応してる奴多すぎだろ。
ジャズだって奏者独自の解釈が入って生きてくるんだから、同じ様に創作物であるアニメでの
再解釈を否定する理由は無いだろ。
もちろんその解釈が受け入れられるかどうかは視聴者たる我々が判断する部分だが
解釈の違いだけをなじって思考停止することにはなんの意味も無いぞ。
女性として ( )
2007-06-14 21:30:58
他の事は大勢の方が触れていますが
チズの恋愛云々について書かれたことにどうしても物申したくなったので。

チズの行動が確かに浅はかなものであるのは誰の目にもよくわかることだとしても
「周りの女性に聞いてみれば通用しないはず」、
などと断定なさるのは一般の男性ならともかく
ものを作る方としてどうなんだろうと思いました。

是非を問うのではなく、単純に人間の情動、
それも異性に対するものは仰るほど簡単に割り切れるものではないと思いますので。
そこを上手く使ったフィクション等も世の中には沢山溢れていますし。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:31:43
記念パピコ
話は放送終了してだ。 (yab1962)
2007-06-14 21:34:02
改変、面白い物ができるならいいんじゃない?
海のトリトンが原作から遠く離れた鬱な作品に仕上げた富野御大や、今までのガンダム像からかけ離れたGガンダムを作った今川監督の様に面白い物が出来ればアニメファンとしての私は監督の心情がどうであれ問題ないです。
まあ、自主作品上映会でのアマチュアじゃないんだから、口外してはならない部分は口外しないほうがよいのでは?と思うくらい。
Unknown (イフカルト)
2007-06-14 21:37:08
感動を見せたい監督ならたくさん見てきました。
子供への影響を考えて作る監督ならたくさん見てきました。
原作の良い部分がカットされてるのは正直残念でならないです・・・
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:47:31
オタクの信仰心って怖いですね
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:49:22
原作未読の私ですが、アニメ版「ぼくらの」は、
大変面白く思い、毎週楽しみにしておりました。

ですが、この発言にはガッカリです。
物の言い方も知らない方が監督をしているとは…。
「原作は面白いと思う、しかし私は別の切り口から
この物語を作ってみたいと思う」これでいいじゃないですか?

作品に愛情を持たない人がアニメを製作しているなんて
原作ファンは言うに及ばず、視聴者としていい気はしませんよ。

原作の再構築、再解釈に不平不満があるわけではありません、
この場に「原作が嫌い」というセンセーショナルな言葉を
持ち出す意味がないと言っているのです。
ここの閲覧数で給料が上がるというのなら、納得ですけどね…w
Unknown (Unknown)
2007-06-14 21:50:24
原作の改変は仕方の無いことだと思います。
また原作の好き嫌いは個人の趣味などもあることですし、これも仕方の無いことだと思います。

しかし、この場でそのことについて言及するのは
どうなのでしょうか……。
プロならプロらしく、黙ってひとつの作品として仕上げるべきでしょう。
嫌なら嫌で作品作りを断ればいいだけのことですし。
断ることができないなら、個人の好みを抑えてでもひとつの作品として作り上げることがプロの仕事なのではないでしょうか?
作品の反応に対してこのような自分の感情をぶつけているようでは……正直がっかりです。

それと、もしあなたが原作者の立場でアニメの監督にこう書かれた場合はどう思いますか?
是非とも意見をお聞きしたい。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:01:27
なんか、プロなら喋らずに作品でって
持ち出している人多いけど、
意味知ってるのかなぁ。
Unknown (おバカ!)
2007-06-14 22:04:35
原作はおもしろかったと思いますよ〜

大体今の中学生なんてS○Xやりまくりですから珍しくもない

原作批判するとか馬鹿極まりない。
お前何様??って誰もが思いますよww
別にあなたじゃなくても誰かが創るんですよ?
Unknown (早朝深夜)
2007-06-14 22:10:51
原作がどうとかアニメ版がどうとかそんなことはどうでも良いワケで、
この場でどれほど論議を交わそうとも絶対に何かが変るとは思えません。

原作もアニメ版も好きならそれでいいと思うし、
嫌いならそれでもやっぱりいいと思います。

いい加減なコメントだと思うかもしれませんが、
それが私の感じたことです。

人それぞれの考えがあればそれだけで良いのではないでしょうか?

Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:11:04
いずれにせよしゃべりすぎなことは間違いない。
もっと簡潔にまとめてくれないと読む気もしない
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:12:09
コメント見てると日本人らしい反応だなと
しみじみと感じた。
嫌いといっても色んな意味合いがあるだろうに。
脊髄反射で書き込みって正直どんなもんでしょう。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:15:48
原作嫌いなら監督すんなよ。
がらりと変えて面白いアニメになっているなら全然OKだけど、結果はつまらない上に画もダメダメ最低アニメじゃね。
Unknown (ゆとり世代の境目くらい)
2007-06-14 22:16:15
監督は、自分の信じたように作品を完成させてほしい。
いまさら後戻りすることはできないし、それが監督に果たせる「責任」なんじゃないかなと思う。
意見というものは常に衝突するものだと思ってる。
お互いに理解することができれば、それは良い形を迎えるんじゃないかな。

オープニングの走る場面がお気に入り。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:20:18
>脊髄反射で書き込みって正直どんなもんでしょう。
ディレクター業は必要ですよ。脊髄反射。
もちろん脊髄反射の他に必要な物もありますが。

それを判っている人と判っていない人では、Blogの意義と楽しみ方が違っていたのでしょうね。

もう、このようなBlogはアニメ業界では禁止されるかと思うと、
勿体無い気がします。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:21:59
原作のファンはいやがってるでしょうが、監督さんGJな改変です! 
監督本人がコメントを (edge)
2007-06-14 22:29:20
読まれておられることを期待して書いています。
私は原作も読んでいないしアニメーションをよく観る方ではないのですが、5話あたりで子供達が自分の「死」の可能性を知る時の、あまりに淡白な対応が理解できませんでした。
森田監督が”子供たちを救いたい”と考えられるのは至極当然の感情ですが、リアリティーの感じられない子供達を救ってみせても、観ている人間の心を打つことは決してない、ということを意識して頂けたらなあ、と思いました。

あと、監督が作品に対する思いを形にするのは作品の中でやるべきです。自分の中の作家性を信じるなら。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 22:34:26
>あと、監督が作品に対する思いを形にするのは作品の中でやるべきです。自分の中の作家性を信じるなら。

喋れない人は作家にもなれませんよ。
今までは喋る場所がマスメディアやメイキングぐらいしかなかっただけです。
Unknown (zearth)
2007-06-14 22:35:04
アニメ版で迎える、もう一つの結末。

原作のファンの方々には大変申し訳ないのですが、アニメ版の公式サイトにもこのように書かれているのですから、「原作通り」のストーリーでなければならないというわけではないと、私は考えました。
であるなら、監督の考えは完全に誤ったものではないと思います。
「もう一つの結末」楽しみにしています。
頑張って下さい。
Unknown (なはは)
2007-06-14 22:36:54
絵がダメっていえば、全体にモヤがかかったようなタッチが見ていて苛々する。ゴンゾの他のアニメにも共通するけど、たぶんデジタルを馴染ませるためじゃないかと思うけど、もう少しクッキリした画像を見せてほしいです。暗闇で走るシーンも多いし、夕焼けのシーンは見ていて目が疲れるし、絵が全体的に不鮮明な気がします。

それと、池田繁美氏の背景が、細かく描き込みされている最近の美術業界においては異質なほど遠近感のないフラットな風景でおまけに建物なんかが抽象的で、3DCGのジアースなんかと同じくらい輪郭がぼやけているのも気になります。
結果が全て (鋼田一 豊広)
2007-06-14 22:42:32


結果主義的ですが
面白ければそれでいいと思います

鋼の錬金術師のように
原作の改編が好評を博した例もあるので
監督には頑張って頂きたい
Unknown (白面)
2007-06-14 23:00:49
監督はアマチュアイズムで、プロではないんじゃないかな。
プロが良くてアマは良くないってことじゃないんだけどね。
私はアニメから原作を読んだクチなんだけども、アニメは別作品だと思って見ている。
でも、客観的に見ても正直脚本・演出ともに良くないのよね。

GONZO版ヘルシングを作った人たちは原作版ヘルシングにどんな印象を持ってるんだろう。
気になるね。
がむばれ。 (uma)
2007-06-14 23:04:26
私も淡々と子供達を殺してしまえる事には
納得しかねるので。
まあ現実はそんなモノかも知れないですがだからこそ
嫌なのです。
アニメ版は救いのあるエンディングになりそうで
ちょっとホッとしています。
なるたる読む限り原作でそれはあり得ないので。
Unknown (g)
2007-06-14 23:13:15
>鋼の錬金術師のように
>原作の改編が好評を博した例
かの作品も原作が終了しておらず、
結末に関しても賛否両論だった事を記憶しています。

製作陣の方でも色んな意見交換があったとは思います。
その上での方向性が決定されている訳であって、
監督個人の考えも、原作を、ただ無闇に”嫌い”とは
書かれてはいないじゃないですか。


媒介上の仕方ないのかもしれませんが、
悲しいコメントが続きますが、
ぜひともblogは止めないで頂きたいです。
貴重な場だと思いますので。

Unknown ( )
2007-06-14 23:19:29
嫌いなら他の原作をアニメ化するか自分で一からストーリー作ったら?
そうする権限がなくて嫌々嫌いな作品の監督をやらなきゃならないなら、原作の嫌いな部分も我慢してそのままアニメ化すればいいのに。
Unknown (YAJ)
2007-06-14 23:23:30
原作嫌いなら作らないで下さい。
あなたの解釈は面白くない。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 23:39:44
原作も好きだし、アニメ版でどう変えていくのか楽しみ。
同じ素材で違った料理みたいな感じで楽しみたいと思います。

心のそこから応援していますので、頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-14 23:42:49
結局、改変して面白くなかったからこんなことになったんだな・・・
Unknown ( )
2007-06-14 23:49:38
>そう理屈っぽくなる前に、そばにいる女性、同年代か年上、少なくとも恋愛を経験している大人の女性に、このチズの恋愛観に共感できるか、聞いてみてください。通用しないはずなんですけどね。


監督、世の中にはメンヘラっていう病的で一般とは違った情緒をもった人間も世の中には多くいるのですよ。好きな人が自分以外の人と付き合っても、自分を性欲の為の道具として扱ってくれても、私を少しでもみてくれるならかまわない、それすらかなわないなら死もいとわないという。
この価値観は一般では通用しません。

ttp://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%A9%E3%80%80wiki&lr=
Unknown (Unknown)
2007-06-15 00:09:41
原作を嫌いなのはわかりました。これからもアニメ版をすばらしい作品にするため頑張ってください。
  ( )
2007-06-15 00:23:48
なんの話しか知らないけど、こんな発言する奴に二度と仕事こないね。お疲れ様
Unknown (Unknown)
2007-06-15 00:33:09
監督の嗜好なんてどうでもいい。

作品に愛情とか熱意、
あとは創り上げる技術があれば面白くなるだろうし、
面白ければ正当な文句も出ないでしょう。

問題なのは、
「原作が嫌い」という根底を監督が払拭しきれず、
自分の主張を原作にぶつけることにばかり熱心で
作品の方向性を定め切れていない点です。

物語や演出を原作と変えるのは、
表現方法が違う以上仕方ないと思います。

それでも原作の「魅力」というのは、描けるはずです。それは物語の核であり、絶対に外してはいけない部分でしょう。

変えるなら「魅力」を残したまま、きちんと創りあげてください。
気に入らないからといって、意地になって自分の主張や解釈を押し付け破壊することは素人でも出来ます。

それが出来ないというのはただの「逃げ」です。
物語や設定、セリフの上辺だけを拾って、原作の何が「本質的な魅力」なのか、理解できるはずがありません。

原作の魅力を引き出せずして、アニメ化にする意図はどこにあると思うのですか。
何故その作品はアニメ化になったと思われたのですか。
話題性だけだとお考えですか。

原作に全くの魅力を感じなかった、とは言っていませんよね。自棄になって「嫌い」だということを強調しすぎです。

それで原作ファンを斬り捨てたところで、貴方の作品に対する取り組みが変わらなければ批判はついてまわりますよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 00:45:08
嫌いだったら、アニメ化なんてしないでください。本当に不愉快です。
つまりは、『原作のアイデアを盗み、ネームバリューを利用して、
「ぼくらの」ではない『俺の作品』をつくっちちゃうから、原作ファンは観なくていいよ』って開き直って、
鬼頭作品のファンに喧嘩売ってる以外の何ものでもないではないですか…。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 01:07:48
こういう発言は、放送が終わってからすれば良いでしょう?原作を知ってる人には、見ていれば解ることなんだから。逆に、原作を読んでない人にとっては関係ない話ですしね。
結局は話題づくりのためですか。

このアニメ結構良いかなと思ってたのに、監督がこんな姿勢だという事が解ってしまって、なんだかガッカリですよ。アニメは取り敢えず引き続き見ますけど、その度に監督の発言がチラついて素直に楽しめないかもしれませんよね。

ああ、やっぱりガッカリです。読まなきゃ良かった。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 01:18:41
原作を知らないでアニメを楽しく拝見していました。
感動的な作品を作られている監督さんが
こんなに思慮のない人だと思いませんでした。
オリジナル展開があるということですが
まったく期待できなくなりました。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 01:24:58

原作者鬼頭氏も読んでいるはずの板から。
http://6629.teacup.com/j3kudou/bbs

そう、おちついて。 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)00時48分55秒
森田さんのブログでの発言については、「原作は嫌い」という部分だけがクローズアップされてしまい、その前後の部分に書かれた森田さんの文章がぴょんと、無視されてます。そこまでよく読めば、原作者の鬼頭さんには、クリエイターとして、敬意と好意を示されつつ、真摯に、丁寧に自分なりの解釈や、原作とアニメ版との表現の違いなどを書かれています。ので、今回のことで、森田さんと鬼頭さんが仲悪くならないよう願ってます。

凹むわ 投稿者:ほくろの 投稿日:2007年 6月13日(水)05時48分29秒
「ぼくらの」監督、森田宏幸のブログにて原作ファンとしては許せない発言が
鬼頭先生はどのように思っているのでしょう?
なるたるといい、アニメ化に対する先生の意見を聞いてみたいものです

これはこれで (hum)
2007-06-15 01:27:44
 原作はどこか人間嫌いとか自己否定とかマイナスなニオイがプンプンしている作品だし、ここまで心理的に同調している監督というのもなんというか、鬼頭氏の方向性には惚れてるんだなぁとか思ったり。

 鬼頭氏も作品そのものは苦痛の中で書いているようなマゾっぽい匂いがある。
 絵を描くこととか作品にすることは好きで世界観も自在に思いつくものの、「作品を含む現実」を憎んでいるのは紛れもない事実であるように思え、製作姿勢として監督は超正しいかもと思った。

 そんなわけでアニメって見てなかったけど興味が湧いたね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 02:01:44
監督ほど空気読めない人は初めてですよw
よく今まで生きてこられましたね・・・。
Unknown ()
2007-06-15 02:04:47
大人の発言、行動とは思えないですね。

ファンの迷惑、スタッフの迷惑、etc・・・
な〜んにも考えてないですね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 02:14:44
嫌いだ云々はおいといて、
もう少しまともな書き方があったでしょうに。
こんな書き方をしたら荒れるのは当たり前。
いい大人なんだから、もっと先のことを考えて発言しましょうよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 03:00:09
>原作者鬼頭氏も読んでいるはずの板から。
タイムスタンプよく見ましょう。
>脊髄反射・・・ 投稿者:O 投稿日:2007年 6月13日(水)17時25分38秒
への一連レスが
>そう、おちついて。 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)00時48分55秒
ですよ。
意図的にマズそうな流れを演出したいのか、ただコピペしただけなのかは判りませんが、
一義的なミスリードを促すような引用は、あまり感心しませんね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 03:03:26
初めまして。監督には監督なりの考えがあって作っているだろう、と思い何も言わずぼくらの見てました。
作品を改変するのはありだとは思います。
しかし「原作が嫌い」というのを見てしまったので言わせていただきます。
今作ぼくらのはあなたのワガママによる「改悪」でとても酷い作品だと思います。
せめて作品が最終回を迎えてから発言していただきたかったですね。
うーん (Unknown)
2007-06-15 03:14:54
受け取り手が受け取り方を変えられるのも、漫画アニメ問わずエンタテインメントというものでは。
監督みたいに自分の考えを全て語り、方向を縛り付けることは、受け手を信用してないということではないかと。

ところで、監督は「原作を見てこう考えた」と自分の中の結論を語っておられますが、これを見ても原作側は「アニメを見てこう考えた」とは語れないですよね。
ただの喧嘩になりかねませんから。

先にも書きましたが、あなたは、途中で語ることで、本来受け手が考え消化すべきものを縛ってしまった。
この話は、せめて最終話の完結を待てなかったのでしょうか。
待てない理由があったのでしょうか。
無題 (Unknown)
2007-06-15 03:51:00
そもそも原作を改変する事の意味がわからん。
「原作を」「アニメ化」するのが監督の仕事だろうが。
誰が私情を挟めと言ったよ?ww
原作が気に入らないなら最初から仕事を受けないか
原作にインスパイアされたオリジナル作品を作れば
いいだけの話。
ガキじゃないんだから、ね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 04:14:56
>ガキじゃないんだから、ね。
ガキじゃないんんだったら
アニメ化に伴ういろーんな問題も判るよね♪
監督の私情だけで改変が決まる事では無い事も判るよね♪
変更点の批判なら判るが、変更がどうのとか、嫌なら仕事請けるなとか、
どんだけニートよ
はじめまして (Unknown)
2007-06-15 04:21:41
どうしても、批判のほうが耳に入ってしまうものです。

色々なことを言われてつい書いてしまったということだろうと思います。

批判というのは、心で受け止めるべきです。


反論すれば、醜いだけなのです。


応援してくれる人にだけ感謝をし、批判する人は軽く受け流し、次の作品の参考にすればいいんです。


原作を忠実に、より美しく再現するアニメもあります。
原作と違う世界観を映し出すアニメもあります。

どちらも間違いではありません。

「原作と違う」という意見は批判ですらありません。そんな意見は気にしないで頑張ってください。


監督の作品は面白いです。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 04:26:06
ここへ来たのはたまたまで、原作もアニメも見てない。この記事及びコメントは見たけど他は見てないので流れを十分に理解してるとはいえない。
その立場で。

 原作を改変することが悪いとは思わない。マンガとアニメ、その表現技法が違う以上、与えるイメージは変わるし、メディアによる制限、解釈の違い、等等変わるべき理由はいくらでもあるだろう。そもそも原作と全く同じだったら、ある意味つまらないとも言える。
 そしてそれが改善なのか改悪なのかは見る側の解釈しだい。全体の傾向といったものはあるかもしれないが、単純に良い悪いといえるものでもない。
 ただし原作というものがある以上、変えたものにはそれに対する責任がある。批判は当然あるだろう。それは受け止めねばならない。
 批判を黙って受け入れろ、反論するなと言っているわけではない。自分の解釈や改変に至った経緯等を語ってもらえれば、それは内部事情等を知らない読者には興味深い話になるだろう。
 ただ今回はあまりにやり方がマズい。「漫画はズルいな」ってのは言い訳がましいし、「大人の女性に(略)聞いてみてください」は一方的。唐突に宮崎駿を出してくるのは、強者を借りた自己弁護めいているし、「原作が嫌い」「原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください」にいたっては…。

 コメントを見ると、粘着質な原作ファンとのやり取りに疲れて切れてしまったようであり、それを念頭において読み返すと、なるほどと納得がいく感もある。ごく一部の人へ向けての鬱憤なのだろう。だが、それを考えてもやりすぎ。
 この文単体だと、原作者やファン(原作アニメ版ともに)へ傲慢で失礼な発言を繰り返すろくでなしにしか見えない。そういう読まれ方をする事のほうが多いだろう。そしてウェブで公開された文は消せない。もう少し慎重であるべきだったと思う。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 05:40:08
とりあえず一応会社員なんだから
DVDの売り上げ落ちる様な事わざわざ言ったら
責任問題になるって事ぐらい分からなかったのかな
余計な自己満足の為に一体いくらの損害が出たやら
Unknown (Unknown)
2007-06-15 05:54:12
がんばれ
Unknown (Unknown)
2007-06-15 05:56:53
ブログ・・・読まなければよかった。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 06:23:06
I’m Brazilian, therefore sorry for the poor English.

The reaction is almost the same outside Japan. I literary do not believe you don’t like the original story at all and your last commentary was not the best reaction for bloggers.

It's unfortunate to me, that like the original one, to see major modifications from the manga. But I'm not that against.

It was obvious changes would appear, especially in this storytelling. Every adaptation receives many critics, major part speaking about different levels of similarity as if this were the point to be discussed. You guys have really read original Blade, Cat-woman, Constantine, From Hell, Hellboy, Conan, etc., before speaking about movies adaptations? I know author-hierarchy structure is different but it’s still an adaptation, not just translation.

Script changing is a bit more radical than different interpretations, but anyway, that was permitted by the author, let it be. I’m writing all this just because some comments were too aggressive for the case… (but I’m also the one that like the original)

It won’t be much of your help but I have some expectations over the version (no more adaptation, maybe) of yours.

Do the best way you can. Sorry If I was too prolix, I hope success for you.
Unknown (Unknown)
2007-06-15 07:20:16
原作は原作、アニメはアニメと言うけれど…

それならば何故、オリジナルではなく別に生みの親がいる作品をアニメ化するのでしょう?
改変を行うにしても、原作の良さ魅力を知る人間がアニメ版なりのストーリーを膨らませていった方が良いのではないでしょうか

原作者が表現しようとしている肝の部分を蔑ろにするのでは”原作”をアニメ化しているのとは違うと思うのです。
アニメ版が”ぼくらの”のタイトルを持たず、”ぼくらの”からインスパイヤされた”別タイトル作品”っと言うことなら納得できたのですが
Unknown (Unknown)
2007-06-15 07:24:44
あなたの言いたい事もやろうとしてることも理解できなくはないのですが
それならば「ぼくらの」である必要がまったく無いように思えます
原作を無視するのであればタイトルを変えたらいかがですか?
これではアニメを見た人が原作を読んだとき、
原作を読んだ人がアニメを見たときにがっかりするのは目に見えてます
Unknown (2007-06-15 07:20:16と同じ人間です)
2007-06-15 07:38:22
漫画や小説をそのままアニメにする事が不可能なのは理解できます
しかし原作を嫌い、原作の肝を理解してない人間が監督を引き受けられるのは本当に商業的な付き合いからのみ担当が回ってきたような印象を受けて残念でなりません
Unknown (Unknown)
2007-06-15 07:42:23
ただただ一言

監督だから「原作ファンの人はアニメは見るな」なんて言ってもいいなんて思わないでください。監督という地位を勘違いした、ただの思い上がりです。
監督以外のスタッフの方々、出演されてる方々、ほとんどみな「アニメを見て欲しい」と、それぞれの理由で思っているはずです。
+アニメを見る、見ないは視聴者の自由です。
どういう理由であれ「見るな」という結論を出してしまうなら「作るな」と言いたい。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 09:07:34
ここまでハッキリ言えるのは凄いことだと感心しました。
原作をなぞるだけがアニメというものでは無いと思うので頑張ってください
Unknown (Unknown)
2007-06-15 09:09:29
私も原作の一部分が嫌いなので改変された物語に興味があります。
賛否両論でしょうけど、個人的には楽しみ。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 09:36:24
はじめまして。
掲示板に貼り付けられていたところから初めて来たのですが・・。

率直に、今回の発言とても残念です。

というのも、私はまだ原作を読んでいません。そして、アニメ版を毎週楽しみにしている1人だったからです。

ストーリー展開が違うという話を聞いていたので、別物として楽しむためにアニメが終わってから読もうと思っていました。また、アニメ放送から「ぼくらの」を知ったのですから、真っ白な気持ちで最後まで楽しみたかったからです。


正直、こんな騒動を見せつけられると来週からは、色眼鏡をかけて今週までと同じように純粋に楽しめないのではないか、という気がしています。少なくとも「マキ」編に関しては、監督が放送前から核の見落としを認めてしまっているわけですから、楽しみには出来ないでしょう。

アニメ版では、「(作中の)子供を助けたい」、「(現実の)子供を勇気づけたい」という発言から夢や希望という要素を大事にしたい、というようなニュアンスを感じたのですが、そういうことを主張したいならば、視聴者の夢を壊すような発言はやめていただきたかった。

また、少し話の置き換えになりますが、「漫画は脳内補完が可能なのでズルイ」とおっしゃってますが、批判に対して監督が無言を貫いていれば、視聴者は脳内補完によって、「監督の意図や哲学」を補完によってくみ取ろうとするものです。その可能性はすでに失われましたが。

今回のような発言を放送中にすることによって、私のように純粋にアニメをアニメとして楽しんでいたファンをも裏切った事になっているかもしれないということを、忘れないでください。
Bahamut (Unknown)
2007-06-15 10:32:35
At least you're being honest about it. It's ok. It's more interesting to see a different version of the story than the same exact version.
Unknown (William I. Ferro)
2007-06-15 10:46:10
I’m sorry to write in English, but Portuguese would be worse to be read in posting here, in Japanese domain.

I agree with some of you guys, and believe so too. But I’m not in the same position as yours. As it is based on the original, what is going to be demanded and expected is obvious, the fidelity. Part of attraction the product has is the existence of original and its fans.

But it’s also true you guys who live in Japan should have more knowledge of examples of manga adaptations that is too far from the original.

Violent and polemic content of Bokurano is an easy target to be changed, isn’t it? ... Evidently cutting out the violent fragments is different.

So, you have a point. But, in speaking about quality as an adaptation, I’m more likely to argue about anime version of Romeo and Juliet or drama version of Hana yori Dango…

Well, sorry, I’ve changed the subject; I intended to say this does not “worth” all this discussion, mainly all these unilateral critics… How can I say, it’s obvious there is no apparent reason in changing the story and call itself The Story. It’s lamentable for fans (I’m one of them), and that’s all.

Maybe the real arguing point is the personal way director said he was directing anime version. To announce he dislike the original manga was impolite, and furthermore to say he has loose, in a way, to apologize himself, although it can be just superficially or not seriously, was not convincing…

I was also discontent with the situation, but all I could say, you guys have already said, and over-said. I just definitely do not want to see an unmotivated director to produce whatever it come to be just to finish doing it. If he decided to do it, and in his way, so do it the best way he can, so that I will watch it!

The director requesting Bokurano not to be seen was an unfortunate response, for sure. All the sponsors and staff would want it watched.

But, firstly, it was directed to people who continuously post here (minority of audience) and the number of people who will actually stop watching it is very low. Secondly, the whole staff may be conscientious of the case. Director, alter all, is a leader character. We can’t also forget polemic guides curiosity (audience). Hehe.

I let it clear, I wanted to see the manga moving in the screen. But as it’s not going to be as it is wanted, I’ll wait for the manga to be published until the end so that I can follow the author’s own concept ideas. The anime version, I wanna see too, after all, it’s based on manga I like. And as I know the director’s position, I’ll expect to see how director managed to finish this plot… I just hope it doesn’t go to fit itself within mainstream anime series.

That’s all.
Unknown (Unknown)
2007-06-15 11:12:21
ブラボー。 外人さんたちの言うことやUnknown (Unknown) 2007-06-15 09:36:24 さんの言うことに同感です。 
Unknown (Unknown)
2007-06-15 11:14:48
It is a very good remark, but should speak because, however, it is Japan here after translating it at least

If it is a reverse viewpoint, you will understand our feeling
失礼 (Unknown)
2007-06-15 11:21:49
==========
Unknown (Unknown)

2007-06-15 03:00:09

>原作者鬼頭氏も読んでいるはずの板から。
タイムスタンプよく見ましょう。
>脊髄反射・・・ 投稿者:O 投稿日:2007年 6月13日(水)17時25分38秒
への一連レスが
>そう、おちついて。 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)00時48分55秒
ですよ。
意図的にマズそうな流れを演出したいのか、ただコピペしただけなのかは判りませんが、
一義的なミスリードを促すような引用は、あまり感心しませんね。
==========

すいません、ただのコピペです。伝えたかったのは「だいじょうぶ」氏の意見(以下、再添付)でした。たしかに一般に人は上から下に読むことを思えば「ミスリード」を意図したように見えてしまいますね。気をつけます。

==========

そう、おちついて。 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)00時48分55秒
森田さんのブログでの発言については、「原作は嫌い」という部分だけがクローズアップされてしまい、その前後の部分に書かれた森田さんの文章がぴょんと、無視されてます。そこまでよく読めば、原作者の鬼頭さんには、クリエイターとして、敬意と好意を示されつつ、真摯に、丁寧に自分なりの解釈や、原作とアニメ版との表現の違いなどを書かれています。ので、今回のことで、森田さんと鬼頭さんが仲悪くならないよう願ってます。

Unknown (Unknown)
2007-06-15 11:23:51
作品の表現には色々な形があると思うし
そういう少し攻撃的な考え方もまぁアリだとは思う。

でも少なくとも今回は原作者の先生がいて
そのアイディアありきでやってるんだから
部分的に否定的な場所はあってもいいと思うけど
「嫌い」という言葉で片付けてしまうのは間違っていると思う。
もし本当に嫌いなら”ぼくらの”という作品をアニメ化ではなく、
自分ではじめから納得のいく作品を書けばいい。

ただ、今までの内容は個人的にはあまり嫌いじゃないし
だからこそ思うのは、こうして騒ぎにまでして監督が考えを述べるべきではないです。
さまざまな視点からの解釈もあると思うし、それは視聴者に任せてほしかった。
こうして監督本人がしゃべってしまうことによって、作品が多面的に解釈できず、とてももったいないと思う。
私自身も原作とまったく同じではつまらないと思うけれど
自分が嫌いと思っている作品(原作だけとはいえ)が人に理解されるのはとても難しいしどうしても作りは雑になってしまうように感じました。
個人的な主観にとらわれて全体的に一方的なメッセージしか伝わらなくなっています。
何度も言いますが、もったいない。

まぁそれでも、ここまでの騒ぎにしたからには
きちんとした納得できるラストであることを期待していますのでがんばってください。

後、余談ですが正直猫の恩返しはとてもとてもつまらなかったです。
全体を通して色々詰め込みすぎの上にお約束だったし、絵も雑。松竹で毎年正月にあるアニメ映画よりもお粗末な作りに感じました。
まぁ散々言われてきているとは思うし、いつか一言言いたいと思っていたのでスッキリ。では。
Unknown (Shi)
2007-06-15 11:28:55
>アニメーション版「ぼくらの」の監督は原作が嫌いです。原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。

原作を好きな人が、全て同じ部分にだけ魅力を感じているとでもお思いなんでしょうか?
それとも監督さんは、原作とそれを好きな全ての人の嗜好を完璧に読みきっていて、それら全部をアニメでは排除できると豪語されるのでしょうか?
それは少しばかり思い上がり、また自分の発言に酔っているように見受けられます。
単に監督さんが受け入れられない部分については今後もアニメでは取り上げない、というだけでのことです。

監督さんの発言は監督さんだけのものではなく、それに関る全てのスタッフたちの総意と見なされることもあります。
にも関らず、ご自分では自身の立場や影響力に見合った発言ができないのでしたら、これからはブログにアップする前にスタッフたちの検閲を受けるといいと思います。
もし好き勝手言いたいのであれば、自分のプライベートを一切排除した暴言ブログを立ち上げればよろしいかと。
xdcc (DSJ)
2007-06-15 11:42:35
If you feel you can make a better story than the original, then go for it :)
Unknown (イヌ)
2007-06-15 11:50:04
このブログを読むのはこの記事が初めてです。

ナカマ篇、見ました。
僕は原作はまだ第二巻までしか読んでないのですが、10話ではずいぶん必要なところがざっくり斬られてるなぁと感じていました。

ただTVアニメと漫画では、言葉や表現の限界に差異があるものですし、クールという尺の関係もあります。
多少原作の大切(と思うところ)を切り崩すのは、仕方ないこと(とても残念だけど)なのかなぁと思っていました。
もともと忠実に再現することは望んでいませんし(それでもナカマ篇のは残念でしたが)。

しかし事はそういう単純なものではなかったんですね。


僕は、難しいですが、原作者の許す限り色々改変して行っていいと思います。
ワク篇やコダマ篇、早い段階での国からの大人派遣などはアニメのほうが好きですよ。


ただ一度アニメとして世に出た部分は、二度と作り直されることはない、だからこそ重要なところを切り落とすのはやめてほしいという感情があるのも事実です。
原作は嫌いだなんて、そういう感情を逆なでする発言は、少なくとも放送が終わるまでは慎むべきだったんじゃないかな、と思います。
ユーザーを見下さないでもらいたい (神谷正一)
2007-06-15 11:51:02
自分の意見や意志を持つのは大事でしょう。
原作とは違う切り口をというのも頷けます。
それが原作で「納得がいかない点があるから」というのも何ら問題ないと思います。
別のメディアで再構成するわけですから、原作をそのままトレースしないでいきたい、というのはむしろ評価したいです。

しかし、この発言はないでしょう。

自分の『立場』を理解していますか?
監督を務めている以上、責任があります。
言葉一つ一つに、重大な『重み』『責任』があるのです。
迂闊な言葉を、このような場で安易に発するべきではありません。

貴方の発言が作品に関わる全てのスタッフの評判に繋がるのです。
上に立つ者としての責任を全く考えない、あまりに安易な発言。
そんなものは身内の酒の席でしてもらいたい。

原作関係なく、純粋にアニメーション版だけを楽しんでいた私としてはとても悲しい話です。
原作とアニメが違う?
そんなの些細な事。違うなら、どういう新しい切り口を見せてくれるか。
私はそれが楽しみなのですが。

貴方は原作だけでなく、視聴者をも上からの目線で馬鹿にしているのです。
「自分の考えを評価できない者は、所詮そこまでだ」
そういう芸術家気取りの脳内構造がありありと見えるようです。

上に立っていると自覚しているのなら、言葉を選んでいただきたい。
『嫌い』という攻撃的言葉ではなく『違う解釈を持っていて、それで作品を作りたい』で充分事足りたでしょう。

『原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください』。

前後に『書きたくないことを…』などの逃げ口上を添えておられますが。
貴方は要はこれが一番言いたいのでしょう。

続きは見ますよ、アニメ版。
原作はさておき。
どれほどのものを見せてくれるのか。

最後に一言。
「ここで辞めるなんで言うなよ。
 あれだけ原作を罵倒しといて、いざとなったら原作に負けるのが怖いか!」
Unknown (William I. Ferro)
2007-06-15 11:54:59
すみません。今まで英語で書いた人です。一様日本語パソコンで書けるみたいです。ヘヘ。まだ見習いなので解読は見逃してください。次からがんばります!
Unknown (Unknown)
2007-06-15 12:35:15
原作が嫌いなのは個人の思いなのでいいんでしょうが、
一度引き受けた仕事をそうゆう風に言うのはどうでしょうか。
仕事だしと思うなら公の場で好き嫌いを言わず仕事に徹し、
それが嫌なら自ら作ればいいのでは?
それに好きや嫌いという簡単な言葉で片付けれる
ような位置なのでしょうか、監督は。
発言にきちんと責任感をもって
原作を超えれるアニメにしてほしいです。
期待はしてませんが。
Unknown (tt)
2007-06-15 13:46:47
個人的に「ぼくらの。」っては批判や非難、嫌悪って感情が似合う作品だなって感じていて、もしかしたら、そういう感情を起こさせ、議論させ、そして広がっていく作品なのでは?なんて勝手に思ってたりもしています。
監督さんの発言やスタンス、コメント欄の意見にしろ何にしろ色々みて「ぼくらの。」って作品を取り巻く人達の反応としては結構正しいものなんじゃないかって思います。原作とアニメがガチでぶつかりあっているような雰囲気も嫌いじゃないです。
もしかしたら、色んな発言をみていって「ぼくらの。」をみるのが嫌になるかも、と思っていましたがそういう感じにはならなかったし、色んな考えがあるんだな、と思えたので監督さんの発言は問題提起としてはよかったのではないでしょうか?
ただ、それと作品がおもしろいかどうかは別ですが。
Unknown (一視聴者として)
2007-06-15 13:52:52
素晴らしい見識です。

これは、一般視聴者を見下す可能性もあります。
が、正直、自分もそうかもしれませんが
最近の一般視聴者は「思い上がりすぎ」です。
見下されて丁度いいていどの存在です。
匿名だから責任も無く、好きなようにネットで書き放題。
所詮視聴者なのに、限定された情報を鵜呑みにして
こうであるべきだという暴論の数々。
上のコメントにも多いことでしょう。

監督に「責任ある立場として発言はどうでしょう」という
意見が出るでしょう。誰もが感じる事が出来、
書くことが出来ます。

しかし、それを書く側が「一般視聴者の分際で、自分は
何様のつもりで書いているのか。
自分の意見は、本当に無責任な空論ではないのか」
という自省を持ちつつ書いているのか?
おそらく、ほとんど皆無です。

最近、本当に「言うだけならタダだな」という
書き込みの暴論が増え、苦々しい思いでいたので、
こういうケースには喝采を送りたい。いい機会です。
視聴者は、嫌なら見なければいいのです。

嫌な部分も、納得できるいいものに作りたいという
監督の苦労は分かります。これからも頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 14:20:39
嫌なら見なければいい。
 それは同時に
文句を言いたければ言えばいい。

匿名だから責任も無く、好きなようにネットで書き放題。
 それまた同時に
監督という立場で責任もあるのに、好きなようにネットで書き放題。

投稿の暴論が苦々しい。
監督の暴言には喝采を。

実際の所、どっちもどっちじゃね?

暴言という先制攻撃を世間にした段階で批評・非難の雨あられは監督も覚悟されてたんだろうし。
それを非難するのは無理があるし、本人も納得してると思うんだ。

監督が今後どう動くか、だと思うけど。

掲示板の愚痴で返すか。
見事な作品完成度で返すか。

当然後者だと信じてる。
本人も言ってたでしょ。
「日本のアニメーションの歴史の新たなページに刻まれる、
野心に満ちた作品を作りたいです」
って。
Unknown (なつ)
2007-06-15 15:15:43
ぼくらの、って、子供達に突きつけられた「死」という初めてで最大のリアルがあって、そこから派生していく話なんじゃないのかなぁと感じています。
それに直面して、そこから生まれる話だからこそここまでファンの多い作品になっているのだと思います。
つまり大原則が「死」であるわけで、そこで子供達を救ってしまえば、リアルさのかけらもない、ただのフィクション・ファンタジーに成り下がってしまうのではないかと思います。
この次の記事にあるように、監督がリアルさに何かしらの拘りを持っているのであれば、違う人に作っていただきたいと切に思います。

原作は未読ですが、原作ファンの方の言い分もよくわかります。
Unknown (ポンタくん)
2007-06-15 15:24:14
こんにちは。はじめまして。

森田さんに考えて欲しいこと。

例えば、森田さんが好きな小説or漫画がアニメ化or映画化されたとしてそれを見る時、どんな理由で見るのかを考えて欲しい。
原作を知っていて、大筋のストーリを知っているのにも関わらず見る理由を。
クリエイター視点ではなく、その原作の1ファンとして考えてみて欲しい。

私がアニメ版「ぼくらの」を見る理由は、漫画という限定された表現方法でさえおもしろいのに
好きなキャラクタが話し(音声付き)
好きなキャラクタが動き(アニメーション)
好きなシーンが音楽付きで表現されたらどうなるのだろう、とwktkしてます。

何が言いたいかというと、「見るな」と言われても見ちゃうので悔しいですw
他人の褌で相撲をとるのは難しいとは思いますが、がんばってください。


PS
森田さんに対して「なんで原作付きをアニメ化するんだ。オリジナルでやれ」といったコメントが目につきますが森田さんのスタッフの起承転結という題名のログを見るとなんとなくその理由が想像できます。
森田さん自ら「0から何かを生み出す想像力は乏しいが、用意されたパーツを組み合わせて何かを生み出すのは得意」といったようなことを言われてます。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 15:30:21
重箱の隅をつつくようですみませんが至上命題は頻出の誤用日本語ですよ。
Unknown (ひつじ)
2007-06-15 15:45:57
原作はチラ見するくらいですが、
監督が熱い思いで作っているのは感じました。

このまま作者とぶつかりあって
新しいものを生み出す気概で頑張ってくださいね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 17:04:26
なぜ最近のクリエイターはこうも
「余計なおしゃべり」をするのか

物作る人間なら作品内で全てを語ればいい

作品以上に話を聞きたい、取材したいという人が
現れたときに、その人に対して語るべきでしょう
それが「プロ」じゃないかと思います。

作品を作り手が作品以外で語る行為は
作家の自信と覚悟の足りなさが見てとれてしまう
という誤解も招く行為です
それがどれだけ「作品だけ」を楽しもうとする
お客様を不愉快な想いにさせるのか、
もう少し考えていただきたい。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 17:29:09
ほかの人からもありましたが・・
鬼頭氏のブログ(にあたるBBS)から
http://6629.teacup.com/j3kudou/bbs

そう、おちついて。 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)00時48分55秒
森田さんのブログでの発言については、「原作は嫌い」という部分だけがクローズアップされてしまい、その前後の部分に書かれた森田さんの文章がぴょんと、無視されてます。そこまでよく読めば、原作者の鬼頭さんには、クリエイターとして、敬意と好意を示されつつ、真摯に、丁寧に自分なりの解釈や、原作とアニメ版との表現の違いなどを書かれています。ので、今回のことで、森田さんと鬼頭さんが仲悪くならないよう願ってます。

--------------------------------------------------------------------------------

違うのでは・・・ 投稿者:? 投稿日:2007年 6月15日(金)16時23分28秒
原作が嫌いってのではなくて

>今後、原作にある魅力がアニメーション版で展開されることは期待できません。
>だから、原作ファンの方々は、今後アニメーション版を見ないでください。

って方じゃないの?
あと、
>原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。

って・・・認めちゃってるし

--------------------------------------------------------------------------------

(無題) 投稿者:だいじょうぶ 投稿日:2007年 6月15日(金)17時19分28秒

>って方じゃないの?

そこの部分をいってる人もいますね。やはり、ネットでは様々な人が目にすることを思えば、森田監督のブログがあんなに炎上してしまったのは必然かと思います。

>>原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。
>って・・・認めちゃってるし

そう、あれも配慮が欠いた発言だったとは思います。

ただ、森田監督が、個人的に、原作の中で、好きなところを、そうでないところを、
アニメ版の内容に反映させているのは「あり」だと思ってます。

アニメ版開始時にあった「もうひとつの結末」というキャッチコピーにみられるように「原作をもとにしたアニメ」「漫画を原作というより、原案にした、パラレルな世界でのアニメ」くらいの解釈で鑑賞できれば、原作ファンも熱くなったりしなくて済んだのでしょうが。原作者の鬼頭さんが、森田さんとお話しをして、森田さんがアニメ版の監督を担当することを承認した時点で、外野は一定の距離と礼節をもって、アニメ版を鑑賞できたらよかったのではないかと。熱烈な原作ファンの気持ちを思えば「原作はきらい」という部分に過敏に反応してしまったように感じました。

現在、森田監督も静観の構えですが、森田監督のブログは近日、閉鎖せざるを得ないと予想しています。もう収拾がつかない状態ですし。監督とファンとの貴重なコミュニケーションの場であっただけに残念です。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 17:33:18
親会社のGDHが赤字で利益率の高い「原作物アニメ」へシフトしていくのが今期この会社の方針とGDH関係の情報で知りました
つまり、既に評価されファンが存在する原作に頼ってアニメを作り儲けようという事です

会社の歯車として社の方針に従わざる負えない不本意な原作物のアニメ化だったのかもしれませんが、オリジナルが市場に受け入れられず赤字になり、結果原作物アニメを手掛けなければならなくなったのなら、何故原作物の利益率が高いのかを考えて原作の良さを生かした改変を行うべきだったのではないでしょうか
Unknown (Unknown)
2007-06-15 17:42:07
>会社の歯車として社の方針に従わざる負えない不本意な原作物のアニメ化だったのかもしれませんが、オリジナルが市場に受け入れられず赤字になり、結果原作物アニメを手掛けなければならなくなったのなら、何故原作物の利益率が高いのかを考えて原作の良さを生かした改変を行うべきだったのではないでしょうか

→正論です。まったく同感。

 ただ、森田監督としての見識で「こちらの方がよい」と思った「改変」をしているのだという、好意的な解釈も成り立つか。


Unknown (Unknown)
2007-06-15 18:29:31
>なぜ最近のクリエイターはこうも
>「余計なおしゃべり」をするのか
それは、喋れない人は集団作業の監督は出来ないからです。
余計な事を言うぐらいでないと、監督はやっていけません。
スタッフに監督の意図を伝えなくてはならないからです。

監督のBlogは、スタッフ・関係者ぐらいしか聞けない話で面白かったです。
炎上する前は、スタッフとやり取りしないような手法で話されていましたし。
面白く読んでた人は、それが判っていたのだと思います。

一部の熱心なファンからは言い訳にしか見えなかったのでしょうね。
残念な事です。


プロとか作品とか責任とか、的外れな学生論を真顔で書いている人が多かったですが、
落ち着いてきたのか、荒しに対してビジネスや契約、業界等、少しは勉強しましょうってコメントも見え隠れしてきましたね。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 18:32:05
>なぜ最近のクリエイターはこうも
追記、
時代を遡れば遡るほど、クリエイターのコメントが少ないのは、
単純に露出するメディアの差です。

ですから、クリエイターが露出するメディアが無かった時代は、
作品に関して、丸々解説する書物等もありました。

映像に関しては、各種、映像論や手法の書物もあります。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 20:00:51
>ただ、森田監督としての見識で「こちらの方がよい」と思った「改変」をしているのだという、好意的な解釈も成り立つか。

森田監督の発言をみるに監督なりに面白い作品を作る意気込みを読み取れるのは確かですが、このアニメの場合その発言からも「原作の何が面白いのか理解できないから改変する」と言った意図があるように感じられます

「オリジナル作品が市場に受け入れなかったので会社存続の為に利益が期待できる原作物を手掛けた」
社会人の事情としてこれは仕方のない事かもしれません
しかしそれでは儲けの対象として選ばれた原作ファンの立場はどうなのでしょうか
熱心な原作ファンから落とされる利益を当てにしながら、その実内容は見向きもされなかったオリジナル作品のスタッフなりのリベンジ(失礼な見方だと思いますが)

アニメはアニメなりの演出が必要だとは思います
当然原作とは違ったアニメの為の改変も必要です
しかし「原作はアニメ化にあたり一定の利益を保証する為だけの物」ではないと思うのです
Unknown (Unknown)
2007-06-15 20:02:05
>単純に露出するメディアの差です

誰にも頼まれていないのに
自分から裏側をブログなどで露出するのは
どうなのかという
製作者としてのモラルの問題はどう思いますか?

しかも何も知らない(知らなくてもいい)
一般のお客様が観てしまうかもしれないという場所で。

そういう愚痴や裏話は知り合い同士の酒の席でやれと
上のほうにありましたが、まさにその通りかと。

>作品に関して、丸々解説する書物等もありました。
>映像に関しては、各種、映像論や手法の書物もあります

言葉が足りずに大変申し訳ありません
現在進行中の自分の作品を自分で
語って欲しくないってだけです。
楽しんで観てくれてるお客様や、
頑張ってるスタッフ
そして作品のためにも。

で、完結した作品に関しては問題ないのではないかと。
的外れな学生論ですかね?

まあ一方的な価値観の押し付けでしかないと
承知してますが
同じクリエイティブな仕事してる身として
読んでいて、どうにも我慢できずに
あえて書き込ませていただきました。

「ぼくらの」製作頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 21:12:38
>>プロとか作品とか責任とか、的外れな学生論を真顔で書いている人が多かったですが、
落ち着いてきたのか、荒しに対してビジネスや契約、業界等、少しは勉強しましょうってコメントも見え隠れしてきましたね。

子どもらしい批判も確かにありますが、大人目線のわかったような言葉で語るのも同じレベルの醜悪さでしょう。
それとも「自分だけは違う」?
これだけの荒れようですから、今更という感じもありますが、スポンサー云々はさすがにズレすぎ。

それに「ぼくらの」の子どもたちの物語でしょう。
子どもを切り捨ててどうするんですか。

いつまで放置なのかなココ。
Unknown (Unknown)
2007-06-15 22:08:09
監督という人種が雄弁であるべき、という意見には、基本的に同意するけど、なんか論点がずれているように思う。
自分が関わってる作品の総責任者が上記のような発言をしていて、かつ、一般に公開されていたら...俺だったら、少なからずやる気を失う。この監督のコメントを読んで得をする人はいったい誰なんだ?
Unknown (Unknown)
2007-06-15 22:21:32
原作の素材を借りるだけ借りて後は好きにやりたいなんてどれだけ餓鬼なのかと。
オリジナルがやりたいのであれば会社を説得するなり金や人を自分で集めるなり幾らでもやりようはあるでしょ。
結局、今の監督の立場は捨てたくないけど自由にさせてほしいってことですか?
Unknown (Unknown)
2007-06-15 22:27:30
監督が原作を嫌いで改変を加えたとしても、結果として面白いものを作れていたら原作ファンもある程度納得したはず
問題は「アニメ版ぼくらの」が作品としてちっとも面白くないことじゃないかな
Unknown (Unknown)
2007-06-16 00:32:07
>私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、
>原作を手にした最初だけで、
>仕事を引き受けた以降はそれはまったく関係ないです

なんか矛盾してませんか?
仕事を引き受けた以降、そうした「嫌い」という感情が全く関係ないと言うなら、なぜ「ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認め」るのですか?
仕事を引き受けて以降、原作に対して何の感情も持たないなら、「ある意味悪意をもって改変」することもないはずでは?
その「ある意味での悪意」はどこから来ているのですか?
正直、この記事を読んだ限りでは、森田監督にとっての悪意とは、感情的な悪意だとしか読み取れません。
よって、感情は切り離していると言われても、どうにも納得しがたいのです。
最後の文にも、「私は原作が嫌い」だから、「原作での魅力はアニメーションで期待しないでください」と書かれている。
原作が嫌いという感情が、製作されたアニメーションに影響を及ぼしているという風に書いておられます。
そういう意図がなくても、これでは誤解を招きます(前後の文を含めて)。

最後に。
私は、少なくともこのような話は、製作サイドとしては墓の中まで持っていくのが礼儀と考えます。
何故なのかは、原作者や映像を製作しているスタッフの皆さんの顔を思い浮かべればお分かりになるかと存じます。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 00:46:14
全てのアニメ監督に対して思います。
原作のあるアニメを作らないで下さい。
細かい理屈とかお金とかどうでもいいので心からそう思います。
お願いします。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 00:52:32
なるほど、ベースを同じにしてまったく違うものを作ろうとしているわけですか。
目玉焼きと卵焼きの関係ですね。
面白そうだから、私はもう少し見守らせてもらいます。
すべてはこれからの貴方次第がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 01:26:04
>目玉焼きと卵焼きの関係ですね。

それは違うのではないかと
それら料理のベースは「生卵」です
「ぼくらの」で生卵に該当するのは「子供」でしょう
そして「子供の死を肯定する調理」にそのレシピを考案したシェフが名付けた料理名が「ぼくらの」です

メニューには「ぼくらの」と記載されています
その料理を知るお客がその「ぼくらの」を注文しました
しかしその料理は料理方法に至るまで「ぼくらの」とは違ったものでした
料理人が「ぼくらの」が嫌いだったので全く違う料理にしてしまったのです

何故元の料理が嫌いで全く違う調理をしたのに「ぼくらの」を名乗っているのでしょう?

それは「ぼくらの」を食べたがるお客から注文を取りたいから、オリジナルでは誰も食べてくれずお店が倒産してしまうかもしれないからです

生きていく為には仕方がないと思いながら、嫌いな料理を名乗り続けるのです
Unknown (Unknown)
2007-06-16 01:45:30
原作好きじゃねーけど
売れるからこのジャンルで書くか。
みたいな大手サークルの同人誌?
要するに原作の名前だけつかった二次創作でしょ?
Unknown (Unknown)
2007-06-16 02:10:59
自分は監督は原作ファンで、好き過ぎて原作と同じ物は作れなかったのかと
思っていたがそうじゃないと知ってびっくりしました

ところで原作は重い軽いの話ではなく、シュールな話なのだと思っています
Unknown (Unknown)
2007-06-16 02:14:50
趣味で作る同人活動は違うと思いますよ

赤字穴埋めの為のGDHの方針として原作ファンからの売上げが見込める「利益率の高い原作物のアニメ化」があるわけですから
Unknown (ゆきかぜ)
2007-06-16 02:57:25
うーん。そこまでして作家性を付与しようとすることもないんじゃないですかね?

だって「原作が人気があるからその作品のファン、もしくは潜在的ファンを掘り起こすためのアニメ化」
マーケティングってそういうものでしょう。

仕事でしているんだから、ちゃんと求められたことはやらなくちゃ。
何様?

誰が金出してると思ってんのかね。
Unknown (ちよ)
2007-06-16 05:16:57
別に監督がぼくらのの原作が嫌いでも全然良いと思います。私も原作の好きな部分こそあれ、嫌いな部分が大半ですから。
それに「嫌い」という言葉は決して原作を侮辱してるとか、つまらないと言ってる訳ではないと思ってますので。
ただ、だからと言って、原作が嫌いだとか、原作ファンの方々は今後アニメーション版を見ないでくださいなんてコメントを誰もが見れるブログに書く必要があるだろうか。
それも放映途中に。
1人で全てを作ってるならまだしも、他の色々な方々に協力してもらって1つの作品を作ってるのに、こんな事言ってしまっていいんでしょうか。
自分の中に留めておけず、つい、勢いで書いてしまったんだと思いますが、軽率すぎると思います。
個人的には、監督が自分と同じく原作が嫌いだと知って、どう終わらせるんだろうと今まで以上に気になりました。
これからも頑張ってください。期待しています。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 06:09:40
監督さん自身への興味としては何を思ってこの仕事をお引き受けになったのかが一番気になりますね
少なくとも”ぼくらの”という作品を気に入られているから、という訳では無く、むしろ子供に対する酷い仕打ちが主幹になっている作品である事を嫌悪されているように見受けられます

わざわざ”ぼくらの”という他人が作った料理のアレンジを買って出て味付けの基本部分から変えようとする
本当、自分には理解し難い行為です

それとも会社の都合で回されてきた嫌な作品・仕事なので”ぼくらの”の名前だけ借りてお金を客に落としてもらい、ある程度利益を保証された環境で、オリジナルとしては勝負できない好きな話をやりたいだけなのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-06-16 08:28:58
初めて読んだ記事がこれだったので
『うへぇ 何言ってんだこの人は!?大丈夫か!?』と思ったけど
落ち着いて過去の日記から読み返してみると、面白いと思いますよ このブログ

ここまで視聴者目線に降りて書いてもらえる機会なんてないですもん
(私は視聴者=提供されている側だと思っているので、敢えて『降りる』という表現をさせていただきます 評価する立場を考慮すれば不適切かもしれませんがお許しくださいね)

私は原作を知らないままアニメ版ぼくらのを楽しませていただいてますが

というのも、原作への思い入れが先に来るとどうしても『自分のイメージと違う!!内容が端折られてる!!』ってイヤになりがちなんですよね
たとえば声優さんやOP曲一個一個に対してさえも
だから原作が大好きな漫画のアニメ化を観たことはほとんどないですw
原作を愛している方々の気持ちも解るので、批判は仕方ないことかもなぁと

アニメ版ぼくらの はとても好きなので、全て終わってから原作を読んでみたいと思っています

ここから先、果たしてアニメ版ぼくらのがどうなっていくのか益々興味深いですよw
Unknown (Unknown)
2007-06-16 08:29:12
ここまで神経質になって、原作嫌いでしたと言ってしまうなら監督降りたほうがいいんではないでしょうか?
そのほうが視聴者と監督と作品のためになるかと思います
Unknown (Unknown)
2007-06-16 13:19:57
原作途中から読まなくなった。
アニメ見てない。
そういう状況ではあるが、コレはないよなぁ〜。
「原作が嫌い」とか書かないで、「原作に納得いかない部分もある」とか大人対応するべきでは?
それと、女性心理の上っ面だけ論じて賢ぶるのはやめようね。
無題 (CAINA ARE DEAD)
2007-06-16 13:42:21
原作者を恨み憎みながら原作者の知的所有物を利益目的で改変しただけでなく、幾多の芸能プロダクション各所属の忌まわしい枕性優・芸NO人を色んなコネで原作アニメの配役に起用した時点でこのアニメのスタッフ共は創価学会や統一教会などのマモン系拝金主義諸宗教に熱心に信仰した日本人を詐称し、金儲けのためなら手段を選ばない汚穢卑賤民族大日本人こと悪徳人種大華夏人だ。支那本土か朝鮮半島へ逝け!
Unknown (Unknown)
2007-06-16 15:06:22
原作もアニメも嫌いじゃないんですがどうもあなた(森田)の言っていることでアニメの印象が悪いです

原作自体を否定しているのはどうかと
それは原作者にもですが
原作のファンの人たちにも大変失礼ですしね
あなたがこの作品が嫌いなのは別に良いのですが
それを理由にしてなんでもかんでもやってしまうのはのはちょっと駄目ですね
最悪の結果にならないよう、祈っています

Unknown (Unknown)
2007-06-16 15:55:21
原作よりは、アニメ版の方が、一般向けに「アレンジ」されていて、また、アニメとしても、おもしろいと思います。 

私は、原作も、アニメも、両方を楽しんでます。原作には原作の、アニメ版にはアニメ版のおもしろさがあると思います。

ですから、受け手も、個人として楽しめる方の作品で、楽しんだらいいのではないかな。

私は両方を楽しんでるので、得した気分です。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 17:49:14
私は原作も読みつつ、アニメも毎週楽しみに見させてもらってます。
また将来、監督と同じような仕事につけることを夢見つつ日々勉強しています。


今回の記事を読ませていただいて「何も放映中だというのに、しかも毎週楽しみにしている視聴者が見ているブログというのにぶっちゃけすぎだ」と思いました。
今まで、「原作と違う」とかコメントをよく目にしましたが(私自信原作も愛読させてもらっています)「アニメはアニメなりのよさがある」と思ってました。
だけど、監督 この「ぼくらの」というアニメを作成する中のトップであり指揮官である人間がここまで弱音を吐くのはどうかと思います。
確かに監督ということでものすごいプレッシャーとか私たちから見ればわからない部分をものすごく抱え込んでいると思いますが、このような「投げやり」的な文章を書くと今後アニメを見ても「ああ、投げやり的な気持ちで作ってるのか」と思ってしまいます。
もう少し文章を書く上で言葉を選ぶべきだったと思います。
あと、このような記事を読んでしまった視聴者以外にスタッフ・声優・原作者の方はどう思ったのでしょうか。
もう一度よく考えてください。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 18:27:15
 原作つきアニメの宿命だと思うんですよね。
原作の名前を借りただけのまったく別のモノになるのが「普通」で「一般的」というのが私の認識です。
巨匠・宮崎監督からしてそういうやり方してますからね。
 問題はそこまで理解して納得してアニメを見る人間とそうでない人間とがいるということですね。
この記事はその理解している人へ向けたメッセージとしてはとてもわかりやすいかもしれませんが
そうでない人から見ればただの暴言になってしまうと思うんですよね。
WEB上で発信する情報としてはやはり不適切だったのではないかなと思います。


個人的には私も原作が大嫌いで途中で読むのを止めたんですが
アニメの方は続けて見ることが出来ています。
やっぱり嫌いなんですけど、少なくとも大の一文字は消えました。
頑張ってください。
有名な話だが (yab1962)
2007-06-16 19:13:27
「あしたのジョー」のラストも原作:梶原の原稿に対してちばてつやが改変し、原作者も読者も唸る名作になりました。
この場合はちばてつやが、全身全霊を傾けて「あしたのジョー」という作品を作ったからで、森田監督もアニメ版「ぼくらの」がその様な作品になる様がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 19:30:35
コメント欄があるのでコメントせざるを得ないです.嫌いなのになんで「ぼくらの」の仕事をしているのですか.森田さんは耐性がなさすぎると思います.
Unknown (Unknown)
2007-06-16 19:39:01
原作ファンは無視・・・というか拒否ですか。

・・・ある意味スゲえな(笑)

自分さえ良ければ良いって思ってんですね。
ちょっと長文すいません。 (Unknown)
2007-06-16 20:10:50
嫌いなら原作に完全に合わせてください。
って方がいらっしゃいますけど、
もし、完全に原作どおりだったら、
アニメの意味はないと思います。
しかもぼくらのの場合は深夜にも放送できない勢いだし。
それに、ピッタリ合わせたら合わせたらで、
「原作ファンに媚売り乙」
などというんでしょう?

それに、嫌い発言も、ぼくらのの全てが嫌い。
とは言っていないし、誰か書いていましたが、
「面白いけど嫌い」
と言うことかもしれません。

でも、ブログという、公の場で
堂々と嫌いと言ったのは、潔くて感じは良いのですが、やっぱりやめたほうが良かったと思います。
僕みたいにアニメのCMを見て、
このアニメを見ようと思った人は、
圧倒的に少ないと思われます。
やっぱり視聴者は原作ファンの方が
微妙に多い気もします。

色々長文でしたが、
辞めないで、頑張ってください^^
Unknown (Unknown)
2007-06-16 20:16:35
そもそも「ぼくらの」ってアニメ化される前に売れてたのかな?
アニメ化されるって知ったので原作の漫画読んでみたけど1巻しか読みませんでした。
ブログを見て続き読もうかななんて思っていますが、アニメ化されてなければ多分読まないですね。
でも、アニメは絶対見逃せません。
おもしろいですから。(子供にはみせられないけど)
森田監督に対して大人なんだからと言う意見が散見されますが、こういう人が少なくなってきたので今の世の中つまらないんじゃないですかね。
このブログを読んで、他の作品も見てみようかなと思っています。
これからも良い作品を作ってください。
監督のように正直な人、信用できます。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 20:22:30
おいおいw
正直なのがいいことじゃないんだぜwww
Unknown (Unknown)
2007-06-16 20:25:36
料理に例えている人が多いけど、どちらかというと本店と二号店の関係の方がしっくりこないだろうか。

独特の味に定評のある地方のお店があり、話題になる。

都心に二号店が開店。

本店には遠くて行けず、残念に思っていた客が殺到。

最初は繁盛していたが、そのうち本店に行ったことのあるコアな人が「味が違う」と言い出す。
(殆どの人は「二号店だからしょうがないよね」というスタンス)

一部のコア客がシェフにその評判を話してしまう(軽口だったかもしれない)

二号店シェフ「私は本店が嫌いです。だから本店の味を求めないでください」

店に行くか行かないかは客の判断だけど、繁盛はしないよね。
Unknown (Unknown)
2007-06-16 23:08:42
作り手は誰に何言われようと、自分の信じる仕事をする他に答えは無いので、ここでぐだぐだと文句を足れても何も変わらないし誰も得しない。
ここぞとばかりに監督の揚げ足取りで書き込みしてる人も同じ事だけど。

なんていうか営業や広報の人でも無く、作り手なんだから多少の
失言は多めに観てあげて欲しいもんだなぁ。
雑誌とかは編集出来るけどブログは本人が書いてそのまま出すのが
売りの媒体だから、そこを叩いたらどんどんブログがつまらなくなるよ。
調子に乗って炎上させてる人はそういう事まで考えた方が良い。
祭り好きの馬鹿には何言っても無駄だろうが。
Unknown (フジサン)
2007-06-16 23:23:06
アニメ十話見たんですけど…さすがにこれはないでしょう…。原作のネタバレかなりしてますし、ニコ動で
私見てるんですけど、ニコ動の人達も監督降りれば良いといってます。原作嫌いなら監督辞めてください!
これ以上、ぼくらのを汚さないで!
Unknown (Unknown)
2007-06-16 23:40:29
おもしろいですねぇ・・・
そこまで言うからには勿論「改変」ではなく「改善」してくれるんでしょうね?
これで「改悪」なんて様を見せるようなら目も当てられませんが・・・どうなんでしょう?
Unknown (Unknown)
2007-06-16 23:43:43
こんにちは

私はこの「ぼくらの」という作品は他サイトの紹介から飛んでこのページを見た今、初めて知りました。
ですので原作に対する批判・意見については、好きな方々が愚痴と・・・ぐらいに思えてしまいました。すいません

ですが一つとても関心を持ったことがあります。それは一つの作品においてすでに作成されている 小説・漫画・アニメとで物語、描写が随所で異なることです。(wiki調べw)

もちろん今多くある他の作品のアニメ化・小説化にも多少の脚色などはあると思いますが、ここまで大きく変えてしまう、してしまいたくなるエネルギーとはいったいなんなのでしょう。中心のエネルギーに触れてみたいと感じてしまいます。
これからとじっくり拝見させていただきます



しかしコメントの数だけ期待の数。ほんとすごい
Unknown (>フジサン)
2007-06-17 00:55:10
ニコニコで見てるような輩にぐだぐだ言われてもな
しかも他の人も〜と言っているから、って小学生の言い訳か?
Unknown (Unknown)
2007-06-17 01:21:49
石川さんのアンインストール発売日にこんな爆弾が投下されていたとは…。

ゴンゾオリジナル、マジで楽しみにしています。
どんな結末を持ってくるのか。
監督のエンターテインメント、見せて下さい。
Unknown (Unknown)
2007-06-17 01:23:51
>2007-06-16 23:08:42
>営業や広報の人でも無く、作り手なんだから多少の失言は多めに観てあげて欲しいもんだなぁ。

責任ある者は公な場での軽率な発言は許されないよ。
部下、同僚、スポンサー全ての行く先を潰してしまうかもしれないんだから。
仮にあなたがスタッフだとして、こんな馬鹿らしい監督の失言によってボーナスがカットされたら、同じ事言える?
仮にあなたがスポンサーだとして、被害額が○千万としたら、同じ事言える?

多少の失言なんかじゃない。
間違いなく、この発言はアニメにとってマイナス。
魂込めてアニメーションを作ったスタッフが浮かばれない。
被害を受ける会社やスポンサーには惨事でしかない。

こういった場合、監督は己の信念を曲げてでも関わっている人を守らないと。
責任って言葉、重いよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-17 01:23:52
>2007-06-16 23:08:42
>営業や広報の人でも無く、作り手なんだから多少の失言は多めに観てあげて欲しいもんだなぁ。

責任ある者は公な場での軽率な発言は許されないよ。
部下、同僚、スポンサー全ての行く先を潰してしまうかもしれないんだから。
仮にあなたがスタッフだとして、こんな馬鹿らしい監督の失言によってボーナスがカットされたら、同じ事言える?
仮にあなたがスポンサーだとして、被害額が○千万としたら、同じ事言える?

多少の失言なんかじゃない。
間違いなく、この発言はアニメにとってマイナス。
魂込めてアニメーションを作ったスタッフが浮かばれない。
被害を受ける会社やスポンサーには惨事でしかない。

こういった場合、監督は己の信念を曲げてでも関わっている人を守らないと。
責任って言葉、重いよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-17 02:05:39
2007-06-16 23:08:42がバカまでは読んだ
Unknown (Unknown)
2007-06-17 03:31:56

>「あしたのジョー」のラストも原作:梶原の原稿に対してちばてつやが改変し、原作者も読者も唸る名作になりました。
>この場合はちばてつやが、全身全霊を傾けて「あしたのジョー」という作品を作ったからで、森田監督もアニメ版「ぼくらの」がその様な作品になる様がんばってください。


素晴らしい事例ですよね。あのスタッフ達は本当に「あしたのジョー」というテーマを愛していたのだと思います。
でも森田監督の場合は原作がお嫌いらしいので、単に嫌いな作品を自分色に染めたいだけの印象を受けてしまいますが
Unknown (Unknown)
2007-06-17 07:57:19
と言いますか、「あしたのジョー」の場合は演出や見せ方をアニメなりの効果的なあり方に改変しているけど、原作が持つ根幹的なテーマや作品の趣旨は変えていませんよね?
Unknown (@)
2007-06-17 08:49:11
いい大人が仕事の中身を好き嫌いで語ってて笑える
それを許す周囲の環境と会社のレベルも窺える
所詮アニメ業界なんてこんなもんだってことだw
Unknown (Unknown)
2007-06-17 11:10:58
監督が、原作嫌いなのは、しょうがない。
だが、それで作品が面白くなくなるわけではない。
嫌いならば、原作の嫌いな部分を如何にうまく調理するかが、監督の腕の見せ所です。
みなさんは、監督の手腕をどう思いますか?
Unknown (Unknown)
2007-06-17 13:42:55
アニメ見てないけど、監督はカッコいいです
適当に当たり障りのない事しか言えない
臆病者だらけの世の中で、ここまで言えるのは
カッコいいですよ
Unknown (Unknown)
2007-06-17 13:47:22
「ぼくらの」騒動と言えばいいのかどうなのか。騒動になってないか(苦笑)
結構好きで見ている(リアルタイムではないけど)「ぼくらの」だが、その監督のブログに書かれている内容が重い。
要は「原作とアニメの乖離について、ファンが騒ぐ」という、原作つきアニメにありがちな事態かねぇ。

さて、連載してるコミックなり小説なりは、ストーリーの尺って厳密に決まってないんじゃないかと思う。人気があれば延長、なければ数週間後に打ち切るから話がまとまるようにしてね、くらいのもんだと認識している。キッチリとラストまでの展開が決まっていて、「ここまでで1話分、全部で何ヶ月あれば完結します」という作り方ではないように思う。途中でキャラが勝手に動くとも言われるけど、脱線したり挿話があったりして話が膨らんだりしていく。結果、全○巻という構成になったりしてるんだろうと。読み返してみるとここは余分っぽいとか、あそこで終わっていた方がスッキリしてた、みたいなのはよくありますわな。
逆にアニメは放映期間が決まっていて、時間も決まっている。したがって、取捨選択されて話が構成される。ドラマ化とかでも一緒ですな。残したいエピソードがあっても、尺の関係でなくなくカット、というのもよくある話。仮面ライダーとかみたいに、多めに撮って編集されるのならともかく、アニメはそうはいかない。できるのかもしれないけど、制作過程とか知ってたらそうは考えられないなぁ。

んで、「ぼくらの」でも同じことが行われた結果、原作とアニメで展開なり何なりに違いがあったということですな。件のエントリにもその辺はちゃんと書いてあるが、分解・再構成をして作っていると。が、どこがどう変えられてるのかは、アニメしか見ていない俺にはサッパリわかりません(爆) ただ、アニメを見ている分にはキッチリと作品を楽しませてもらっている感覚はある。「らき☆すた」みたいな超娯楽作品とはまったく違うけど、見たいから、その先の展開をキッチリ知りたいからこそ、わざわざ録画しておいて見るわけですよ。
原作者の了解を得た上で着地点が変更されて、その上で話が再構成される。その流れにはまったく問題がない、と個人的に思うワケですよ(原作者とケンカしたり、投げやりに言われたのでなければ)。というか、原作そのままにアニメにするんだったら、原作読んでればいいだけなんじゃないの?という気もしたり。件のエントリの書き方が逆ギレに近い開き直り方をした上で、キツめに書かれてるからファンに火が、というところか。

古い話なんだろうけど、アイアンリーガーとかGガンダムなんてその典型。
アイアンリーガーもSDロボがスポーツねぇ、しかもみんなバラバラな能力で、とか思ってたが、メンバー揃ったあたりから急激におもしろくなった。最初の方がおもしろかった、ということは多分ない。ブルアーマーあたりで「ん?」と思って、トップジョイの疑惑解消とか、GZ加入のあたりとかになるとかなり楽しんでいたがw あと最終話の必殺技の応酬あたりはガチ燃える。あの盛り上がりは今でも忘れないぞ!
Gガンダムにしても、最初はドモンがムスッとしていて暗い感じの展開(復讐劇)だったのに、東方先生が出てからラストまではもう毎週目を離せなくなったじゃないか。原作の有無ってのはあるかもしれないが、似たようなもんだと思うんだよなぁ。鋼の錬金術師みたいな原作モノでも、普通に楽しんで見たけどなぁ。こうやって終わらせたか!とか、あぁなるほど、こういう理解の仕方、理屈のつけ方になるんだなぁ、と納得させられたし。
とりあえず、「ぼくらの」については、今のところは楽しめているので、折り返し地点を越えて最後までどうなっていくのかが楽しみであります。最後まで見て、アニメとしてちゃんとおもしろければ俺はおもしろかったと言うし、何か違うな、と思えばおもしろくなかったと言うに違いない。そういうこと。

「ぼくらの」の問題じゃいない (Unknown)
2007-06-17 15:27:51
映画の「猫の恩返し」も原作と少し違います。
原作を知っている人からは、不満の声もあるでしょう。
もし、逆に原作に忠実な映画を作ったとしたら、「原作と同じじゃ面白くない」という意見も出るでしょう。
どんな作品にしようと、少なからず不満の声は出るものです。

テレビアニメ初監督とは言え、既に監督業に従事したことがあるならば、不満の声が少しはあることは知っていて当然だと思っていました。
「猫の恩返し」の感想・評価をまったく聞いていなかったのでしょうか?
別に、視聴者や原作信者にこびる必要はないと思います。
しかし、作品に対する良い評価も悪い評価も聞いて、自分なりに考え、次の作品に活かすのが、学習であり、啓蒙だと思います。
まったく学習する気がなかったのでしょうか?
自らの成長を望むのがプロだと思っていました。
プロとしての自覚に欠けるとしか思えません。
とても残念です。
Unknown (Unknown)
2007-06-17 15:54:45
 原作が嫌いだとか、否定してるとか、なぜそういった感情を持っている人がこの「ぼくらの」の監督を引き受けたのか、非常に疑問でなりません。

 
Unknown (Unknown)
2007-06-17 16:28:50
はじめまして。作品を拝見して感銘しました
そんなおり、ブログの話題を聞いて伺いました

原作は原作、アニメはアニメです。原作に忠実ならアニメを見ずに原作だけ見てればいいと思うし
商業的にも原作と全く一緒ならビジネスになりません

否定的にしろ肯定的にしろ反響が大きいということは、成功されてるのではないでしょうか

好きか嫌いかでいうなら、ボクは水戸黄門のようにどれも金太郎飴みたいな作品の方が嫌いです
それぞれ一つのオリジナリティーのある作品として見たいです
Unknown (フジサン)
2007-06-17 20:33:37
別に私は他の人が
言ってるから言ってるわけではないです。
ただ、大好きな作品がこんな形で
汚されたのがショックだからです!!
ぼくらのを好きな方に監督をしてもらえば
こんな事にはならなかったのだと私は
思ってるだけです!!!
Unknown (フジサン)
2007-06-17 20:57:08
まぁアニメはダイチ編は
凄くよかったと思います。
でもナカマ編のラストのあのネタバレ
あれは悲しかったです…。
だから今後一切、その様なことはせずに
やっていけばいい作品が出来上がるのではないかと
私は思いますよ!その辺りは応援してます
Unknown (Unknown)
2007-06-17 22:30:19
原作読んで、アニメ期待してた人はかなりいると思う。原作と違うアニメを作るっていうのはその人達を裏切るような行為であって、たとえ今のアニメに納得している人がいたとしても、納得できない人はそれと同じくらいか もしくはそれ以上いる思う。

見ている人全員を納得させられるアニメを作るのが監督の仕事ですよ。原作嫌いだから自分流にするなんてのは子供の言い訳みたいなものです
Unknown (Unknown)
2007-06-17 22:52:03
原作読んでないやつが長文で無意味な駄文書いてるけどなんなの?
読んでないなら分からないんだから出発点にも立ってないのに、やたら上からヲタ雑学振りまいて小賢しいように見せてるけど内容まったくないじゃんw
読んでないのに何で語れるんだよ
Unknown (Unknown)
2007-06-17 23:21:34
原作つきの漫画や原作つきの映画、ドラマetc
面白いかどうか語るのに全部読む必要なんかあんのか?w
そんな奴いんの?
Unknown (Unknown)
2007-06-17 23:33:58
監督出しゃばりすぎでは無いでしょうか。
視聴者に親身になるのは良いのですが「負けました」と良い「原作ファン見るな」とは…。
見る見ないは視聴者が決める事であって、監督が決めるべき事では無いと思います。
視聴者に色々言われるのが苦しいなら、もうコメントなんて書かないで下さい。

もう1つ、原作が嫌いなのと、原作を自分のテーマで改変するのとは話が違います。
「原作が嫌いだ!」と繰り返しおっしゃるぐらいでしたら、ほんとに始めからこの仕事を受けないで下さい。
仕事意識だけの人は、創作の現場には不必要かと思います。
仕事(お金)の事情で作らないといけない、でもこの作品嫌いだから、自分が好きな形にしよう。
これじゃ話にもなりません。視聴者に失礼すぎます。
監督ですし、原作をアニメに落とし込むだけでなく自分の意思を介入させて作品を作るのは、間違っているとは思いません。 もっと自分の作品に対して堂々と胸を張るようにお願いします。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 00:39:57
>「原作が嫌いだ!」と繰り返しおっしゃるぐらいでしたら

→ブログをよく読むように。繰り返し言ってるわけではない。この低能が!殺すぞこら。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 01:59:57
>2007-06-18 00:39:57
「繰り返し」を消しても文章の持つ意味は大して変わらないし、別にいいんじゃない?
アニメから入りました。 (Unknown)
2007-06-18 02:18:48
私は、アニメで知って原作を読んだものです。
原作は、感傷が多いという意見のようですが、
原作の子供達も十分、現実に挑んでると思います。
娼婦の子とか、臓器提供の子とか。
監督も頑張って下さい。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 04:06:46
ネガコメ入れている奴の読解力の無さに、これがゆとりかと実感しております。ホント、オマエらはバカだな。

オマエらに負けた=原作が嫌いと思ってくれ、というか、そういう風にしか解釈できないんだろ、って監督は言い捨てているんだけどさ。

実際は、原作キライじゃないんじゃね? むしろ好きなぐらいじゃね?
原作が嫌いじゃなくて原作原理主義者の厨=キモイファンがキライなんだろ。
俺も嫌いだけどな、原理主義者は100%気持ち悪い。宗教の中のファンダメンタリストと一緒。そりゃ、排他性による隊伍の整えこそが自分たちの信仰を維持する矜持だものな。
まったく、世の中に出てくるな。インターネットも世の中の接点なんだから、Webで口を開くな、と言いたいね。
(他者と他の価値観を容認できない人間は、この現代社会における不適合者なので、ホントいなくて結構です。つーか、田舎で自給自足して暮らせ。その方がお互いのためだ)

原作が嫌い、感銘も受けてないならそもそも監督なんかやってねーだろ。
要するに「お前はこの作品が嫌いだ! 何故なら、このアニメと原作の照応からすれば、そうにしか解釈できないからだ!」って言われ続けて、心が折れた結果が「ボクは原作が嫌いです、そう解釈してください。それ以外に許しを請う方法は無いでしょ?」ってことだろ。

これからもしばらくヲチさせてもらうわ。原作原理主義者のおもしろゆとり発言をチェキするのは楽しそうだからな。
(今更、アニメのファンですが、なんて尻馬乗っかりのおもしろヤローもかなりいてワラタよ。お前たちは何時からそこにいるんだい?w)
Unknown (Unknown)
2007-06-18 04:18:17
↑↑
イヤ、監督が自分で「原作が嫌い」って名言してるんだよ。よく読んで?
Unknown (Unknown)
2007-06-18 05:32:29
パロ同人作家ですね。

原作という「他人の作品」を借りてきて自分のクリエイターぶりを見せつけようとする。
そんなに自分の世界観で重ね塗りしたいなら、ゼロから自分で作り出してみたらどうです? 他人の作品というたたき台がなければ「クリエティテxブ」なものを何一つ作り出せない人種でしょう? あなたは。何を偉そうにご託を並べてるんですか? 恥ずかしくないですか? 自分では白紙から何も作れない人間のくせに、よくもまあ語る語る。鼻で笑ってしまいますよ。

卑しい寄生虫の分際で恥を知れ。

アニメ業界には、そういう方法でのしあがった人も確かにいる。だが誰もがそういう人を賛美しているとは思わないように。

パロ同人作家は同人誌即売会へどうぞ。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 05:33:23
パロ同人作家ですね。

原作という「他人の作品」を借りてきて自分のクリエイターぶりを見せつけようとする。
そんなに自分の世界観で重ね塗りしたいなら、ゼロから自分で作り出してみたらどうです? 他人の作品というたたき台がなければ「クリエイティブ」なものを何一つ作り出せない人種でしょう? あなたは。何を偉そうにご託を並べてるんですか? 恥ずかしくないですか? 自分では白紙から何も作れない人間のくせに、よくもまあ語る語る。鼻で笑ってしまいますよ。

卑しい寄生虫の分際で恥を知れ。

アニメ業界には、そういう方法でのしあがった人も確かにいる。だが誰もがそういう人を賛美しているとは思わないように。

パロ同人作家は同人誌即売会へどうぞ。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 05:34:15
パロ同人作家ですね。

原作という「他人の作品」を借りてきて自分のクリエイターぶりを見せつけようとする。
そんなに自分の世界観で重ね塗りしたいなら、ゼロから自分で作り出してみたらどうです? 他人の作品というたたき台がなければ「クリエイティブ」なものを何一つ作り出せない人種でしょう? あなたは。何を偉そうにご託を並べてるんですか? 恥ずかしくないですか? 自分では白紙から何も作れない人間のくせに、よくもまあ語る語る。鼻で笑ってしまいますよ。

卑しい寄生虫の分際で恥を知れ。

アニメ業界には、そういう方法でのしあがった人も確かにいる。だが誰もがそういう人を賛美しているとは思わないように。

パロ同人作家は同人誌即売会へどうぞ。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 11:41:24
某SFロボットアニメの負債と
能力、人間性という面でダブって見える。

アニメ業界はこういう人が多いの?

同人誌がやりたければ
アマチュアで個人的にやればいいのに。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 13:22:04
>2007-06-18 04:06:46
>他者と他の価値観を容認できない人間は、この現代社会における不適合者なので
 あなたも出来てないよね、原作原理主義者の価値観の容認。
 
>原作が嫌い、感銘も受けてないならそもそも監督なんかやってねーだろ。
 しがらみとか、機会を得るためとか、生活するためとか、仕事を受ける理由は色々。
 好き嫌いで仕事選ぶなんて中々出来ないよ。
 生活できなくなるから。
Unknown (タバスコ)
2007-06-18 21:51:32
喰うためだったらどんな仕事だって出来る。

「その状況を選んだのは自分じゃねぇか!!
それを言い訳にするんじゃねえ!!」

・・・・・・自分に言われてるようで耳が痛かったのかもね。
Unknown ()
2007-06-18 22:36:14
走り出した後ですから、止まったら駄目ですよ。
プラス、マイナス全てのモノを力に変えて
最後まで全力で走り抜けてください。

こういう話は、その後でしましょうや。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 23:20:45
どんな作品も白紙から作るってのは不可能です。
今まで得た知識や経験から物を作るのであって、ゼロから
作るのは、この世に生を受けて以来記憶を積み重ね続ける人間には無理です。
屁理屈では無く事実。

独創的な物というのは、同じ物を別の視点から見た物の事。
だから原作から良い物を作れるというのはとても才能のいる事です。
Unknown (Unknown)
2007-06-18 23:58:19
他の原作を参考にインスパイアすたオリジナル作品と、最初から原作ファンが落としてれるお金が目的で同タイトルをアニメ化する事

同じように考える人がいるのは驚きですが、実はこの2つは全く違うものです
Unknown (Unknown)
2007-06-19 02:22:55
もともとぼくらのだって他作品へのオマージュから出来たものだしなあ。
だけど「ザ・ムーン」ファンがファビょってますなんて話は聞かないし、参考元本人もかつて帯にコメント寄せてたようだし、原作と参考元との関係はWINWINなんだろう。

なのに僕は出来ませんというのは、やっぱちょっと通らないんじゃないの。職業人としても、作家としても。
しかも才能がなくて出来ませんというならともなく「好き嫌い」が根拠じゃねえ。
同情の余地ないよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 03:20:02
それは当り前でしょう
「ぼくらの」は「ザ・ムーン」として客に売ってるわけじゃないもの
Unknown (Unknown)
2007-06-19 05:48:38
>原作にはこの感傷が多い。私はこれを感動に再構成しようとしてます。

そんなもん文章で伝えるな。
クリエイターなんだから作品で語れ。
それで伝わらないのなら力不足だってこと。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 06:14:00
「原作嫌い」明言とは…監督、すごいですw

私も「設定や人物描写は面白いけど、子供たちが当然のように死んでいく話に全く共感できない。嫌悪感すら覚える」といったスタンスでこの作品を見ています。

「プロとしてどうなの?」という批判を見ますが、クリエイターという職は自分の信念やポリシーを貫く姿勢がなければ勤まらない職種だと思われます。その意味で監督はポリシーを曲げていない点は評価すべきかと。

ただ、もともと気の進まない仕事を受けてしまった点で監督に落ち度があることは否定できません。
ですから「受けた仕事なんだからファンが満足できるものを提示しろ」という批判は甘んじて受けるべきだと思います。

よって今後は監督も明言されてるとおり、ご自身が「面白い」と感じられる箇所を視聴者に魅せてほしいものです。
「基本的設定は変えず、主人公たちを取り巻く環境を変える」という初期プロットで原作の風味をどれだけ失うかは、別に誰でも予想できることです。
むしろ、だからこそ原作ファンをも唸らすものを作ってほしいと思います。
泣き事言って不貞寝するのはまだ早いですよ。がんばってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 07:00:46
>「感動は描いてもいいけど感傷はダメ」
座右の名と監督はおっしゃいますが
>「子供たちを・・・・助けていいですか?(・・・はネタバレ防止のため略)」
この発言は正に感傷そのものではないでしょうか?

独り善がりな考えやそれを文章として載せてしまうような人に
『感動』
なんて言葉を使って欲しくありません。







Unknown ( )
2007-06-19 13:23:23
単純につまらないです。

改変する意味ありません。
  ( )
2007-06-19 13:34:29
失礼、10話は、でした。
どこが見せ場なのかもまるで分かりません。
次回へのつなぎでしかありません。
改変する意味が不明です。
端的につまらなくなっただけです。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 14:02:12
アニメ版で改変される作品なんて普通に多いですし今更です
問題は自分自身の発言や行動にあるのだということを自覚してほしいですね

アニメすごく好きだったんですけど
ここを見てから急に冷めました
残念です
Unknown (Unknown)
2007-06-19 14:38:35
改変はありかと思いますが、
あなたの独善的な視点での改変はどうかと思います。
変えるなら変えるで、覚悟を持って
全力をつくして取り組んで頂きたい。


つまらないとしか言い様がないです。
アニメに関わる全ての方の労力を、
子供じみた視点でねじ曲げて欲しくないです。
もうやめたら (T.Y)
2007-06-19 16:12:39
監督の言葉について思い違いをして、人を傷つけようとするのはもうやめませんか?

そもそも、監督が繰り返し言われている通り、プロである以上、原作を好きか嫌いかということと、それを良い作品にするかどうかということは関係がありません。嫌いだからと言っていい加減な仕事をする事は、自身の評価を傷つけるだけなのだから。

ただ、様々な事情から、原作とアニメは同じ作品にはならない。解釈の違いもその原因の一つだし、監督の場合、原作に違和感を感じる部分もあった。
(でも、特に問題のある描写も多い原作でもあり、違和感を感じる部分があったとしても不思議ではないし、改変に関しては原作者の許可を取っている)

しかし、そういった原作との違いを容認できない人達が一部にいて、その人達は自己の一方的な解釈や思い込みに基づき、中傷する様な言葉で監督を繰返し非難し続けていた。

本来なら、自己の宣伝の為にも、また、商業的な成功の為にも絶対に「見ないでくれ」などと言える訳がない。
けれど、自分の解釈と決定的に違う解釈を持つ人が、悲鳴の様な声を寄せてくるのを無視できなかった監督が、その様な人達がこれ以上見ても苦痛になるだけだ
と考えた苦渋の末に出た言葉が
「言いたくないけど…見ないで下さい」です。

それを一切理解せず、言葉だけを取って曲解し、自己の思い込みのままに非難する人がどんなに多い事か。

それ以前に、ここに書き込んでいる心ない書き込みの大半は、感情に任せていきなり乱暴な言葉を投げかけたり、なじるような言葉で非難している。
それは、親に甘えた子供が、親に対して乱暴な口をきくのと何ら変わらない。
そのような、人とのコミュニケーションの取り方も知らない人間の言葉が、大勢の人間の間に立って作品を作ろうという人間の心に響く訳がない。
ただ、言葉の暴力の洪水によって、製作者の生の言葉に触れられる貴重な機会を一つ潰しただけに過ぎない。

ここに心ない書き込みをした人達は、自分が無責任に吐き出した言葉を、そして、自分が貴重な機会を失わせてしまった事を反省すべきです。

Unknown (Unknown)
2007-06-19 17:46:32
>考えた苦渋の末に出た言葉が「言いたくないけど…見ないで下さい」です。
 第三者が断定するなよ…。
 それとも、ひょっとしてあなた監督さんですか?
 
Unknown (・・・・)
2007-06-19 17:54:47
監督は相当追い詰められているのでは?
自己弁護というと聞こえは悪いですが、
誰でもしてしまう事なので問題ないのでは?
しかし「原作が嫌い」等の発言は、様々な関係者、視聴者がいる立場の監督にしては少々責任感が希薄なのではないでしょうか。こうなる事は予測できたはずです。そういった点は残念です。
離婚 (Unknown)
2007-06-19 19:48:18
監督は作中の子どもを助けていいですか?とか言う前に、自分の子どものこと考えろよ。
離婚して喜ぶ子どもはいない。
子どもは内心、とても傷ついているよ。
自分は聖人みたいな言い方してるけど、離婚しておいてよくそんなこと言えると思うよ。
子どもは親の離婚を一生引きずるんだぞ。
そんな人間に子どもが主人公の物語を理解できるはずがない。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 20:08:02
>ただ、様々な事情から、原作とアニメは同じ作品にはならない。解釈の違いもその原因の一つだし


その性質上同じ演出手法がとれない漫画とアニメではその表現上の改変がどうしても必要になります
ぶっちゃけ、設定を変えてもキャラクターを変更しても「ぼくらの」がもっている不変的なテーマをアニメで表現するのに必要なのならどんどん行ってもよいのです

しかし、テーマや作品性の方を変えるのはいただけないでしょう
それでは原作に「ぼくらの」を持ってきている意味がありません
全く違うテーマ・主旨で勝負したいのなら「ぼくらの」という商売上の逃げに頼らずご自分の力でオリジナルを作るべきでしょう
Unknown (Unknown)
2007-06-19 21:20:43
>全く違うテーマ・主旨で勝負したいのなら「ぼくらの」という商売上の逃げに頼らずご自分の力でオリジナルを作るべきでしょう
それを決めるの監督じゃない
Unknown (Unknown)
2007-06-19 21:41:36
初めて投稿させてもらいます

人によって価値観や考え方が違うのはわかってます。
しかし、いくらなんでも原作嫌い発言等はしなくてもよかったのでは?
どんな作品でも批判はあります。それをわざわざ大きくするような発言はしなくてよかったのではないですか?
原作が嫌いなら嫌いでいいですよ。でも原作が好きな人間がいるわけで・・・批判されることはわかっていたはずです
まぁいまさらそれについて言ってもしょうがないのでもうやめますが
原作が嫌いなのはわかっていますが、その原作をもう一度よく読んでください。もうある程度固まっていてアニメ製作には間に合わないでしょうが、原作で伝えたかったものをよく理解していただきたいです
Unknown (Unknown)
2007-06-19 21:49:32
>それを決めるの監督じゃない

そうです
監督が引き受けたのはオリジナルアニメではなく「ぼくらの」のアニメ化です
Unknown (Unknown)
2007-06-19 22:03:11
監督の離婚と作品の質の是非は関係ないだろ!
監督がんばって (MA)
2007-06-19 22:32:20
原作は読んだことないのですが、
アニメおもしろいです。
原作を読んでみたいな〜とも思いました。

次々と少年少女の死に様をみせられる
怖い作品ですが、死に様って結局のところ
生き様でもあるんだなぁーって思いました。

最後まで見ないとなんともいえないけど、
今のところ毎週たのしみです!
原作スキでも嫌いでも関係ないです・・・
監督は自分の信じたとおり突っ走って!
Unknown (Unknown)
2007-06-19 22:39:43
>監督の離婚と作品の質の是非は関係ないだろ!
俺はあると思うぞ。
どうも女性不信が作品に表れているように思える。
Unknown (Unknown)
2007-06-19 23:16:38
原作があるものをアニメ化してんだから、
原作ファンは見るだろ・・・

というか商売で作ってんのに「見るな」じゃプロじゃね〜だろw

と、なんとなくココに辿り着いただけのオレが書いて見る。
結局 (gaku)
2007-06-20 00:08:53
原作ファンの人たちが不満に思う一つとして、カタルシスを感じるシーンがカットされている事(実際、原作と監督の意見を比較すると、明らかに社会的に通用するのは監督の「社会的正義感」ですが、セカイ系作品は社会性の希薄さがある意味で面白さにつながったりもするので、その辺の折り合いのつけ方が難しいのではないかと思います)。
ネットの匿名性を蓑にして得意げに無責任に監督を批判する声にもいちいち丁寧に応対している態度は頭が下がりますが、愉快犯みたいな輩も多数いるのは事実なので、心と体が疲れない程度に相手をなさるのが宜しいのではないでしょうか。
原作ファンを説得しきれなくなったからって「負けました」なんていう事はないと思います。別に原作ファンを戦う必要なんてどこにも無いと思うのですが・・・大事なお客さんだし、クレイマーに限って毎週ちゃんと見ています(笑)。
Unknown (Unknown)
2007-06-20 00:15:00
>原作があるものをアニメ化してんだから、
>原作ファンは見るだろ・・・

GDHの原作アニメ中心に展開する方針は原作アニメは収益が高いのが理由だそうなので、監督は兎も角、働いてる会社は原作ファンを当てにして商売する気満々です
Unknown (Unknown)
2007-06-20 03:07:17
もういいので氏んで下さい
というか、 (Unknown)
2007-06-20 03:20:59
アニメを見るななんていったら、スポンサーから干されるんじゃない? 常識的に考えて。

これからはGONZOからは仕事貰えないんじゃないかな、森田さん。
本当に (Unknown)
2007-06-20 05:11:47
原作レイパーですね。
監督やめちゃったほうがいいんでは?
不快ですよ。不快。
的外れなコメント (hoshino)
2007-06-20 11:14:19
初めまして、こんにちは。

原作の好き嫌いでこんなに燃え上がるブログコメント欄を始めて見てびっくりしている者です。

個人の好みなのでその辺は私にとっちゃど〜でもいい事なんで「ファン談義」がんばってください。

その中で、私が気に入らないのは、監督が「漫画はズルい」「読み手のペースや創造で隙間を補完できる」と言っているところ。
私は、アニメだって見方次第で隙間の補完作業が出来るものだと思っているからです。
と云うか、補完しないと見ていられない、が正しいですかね。
同人誌がいい例ですよね。
「自分はこう思った。」を本にして、それに賛同してくれる人を探しているんですから。
どんな作品だって完璧なものなんて何一つないのです。(漫画もアニメも)
だから、情報誌を読んだり、このブログのような製作者サイドの話を少しでも集めて、皆がそれぞれ補完していくんですよ。
好尚な内容のお話し合いも結構ですが、この「補完作業」が出来るようなお話聞きたいと思います。

よろしくお願い致します。

Unknown (おまーん)
2007-06-20 11:16:06
レイプして何が悪いんだよ、てめえらの気持ちなんか知ったことかw、と俺は思うけれども監督は客商売だし物作って売ってる人間だからそういう事は仮に思っていても言わないのだろうか。

個人的には原作レイプとかどうでもいいんだよ正直。原作者と仲悪くなるとかそういうのは作ってる奴の問題で見る方は関係ないしさ。
でも漫画はまあ面白いけどアニメはなんか絵もよくないし金出して見たいと思う程面白くないし。炎上してるのは他人事としては面白いけどw
悪口を言うのが面白いのは分かるw

みんなで「こんなの俺の○○じゃない!」とか言い合いをしてるのは傍目に見ていると面白いっつーか気持ち悪いっつーかね…監督と外野の違いって「俺の○○」を形にして出さざるを得ないか否かってところだけに見える。監督(でいいの?)はもうちょっと面白い事書けバーカ 氏ね!
Unknown (Unknown)
2007-06-20 12:19:43
「ぼくらの」は誰の作品ですか?
勿論、原作者の方の作品ですよね。
アニメ化にあたり、多少の変更点は仕方ないと思いますが核心の部分の変更はどうかと思います。
何故なら、貴方は「ぼくらの」の作者ではないですから。

「ぼくらの」が嫌いであれば、監督を降りてください。
いくらすばらしい監督であってもそんな方がアニメを作っていると思ったならば不快です。
そんなアニメ見たくありません。

また嫌いだという事を宣言しなくてもいい事は分かりますよね。
そんなファンを不快にさせる言動も、
仕事を引き受けたのに原作を嫌いと隠しきれないことも
プロとして失格だと思います。
この「ぼくらの」の監督だけではなく
監督という仕事自体辞めた方がいいと思われます。
あなたには向いてないです。
Unknown (Unknown)
2007-06-20 12:35:02
親に愛されない子供ってのは少なくとも幸せじゃないと思う。たとえそれが作品でも。
Unknown (Unknown)
2007-06-20 12:45:36
他の鬼頭作品は知っていますが
「ぼくらの」はまだ読んでない者です。

単純に一アニメとして構成が淡白すぎないですかね。
一話完結の戦隊モノみたい。浅い。浅いよ。

まぁこれはこれでいいんじゃないですか。
どうせGONZOだから、某作品のように
また別会社でOVA化されるのをを期待しています。

これはこれで頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-06-20 19:03:57
> 2007-06-20 12:35:02

> 親に愛されない子供ってのは少なくとも幸せじゃないと思う。たとえそれが作品でも。

全米が泣いた
Unknown (Unknown)
2007-06-20 20:19:56
オープニングテーマにほれ込んで原作→アニメ版と追いかけました。
このブログの存在を知るのが遅れましたが見て納得しました。

> 「感動は描いてもいいけど感傷はダメ」

これはその通りだと思います。

> 現実に負けて流す涙が感傷、現実に挑んで流す涙が感動です。

これは違和感があります。
本当にこんなことを山田洋次監督が言ってるのでしょうか?

TVから懐かしい昭和の歌が流れてきているとします。
それを聞いて懐かしいと思い、思い入れによっては
涙を流す人もいるでしょう。

これこそが感傷というやつで、感動とは違います。
泣いてる人は現実に負けてるからですか?

涙を流させてますが、この番組は作品としての価値はありません。
山田監督はそういう個人の経験や想い出に頼って涙を流させるな、
あくまで作品で涙を流させろ、ということが言いたいのでは?

『ぼくらの』には感傷が多い、それはあくまで子供たちの感情です。
現実を前に子供たちが今までの短い人生を顧みることは感傷です。
そこから現実に立ち向かう姿、それは見ているこちらに感動を与えます。

座右の銘にするくらいならもう少し考えましょうよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 03:58:45
皆さん、嫌いという言葉に過剰反応しすぎじゃないですか?
監督の言葉を額面どおりに捉えるばかりで、どうして監督自身の気持ちを考えようともしないのですか?
監督は別に原作を「嫌い」であると言っただけで、別に全否定したわけではないでしょう。
本当に言葉通りの意味で嫌いだと言ったなら、引き受けるのがおかしいと思いませんか?
嫌いなら引き受けるな、じゃなくてどうして引き受けたのかを考えましょうよ。
「悪意ある改変」という言葉も同じで、言葉通り本当に「悪意ある改変」をマトモな監督が行うと思いますか?何の利も無いのに?
正直このコメント欄を見ていると、表現をする人間というのは本当に本当に、過酷な立場に立たされているのだと実感します。
同時に、何の気なしに批判している大衆がどれだけ残酷で無慈悲なものかも実感しました。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 04:18:58
>表現をする人間というのは本当に本当に、過酷な立場に立たされているのだと実感します
 そうだよ。だから軽率な発言なんて出来ないの。
 俺はアニメじゃなくて音楽系だけどさ、
 当たり障りの無い事しか外には発信できない。
 クライアントに迷惑かけたら責任問題になるからね。
 だからその分作品で語るんだよ。

 あと、大衆は無慈悲なんじゃない。
 良い物を作れば温かい声もくれるよ。
 驕り高ぶっていたらだめだけどね。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 04:26:42
まともな監督なら「悪意ある改変」なんてしない。仰るとおり。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 09:38:12
>本当に言葉通りの意味で嫌いだと言ったなら、引き受けるのがおかしいと思いませんか?

どうなんでしょうね?

>ジアースを巡る戦いのルールのアイディアは面白いと思っていて

自分には監督が「ぼくらの」の戦いのルールだけを面白いと考えてらして、後は嫌い・どうでもいい、と思ってらっしゃるように感じられます
ぶっちゃけ戦いのルールなんていくらでも変えてしまっても良い気がします
「ぼくらの」の作品性・重要な部分はそこじゃないと思うのですが
Unknown (Unknown)
2007-06-21 14:50:12
> 本当に言葉通りの意味で嫌いだと言ったなら、引き受けるのがおかしいと思いませんか?

大人の事情だか、単なる軽はずみだか知らんが、実際その通りだから皆がこんなに荒れてるんだよ。

> 嫌いなら引き受けるな、じゃなくてどうして引き受けたのかを考えましょうよ。
> 「悪意ある改変」という言葉も同じで、言葉通り本当に「悪意ある改変」をマトモな監督が行うと思いますか?何の利も無いのに?

だからね、ブログの他の文章も読んだ上でマトモな人じゃないと思うから荒れてるんだよ。

> 正直このコメント欄を見ていると、表現をする人間というのは本当に本当に、過酷な立場に立たされているのだと実感します。

そんなこと今頃実感するとは子供かな?マトモな社会人なら誰でも知ってることだよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 16:20:26
コメントが半分くらいになってるのは削除したからなのか?

消した所でどうにかなる訳じゃないのに…
どうせならブログ毎削除すれば?
Unknown (Unknown)
2007-06-21 16:40:35
言われて初めて気付きましたが、本当にコメントが半分程度削除されていますね。

どういう基準で削除されたのでしょうね?
Unknown (Unknown)
2007-06-21 16:48:35
コメントを削除する前にブログに自分の言葉を書き込むべきではないですか?

ブログ全体を閉鎖するにしても何をするにしても、これだけのコメントが集まったのだから何らかの説明または意思表示をして欲しいものです。

怒りなのか、幻滅なのか、絶望なのか、笑止なのか、どのような心境なのかは分かりませんが、大人なら言葉によるリアクションが最初にあるべきではないですか?

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・
Unknown (タバスコ)
2007-06-21 17:27:50
少々脱線だけど、こっちは元々こんなもんじゃなかった?>コメント数。『「10話」に寄せて』とゴッチャにしてると思うよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 18:05:25
私は原作もアニメも知りません。
この立場でこのブログの記事を読み終えて思ったことがあります。
アニメとはいえ、子供たちが死んでいく作品が好きだと言ってしまう監督がいるとしたら、その方を軽蔑してしまうかもしれません。
私は原作者自身も、この子供たちが死んでいってしまう作品をひとつの表現として描いていて、好きで描いているのではないと信じたいです。
子供たちが死んでいく作品が好きだというのは狂気としか思えません。
原作の一部を嫌悪しているのであって、全てを否定しているわけではないので、森田氏の「原作で嫌いなところのひとつは、子供たちの死に行く運命を作者が肯定してしまっているかのように感じられる点です」という発言は素直に納得できるものでした。
原作もアニメも知らない立場として客観的に記事を見て、私は森田氏に共感しました。
ですが、監督自身がここまで丁寧に答えなくても良いのではとも思ってしまいました。
ここで知ったのも何かの縁なので、機会があったら作品をみてみたいと思います。これからも頑張ってください。
Unknown (ナイル)
2007-06-21 18:28:23
自分はアニメが原作の枠から外れるのには抵抗は全くありませんね。
原作者から駄目を出されても評価に値する作品はありますし。
個人的には設定とキャラクターだけを借りて全く別の作品になってしまっていても
構わないタイプです。

改変については原作者も了解をしている様なので、手続き的には問題は無いのでしょう。
ここのコメント欄も、ざっと観ただけですが、ストーリーの改変に言及した形で
行われている批判も演出の弱さへの批判を意図せずに行っているものも多い様です。

子供が、勝とうが負けようが問答無用の死を前提に闘っている、闘わされいるのにも
関わらず、心が揺り動かされない、涙も出ない、鬱になる訳でもない。
(登場人物が動揺しているシーン、涙を流すシーン等はある、つまり感情移入させる力が乏しい)

消化するエピソードを原作からテレビで使えそうに無いエピソードを抜かして
所々チョイスして再構成した”だけ”にしか感じられない話になっている、と
少なくとも原作と比べ、批判している人達は思っているのでしょう。


これとは別に、個人的に気になったのは監督の発言で

>「子供たちを・・・・助けていいですか?」

の部分です。
どの様な文脈での発言かは判りませんが、そのまま受け取ると
まるで架空の人物を実在の人物の様に表現している所が気になります。
架空の人物には人格はありません。
救われるも救われないも無いのです。
ただ、それを観る我々の心に照射され、”我々が”救われた、救われない気分になるのです。

これは、登場人物の子供たちを助ける、と言うより”監督自身が救われた気分になりたい”
だけの様に読めてしまします。


監督は「あれするな、これするな」「あーしろ、こーしろ」と上下左右から言われ通しで
嫌になる事も多々あるとは思いますが、心を強く持ってお仕事にあたって頂ければと思います。

初期の登場人物が粗方居なくなった後半こそがこのアニメ『ぼくらの』の真価が問われる展開になります。
この原作は料理の難しい素材ですが、もし調理に成功すれば、10年20年先にも語り継がれる作品になるでしょう。

序盤から中盤にかけての批判を跳ね返す展開になる事を期待します!
結局 (GGG)
2007-06-21 19:01:36
まだ完結してないのだから、最後まで観てからあーのこーの批判するのがいいと思いますけどね。原作もアニメもそうですけど、たくさん話がある中で嫌いな話があるなんて普通だし、それをいちいち細かいとこ拾って全体をだめだと批判すること自体が大人気ない。

自分はアニメから入ったので原作との違いには驚きましたけど、両方とも問題なく受け容れられましたね。とりあえず監督には終わりまでつっぱしってほしいですよ。がんばってください!
Unknown (Unknown)
2007-06-21 20:02:58
>2007-06-21 19:01:36

まあね。
途中経過が如何であろうと、
最終的に良い形で終わるのなら
評価なんていくらでもひっくり返る。

監督のあの発言はその可能性を潰しちゃったかもしれないけどね。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 20:07:06
>2007-06-21 18:05:25
>私は原作者自身も、この子供たちが死んでいってしまう作品をひとつの表現として描いていて、好きで描いているのではないと信じたいです。

とりあえず原作を読んでほしい。
そうすれば何が問題なのか見えてくると思う。
Unknown (Unknown)
2007-06-21 22:06:31
ここまでやるのであれば、
タイトルさえをも変えて、アニメ化すれば良かったんじゃないですか?
タイトルを同名にするから、叩かれるのですよ。

原作は原作ではなく、あくまで"原案"としての位置付けで。
『西遊記』と『ドラゴンボール』くらいのレベルでねw
Unknown (Unknown)
2007-06-21 22:13:53
アニメ業界(に限らず)で監督という役職に就いてる人がニコニコ動画の様な違法コンテンツの塊を見て、
そこでのコメントを引用してるのはマジで馬鹿かと…

確かGONZOの社長さんがウチが赤字になったのは
youtubeとかWinnyの所為だ!とかってほたえてましたねぇ
まさか社長さんも自分ところの作品の監督が愛用者だったとはねぇm9(^Д^)プギャーッ

監督の無能ぶりとか良い作品を作る作らない以前の問題です。
クライアントが激怒する前にブログ閉鎖しては如何ですか?
Unknown (Unknown)
2007-06-21 22:14:51
>原作ファンの方は見ないでくれ。

次から、「アニメを見るときは画面から離れて見てください」
のテロップと同じ様に

「原作ファンの方のご試聴はご遠慮ください」
と冒頭で流したら如何ですか?
そのくらいしてこそ男と言う物ですよ。
Unknown (Unknown)
2007-06-22 01:10:58
じゃなんでアニメ化の宣伝を本誌・帯でしたの?
Unknown (↑↑)
2007-06-22 04:32:03
それは監督の所為じゃないだろw
Unknown (もう)
2007-06-22 07:55:43
コメント機能は消そう監督

出来がどうとか分からないが

やつらは批判が好きなんだ


監督、まっすぐな奴はネットでは格好の標的bなんだ


監督の頑張りは分かる


やつらは荒らしとか煽りとか批判が好きなんだ

大丈夫

結局やつらは見るよ
DVDも買うよ



な、監督をいたぶるのが趣味なんだよ



Unknown (Unknown)
2007-06-22 08:54:58
>DVDも買うよ

いや、それは・・・
原作を嫌悪している人が弄った作品をどれだけの原作ファンが買い求めるんでしょうか
Unknown (Unknown)
2007-06-22 12:06:24
>DVDも買うよ
かわねーよwwww
Unknown (Unknown)
2007-06-22 17:34:36
>結局やつらは見るよ
>DVDも買うよ

すでに見てないし、
買う気もない。

現実が見えないにも程があるぞ?
Unknown (Unknown)
2007-06-22 20:19:57
「ぼくらの」の事は、全然知らなかったけど、GONZOアニメってどれも原作破壊するよね。

他の製作会社がアニメ化・ドラマ化した場合、原作破壊が行われる確率はそんなに高くないような気がするんだけど、そのあたりどうなのかしら?

GONZO製作には、他の会社には存在しない、固有な問題があるような気がしてならない。
Unknown (Unknown)
2007-06-22 20:39:26
こういう作品はBONESとかがやればよかったのにね。
かなりの確率で良作が生まれたと思う。
Unknown (Unknown)
2007-06-22 21:00:17
BONESいいけど、個人的にはマッドハウスが良かったかな。
多少、作画が破綻するときあるけど、
あそこは原作を大事にするから好きだなぁ。

ガンスリンガーガールやブラックラグーンも
ネタ的にかなりアレな作品だけど、
巧く映像化したなーって感心するよ。
Unknown (敏感だな)
2007-06-23 00:44:38
なんだレスがついてやがる、買わないのか
まぁ いいや

どうでも、いいけど相当 原作がすきか
そのアニメ制作会社が気に入らんのだな


じゃぁこんなとこに書き込んでないで会社に
直接 言えよ

ぼくらの が二度楽しめておいしい
と、言う発想は野暮なのか


あとで、原作もじっくり読むよ


たぶん、怒りはわかんと思うが

ん、愛なのか?



自分勝手な仕事をしてコアなファンの期待を裏切った
監督への報復か?

憎しみの連鎖はとまらんのだな。
もちつけよ
応援します (Unknown)
2007-06-23 00:46:23
初め監督のブログを見たとき、どうして原作が嫌いは人が監督を務めるのか理解出来ませんでした。しかし、内容を読み進めていく内、作品に対する取り組み方が分かり、頑張って!と強く応援したくなりました。

自分なりの改変をしようという気持ちだったとの事ですが、それで大いに結構だと思います。何も、原作を忠実に再現する必要は全くないと思います。作者自身の理解が得られているのですから、監督の思うがまま、「新しい」ぼくらのを作って頂きたいと思います。

多数の批判で辛いでしょうが、めげずに最後まで走り抜いて下さい。

Unknown (Unknown)
2007-06-23 13:53:55
原作破壊を行うゴンゾにはちょっと恨みはあるけどさ。それは別として。

マッドハウスやBONESは、原作を壊さずに、さらに創意工夫や数々の発明を加えて面白い作品に仕上げるでしょ。
アニメを最初に見て、次にマンガを見ると、アニメ化スタッフの凄さがわかる。

でも、ゴンゾはそうじゃない。
キャラと背景だけ借りて、オリジナル作品を作っている感じ。
そりゃ、出来上がりが面白ければいいんだけど、今のところダメな感じ。

ゴンゾ全体に言いたいのだけれども、アニメスタッフのオリジナル作風を入れたいのはわかったから、そゆのは1クールに1〜2話程度に抑えて欲しい。
普通の話では、マッドハウス並みかそれ以上に原作を生かした上で、発明や創意工夫を加えることをやって欲しい。
漫画家から、アニオタから、アニメ化するならゴンゾにお願いしたいって言われるくらいにね。

マジで頼むよ。初期ゴンゾの作風は嫌いじゃないんだ。
Unknown (ハイジーンイカヅチマルユリイカ)
2007-06-23 15:16:46
クリエイターとしては立派だと思いますが商業人として考えると失格です

ああ何も言えない何も言うまい
がんばって (1)
2007-06-24 15:58:36
子供相手にご苦労様
お仕事がんばってください
なんか、「私は貝になりたい」を思い出しました。
Unknown (Unknown)
2007-06-24 16:56:35
>クリエイターとしては立派だと思いますが商業人として考えると失格です
監督をクリエイターとして保護する為のプロデューサでもあるわけなので、
商業人として失格ってのは言いすぎでしょう。
プロデューサの中には、商業人を意識しすぎるクリエイターを良しとしない人も多くいます。
相当な経験とバランス感覚が無いと打算に走って熱意が下がる人が多いからです。
人にもよるけどさ。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 06:13:34
お前は監督として才能ないよw
Unknown (Unknown)
2007-06-25 11:55:23
>商業人として失格ってのは言いすぎでしょう。

いや、的確な指摘だと思うよ。
実際、大きなミスを犯してる。
もちろん、このブログでね。

本当のプロっていうのは商業面も意識しないとダメなのよ。
商業とクリエイティブ、その狭間で的確な
バランス感覚を持ったものがトップクラスのクリエイター。
クリエイティブ面しか考えられない人は所詮3流。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 17:28:00
こういう↑マヌケなことを書いて、恥ずかしくないんだろうか。
商業面で言えば、大成功でしょ。
このブログで監督が吼えたからこそ、「煮ようが焼こうがしょせんは糞GONZOアニメ」などと放送前は興味すら持たなかった人間例えば俺が、番組見ちゃったりしているわけだし。
つーか、いくらGONZOの首脳陣がバカでノホノンとしてるからって、そんな程度の戦略も無く、こんなショッキングなことを外注監督に書かせるかっつーの。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 19:29:15
なんつーマヌケな……
あのな、商業面では確実に失敗してるよ。

お前みたいな視聴者がひとりふたり増えたところで
なんの利益につながる?

主要な掲示板を見てみろ。
ほとんど話題にすらなってない。
2chでは悪評が大半だしな。

きちんとしたプロモーション戦略に
マイナスイメージは御法度なんだよ。
悪評が先行したらいくら話題性があっても
プラスの影響はない。
世間や消費者とはそういうものなのよ!

勉強になったか?
Unknown (Unknown)
2007-06-25 20:37:26
マヌケすぎて話にもならん…
あのな、これはGONZO作品なの。
今クール4本もあるGONZOモノの中のひとつなの。
ふだんアニメ見るようなやつは、こんなもん
「GONZOがまたぞろ原作改悪して糞みたいなGONZOクオリティ作品を垂れ流すのか」
くらいにしか思ってないわけ。
始まる前、始まった当初の段階ではな。

俺みたいな人間がひとりふたり増えたからって、なんの利益につながるだと?

おまえはなーんもわかっちゃいないようだが、
普通にプロモーションしたって、そのひとりすら生まれない。なんせGONZOは京アニと違うからな。よほどショッキングなことをしない限り、DVD買ってくれるような人には見向もされないわけ。これまで散々だったわけだからな。
だいたいが、これで興味を持つのがひとりふたりだと思ってる時点で、それこそアホとしか言いようがない。



ひとまず衝撃的な原作批判で煽る
  ↓
人が集まってきたところで、ドラマチックに謝罪
ついでに、アニメ制作者の苦悩を赤裸々に吐露
  ↓
反感持って集まってきた人間も、いつのまにか制作者の不器用ながらもモノ作りに真摯な姿勢に触れて懐柔されていき…


これが実行された結果、今、このブログのコメント欄の流れがどういうふうに変わって来ている?
わからんか?
これが、周到に計算されたプロモーション戦略でなくて、いったいなにがきちんとしたプロモーション戦略なんだ?
つか、素人のおまえが職業マーケッターの俺に向かって何言ってんだ?笑

ちったぁ消費者意識について勉強してから、かかってきなさい。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 20:53:04
>きちんとしたプロモーション戦略に
>マイナスイメージは御法度なんだよ。

知ったかぶりしないで一回、就職した方が良いですよ。
特にネットでの、この様な炎上は、企業内ではクレーマーとして処理される事が大半になってしまっています。悲しいですが。
私も東芝事件の時は、一消費者の小さい声が社会と企業を動かすまでに至った、と心躍りました。
しかし、その後の2chやブログ等での炎上は、ここで言う消費者が調子に乗りすぎた感があります。

正当な抗議行動に満たない声は、いつしか聞き入れら無くなり、それなのに未だに2chでは「勝利した」という声を聞くと、私は虚しくなります。(エイベックスの件も、実は無視されそうだったそうです。でも実際はネットの抗議行動より他企業とのやり取り上で、引き下げる方向に話が向かっていったそうです。又聞きなので真相は違うのかもしれませんが。)

批判する声が間違っているとは思いません。
私もその通りだと思います。
でも悲しい事に、間違った方向に行ってしまった為に、意味を持たなくなりつつあります。

逆に権力を行使する方には、利用される風潮です。
(こげんたちゃん事件も、実は色々な問題を内包しているそうです(解説しているサイト等をポインタ出来れば良いのですが見つからなかったです)。興味があったら調べてみて下さい)

恐らくこんな事を言っても、言われた側は理解されないと思いますが。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:00:18
>つか、素人のおまえが職業マーケッターの俺に向かって何言ってんだ?笑

タイチョでつか?wwwwwwwwwwwwwwwwwww
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:04:00
>職業マーケッターの俺に向かって何言ってんだ

それなら廃業したほうが良いぞ?
クライアントに迷惑だからさ。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:14:38
>2007-06-25 20:53:04へ

間違ってはいないがプロモーションについて、
きちんと勉強したほうが良いんじゃないか?

そうだな「セルジオ・ジーマンの実践、広告戦略論」
あたりから読んでみることをお薦めする。
ジャンルは違っても、消費者の消費行動は同じ。

それと消費者のクチコミという影響力を甘く見ない事だね。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:15:43
とまぁ、こんな具合だ。
意図的にバカを釣り上げることなんて簡単なわけよ。

ここに来て監督批判をしている人間の中に、
『自分たちはひょっとして、プロモーションに利用されているのかもしれない?』
と思っている人間が、どれだけいるのか。

もう一度、言おう。
バカを釣り上げるのは、簡単だ。
そして、釣り上げたあと、思い通りに動かすこともな。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:17:35
>ちったぁ消費者意識について勉強してから、かかってきなさい。

おまえ、消費者を甘く見てるだろ?
まぁ、お前がGONZO所属の職業マーケッターだというなら
GONZOの低迷ぶりも納得できるわな。
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:23:12

おまえは、ひとまず深呼吸し、冷静になって、ひとつ上を読んでくれ笑
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:30:21
安っぽい戦略だなぁ、おい(笑
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:32:45
2007-06-25 21:15:43

お前さん、もしかして……

本気で相手にしてくれてるとでも思ってる?
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:41:33
>2007-06-25 21:15:43へ

ちょっと専門的な話しを持ち出しただけでトンズラか?

まぁ、文面をみればプロじゃないことくらい
スグにわかるんだが(笑)

おっと、これもエサだったのかな?
Unknown (Unknown)
2007-06-25 21:49:34
つか、どこに専門的な話があるんだ?
Unknown (かなン)
2007-06-26 00:31:36
アニメを最初に3話まで見て
コミックを見たのですが
どちらもショックを受けました

子供たちが普通に死んでゆくのはあんまりです

コミックのほうは予定調和的に行くのでしょうけど
アニメが違う方向で完結するのなら、それはそれでいいと思います

アニメの終わり方、どうなるのかわからないけど
怖いけど結末を見てみたいです
Unknown (Unknown)
2007-06-26 02:43:02
>「セルジオ・ジーマンの実践、広告戦略論」
海外マーケティングがそのまま通用する会社にお勤めですか。
羨ましい限りです。

釣はここまでにしておいて。
CGM自体が日本の(匿名ネット)という文化圏内では、
ある種の悲壮感が漂いつつあるのは、彼方の会社でも耳にしていると思いいます。

つまりそういう事です。
>それと消費者のクチコミという影響力を甘く見ない事だね。
Unknown (Unknown)
2007-06-26 02:44:55
↑目指すべきとは思いますよ。
梅田望夫氏は好きですし。
でも現状は…と言う意味です。
Unknown (Unknown)
2007-06-26 12:09:44
>つまりそういう事です。

は? 意味がわからん……
Unknown (原作もアニメも見る通りすがり)
2007-06-27 05:49:02
どうでも良いけど、
600レス目なんです。
Unknown (sameboat)
2007-06-28 13:51:30
このブログで、森田監督が、宮崎駿監督の仕事に関わっていらっしゃったことを知りました。

なので、以前から、素人なりにアニメ全般について感じていたことを書かせてもらいます。
僕は宮崎アニメは、ある程度までは楽しめるのですが、本質的にしっくり来ない部分を感じていました。

というのは、繰り返し描かれる自然と不自然の対立の構図や倫理的価値観に、ある種の押し付けがましさや「ご都合」を感じてしまうからです。

本当に、「自然」であることが人間にとって望ましいのか、それなら自然と不自然の境界とは何なのか?

少女が危機に直面して突然、身も心もスーパーマンになることほど不自然なことはないのに、そこにすべての解決を求めてしまっていいのか?
ということです。

もしかしたら、エヴァは、その価値観を乗り越えようとしたということで功績が大きいのかもしれませんが、その理解には、複雑な設定という壁があって、一般的にはキャラやメカに対する人気が先行しているようにも見えます。

「ぼくらの」を観た時に、さらにそこへ一歩踏み込んだものが出てきたんだな〜という感触を持ちました。

監督のお考えになる「ベタ」「わかりやすさ」が何を意味しているのかはわかりませんが、僕はそういう意味で、アニメなりの「ぼくらの」から発せられるメッセージには期待しております。
Unknown (はつのり)
2007-06-29 01:36:44
色々問題があるようですが、
記事を読んだ限り、決して作品に対して誠意がないとは思えないんですよね
とりあえず気持ちを切らさずに頑張ってください
Unknown (てんぺすと)
2007-07-11 10:19:18
アニメ化=原作の再現
なんてつまらない考えだと思います。

エヴァだってアニメ版と貞本版ではストーリーも性格も違うし、
宮崎監督のアニメも宮崎色に染まってる。
柊あおいの原作とか特に…。

もっと純粋に作品を観れないものかなぁ…。

私も鬼頭さんの死に対する考え方は共感できないのですが、漫画としては面白いと思います。
なので森田監督の「ぼくらの」は凄く共感できる部分があって好きです。



Unknown (Unknown)
2007-07-22 08:15:59
監督は信念を持った立派な方だと思います。
だから将来、お子さんが職に就かれる時に、ご自分の仕事ぶりを伝えてあげて下さい。
鬼頭氏の原作、監督のアニメ、このブログとコメントを包み隠さず全て。
Unknown (Unknown)
2007-07-23 02:42:15
どの世界にも全てに文句しか言わない奴は居る。
特にネットじゃ顔が見えない事をいいことに
適当なごたく並べて評論家気取りの奴等ばかり。
一々そんなのに反応しなくてもいいんじゃ?

原作を汚してると思うなら、
アニメを見るのをやめれば良いだけの話。
監督は自分の思ったように作り上げていけばいい。

ま、原作もアニメも見ていないけどね。
アニメぼくらの、好きですよ。 (F)
2007-07-23 05:52:07
ある日TVをつけたらちょうど初回を目にして、このときに「ぼくらの」という作品を知り、現在まで見るにいたっています。
私は原作を知りません。興味が出て書店で試し読みの第一話を読んだだけです。ですから、アニメ版が原作をどうのこうのとかいう話もわかりません。ただ、そういう意見があるのならアニメを見て好きになった、この「ぼくらの」の世界、またアニメ化にあたって切り落とされた部分など、原作に戻ることでまた楽しめると、そう思っています。そういった意味で幸せ者だとも思っています。
たしかに原作を知らないからこういう考え方・発言ができるだけなのかもしれません。それでも
私はアニメ「ぼくらの」が好きです。
アニメから原作への興味を持ちました。
それだけの魅力はあるし、あるいは保っている。これも事実です。
それだけです。いちおう、一ファンの応援メッセージということで。あ、ちなみにダイチの話が特に好きです。DVD買おうと決めた回です。
Unknown (ニコニコから)
2007-07-26 01:19:56
初めて書き込みさせていただきます。

私はアニメよりも原作が好きですが、
一人のクリエイターとして、その信条を貫く監督の姿勢には敬意を抱きました。
原作は鬼頭先生のものですが、アニメ作品は監督のものです。
原作者が了解したのであれば、大いに改変してもいいと思いますよ。
むしろ、妥協や譲歩を許すような監督でない事に安心しました。

原作のマキ編にはかなり強い思い入れを持っていたのですが、
大分改変されたアニメ版マキ編にも感動しました。
原作で出来なかったことをやってくれたので、救われる思いでした。

ただ、やはり少し発言が過激だったのではと感じます。
「ぼくらの」は商業作品です。
監督の発言は関係者の発言として、「ぼくらの」に関わる多方面に影響を及ぼします。
お気持ちはお察しいたしますが、もう少し冷静になられらほうが良かったのではと思いました。

監督のおかげで「ぼくらの」に出会えた人間もいるのです。
どうかこれからも自信を持って頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2007-07-26 18:32:02
なーに言ってんだか。 
長い文章で読む気にもならん
ニコニコから (Unknown)
2007-07-27 01:32:41
一度引き受けたなら最後までクリエイターとして真面目にやるべきです。
こんな発言は作品自体の評価まで下げるだけじゃないですか。
Unknown (通りすがりの原作ファン)
2007-07-28 10:31:47
 1から作り始めたものでも、原作が有るものを作り替えるものでも、出来上がった作品が製作者の全てを語っているのだと思います。。なので、自らのこの事件に対する解答は最終回を見てから考えたいと思います。アニメの改変については、アニメ自体が改変無しには成り立っていない現代があるので、何も言う事は有りません。でも、(これは特に他のアニメにも思っているのですが、、)どんな形の作品であろうと、制作者を映し出す鏡で有る事を忘れないで下さい。。良くも悪くも、自分自身の姿が常に作品には映し出されます。最終的に他人の評価や打算では無く、自身と向き合って作って下さる事を願ってます。
Unknown (Unknown)
2007-07-29 23:17:23
そんなに隠したいのかぁ
Unknown (Unknown)
2007-08-01 00:03:18
初めてこちらへ伺いました。原作もアニメも未見です。

監督の意見、皆さんの意見を読んで、原作を読むのはやめてアニメの方を見てみることにしました。
監督の姿勢から察するにアニメの方が自分の好みであると感じたからです。とかく後味の悪いものが名作であると評価されがちですが、私は見終わって気持ちの良いものが好きです。
残酷さに頼らない、感動を重視した展開と結末に期待しております。

監督は少し原作のファンの方(の一部)の意見を読みすぎたのではないでしょうか?
多くの方が仰っておられるように、クリエーターはファンの意見に対して言葉ではなく作品で答えるべきだと思います。
ネットの意見に耳を傾けすぎ、ムキになってしまうのなら表現し終わるまでネットを断つのも手だと思います。
とにかく作ったものを見ろ、言い訳は一切しない、くらいの気概で頑張って頂きたいです。

アニメの今後、期待しております。
Unknown (Unknown)
2007-08-01 13:37:19
面白いアニメです。
がんばってください!!!応援してます
Unknown (浜〜)
2007-08-01 13:38:35
監督の考え方、共感できます。

クリエーターとしての信念、素晴らしいです。
がんばってください!
Unknown (Unknown)
2007-08-03 04:14:36
鬼頭の多くは燃焼に対するエキセントリックなだけの
性描写や死の扱いには嫌悪しか湧いて来ない。
本人はキャラクターに刹那的な死をもたらすことで
感じ入ってるのかもしれないが、最悪だ。
Unknown (Unknown)
2007-08-08 13:03:37
なぜこの仕事を引き受けたのか。
その理由をぜひ聞かせてください。
まぁまぁ、落ち着こう (アニメ観てます)
2007-08-08 22:20:09
昔、BLOGをやってて、ちょっとウツなこと書いて、批判されて、逆切れしちゃった自分を思い出しました。

う〜ん、ネットって難しいよね。
名前出して、仕事を同時進行して、製作過程を公開するって、すごく危険なことなんだね。
名前が匿名じゃないのだから、いろいろ響くことが多いでしょう。
監督さんはすごく疲れているんだろうと思います。
とっても心配しています。

私個人は、友人から教えてもらって、このアニメを観出すようになったのですが、友人は無類のOPマニアです。
めちゃくちゃ誉めてましたよ。
音楽も、「ぼくらの」切なさや悲しみを、よくあらわしてるし、音楽とも素晴らしい絡みを見せてるって。

私も、初めて観た時、そう思いましたし。
今では、個人的には、見逃したくないアニメのランク1位です。

原作未読派なのですが(というか、読んだらウツになるって言われて、びびってる)いろいろ調べてみたら、やっぱり原作の内容を映像化することは、かなり無理があるし、作品を作るうえで、主人公の少年少女を救いたいという気持ちは、見守る監督さんなら、きっと当然の思いだったのでは。

前途有望な子供たちが、バッタバッタと死んでいくのは、やっぱり大人としては辛いですよ。
なんとか救いたいと思いますよ、人として当然ですけど。

でも、うーん、監督さんは人付き合いが苦手みたいなことを言ってらっしゃるけれど、だからといって開き直るのは、危険ですよ?
お名前出してらっしゃるんですから、これからの作品作りに響いてしまったら、やっかいですよ。

すっごく気持ちは分かるけど、落ち着いて、ご自分の将来の作品のこと、この作品に関わる大きなお金やたくさんのスタッフさんたちのことを考えてみてほしいです。
私も正直すぎて叩かれることはありますけど(しかも、ネットでなくリアルで・・・ガーン)、正しいと信じるだけでは、それを押し通すだけでは、生き辛くなるだけなんだなって、最近やっと分かってきました。

監督さんがネットの人々に密に触れるのは、作品とこのBLOGだけなんですから、産みに苦しんだ作品のためにも・・・。

応援していますから、最後まで頑張って欲しいです。
ちゃんと来週も観ます。
Unknown (sin)
2007-08-11 14:01:56
っていうか、全員が満足する作品なんて
あるわけないのに、いちいち反論に対して
カーっとなって気にしてるなんて
森田さん、何年プロやってるんすか?

あと、クリエイターならば、
凝った設定や絵ヅラではなく、
物語やキャラクターが一番消費者の心を掴むのは
いい加減ご存知ですよね?

実写劇場版
「CAS●HERN」然り
「笑う●天使」然り
「弟切草」然り

映像クリエイターが陥りやすいミスですが
凝った映像や表現にばかり固執するあまり

視聴者にとって一番大切な
「人物描写」がお留守になる。
重力を気にして、ロボットのアクションを変えたりも
結構ですが、原作との明らかな改変は
さすがに原作者に相談するのは必要でしょうに。

自由にしてくれと許可が出たからと
ハイそうですかと、森田節のオナニーショウを
していいはずがない。

原作付きアニメで、アニメーターのオリジナルが
成功した例は少ないです。
アニメは絵が動き、音が入る分、
マンガでは得られないものを表現するに
留まるに限ります。

大多数に支持されてる原作のテイストを
壊してまで好きにしていいはずが無いです。

「クロノクル●イド」も、
後半は史実の歴史と繋げて
脚本家的には「フフフ!史実とつながるって設定いいだろう!」と思ってるのでしょうが
これまたオナニーショウ。
原作ファンは、そんな事よりも
主人公2人の絆の方が大切なのです。

まあ、アレンジするにせよ
原作ものをやる以上、原作に敬意と、
その原作ファンが原作の何がすきなのか
…くらい、アニメに汲み取ろうとしなければ
やる資格がないと思います。

周りのスタッフからも、理解されなくて
困るような、自分は他人とは感覚がズレてるとか
おっしゃられてますが、

なぜそんな人が監督業をやれるんでしょうか?
GONZOは年功序列、体育会系気質ですか?

ともかく、子供じゃないんですから
いい加減、
【万人に受けるものはないので、いちいち反応するな】
ってことと

【原作ものをする以上、センス無い色気を出すな、
出せないのが嫌なら、最初からするな】

って事はいい大人なんですから理解してほしいところです。

上に挙げた映画はどれも森田さんと同じミスを
してるし、どの監督も
世間で叩かれてる事に対して
「やれやれ、この良さが判らないかねえ」といった有様。

視聴者の目線に立てる人こそが本物です。
理解されないものは単なるオナニーなのですよ。
Unknown (Unknown)
2007-08-15 02:38:55
は?原作嫌いなら引き受けんなよ。
Unknown (Unknown)
2007-08-18 22:07:22


一度アニメ化されると
リメイクするっていうのは、まず無いですよね。

『ぼくらの』っていうアニメは、
二度として世に出てきません。

どういう作品になっても、監督の作る『ぼくらの』が、
最初で最後のアニメ版です。

力を尽くしてください。


Unknown (Unknown) (Unknown (Unknown))
2007-08-29 21:30:45
同感

嫌いなら仕事うけないでくださいお願いします。

アニメは納品したら終わりではないのです。

監督の評価は下がってもいいかもしれませんが原作者の評価も少なからず下がってしまうのです。

自分はいいとしても他人を不幸にするくらいなら仕事を他の方にゆずってもよかったんじゃないですか?

それともプロ暦が長いあまり「自分だとこうしたいんだっ!」という考えが強すぎて脱線しちゃったのかな?

お願いです何年プロしてるか気づいてください。
仕事受けるなら原作読めっ!!!!!!!!!

そのくらい小学生でも分かる事です。
本当に今までの作品森田さんが作ったんですか!!?!??!?
Unknown (ななしん)
2007-08-30 13:49:05
宮崎駿は「全年齢対象」でしょ???
ぼくらのは”死ぬ”ってのがウリだったから深夜帯にきてるんじゃねーの??それにもしゴールデンがとれなかったとしていたしかたなく深夜帯に来たとしても監督のちっぽけな野心を貫く必要はねーのよ。
その時間帯は視聴者は大人が多いわけ。分かります??監督は本当にアホなんですかね。
それを子供にはもっと希望を持たせたいって理由で自分で変更するなんて無能すぎるだろ。脳みそ入ってるの?その時間帯はどちらかというと”大人に”なの。
監督マジやめろ。
Unknown (いずみ)
2007-08-31 14:59:19
僕もこの原作は嫌いです。
読者の心を故意に傷つけようとしてる作者の薄ら笑いが透けて見える気がします。
感情移入させたキャラクターを酷い目に合わせて殺す。
それもなるべく神経を逆撫でするような設定で。
これをすればほぼ確実に人の心は大きく揺れ動きます。
あくまで僕の主観ですが、とくに千鶴編ではそう感じました。
しかし表現者として最低限守らなければならないのは、そういう禁断の法則を使ってはならないことだと思うからです。
たとえ同じバットエンディングであってもそんな法則を使わずに人を感動させることは才能があれば充分可能なのではないでしょうか?
商売としては問題ないのかもしれませんが、思春期の読者に与える影響などを考えれば如何なものかと思います。
漫画の表現は基本的に自由だと思いますが、だからと言って責任がないわけではないと思います。
Unknown (Unknown)
2007-09-05 19:56:00
改変改変言ってるけどお前のは改悪だから。
原作読んでケチつけてるけどお前の才能じゃ原作超えられないよ?理想ばっかり掲げてないで視聴者の事考えたら?
視聴者はタモツを見たくてアニメ見てるのか?
大人しく原作通りやってたら神アニメだったのに...お前のせいでぶち壊しだわ。鬼頭に謝ったほうがいいよ。
お前と鬼頭との対談とか見てると、鬼頭露骨にお前の事嫌ってるよね?しかもお前気づいてないし。
お前が糞アニメ作るのはいいけど原作者に迷惑かけてること覚えとけ。
鬼頭へのお詫びとして来週からタイトル「もりたの」とか「たもつの」とかにして「ぼくらの」とは違う作品にしてくんない?
Unknown (Unknown)
2007-09-05 20:07:43
やくざ編・議員編のせいで21話超展開になっちゃってますよね。

やくざと議員にもう少し自重してもらえばもうちょっと落ち着いた展開が書けたでしょうに……。

是非とも大人にはもう少し自重してもらった「リライト版」を出してもらいたいです。
Unknown (Unknown)
2007-09-06 06:16:39
21話まで見ました。が、どんどん良くない方向に進んでる気がしてなりませんね。

根本的に原作者と監督の性格がかみ合わないことがかなり災いしてるように思います。

原作者が確信犯的に描いた『感傷』をクソ真面目に改変している行為が、

私には原作者に踊らされているようにしか思えません。

まず、原作を理解しない人がそれを超えるものなんて作れるわけないです。

原作が嫌いで仕事を引き受けているのなら、
原作者を出し抜くつもりで改変をしてみて下さい。

今まで見ている限り監督の気に食わないものを避けているだけにしか見えないです。
Unknown (Unknown)
2007-09-09 19:45:05
たまたまチャンネルを変えてたらやっててファンになったのですが
こんなキモいファンのつく原作は読みたくないのが正直なところ
監督には頑張ってもらいたいです
    (鋼田一 豊広)
2007-09-09 23:49:37
別に原作を変える自体は悪くありませんし
面白ければ多くの人もそれなりの評価をしてくれることでしょう
もう少しどうすれば視聴者を面白がらせられるか?
それを御一考して下さると嬉しい限りです
個人的に思った事。 (uninstallイイネ)
2007-09-12 05:20:33
改変を望まない人はコピペアニメが観たいのだろうか?GONZO作品は他にも2〜3作観たが、
『パンプキンシザーズ』みたいな『原作に沿って作ったけど話数足りないから引き伸ばし用に改変した』みたいな感じのするもので無いのであれば、違いを
楽しむべきじゃないかなぁと思う。

実際原作を読んだ人にはただのコピペアニメは
 観てて退屈。「原作が嫌いです」と言う発言は
確かに失言だったかも知れないけど、
 コピペじゃなくて良かった!と思える出来に
なる様見守ってあげるのがいいんじゃないだろうか?
Unknown (Unknown)
2007-09-21 02:28:18
原作者含め全員が納得してるなら嫌いだろうがどうでもいい。
ただ、つまらなくなった、と言ってその人が原作ファンと決め付ける事には納得がいかない。
自分はコピペアニメも:原作を理解した上でのアレンジモノも大好きです。
森田宏幸さんの性格は嫌いです。
あなたは作品の訴えが自分と違うからと、子供の様にわがままを通しているだけです。
大人ならば仕事と割り切り、原作を肯定し、自分と違う方へ向けて手を加えるべきです。
自分と同じ事をする新人が入ったら、と想像してみてはいかかでしょうか。
棘のあるコメントだからと敵対する姿勢のままでは皆の言う事がりかいできなーいー。
Unknown (Unknown)
2007-09-22 13:37:48
超える、超えねぇっていうほど原作が面白いとは感じねぇんだよなぁ…
オレはアニメの方が面白いよ、マジで
Unknown (Unknown)
2007-09-22 19:24:16
アニメ版は見ていて違和感があるんですよね
なんていうか、軽いです
いろんな場面、演出、表現が
もっと深く、重く、怖いはずなんですよ
Unknown (Unknown)
2007-09-23 10:42:47
鬼頭作品は全部買ってますが、元々読者を選ぶ漫画なので完全アニメ化は無理と
観る気はなかったのですが、OPテーマが気に入ってしまい観始めました。
7話を観て、漫画と同じ事をやろうとすると面白くなくなると感じました。
(アニメや映画は、流れのスムーズさと緊張感の維持が命だと思います)
他人の手に委ねた時点でもうその作品は別物で、アニメ制作者の主観が入って当然です。
アニメも原作通りにしたいなら、原作者もスタッフに加わって口を出すでしょう。
森田版ぼくらのはとくに保さんが良く、いい意味で一般向けにアレンジされていて
自分は好きですよ。
DVD boxも出たら買ってしまおうかと思案中です。

森田監督に言いたい事があるとするなら、ニコニコ動画のコメントにまで
いちいち気にするのはどうかと思います。
世界の宮崎監督だって不本意な作品の方が人気があり、富野御大なんて暴言の嵐です。
いいんじゃないでしょうか?問題発言が話題になって。
アニメ化のせいか、あんなマイナーな原作もかなり売れてますよ。
もっとはっちゃけた発言で、楽しませてほしいくらいです。
作画崩壊が多い07年アニメの中で、ぼくらのはよくやったと思いますし。
開き直ってこれからも頑張って下さい。
Unknown (かるたas姫)
2007-09-26 04:24:39
たまたま、「ぼくらの」関連の動画を見ていて、
「ファンには負けた、ファンはアニメは見ないほうがいい」と監督が言っていたというのも見つけました。

とても、悲しいです。
私は、「ぼくらの」ファンではありません。
しかし、アニメーションを作成したり、Flashでミニゲームを作ったり、監督には程遠いのは承知の上でコメントさせていただきます。
モノをつくる上で、「否定」することから、
よりよい「モノ」を作り上げることはできるでしょうか。
私は、そうではないと思っています。
もし、どうしても、理解も納得もいかず、生理的にも受け付けない作品だったとしたら、どうして、監督を引き受けたのでしょうか。
「アニメ」を期待している人の気持ちを裏切ることになりませんか。
少し、悲しい限りです。GONZOの作品は、いつも気になっていたのですが、今回限りかもしれません。
では、また機会がありましたら。
Unknown (しがないニコ厨)
2007-09-26 23:51:09
原作知らないでアニメだけ見てたけど、終わり方がちょっとひどかったかな。
というのも「これで終わりなのか!?」という感情を抱いてしまったから。
続きは視聴者の考え、イメージに任せるという考えもあるでしょうが、ループするようでしないし、結局カナの回想なのかもわからない。
という点で「をいをい」と感じたのですが、まぁ、あえてこういう終わり方をした作者様の意向も受け止めます。


(でも たもつの はいらないと思いましたよ^^)
Unknown (んーと)
2007-10-01 23:36:01

支配者フラグなど伏線丸投げはよくなかったけど、全体的には面白かったですよ^^
あと七話くらいあればきれいにまとまったかもしれん。

あとここでギャグマンガ日和つってるやつはギャグマンガ日和ちゃんとみてからいってね^^
Unknown (Unknown)
2007-10-07 15:04:00
監督作業、大変なんだとゆうことが伝わってきました。
きっと真面目な方なんだと思います。
すべての人の意見を受け止めるのは、大変です。
監督がこのような発言をした事は、視聴者に納得してもらうために必要だと考えたからでしょう。
潔さに、良い気持ちになりました。
Unknown (Unknown)
2007-10-07 15:58:30
なぜこんなことができる?
作品がどうこう以前の問題です。批判するわけではなく、
ただ傷つけるだけの文章。確かに監督の失言もあった。
しかし、なぜそうなったのか。
自分の力が及ばなかったと謝っている人間を
なぜ傷つけることができる?
なんなんだよこれは・・・
Unknown (Unknown)
2007-10-07 18:57:16
監督も望まぬままジアースに乗せられた一人で、
どうやって生きるか必死に考えて死んだんだ。

乗りもしないで感想言うだけで
勝手に社会に踏み潰されて死んでいく足元の人間が
何を言ったって無駄じゃないか。

少なくてもニートは
どうやってジアース(社会/世界)に乗るか考えろよ。
そして早く死に場所を見つけろ。
つーか世界はそういう時代に来ていることに早く気づけ。
プロを甘やかすな (Unknown)
2007-10-14 01:38:33
 プロを甘やかすことが、大人な態度だと勘違いしている方がいますね。
 アニメを見てから、批判の多さに驚いて原作を手にした者ですが、大いに納得しました。単純にアニメは面白くありません。
 原作よりもアニメのほうが面白ければ、アニメに付いたファンが作品を擁護してくれます。テレビの視聴者という桁違いのマスの中では、原作の読者など微々たる物です。視聴者に支持を得られなかったのは、アニメが面白くなかったからで、極端に言えば原作との比較は面白くなかった理由を探した結果の、後付けに過ぎません。
 原作に嫌悪感を持つ人も多いはず。だから、本来ならばその部分を修正したはずのアニメは、原作よりも一般から支持されなければならなかった。それが出来なかったのは、職業作家としての監督の無能が原因です。
 今後の作品の糧にするなら、むしろこのブログでは賛辞を削除して、批判だけを残すべきでしょう。
Unknown (neko)
2007-10-21 21:29:38
別にアニメは原作の「修正」では無いですよね。
どちらか一方だけが正しくて、一方だけが誤りだという絶対的な基準は無いんだから。

「原作が嫌い」という言い方は不器用で誤解を招くものだとは思います。但し、原作に納得できない点があった、原作に異論があったというのは、監督と原作者が違う人間である以上は大なり小なり避けられないことだし、けっしておかしなことではない。アニメは原作を元にしているとは言え、原作を忠実にトレースするアニメである必要性はないですね。
※その反面、原作を忠実にトレースするアニメを否定するつもりは無いですよ。原作を忠実にトレースするのもありだし、監督なりスタッフの考えを色濃く出して改変するのもありだと思います。

仕事をする以上、監督なりスタッフが自分の色を出したいと思うのは当然ですよ。

「作品」として監督なりスタッフの考えを色濃く出す(たとえ売れなくても)のもありだし、より商業的な「売れ線」を考えて監督なりスタッフの考えを押さえるのもありなんでしょうね。
そのバランスが難しいんですよねぇ。
Unknown (neko)
2007-10-21 21:39:51
アニメの監督をする立場であれば、原作は「憎たらしいライバル」じゃないかと思いますよ。
監督なりに「ぼくらの」という作品を愛しているんだと思うし、だからこそ「嫌い」とか、極端な場合は「憎い」いう感情が起きてもおかしくはない。

「愛情」と「憎悪」(と表現してしまうと極端かな?)を表裏一体に抱くのは、別に不思議では無いと思うんですけどねぇ。
Unknown (Unknown)
2007-10-22 02:22:16
また見当違いなことを・・・・

原作を改変した事が問題なんじゃなくて、改変して見る側が納得出来ない様なモノにしたことが問題。納得出来るようなモノに“改変”されていたらここまで盛り上がったりはしないよ。
Unknown (Unknown)
2007-11-09 17:28:00
>私はよほどまわりと協調し調和した生き方が苦手なようです。

こういう言葉を発する多くの人を見ていて思うんですが・・・・

協調も調和もお嫌いですよね?
自分に対して意見が来た時に、あなたが欠片もその必要性を感じていない能力に置き換えて、逃避していませんか?

私は協調も調和もできません(でも、そんな能力いらないと思うけどね)

というあなたの言葉が聞こえてきます。
他の方も別に協調や調和なんて話をしたいわけではないんですよ。

お前の作品はつまらない

それだけです。
作品が面白ければ誰も文句を言いません。
作品がつまらないからなんとかしたい。
その為に動いてもあなたは拒絶する。
だから言うんです。

人の話を聞いてください

と。
Unknown (Unknown)
2007-11-09 19:15:48
ぼくらのは、子供達がなにかわからない大きな力によって
逃げることも、負けることも許されず、それでも最後は自分の信念を貫き通して
死んでしまう。しかし子供達の勝利の裏には、一人の子供と、一つに世界の
破滅が必ずつきまとう、といった歯がゆさがいいのだと私は思います。

子供が死んでいくのを肯定しているように感じると言ってましたが、アニメ監督なんですから、「現実」と「アニメ」で割り切ってください。
なにも鬼頭さんだって作中の子供達を殺して楽しんでるわけではないでしょう。

私も、ぼくらのが子供達がいきなり拘束され、絶望のうちに死んでいくような作品なら好きにはなれませんが、この作品は(数人の例外をのぞいて)一人一人自分の意志を貫いて気持ちよく散っていってるのではないでしょうか?
これは喜劇ではありません。はっきりいって暗い物語ですが、自分が制作しているアニメはそういうジャンルのものなんだということをよく踏まえた上で、いい作品を作っていくことが大事だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-11-09 19:16:01
ぼくらのは、子供達がなにかわからない大きな力によって
逃げることも、負けることも許されず、それでも最後は自分の信念を貫き通して
死んでしまう。しかし子供達の勝利の裏には、一人の子供と、一つに世界の
破滅が必ずつきまとう、といった歯がゆさがいいのだと私は思います。

子供が死んでいくのを肯定しているように感じると言ってましたが、アニメ監督なんですから、「現実」と「アニメ」で割り切ってください。
なにも鬼頭さんだって作中の子供達を殺して楽しんでるわけではないでしょう。

私も、ぼくらのが子供達がいきなり拘束され、絶望のうちに死んでいくような作品なら好きにはなれませんが、この作品は(数人の例外をのぞいて)一人一人自分の意志を貫いて気持ちよく散っていってるのではないでしょうか?
これは喜劇ではありません。はっきりいって暗い物語ですが、自分が制作しているアニメはそういうジャンルのものなんだということをよく踏まえた上で、いい作品を作っていくことが大事だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-11-09 19:16:02
ぼくらのは、子供達がなにかわからない大きな力によって
逃げることも、負けることも許されず、それでも最後は自分の信念を貫き通して
死んでしまう。しかし子供達の勝利の裏には、一人の子供と、一つに世界の
破滅が必ずつきまとう、といった歯がゆさがいいのだと私は思います。

子供が死んでいくのを肯定しているように感じると言ってましたが、アニメ監督なんですから、「現実」と「アニメ」で割り切ってください。
なにも鬼頭さんだって作中の子供達を殺して楽しんでるわけではないでしょう。

私も、ぼくらのが子供達がいきなり拘束され、絶望のうちに死んでいくような作品なら好きにはなれませんが、この作品は(数人の例外をのぞいて)一人一人自分の意志を貫いて気持ちよく散っていってるのではないでしょうか?
これは喜劇ではありません。はっきりいって暗い物語ですが、自分が制作しているアニメはそういうジャンルのものなんだということをよく踏まえた上で、いい作品を作っていくことが大事だと思います。
Unknown (Unknown)
2007-11-09 19:16:02
ぼくらのは、子供達がなにかわからない大きな力によって
逃げることも、負けることも許されず、それでも最後は自分の信念を貫き通して
死んでしまう。しかし子供達の勝利の裏には、一人の子供と、一つに世界の
破滅が必ずつきまとう、といった歯がゆさがいいのだと私は思います。

子供が死んでいくのを肯定しているように感じると言ってましたが、アニメ監督なんですから、「現実」と「アニメ」で割り切ってください。
なにも鬼頭さんだって作中の子供達を殺して楽しんでるわけではないでしょう。

私も、ぼくらのが子供達がいきなり拘束され、絶望のうちに死んでいくような作品なら好きにはなれませんが、この作品は(数人の例外をのぞいて)一人一人自分の意志を貫いて気持ちよく散っていってるのではないでしょうか?
これは喜劇ではありません。はっきりいって暗い物語ですが、自分が制作しているアニメはそういうジャンルのものなんだということをよく踏まえた上で、いい作品を作っていくことが大事だと思います。
Unknown (売り言葉に買い言葉)
2007-11-10 04:29:58
まぁ、軽率な発言だったとは思いますね。
バッシングに一々対処するのも限界だったんでしょう。
自分の考えがなかなか伝わらない歯がゆさもあったと思います。

アニメ作品としてはよくまとまってる感じがして
楽しめましたよ。
…基幹の設定にもともと無理があるとは思いますけどね。
原作者の主義・思想を大前提とし、そこに引き寄せて後付けしたような印象を強く受けるので、
整合性をたもつのに苦労されたのではと推察いたします。

ま、どうしても主観というものが個々にはありますから、丁寧が過ぎて、視聴者の意見に一々細かく対応するというのも善し悪しですね。
個人的には、どのような設定であれ、子供が死を避けられずに死んでいくというものを、あえて映像作品にすること自体に疑問感じますけど、それを言ったらミもフタも無いですからねw
それをなるべく前向きなものとして描こうとされてたんでしょうね。
いろいろお疲れ様でした。

ちなみに、893風情を任侠風味で美化するのは大反対です。
どうもはじめまして (れん)
2007-11-14 12:49:42
始めまして。原作ノータッチ、アニメ観てる途中の者です。

過激な発言は無視しても、正論を述べてる方もいるので、監督には耳の痛いことも、了承していただきたいです。 応援してる方もいますしね。

監督やめろ、そもそもなんで引き受けたとは言いません。どうしてもやらざるをえなかった環境だったのでしょう…多分。

要は、アニメが面白いものだったら改変は構わないと思います。それにアニメでは「こう伝えたいものがある」という、それなりのメッセージも視聴者が受けれれば良いのでは、と。つまり、アニメという作品を、観客に見せる監督としての誠意ですね。 …それをいちいちコメントさんにサポートされてるのが悲しいが。 そもそもその誠意を持っているのか、本人が何も言ってない。 是非どう思っているのか聞きたい。
結局、作品でもこちらでも最後まで言わず、ただ「観ないでください」という感情論で終えてしまうのは…

簡単に考えて欲しいが、誰もが見れるテレビCMに監督が出てきて、「私はこのCM嫌いです!観ないで!」と言ってるようなもので。 いや、見えちゃうから。(笑

だから発言には気をつけていただきたい。利用している媒体が媒体なのだから。(公開のブログ・アニメ…いらない説明だと思うが。)

個人的に、ブログを観ただけの感想だと、文章から、作品に対してのアニメを作る人間としての誠意が伝えられてない、むしろ否定しているように見れました。

結局、余裕も時間もなくて、自分の愚痴をつらつら言っちゃったのでしょうね。 しかし、そのため状況は悪化(周りの製作者に迷惑になったのでは・商業者もお客が減る!と慌てたかもしれませんね:笑 …その一部できっと「よく言った森田!」とガッツポーズを隠れながらしてる人もいると思いますが)。

しかし、作品を純粋に楽しみたいと思っていた人間の人望も減ってしまったという現実をわかっていただきたいと思います。

チズに関しても、見解が監督自身が軽薄だと思われます。 他人を見下したような文章は、よくないですよ。
wikiかなにかから飛んできました (Unknown)
2007-11-17 02:07:57
コメントとか見てる間にどういう経路でここに来たか忘れましたが、はじめまして、おじゃまします。

 監督が原作を嫌いと思う事、別にかまわないと思います。原作者がストーリーを変えて良いと言って居るなら、なお更監督の腕の見せ所でしょうし。

 ただ、自分の作品を発表する立場にある人ならば、自分が全く意図しなかった方向性で、視聴者が解釈を加える可能性がある事は理解されていると思います。
 その上で、この発言が、一部の「監督が原作を嫌いといった」と言う事実のみに感情的になっている人たちのみならず、図らずもこの記事を見た或いは知った人をも、フィルターなしでアニメを見られなくしてしまい、結果ご自身のアニメの可能性をもつぶしてしまって居ると言うのが残念です。

 幸い、私はこの記事を読む前にアニメを見終える事ができました。監督が原作をお嫌いでも、このアニメを通して描き語った事や、監督御自身の「ぼくらの」の解釈など、描きたい事や描いている事があったのでしょうから、この発言を受けて、もう一度アニメを見直そうと思います。

 「原作が嫌いだからアニメもいい加減にやった」とは思いませんが、正直アニメ版は途中から出てくるキャラクターがやたらと活躍して彼の行動を追うアニメになってしまい、どちらかと言うと「ぼくらの」である必要性が無くなっていました。彼が、困っている人を助ける水戸黄門みたいなアニメでもOKな筈です。(原作もこういう流れになるようならば読むのやめますw)

 あと、「原作を尊重してるんですから当たり前ですけどね。」「コミックはずるい」と言う発言や「嫌な人は見ないで」と言うのは御自身を下げましたね。
 猫の恩返しはみましたし、アレが楽しく見れた作品であっただけに、こちらも残念です。

 あと、これまでの内容と反対になりますが、嫌いな作品でもどんどんやって「原作が嫌いだから変えた」と言ってくださいw
 多分監督のファンでアニメを見ている人は、そうした作品に見られる「森田宏幸臭」も楽しみに見ていると思います。

 今後のご活躍にも期待しております。
Unknown ( )
2007-11-17 11:48:30
>>『パンプキンシザーズ』みたいな『原作に沿って作ったけど話数足りないから引き伸ばし用に改変した』

設定と性格も変えてるのに原作と同じ行動をとるキャラに違和感を感じなかったなら、貴方に観る目が無いとしか言えないな。アレの何処が原作に沿ってると言うのか。
インターネットは悪意が出やすい (somebody)
2007-11-17 19:19:27
森田様
 
2chなど見ればとても分かりますが、
匿名、顔も見えない状況で、
ヒトは言いたい放題
言います。
 
ヒトはヒトを前にした時に
ヒトらしくなるのです。
 
インターネットの書き込みしている時は
自分の家族のことも忘れて、
観念の中で感じ思い考えます。
 
インターネットの中で、
悪意を増幅させ、
悪意の赴くまま、
言いたい放題言います。
 
しかし、
そのようなヒトも
家族、大切なヒトの前では、
ふつうのヒトになります。
 
他人を目の前に話せば、
森田さんを目の前に話せば、
悪意を観念の中で増幅させて、
言いたい放題という
状態にはなりません。
 
どうか、
言いたい放題言える状態からの
悪意あるコメントに
心を痛めないように
お気をつけ下さい。
Unknown (Unknown)
2007-11-19 21:05:56
>私自身が原作を嫌いで
>ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。

いろいろ言い訳してるが、
この一言でもうお前はクリエイターとして終ってる。

0から話作る力も無いくせに、
どの口が言ってるんだ?


今後は自分の儲け目的だけで、
原作付きアニメに一切関わるな。





オリジナル頑張れよ、見るからさ。

面白ければな。
Unknown (Unknown)
2007-11-24 20:52:53
こんな発言をされると…

素直に、変な先入観なしで、ただ純粋にアニメを楽しめなくなってしまう。
あーあ。
Re: 2007-11-24 20:52:53 (Unknown)
2007-11-24 21:44:57
裏話なんかに興味を持たなければいい。
クリエイターが作品以外の物で作品を語るのは結局“言い訳”でしかない。
アニメならアニメだけを見てスタッフの“言い訳”なんぞ興味を持たなければそこそこ純粋に楽しめるぞ。
純粋に“つまらん”とか“訳がワカラン”との作品ももあるが。 ・・・・・どの作品とは言わないw
Unknown (セロ)
2007-11-26 06:55:06
今頃ですが
ぼくらのを一気に24話までみました。

なぜここまで改変したのか、疑問に思っていましたが
ブログを拝見して監督の意図がおぼろげながら
掴めたと思います。それを踏まえたうえで
こうした機会ですので個人的意見を。

最近のアニメで思うことですが森田監督に限らず
およそ監督と呼ばれる人たちは
エヴァ以降自分なりの色を強く出すことに
こだわり過ぎてる感じが否めません
昔のアニメだと原作忠実、もしくは複線を
広げてよりストーリーに深く踏み込む事が
主流だったのに今じゃこの監督ならこうする
あの監督なら違ったやり方をするという
監督名を見ただけでもう大体の話の進め方が
見えてくる気さえします。

そうした中で今回のぼくらので森田監督が
したことはコメントの煽りを直球で受けてしまって
煽りに対して煽り返す(これが俺のやり方なんだよ!)
という風にしか見えなくなってしまってます。
エゴを突き通すことが悪いとは思いません
時には必要だと思います
ですが時流とものがあります。
(こんなことはいちいち言わなくても分かってるとは思いますが)


次回の作品の時にはもう少しエゴを抑えて
違った部分でエゴを出していくのがいいと思います。

後ウシロを美化しすぎなのはちょっと…
何も知らずに死んでいったワクとの差が
激しすぎます。

原作者が監督に丸投げしちゃうのもいけないとは
思いますけどね。
Unknown (Unknown)
2007-11-28 20:21:28
原作は既読
アニメは評判悪いのでスルーしてましたが
今回全話見ました

まじ糞でした
Unknown (Unknown)
2007-12-05 20:51:25
はじまして。
監督はまだこんなに前のブログのコメントもチェックなさるのでしょうか…。
わからないけど書きます。

初めてぼくらの1話を見ました。
1話しかまだ見てません。でも面白かったです。
原作はノータッチです。

ブログを読んで思いましたが、監督は一言も
「原作が全部嫌い」
なんて言ってないんですよね。
むしろ、全部読んだら、
「好きだけど俺的に展開が酷だ!」
と言っているように思いました。
最初上っ面だけを見ただけなら残酷なストーリーが一発で好きになれるほうが不思議です。

一方的な解釈ですけど。
私はこの発言を軽薄だとか思わなかったです。
読み手の理解の仕方で何通りにもなりますよね。

これから少しずつ見ていきます。
Unknown (Unknown)
2007-12-06 02:09:49
事の発端は確かに「原作は嫌い」発言だけど、最終的には「悪意を持って改変した」って所が今回の騒動の重点。結果どのような作品になったかは自分の目で確かめるがよかろう。

因みに。「原作嫌い」と「作品の改編」には、(森田氏の言い分を尊重するなら)因果関係は“無い”。
>「私が原作を好きか嫌いかを意識するのは、原作を手にした最初だけで、
>仕事を引き受けた以降はそれはまったく関係ないです」
・・・・・・スであの展開なのか・・・・・・余計に駄目じゃん。まあ『猫〜』の思い出話に「森田さん、ホントにこの原作好きなんですか?」なんてスタッフに突っ込まれたって自白してるからなあ・・・・
Unknown (カルシニコフ)
2007-12-27 23:53:15
原作を嫌ったとしてもこの作品に今までになかったスリルや憂鬱さを感じたのは小2でクリアしても意味のわからないバイオハザードのゲームの奥深さを中3ではじめて理解したときくらい素晴らしかったですwwしかし、僕が見たのは原作の改変Ver(テレビ)ですw原作何も目を通してないんでよくわかりませんが、テレビだけでも十分最近にはないスリルと憂鬱さや色々なものを感じましたww久しぶりですよ、こんなにテレビに感情そそられたのww原作を見たらもっと衝撃的な実感を覚えるんだろうなぁって思いましたwっけど、これには、なかった??「原作見てないから」かも知れないけど間違っても話の糸口わからなくするのやめてほしいです。僕話の糸口わからない映画見たとき胸糞腹立ったんでw映画は「呪怨」ですが、あれ単に怖いだけでストーリー性なにもないwしかもあれ家主か、家に来た者の命取ってしまう色白の少年と母親??「これまさに無限ループじゃんwwww」って友達と笑ってましたw結局単に襲われるだけの映像出して客怖がらせてるだけで話に筋とおってないんっすよねww森田さんのみならず他の監督にも話の糸口ないような作品は作らないで欲しいです。
Unknown (カルシニコフ)
2007-12-28 00:02:23
最後の 作らないで欲しいです=わからなくするのやめて欲しい って事です。文章に誤解を招かないように訂正しますwごめんなさい><
Unknown (Unknown)
2008-02-04 15:50:30
イヤなら見なきゃいいってのは当然だし、いいアイディアだと思うし、そういってあげるしかないでしょ、、、そういう選択肢もあるんだって気づいてない人には。
アニメ業界に自分の感情まで保護しろ、とそこまで堂々と主張できるとは、、、いやはや。
最近のオーディエンスってほんと不遜だね、、、。お金って人を不遜にして、他人が自分なりに努力して作ってくれたものをなじらせる程傲慢にする力があるのかね。
原作のファンでいるってそんなに権利を主張してカントクを叩けるほどえらいってことなんですか。嫌なら見なきゃいいじゃない?
しかも彼らのお陰で製作者とオーディエンスの溝が深まっちゃったみたいだし。
嫌なら見ない。相手が自分の理屈に屈するまで言いがかりや罵倒を繰り返すのっていかにも日本的というか、、、。
自分の感情ぐらい自分で何とかしなよ。アニメ視聴を強制してるどころか、選択できますよとカントク自ら教えてくださってるのに、、、。

ちなみに、、、「ぼくらの」はyoutubeのトレーラーみて、動力源は僕らの命ってコピーを見て興味を持ったんですが、正直言ってちょっとあんまり葛藤が感じられなかったのがイマイチでした。
死んでいく人間が正に「アンインストール」されるが如くあっさり死に、自分の命がなければ実行できないが、自分の命をかけなければ実現できない、というような葛藤や、状況があって、「人間性」というものが浮かび上がってくるのでは、と思います。
握りつぶされていく意思、実現されるか分からない自分なりの理想、完全ではない肉体や精神、利害の不一致、、、ぼくらの、の主人公達は「命をかけるか」という一点のみにテーマが集中し、それ以外の葛藤が見られない、というところにイマイチ感の理由があったのかも、という気がしました。敵の描写もほぼロボットのみ、しかも戦闘は必ず勝つというのは、、、とはいえ、これの原作は違う人のものだったんですね。

創作活動をする、そしてそれを公開すること自体に疑問を感じる必要はないと私は思います。
これからも楽しんでください。
Unknown (Unknown)
2008-02-04 16:09:52
新顔さん?
何を今更な話をw
そんなことは昨年で終わってるンよ。
コメント百編読み返して出直して来い。
Unknown (Unknown)
2008-03-24 11:29:45
「ぼくらの」がなぜアニメ化までいたったのか。

それを考えたら
アンチ原作と言うなら監督の存在は意味のないもなのに。

最低最悪だと思う。自分のふがいなさは
哲学にもっていって罪を不問にしながらも、
原作を嫌うことに免罪を持たす根性の汚さがみえた。
Unknown (Unknown)
2008-03-30 17:26:00
私はアニメしか知らなくて、「ぼくらの」アニメ大好きで
久し振りに発売日当時に手に入れなきゃ落ち着かないアニメに出会えたのに
裏はこんな状況になってって非常にがっかりしました。
アニメは素直に面白いと思うけど、非常に本当に非常に残念です。
Unknown (Unknown)
2008-04-17 07:55:19
原作の良さが台なしになってしまったよ
Unknown (Unknown)
2008-05-25 14:28:10
ぼくらのはまだ完結してませんし、オリジナルだとしても面白ければ全然いいんですけどね。
面白ければ。
Unknown (Unknown)
2008-07-06 21:00:14
今更こんなところの文を読む人はいないだろうから言っておく。原作を読めと言った原作者信者へ。やっぱり自分の考えは間違っていないと確信しました。
チズがカコを殺すシーンをカッコイイなどとのたまっていた人は可笑しいです。いや、狂っていると思いますね。チズの気持ちはわからなくはないし同じ状況なら私でも同じ事をしたでしょう。ですが、あんなものは賞賛されるような事ではないし原作者もあえて間違いを知らしめるべく表現したものであるとモラルの心を持って読むべきです。
Unknown (Unknown)
2008-07-07 02:13:00
>自分の考えは間違っていないと
自分って誰だよ。
ハンドルも入れねーで寝ぼけんな
アニメ良かったです (アニメ良かったです)
2008-07-18 15:50:26
アニメみました。
まだ途中です、7話までみました。
なので、プログを探しててこれ見つけたときとてもうれしかったです。

批判されている方の気持ちはわかりますが、
文学もそうですがマンガの、その映像化にあたっては文法が違うのでアニメだけでなく映画も原作に忠実作る事が正解だとは思いません、クリエーターとしてどの様に作品を構築していくかの話だと思います。。

また原作者と話をされている部分があるので、そこまで問題があるとは思いません、むしろリスペクトされて作られていると思います。作り手がわにその部分も手渡されていると思うからです、映画にしてもそうですが、映像化するにあたって原作をはなれてそれは監督の作品だと思う。

原作を読んでみて凄い作品だけど気持ちの良い話ではないと思いました。ギリシャ悲劇を読んだ後のような感じです、でもとても感情を揺さぶられました。
本質としての、醜い人間、美しい人間、弱い人間、強い人間がいて、性善説とか悪とかでなく世界を多様に映していると感じました、報われない事に悲しみを感じる事ができる事ができるか、できないか、という意味においては、悲しみを感じるキャラクターがいる事は救いで、その人間が死ぬまで生き続けようとする姿は感傷もそうだけど感動できました。

アニメはとてもその点を監督の才能だと思うけど描かれていて、嬉しかった。
これからもがんばってほしいです。
DVD買いたいと思いました。
Unknown (Unknown)
2008-07-18 18:44:30
>まだ途中です、7話までみました。
取り敢ず最後まで見てから書き込もうなw

いや・・・“いい作品”で終わらせたいんならそこら辺で止めとけw
Unknown (Unknown)
2008-07-18 22:09:00
うんうん

確かにそう言いたくなるなww

#そこから小説で補完
Unknown (Unknown)
2009-05-22 22:00:02
You're an idiot.
Unknown (Unknown)
2009-07-26 04:26:52
俺はアニメから入ったが原作よりアニメの方が面白い。
アニメの方がボリュームがあるし、俺は監督が大好きだあああああああああああああああああ
Unknown (こめこめ)
2009-08-01 10:41:38
アニメが嫌いでも、それがアナザーストーリーだと思えばいいんじゃないですか?
私はどっちにも魅力を感じます。
アニメからみてるのでアニメの方がいいような気もしますがね・・・私はですけど。
Unknown (Unknown)
2009-08-17 20:55:23
ぼくらの というか鬼頭の作品は
エヴァンゲリオンの悪い部分を極大化させたような
中二病患者にエサを与えるだけのクソ作品だと思っているので
こうして監督がぶっちゃけた事には一種の清清しさを感じています

衒学的ひけらかし・児童の性的表現・大人は理不尽・絶望(笑)
そんな鬼頭先生の次回作にご期待ください!
ちなみに中二病繋がりで劇場版ヱヴァのスタッフもやらせていただきました!イェイ!


もうね。

なんて、2年近く経って書くことでもないかもしれませんが・・・。
Unknown (Unknown)
2009-11-10 02:27:14
監督が描きたかったのは支えあいとか守られる子供たちとか、「あたたかい」世界観なのだろうけど、原作が描いているのは子供たちが自身の運命?を受け入れる覚悟なのではないかなー、と思います。方向性がまず違う。原作でも、子供たちは残される世界に希望を託していると感じるのですが。オメデタイものではないですが。
Unknown (ななみ)
2009-11-16 16:00:36
私は最近になって『ぼくの』を知りました。
だからアニメしか見ておらず、原作がどんなのだったのか知りません。
でもとても感動できる作品だと思いました。
こんなことが言えるのは原作を知らないからだと思われるかもしれませんが、本当にすばらしかったと思います。
話が原作とはまったく違っているのは『ぼくらの』だけではなく、他のアニメにもあると思います。
監督の発言には正直驚きましたが、
いいアニメをつくられたのだなと思いました。



そもそも原作者である鬼頭さんが何も文句を言っていないのなら私たちがいくらいっても
意味ないんでは??
Unknown (Unknown)
2009-11-28 08:37:08
意味があるとかないとか、そういう問題ではないんですよ。
まずは原作を見ることをお勧めします。

訳の分からない任侠アニメを作りたいなら、自分のオリジナルで作ればいいです。

まるで映画版の「模倣犯」を見ているような気分になりました。
今さらですが‥ (Unknown)
2010-05-10 09:39:37
最近になって「ぼくらの」を見てこの日記に辿りついた者です。
正直、驚きました。
子供のような人が作ってるんですね。(悪い意味で)


好きなものが作れないなんて、どこの世界でもあることです。
そして、生活の為に仕事を引き受けるのも分かりますが、居酒屋で身内に話す愚痴ならまだしも、大勢の方が見てる‥原作のファンの方が見てる可能性の高い監督のブログでこのような発言はどうかと思います。
相性の合わない仕事もあるかと思いますが、原作者、ファン、スタッフの事を考えればもう少し言葉を選ぶべきでした。
それに配慮できないのなら監督として、社会人として失格だと思います。
明らかに今回の発言はマイナスイメージですから。

我慢が出来ないのなら仕事を受けるべきではなかったとしか言えません。
ほんと、自分の我を通したいならオリジナルアニメで勝負して下さい。
自分のしたいことがしたくて、プライベートでアニメ作ってる人なんてたくさんいますよ。それで認められた人もいますから。
忙しいなんて言い訳は通じません。働いてる人はみんな忙しいのです。あなただけではありません。


マンガはズルイとおっしゃってますが、マンガよりアニメの方が音楽や声優さんの演技などで表現が広がってる場合もあるし、監督の新しい解釈によって面白くなってる原作付アニメなんてたくさんある。
原作よりアニメの方が好きな場合もあるし、そういった場合は、ちゃんと原作に愛がある場合が多いですけどね。
原作をちゃんと読み込んでいて、ファンの期待に応えてる。見てる人には伝わるものです。
自分の好きな原作のアニメが、監督自ら「原作が嫌い」なんて言ったら、そりゃ悲しいですよ‥。
念のため書いておきます (森田)
2010-05-10 11:27:59
森田宏幸です。

私はこの仕事がイヤだなどとは、思っていないし、
そんなこと、どこにも書いていないよ。

この原作が面白いと思ったから作った。
食べていくために監督の仕事に執着したことなどない。

ただし、今後、言葉は選ぶ。
「悪意を持っている」と書いたのは言いすぎだった。
Unknown ( )
2010-05-12 19:32:26
書けば書くほど言い訳くさいですね。
言葉を選ぶっていうのはなんでしょう、原作を嫌いな場合は黙って原作のイメージを壊しながら作るっていうことでしょうかw

もうアニメ版は見ませんし、森田さんのかかわった作品も見ません。
Unknown (Unknown)
2010-05-12 22:27:11
まあまあww

これが彼流の
「批判を甘んじて受ける」態度なんでしょう。
その通りだ (森田)
2010-05-14 12:57:32
言い訳などしない。
淡々と、自分の考えを書くだけだ。
Unknown (Unknown)
2010-05-14 15:02:56
特に淡々とじゃないじゃんw

結構ネチネチww
Unknown (Unknown)
2010-05-14 18:59:13
何度も言われても判らんようですが
  
 皮肉言われてるんですよ
皮肉に付き合う気はない (森田)
2010-05-15 13:12:32
皮肉や当てこすりなど、中身のない話に付き合う気はない。

ただ、勝手な解釈を修正しているだけだ。

私はこの仕事がイヤだなどとは、思っていない。
この原作が面白いと思ったから仕事をした。
食べていくために、そこを偽って、監督の仕事に執着したことなどない。
Unknown (Unknown)
2010-05-15 17:04:06
あ〜あ
「大変申し訳ありませんでした。」
謙虚な監督はどこへやら・・・
ここにいるよ (森田)
2010-05-16 13:02:01
私はこの仕事がイヤだなどとは、思っていません。
この原作が面白いと思ったから仕事をしました。
食べていくためだけに、監督の仕事に執着したことはありません。
Unknown (Unknown)
2010-05-16 13:24:31
付き合わんと言いつつ毎回皮肉にマジレスしてるやん!
相変わらず中身のない上滑りした言葉が好きな方ですね。
皮肉を言われるのは「話が通じない奴」だからです。
個人的な感想 (thunders_001)
2010-05-16 20:41:27
この論争、リアルタイムで見ていました。私は原作を読んでいませんが、こういう風にブログが炎上しだしたあたりから、この作品(アニメ)の吸引力が薄れたような気がします。

個人的には、カコ編・チズ編は、かなり引き込まれてしまいました。現実とどっかちがう世界観が見えてきて、そのなかで、中学生の女の子の妖しい感じと、かなり表現されていたと思います。

いくら原作の下敷きがあったとしても、 アニメになったときの絵の並びや、時間的な処理に違和感があれば、作品に引きつけられるってことはなかったと思います。

言葉どおりに「嫌い」という言葉を受け止めたとしても、監督に力がなければこうはいきません。

ブログの内容にしても、原作ファン(便乗愉快犯も含めて)の攻撃を受けて監督の発言がどんどんぶれていくような気がします。

もしかしたら、監督が後半の内容について、自信を持ち切れなかったのかな?と思ってしまいました。

1視聴者として思うことは、なんか無理やり原作で語られないラストを強引につける、企画意図というかストーリー構成に無理があったんじゃないかとは思います。


Unknown (Unknown)
2010-05-16 21:52:24
上手いなぁ・・・
今日のエントリの「切り返し」だねw
上滑りして正解だと思っている (森田)
2010-05-18 01:39:43
森田宏幸です。

「付き合わんと言いつつ毎回皮肉にマジレスしてるやん!
相変わらず中身のない上滑りした言葉が好きな方ですね。
皮肉を言われるのは「話が通じない奴」だからです。」

と書いた人に応えます。

私が
「私はこの仕事がイヤだなどとは、思っていない。
この原作が面白いと思ったから仕事をした。
食べていくために、監督の仕事に執着したことなどない」
と書くとき、私を直接知る、プロデューサー、スタッフ、関係者が読んでいる。
内実がないことなど書けるわけがない。
私が仕事の中で残したもの、言動、振る舞いはすべて事実として、人は憶えている。
取り繕いようがない。

そうした、私が体を張って、残してきた仕事と、皮肉まじりの中傷ごときが、噛み合ってたまるか、と思っています。
上滑りして正解だと思っています。
皮肉を相手にしない、とはそういう意味だ。
ブレて見えてもしょうがない (森田)
2010-05-18 01:47:16
森田宏幸です。
thunders_001さんにお応えます。

きちんとタイトルと名前を書いた上で、細かい感想、評価を送って下さり、ありがとうございます。
もちろん、これまでにも、このような、丁寧な感想を送ってくださった方はたくさんいた。その方々にも、この場を借りてお礼を言います。

私は、thunders_001さんの書く、
「ストーリー構成に無理があったのではないか」
という感想、評価も、そのまま受け止めさせていただきます。

ですが、このように私が書くと、
発言がぶれたことになるでしょうか?
私は自分のストーリー構成に自信を持っています。制作中も、今も。
だけれど、私のストーリーを支持しない方がおられるのも当然だと思っています。
感想や評価は、その人の立場や作品との出会い方、巡り合わせによって、さまざまなのは当たり前だからです。

だから私はやっぱり、この場では、thunders_001さんの書く、
「ストーリー構成に無理があったのではないか」
という感想、評価を、そのまま受け止めさせていただきます。
本当に真剣に受け止めます。

その一方で、
「監督が後半の内容について、自信を持ち切れなかったのかな?と思ってしまいました。」
という、私自身の内面についての想像については、また、はっきりと
「そのようなことはない」と応えたりもします。

私はこのように、いつも、出来る限り、理解の幅を広げつつも、正確に正直に書きます。

上の「負けました」の記事も同じです。
繰り返し、一所懸命に感想を書いてくる方がいました。
(引用したいのですが、今どうしても見つかりません)
その方が、「森田さんは、この原作が嫌いなのではないですか?」
と、細かく、私の演出の事例を具体的に挙げて、論証してくるのです。
その内容が一理あると私は思った。
なるほど、と思って、自分がそれまで、自分自身で蓋をして、見ないようにしていた、考え方、感じ方に気付かされた。
「ああ、オレはこの原作が嫌いなんだ・・・」
と。
だから、その方に対して、正直に
「負けました。あなたの言うとおりでした」
と書きました。
あとになって自分の書いたことの問題に気がついて、
関係者には謝ってまわりましたが。
このブログでも謝りました。
自分が書いたことは馬鹿だったなと思っています。
もっとうまい書き方はあった。
でも、嘘を書くよりはマシだったと思ってます。
嘘は書きたくない。

私が原作を嫌いでも、この仕事が嫌いだったということはない。
ましてや、食べていくために仕方なくやった仕事でもない。
嘘ではない。そこは譲れません。
Unknown (Unknown)
2010-05-18 02:20:45
そう。

だからどうしても感じてしまう。

原作が好きで見た人も

アニメをみてから原作に興味を持った人も

どうしてその気持ちのまま「ぼくらの」の製作に携わったのか。

貴方は今も原作を否定している。
気持ちはすっきりしている (森田)
2010-05-18 09:17:29
「貴方は今も原作を否定している。」

全否定ではない。
上の本文を見てくれれば分かる。

いつも、ここは納得できないからこうさせて欲しいと、
フェアに進めてきた。

気持ちはいつもすっきりしていた。
Unknown (Unknown)
2010-05-18 13:17:30
でしょうね。(皮肉)
言葉って難しいですね (thunders_001)
2010-05-18 20:56:54
まずはご丁寧にご返信いただき大変ありがとうございます。1アニメファンとして、アニメの監督が感想とも言えないような書き込みにお答えいただけたのは、純粋にうれしいです。


ちょっと、言葉のニュアンスが僕の意図したことと違って受け取られてしまったようなので、少々補足します。

ストーリー構成の無理があったため、監督が作品に自信を持てず、批評に対して発言がぶれた、と解釈されたようですが、僕が書きたかったこととちょっと違います。

どちらかといえば、ぼくらの(アニメ)が提示したストーリが、原作ファンの気にいらないのではないか、という監督の気持ちが、このブログの中で監督のある種、負い目みたいに読み取れてしまうのです。

そのへんの負い目みたいに感じられる(あくまでも文章を読んでの僕の私見です)ところが、本来、こういうことを描きたかった、という監督のコメントが、なんとなく、気持ちのブレみたいに読めてしまうのです。

僕が書いた「ストーリー構成に無理があった」と書いたのはけして、ネガティブな意味ではないですよ。無理と書いたのがいけなかったのかなあ……。破たんしてる、ってとられるとかなり心外です。

たしかに、前半戦から見ていて、ジアースの謎解きは、雰囲気的に違和感はありましたし、最後の最後の大地の弟、妹の描写にはちょっとどうかなあ、っていうのはありますが、あくまでも1視聴者の個人的見解で、マスに向けて作られた作品に対して、こういう場で個人的な趣味を押しつけて、こうしたほうがよかったなんてことを主張する気は全くありません。

それと、監督が好きであろうと嫌いであろうと、ナカマ編とか僕は好きですよ。ナカマ編みたいなファンタジーって、キャラクターの細かい描写がないとリアリティーが出てきませんから。それこそ、やっつけで、仕事として最低限の及第点を取ろうとして作っていたとは思いません(たとえそうだとしても、僕はいい作品だったと思っています)。

長くなってしまいたが、非難するつもりも、粘着するつもりもまったくありません。

個人的には富野御大のように、「大嫌いだし、嫌だったけど、これくらいにはまとめられる、作品として成り立たせるために、最低限、こういう気の使い方をした」くらいのコメントを読みたいです。
名作になると信じて作りました (森田)
2010-05-19 21:53:03
thunders_001 さん。
再び丁寧な、しかも長いコメントをありがとうございます。
ネガティブな批判が含まれていたとしても、私としては、全然かまわなかったのですが、
そうではないと書いて下さった上、
より私の役に立つように、細かく言葉を選び、掘り下げて、書いてくださったことには、お礼の言葉もありません。

「ぼくらの(アニメ)が提示したストーリが、原作ファンの気にいらないのではないか、という監督の気持ちが、このブログの中で監督のある種、負い目みたいに読み取れてしまうのです。」
という指摘のとおり、私自身にそれはあります。
賛否両論が理想だと思うので、批判は受け容れられるのですが、
原作ファンに嫌われる方向に向いてしまった、と気がつかされた時は参ったのです。

ただし、富野 由悠季氏の言葉
「大嫌いだし、嫌だったけど、これくらいにはまとめられる、作品として成り立たせるために、最低限、こういう気の使い方をした」
(私は知らないのですが、富野さんはこのようなもの云いをされますか?)
は、こういう言い方もあるのかと勉強にはなりますが、私のケースには当てはまりません。それが違うのです。
こんな達観した態度は私には無理だし、むしろこういうスタンスには立ちたくない。

私は、本気でこの「ぼくらの」が名作になると信じて作りました。
たくさん話題になって、売れて、何か小さな賞のひとつぐらいは取れるような企画だと思っていました。制作する一年半はこの仕事だけにすべてを賭けていたし、それで監督としての自分の道も開けると思っていました。
そのくらいに思ったとき、やっとテレビシリーズの監督を引き受ける気になったのです。
結果はご存じの通り、思うようにはならなかった。
ですが、中には高く評価してくれる方もいますから、それで満足しています。

この期に及んで、やっぱり反論のようになってしまいましたが、
thunders_001さんの指摘には感謝しています。
Unknown (Unknown)
2010-08-24 23:41:33
「原作は嫌いだけど、お仕事だからね」?
「原作は嫌いだけど原作人気にあやかって金儲けはしたいでござる」?

完全オリジナルストーリーで商売できるレベルになればいいんじゃないかな。
Unknown (Unknown)
2010-08-27 17:21:22
嫌いとまでハッキリと言ってほしくない
Unknown (げん)
2010-09-08 07:58:47
まだまだ粘着コメントって続くんですね。
まあ小説原作の映画とかでも今回のようなこともあるしお気になさらずに。自分も「原作と全然違うじゃん!」と憤ることはありますが、しつこく制作者の人格否定し続けるようなことはしないです。時間の無駄ですし。

ちなみに自分は原作読まずにアニメだけ見たんですが普通に楽しめました。これからも頑張ってください。
Unknown (賛否両論)
2010-09-21 12:24:21
そのものが好きな人間が作るものに新しいものはできない
それに批判的な人間だからこそ新しいものが生まれる
ただ原作をそのまま見たければ漫画を読めばいい
アニメ版はこれはこれで一つ可能性
それでいいのではないか
むしろここまで意見交換する監督はまじめな人間なんだろう
ここがこうすればよかったああすればよかったなど一人一人違うのではないか
感情的に批判しても何も生まれない
Unknown (Unknown)
2010-09-22 03:17:14
そうだね
原作通りに作ったMonsterなんかの10倍は傑作だよね
DVDの売り上げ見れば判る
Unknown (ぽっぷ)
2010-09-22 21:54:35
原作と違うから批難されてるわけじゃない
ラノベ版はアニメとも原作ともまるで違うがファンと原作者に好評価だ
問題は制作者の姿勢
Unknown (賛否両論)
2010-09-24 15:40:05
ファンが騒いだせいで連載がとまってしまった漫画も最近は出ているし、消費者として主張するのは悪くはないのだが、行き過ぎもまたよくはないと思っています。
Unknown (Unknown)
2010-09-24 16:16:41
アニメ「ぼくらの」は語るに値せんよ。
おかしな擁護が関の山
Unknown (Unknown)
2010-10-12 20:47:38
ぼくらのを最近知って、昨日アニメの方を見終わりその後、原作の方を全巻読んでみました。
そしていろいろネットで細かく調べてみようといろいろ検索したら、アニメ版って否定派が多いのか、色んな所で粘着質な書込みが多いですね。
私はアニメから入ったからか、アニメ版のほうが良く出来てたなと感じてます
直接的な表現を避けた表現や解釈の仕方、言葉に頼らない哲学表現などがなるべくシンプルに伝わるように創られてるのが好きです
良く否定されている任侠云々の挿入も、重い話の中に少しコミカル的な要素を入れて和らげようとする監督なりの表現方法だと解釈してます

原作は正直、小うるさいし見辛い・・・”鈴木先生”のような深く頷き考えさせられる理屈ではなく、不自然に直接的過ぎて現実感がないのが・・・(漫画にリアルを求めるのも物によりけりですが)
現実の裏社会はもっと欺瞞に満ち溢れ陰惨で残酷ですから

アニメから見始めた為、アニメ版の印象が良く感じる要因なのでしょうが、原作から見始めてたら一読で終わってしまった作品かもしれません・・・
否定の人達が表に良く出てるのは、放映当時の原作が未完結の状態だったからでしょうか?
肯定派は書き込まなくても、否定派は何回も書き込みますから否定が多いようにも見えますし、原作命の人は大勢いますから。
その気持ちも分らないではない
コレはないだろっと感じる作品も多々ありますし。

・・・しかし・・・
森田さんは真面目な方ですね
正直に書いて正直にコメントするって・・・
ある意味、貴重です。
トップクリエイターには重圧からか、双極性障害(躁鬱)を発症される方が多いように見受けられますが、そうでければ良いですね
あの病気は創作には良いんでしょうが、周りに迷惑かけすぎます・・・

「魔法少女 まどか☆マギカ」を観た後に (ulto)
2011-05-15 04:52:43
今、「魔法少女 まどか☆マギカ」というこれまでの日本魔法少女アニメの概念を変えてしまうほどのセカイ系魔法少女アニメが誕生しています。「魔法少女 まどか☆マギカ」では、個々に才能ある監督・キャラクター・原作・脚本・音楽・演出がそれぞれ最高の個性と能力を発揮して、素晴らしい独自の世界観を創り上げています。そこには「どうぞぼくらのこの新しい世界を見て下さい!」という強いメッセージがあります。そしてセカイ系・萌え系といったこれまでのコア層を超えて多くの人に感動が広がり始めています。
「魔法少女 まどか☆マギカ」を観た後に「ぼくらの」を振り返ってみて、「ぼくらの」の原作・キャラクター・主題歌は本当に素晴らしいと思うのです。でも残念ながらアニメ全体で独自の世界観や「どうぞぼくらのこの新しい世界を見て下さい!」という新たな時代へのメッセージは感じられないのです。
『ぼくらの』論を書きました。 (アレクセイ)
2011-06-01 23:22:55
はじめまして。

今頃になって何ですが、最近、初めて『ぼくらの』を、アニメ、原作マンガの順番で鑑賞し、論文を書きました。

私は、昭和37年生まれの古い「アニメファン」で、昔は杉野昭夫さんのファンクラブに入ってたりもしました。
つまり、もともとハードドラマ路線が好みです(笑)。

今回の私の論文は、端的に「原作批判」です。

森田さまのことも今回初めて知ったような人間ですから、媚びるつもりなどさらさらないのですが、原作の「思想」が大嫌いだったので、それを徹底的に批判する論文を書きました。
そうとう苛烈な論文ですが、決して誹謗中傷というわけではありませんので、ご笑読いただければ幸いです。

なお、この論文は、mixiの原作コミュとアニメ版コミュにも紹介しております。
あまり反響はないと思いますが。


最後になりましたが、森田さまのご活躍を、心より期待しております。
新作で、私たち高齢のアニメファンも楽しませて下さい。


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
Unknown (Unknown)
2011-06-02 10:42:44
原作批判の話をここでするのは間違っている。

殆どのアニメ賛同者に言えることだが

動画上の「上手い演出」「巧妙な改変」は

全て原作を読んだ事で得られる

「記憶」のクロスワードの上でしか成り立たない。

試行するなら

アニメだけ見た新参者に原作を読ませてみるがいい。

補完されるシナリオに「そうか・・・」ばかり言う筈。

もちろん

これも場違いな意見だが。
姑息かつ非論理的 (アレクセイ)
2011-06-02 22:29:49
匿名において姑息。内容において非論理的。

そして貴方は原作至上主義の単なる『甘えた』アマチュアで、私は歴戦の批評家でず。

脳ミソがあるのなら、論理的に反論してごらんなさい。

原作で田中一尉も言っています。
『甘ったれは、死になさい』



Unknown (Unknown)
2011-06-03 00:08:59
「歴戦の評論家」さんはお金を取ってモノ書いた方がいいと思うが。

貴方の本文は読んでいないので反論は出来ないでず。

あしからずw
語るに値しない貴方 (アレクセイ)
2011-06-03 07:16:28
言われなくても、私は依頼があって書きたい内容のものなら、原稿料をとって文章を書きますよ、匿名無能のアマチュアさん(笑)。

自身空疎な貴方は、原作の権威にぶら下がって、代弁者気取りになってるだけの、単なる無能な『その他大勢』。
もとより、そんな貴方に、私の論文を読み解く能力など無いし、当然、反論する能力もない。
つまり、読んでないから反論できないんじやなくて、単に『無能』だから、反論できないんですよ。

で、そんな見るからに頭の悪い貴方が『原作支持者の代表』づらするのは、原作者にも迷惑なだけです。

他者を批判するのに、名乗ることも出来ない、甘ったれの臆病者。異性に相手にされることもなく、匿名投稿で憂さ晴らしをしているような、うすぎたない負け犬オタクは、さっさと死んでしまいなさい。誰も止めはしないから(笑)。

Unknown (Unknown)
2011-06-03 15:41:11
読んで来た
「自称批評家」
森田と同じ国の人間らしいがもっとマトモな病院に行け
Unknown (Unknown)
2011-06-04 02:10:25
森田さんのほうがなんぼか人間的にマシに思えた。

>うすぎたない負け犬オタクは、さっさと死んでしまいなさい。誰も止めはしないから(笑)。

さすがの森田さんも自殺を教唆するような発言は今のところしていないはず。
2度もぶった。親父にもぶたれたことないのに。 (アレクセイ)
2011-06-04 04:01:50
ほら、私の論文を読んでも、やっぱり反論が書けなかっただろう?
これで、君がその程度の人間だという「自己証明」は、おしまい(笑)。

森田さんや私の心配をする前に、その人前にさらせない自分自身を、まずは何とかすることだね。

ちなみに、私は、アニメ版支持者だけれども、他のアニメ版支持者が味方だとか、原作版支持者が敵だとか、そんな「君レベルの幼稚な二元論」で考えてはいません。

私が評価しているのは、原作やアニメ版といった一人前の作品であって、その支持者だとかいう「お子様」なんか、どっちの支持だろうと評価なんかしていないんですよ。

私が、どういう人を「お子様」と読んでいるかというと、「好き嫌いと出来不出来の区別」もつけられないのに、君のように「自分の評価能力」を棚上げにし、バカ丸出しのご託宣を書く「身の程知らず」を、「お子様」と呼ぶんです。

で、そのうえ君のように「匿名」で、自身の発言責任から逃げるような奴は「クズ」と呼んでいます。

ぜんぶ当たっているから、反論できないでしょう?
「反論」というのは、「好き嫌いと出来不出来の区別」もつけられない人間には、原理的に不可能なんですよ。


私がなんで君に、君が言うところの「自殺教唆」したと思います?
それは、君が自殺も出来ないような「ヘタレ」だと確信しているからですよ。
これも当たっているでしょう?

この程度の議論も理解できない君には、原作とアニメのどっちが上なんて判断は、不可能。
要は、君でもわかる程度の描写があるか無いかだけの違いだと言うことです。

当たり前の話ですが、作品評価というのは「評価者の能力」と不即不離なんです。

ま、黙って作品を楽しんでいる分には、誰にもバカかどうかはわからないから、安心してそうしなさい(笑)。
Unknown (Unknown)
2011-06-04 16:11:45
ごめんメンドクサイ。

森田本人初めお前みたいなキチガイはこのブログに何人も居た。
「誰一人賛同しない狂った意見を狂人特有の執着でひたすら冗長で内容が無い文章を書き相手の根負けをもって勝利宣言」
そういう手合いだ。
「ああまた森田の同類が電波に引かれてやって来たんだ」としか思わんよ。
自慢の文章とやらも以前居たキチガイのモノと大同小異だ。単語や論理のパターンまでソックリ。反論されたら自殺がどうとかは全く同じ事言ってた。君と同じ病気なんじゃないの?
バカの行動は驚くほど類型的だ。発想というか発生のメカニズムが同じなんだろう。
だから誰も構っちゃくれんよ
暇なんだろうからこのブログを読んでみるといい
おかしな文章に賛同してくれる友達が見つかるかもよ。
Unknown (アレクセイ)
2011-06-04 23:15:17
君としては、それが精一杯の憎まれ口なんでしょうが、私ごときが、森田さんと並べてもらえるのは光栄というもの。
それに、頭の悪い、そして精神もちょっと病んでるみたいな君に「キチガイ」と言われても、笑えるだけです。

ま、人のこともいいけど、君こそ、自分が恥ずかしくて名も名乗れない。ヘタレ。
名前や顔の出るとところでは、周囲の顔色ばかりうかがい、空気を読んで、黙ってることしか出来ないような男なんでしょう?(笑)

言っておくと、私は論客であるばかりではなく、毒舌だし、粘着でもなかなかのものですよ。

このコメント欄も、放置状態だから、遊んであげましょう。
頭の悪い、匿名の負け犬くん(笑)。
Unknown (Unknown)
2011-06-05 14:32:42
読んで貰いたい小説がある。

スティーヴン・キングの中編小説『霧』 The Mist (1980年)

ちょうど「ぼくらの」と同時期に映画化もされている。

監督はあのフランク・ダラポンだ。

是非原作との対比を楽しんで頂きたいw

きっと御気に召すだろう。
原作愛 (ミスト(二十歳))
2011-06-06 00:07:02
原作とアニメを比べるのは同じ土俵に立ってないから違うだろう
原作というのは、あくまで上位の存在、親的なモノ

比べるとするなら、小説版とアニメ版だ
両者は原作から生まれた二次創作だからね
アニメはもう言わずもがな原作に愛がない
これまでの発言から敬意どころか見下してすらいる
何のために生み出されたのか、もう目的も全くわからない
いわゆる名シーンをことごとくカット、改変改悪
それも個人の主観で
かと思えば原作まんまだったりタチが悪い

変わって小説版、これは作者が原作を読みとき、複雑な複線を組み替え、なおかつ独自の設定が旨く噛み合っている
それ所かアニメで矛盾した部分すらまとめ作品として昇華している
こっちには愛があった
作品愛がただのノベライズの枠を越え原作ファンに多数指示されている
もちろん原作者のお墨付き

もっと愛があると言えばアニメのテーマソング
原作をしっかり読み作詞し作曲し、内容も作品に沿った内容で素晴らしい出来だといえる
だが肝心のアニメ本編が最悪の出来
テーマソングに負け過ぎている
たった五分弱の曲がこんなに良いのに20話以上かけたアニメは何も分かっていない
愛は必要、無い物を作る者は辞めろ
Unknown (Unknown)
2011-06-06 03:48:17
自己紹介病が重い奴だな

おまえのようなキチガイがそろって「ぼくらの」を憎む理由は明確だ

賞賛され誰にでも理解出来る傑作「ぼくらの」が理解出来ないから

自分が賢いと思いたい馬鹿にはそれが許し難いらしい
マトモな感性があれば子供にだって理解出来るのに
自意識だけが肥大した想像力の欠如した
人格破綻者には理解出来ないのさ
おまえの「評論」と言ってる駄文は自分の理解力が無いのを作品のせいにしようとするただの「言い訳」
その長大さや悲壮感さえ漂う予防線や反論に対する誹謗中傷の必死さはそのままおまえのキチガイ度だよ
まぁ迷惑だから進んで人に読ませるのは止めとけよ

ああ匿名なのはまともな相手ではないからだよ
価値も無い名前出してソレで何か責任を果たしてるつもりのバカじゃないんだから
君が匿名なのは、単にヘタレだから(笑)。 (アレクセイ)
2011-06-06 22:05:19


  イマドキの子供たち(第1回)


君の文章がバカ丸出しなのは、「結論」しかなくて、結論にいたる「ロジック」が皆無だからですよ。
頭の悪い人間は、そういう文章しか書けないし、それはご当人が違うといくら力説否定したところで、傍目には明らかなんです(笑)。


ただ、君みたいな低能な人間に何を言ったって理解できないに決まっているから、私もここで連載(笑)をさせていただくからには、君を素材にして「イマドキのバカ」分析をして、「クリエイティブな仕事の困難な時代状況」を、分析的に描いていきたいと思います。

ちょうど、昨日読んだ内田樹の『下流指向』が、そんな「イマドキの若者」の問題を扱っていて、何たる(暗合的)タイミングと感心したんだけど、君にこれを読めと言っても無駄だろうから、私が君たちの現状に即して、ライブで書き直してあげるからお楽しみに。

ちなみに、内田樹が問題として、この本で扱っている「学ばない子供たち」の生態とは、こんな感じです。


『 先般、ある(※ 大学の)授業で百枚ぐらいレポートをまとめて読んだのですけれども、(中略)内容に関しては、一昔前なら小学校高学年程度というのが全体の半分ほどでした。「小学生的」というのは、自分の主観的な「好き/嫌い」』「わかる/わからない」がほとんど唯一の判断基準になっているということです。「先生の言ってることが、私にはわからない」というのは、ふつう学生にとって自己評価が下がる事態のはずですけれど、そうではない。たぶん学生たちはそこに「批判」をこめているつもりで書いている。「言っていることが、好きじゃない」と、「言っていることが、わからない」というこの二つの言葉でやすやすと、ほとんど勝ち誇ったように、教師が提示する論権を乗り越えてしまう。
 ある程度はロジカルであったりとか、ある程度知識があったり、あるいは教師の言うことに対し「私はそれとは意見が違う」と反論を向けるといった「骨のある」ペーパーというのは百枚のうちにわずか二、三枚という感じです。大半は、小学校の遠足の感想文みたいな「遠足に行って、お弁当を食べて楽しかった」みたいな感じの、「先生の授業を聞いて、いろんなことがわかりました」とか、これのどこがレポートかというような、愕然とするようなものばかりです。』(文庫版P23〜24)


つまり、このブログ上で発生した「原作原理主義者」による「炎上事件」というのも、彼らの98パーセントが、こんな「小学生」程度の人間であり、「原作を変えたアニメが嫌い。許せない」レベルの「正義」を振りかざす、バカ揃いだったからでしょう。
その代表が、匿名のヘタレである、君なのです。

現に君は、私の論文を読んでいながら、その内容への反論は一切出来ず、負け犬の遠吠えめいた「否定的決めつけ」を書くしか能がない。
つまり、君には「ある程度のロジカルな思考」も「ある程度の知識」も「骨のある反論」も、ぜーんぶ無い、ということです。

マンガやアニメしか接しない君は知らないだろうけど、世間では君たちみたいなのが、ずいぶん前から「社会問題」化してるんですよ。
内田のこの本は、2005年に行なった公演をもとにしてるんだけど、ちょうど君が大学生だった頃じゃないのかい?(笑)

内田樹の本は決して難しくはないし、現にこの本はベストセラーになっている。
私は、内田樹をそれほど評価していないんだけど、鋭いし上手いという事実は評価しないとアンフェアだから、ここでも肯定的に評価した。
で、こうした理路も、内田樹のこの本を読解する能力も、君には絶対に無いと確信する(笑)。

そもそも「理路」なんて言葉も知らないんじゃないか?(笑)


第2回に続く
Unknown (ミスト(二十歳))
2011-06-07 00:51:14
自分のブログでやりなよ
目立ちたがり屋さん
コメ欄で持論展開したって誰も読まないよ
二十歳の脳みそは、二十歳とは限らず。 (アレクセイ)
2011-06-07 14:54:34


  イマドキの子供たち(第2回)


さっそく、2人目の「負け犬」くんからの『誰も読まない』から「出ていって下さい」という「泣き」の反響があって、私は大変うれしい。

私のこの連載は、こういう人たちに嫌がられながらも「気づき」の機会を与えてあげようという「愛」に発するものなのです。
したがって、そんな「教育」または「治療」など必要ないと悲鳴のあげたい方は、どんどん上の方のように「3行泣き言」でもお書き下さい(三歩歩いたら忘れる、その鳥頭で/笑)。
私も、反響がないと、執筆意欲がわかないですからね。

それに、ここが再び「コメントスクラム」で盛り上がって話題になれば、再び『ぼくらの』が注目され、再評価も進むことになるでしょう。
まさに、一石二鳥です(笑)。


さて、頭の悪い「原作至上主義者」は、自分を磨くこともなく、実際問題として「頭が悪い(=無能で判断能力がない)、ただのお子様」に過ぎないのに、どうして、ああも自信満々に、プロの作品に対する評価を「無根拠に断言する」ことが出来るのでしょう。

例えば、ある原作至上主義者さんは「アニメのよく出来た部分は、原作をそのまま映像化したところであり、アニメの成果ではない」というようなことを書いていましたね。
これは、マンガやアニメ、小説にかぎらず、およそ「創作」ということの実際をしらない、「アマチュア」の能天気な意見です。

たしかに原作付きアニメである『ぼくらの』には、「原作そのまま」のシーンがあります。しかし、正確に言えば、それは「原作そのまま」ではなく、動きがあり、独自の解釈によるカット割りがあります(声の演技も、BGMの効果も加わっています)。言うまでもなく、アニメは単なる「テレビ紙芝居」ではなく「動く」んです。
でも、粗雑な鑑賞眼には、これが「見えない」。
あまりにも自然に「動かされている(演技演出がつけられている)」ものだから「原作そのまま」に見えてしまうんですね。
ですから、原作至上主義者は、すでにしてここで、評価を誤っています。

彼らは、勉強もろくにしないのですから、自ら進んで硬い本を読み自身を高めることなど、当然しません。
同様に、その「ボンヤリとした眼と頭」で、アニメやマンガを鑑賞して、自分にわかるところだけをわかっただけで、わかったつもりになる、バカです。

当然、彼らは、絵をまともに描いたことも無ければ、創作と呼べるほどのことをしたこともないでしょう。まして「絵コンテ」を切ったこともありませんから、私が上で指摘したような「マンガとアニメの本質的な違い」に気づくこともなく、ただ「自分がバカだと認めたくないだけのために、護教的に原作を誉める」しか能がありません。

しかし、当然のことながら、彼らは「アニメ」はもとより、「原作」だって、まともに理解しているわけではありません。
単に「理解者」だと大声でアピールしているだけで、その「理解」とやらを、他人にも伝わるように論理的に語ることなどできない。
なぜなら、彼らはもともと、まともに理解しておらず、彼らの「原作」理解とは、原作に描かれた100のうち、せいぜい10くらいの理解に過ぎない。つまり、彼らの「理解」とは、「穴だらけ」どころか、ほとんど「無理解」に近い。

だからこそ、残りの「理解できなかった大半」に関する「アニメ監督の解釈」や私の「原作批判」に応答することが出来ません。
応答反論のしようがなく、ただ「論敵を誹謗否定することで、自分を原作理解者だと連呼するしかない」のですね。

前回ご紹介した『下流志向』のなかで内田樹は、こうした若者たちの特性を『わからないことがあっても気にならない』のだと説明しています。


『 (※ 大学生にもなって、当たり前の言葉の意味も知らないままでいられるというのは)おそらく彼女たちはその文字を読み飛ばしているからだと思うんです。
 この「読み飛ばし能力」が、今の若い人たちは、僕たちの想像を超えるくらいに発達している。ページを開いて、ぱっと見たとき、その読み方がわからない、意味がわからない単語があったときに、それを軽々とスキップする。スキップしてもぜんぜん気にならない。
 「スキップする」こと自体は悪いことではないんです。理解できない情報をスキップする能力というのは、(※ 機械には出来ない)実は人間の知性の特徴なんですから。(略)
 ただ、ふつうは意味がわからない言葉に遭遇するとスキップしようとしても、なんとなく気になる。引っ掛かる。喉に小骨が刺さる。(略)
 わからない情報を「わからない情報」として維持して、それを時間をかけて噛み砕くという「先送り」の能力が人間知性の際立った特徴な訳です。ところが、この「無純」と書く学生(※ つまり、スキップしたまま忘れてしまえる若者)の誤字のありようを見ていると、どうやらその「わからないもの」を「わからないまま」に維持して、それによって知性を活性化するという人間的な機能が低下しているのではないかという印象を受けます。「わからないもの」があっても、どうやらそれが気にならないらしい。
 新聞や雑誌を読んでいるとき、知らない言葉に出会うことは僕たちにもよくあります。そして、知らない言葉でも、「知らないままでもいい言葉」と「これは知らないとまずい言葉」の区別ができる。不思議なものですけれど、「これは知らない言葉だけど、知らなくて大丈夫」という言葉の区別がつきます。「知らないとまずい言葉」については、知ってそうな人に「これ、どういう意味なの?」と訊いたり、家に帰ってから辞書を引いたりして、「穴」を埋めてゆく。
 けれども、今の若い人たちは、その「穴埋め」作業をどうやらしていないらしい。自分がわからない言葉が、あきらかに彼らを読者に想定しているメディアの中に頻出してきても、それが気にならなくなっている。
 僕は「わからないこと」より、この「わからないことがあっても気にならない」ことの方に危機の徴候を感知するのです。』(文庫版P26〜29)


斯くして「原作至上主義者」の大半は、私が「原作批判」論文、

・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150

の中で徹底的に批判した、原作の思想的「要」部分である「切江洋介少年と田中美純 航空国防軍一尉の対話」(原作第6巻;P43〜63)の意味など、理解していません。
彼らの能力では、理解できるわけがない。
まして、その「ペテン」になど、気づきようがない。

だからこそ、私の「原作批判」論文を読んでも、「原作至上主義」のお子様たちは、誰一人「反論」ができません。

そりゃそうでしょう。私の批判論文を理解する以前に、「原作そのもの」を理解しておらず、ただ「原作の権威に依存」したいためだけに「原作理解者」を演じて、原作を擁護し、自分たちよりも「原作を理解していた(からこそ、解釈が加えられた)アニメ監督」を誹謗するしか能がなかったのですから。

きっと、彼らの脳みそをスキャンすれば、認知病老人のそれのように、脳のあちこちが壊死していて、穴ぼこなのだろうと思います(笑)。



第3回に続く
失敗したから監督してない (ミスト(二十歳))
2011-06-07 18:44:55
二十歳は別に実年齢じゃないですよ
ゲームのキャラの年齢
このゲーム、「スーパーロボット大戦K」は脚本家が異常に叩かれた
森田監督と同じようにね
理由も同じ、原作を理解していないストーリーを書いた
キャラクターの性格崩壊、オリジナルキャラ優遇・版権キャラを見下し、原作話の改悪…
もちろん複数の作品が入り乱れるスパロボじゃ優遇不遇はある
だが脚本が作品を理解しなで作っていなければ意味がない

原作が良ければ原作を見ればいいのは当たり前
そして原作から作られるアニメには必ず違う物が出来るのは必然
だからこそ制作者は試される
そして原作と展開が違う物は叩かれる
だが必ずしもそうじゃない場合もある
制作者に作品に対する思いが有れば例え原作と全く違っても支持される

ぼくらので言えば小説版がそれに当たる

逆に制作に思いが無ければ支持などされない
(最近のアニメで言えば“トリコ”が上げられる)

監督の場合、作品の私物化である
例えるならタモツのモデル
『画家の師匠』なんて言われて何処のファンが喜ぶか
そういうのは自分の作品でやればいい
記事に『ぼくらのは名作になるはずだった』と自分の作品であるかの発言はどうかと思う
あなたは「駄作」である。 (アレクセイ)
2011-06-07 22:10:13

  イマドキの子供たち(第3回)



上のコメントなんかを見ると、「説明する」ということがどういうことなのか、まったく理解できていないというのが、大変よくわかりますね。

説明の根拠らしきものが、たんなる個人的な「決めつけ」でしかなく、あとは凡庸な常識論。
「自分の評価」とは異なる「他人の評価」への批評的配慮が、どこにも見当たりません。

それに、この人がここに書いている「原作が偉いに決まっている」論は、「批評対象作品が先にあっての批評(作品論)だ」と言った某小説家と同じレベルで、いたって浅薄なもの。世間的な例を挙げれば、バカでも阿呆でも「年長者が偉いに決まっている」というような議論と同じです。

原作『ぼくらの』もまた、先行作品の解体再構築から出来ているものでしかなく、「ここが最初(オリジナル)ではない」という程度のことは、「創作」ということをまともに考えたことのある人間には常識なのですが、せいぜい「2ちゃんねる」を参照するくらいしかしてこなかった人は、30歳になろうが40歳になろうが、事実として頭の中が「小学生」並みであることに違いはありません。

上の匿名「ミスト(二十歳)」さんの場合も、「駄作」ということでは、まず自分自身が「駄作」であることを認めないと、話にならない。
自分が「駄作」であると認めれば、もうすこし他者(の作品)に謙虚になれるでしょうし、他人の作品を評価するに足る人間になろうと努力もするでしょう。

何にもしていない「凡庸で無責任な主体」である自分が、人の作品を評価するのは「烏滸がましい」ということにすら気づかない未熟な人間が「原作至上主義者」に多いのは、「内容空疎」な自分を「原作」という権威で補完しているからなんですね。
べつに自分の作品でも何でもないのに、自分の作品のように「理解しているつもり」になっている。

このように、「頭が悪い」というのは、まず最初に「自分に責任を負おうとしない」という「甘ったれ」から来ている場合が多いんです。

実際、この匿名さんのコメントを見ていると「劣等感」の強さがハッキリと見てとれるでしょう。
たぶん、いい大人になっても、いまだにアニメとマンガとゲームしか知らない「オタク」であると、世間からバカにされていると、思い込んでいるんでしょうね。
でも、じっさいに中身が無いのであれば、見下されても当然だし、それが悔しければ、中身を養う努力をすればいいんだけど、中身の無い人間が中身の無いままに「認めて」もらおうとするから、自ずと何かの「権威」に依存するわけです。

私はよくmixiで「ネトウヨ」を虐めているんですが、彼らがどうして「愛国者」であることを強調し、「日の丸・君が代」を人にも強制したがるのかといえば、それは彼ら自身は「空っぽ」だからです。
その「空虚」を、「国」だの「日本の伝統」だのといった「権威」に憑依することで埋め、自分まで偉くなった気になっている。しかし、その権威を認めない人がいると、自分までバカにされているように感じますから、荒らしなどのイヤガラセをしたりするんですね。
つまり、彼らは本当の意味で、祖国や国歌国旗を尊重しているのではありません。自分を慰めるために「利用しているだけ」なんです。だから「日本人」として恥ずかしい行為でも、平気でやってしまえるんです。

このように、内容空疎な人間は、語るべき「自分(オリジナル)」が無いからこそ、劣等感が強く、自立した(オリジナルな)人たちに対する「妬み嫉み」の感情が強い。
そのために、自己防衛的対抗措置としての「権威依存」をして、権威を嵩に着て威張りたがるという「紋切り型」に陥ってしまうのです。つまり、簡単に言えば、彼らは「虎の威を借る狐」なのです。

彼らが「自分の現実」を、どうして直視できないのか?
「自分の現実」を直視した上で、向上心を持つ若者が、どうしてこうも見当たらなくなってしまったのか?
この問題については、次回に、内田樹の立論を紹介しながら、考えていくことにしましょう。


第3回に続く
Unknown (Unknown)
2011-06-08 00:12:13
すまんなw

私が脊椎反射してしまった所為で変なのが蔓延ってしまった。

こんなの相手にしなくていい。

コイツの狙いは原作批判などではなく

気に入らない発言者を論破したいだけなのだ。

稚拙な文章で煽りたて

意見する者が呆れるまでがなり立てる「雑音」だ。

「ぼくらの」だって大した思い込みなど無いだろう。

原作者が反論できない場所で講釈をたれるのは

「子供の悪口」だと意見するつもりだったが

なんの事は無い凶状持ちの「独り言」なら

文句を言う筋合いは無い。

ここも「便所のラクガキ」に戻る様子だし

好きに書くがいいw
必死だな,匿名のお子様(笑)。 (アレクセイ)
2011-06-09 23:21:47
  イマドキの子供たち(第4回)


まさに「オレ様化する子どもたち」(© 諏訪哲二)。

頭が悪くて反論も出来ない「匿名のお子様」は、無内容に余裕ぶって見せるだけしか能がない。
まさに「2ちゃん」くずれの芸風です(笑)。

でも、「2ちゃん」くずれって、「頭数」を揃えないと、いかにもお寒いんですよね。
少人数だと、誰の眼にも、単なる「バカ」丸出し。
だから、いつもどおり、「2ちゃん」にスレを立てて、「援軍」でもお願いしたらどうです?
前にも書いたように、ここが再び炎上して注目されるのは、私にとっても、願ってもないことですしね。

びびりでヘタレの匿名「坊や」にはわからないでしょうが、人間、存在を忘れられるくらいなら、まだしも憎まれる方がマシなんですよ。それは『ぼくらの』についても同じ(笑)。


さて、前回の続きです。

上の匿名「坊や」に代表されるような「イマドキの子供たち」は、どうして「自分の現実」を直視できないのか?
「自分の現実」を直視した上で、向上心を持つ若者が、どうしてこうも見当たらなくなってしまったのか?

内田樹は『下流志向』のなかで、その原因を、昔の子供とは違い、彼らが「就学年齢に達する前から、経済的関係性において自己を確立してしまっているから」であると説明しています。


『 コンビニのレジカウンターにお金を出せば、「いらっしゃいませ、こんにちは」という無機質な挨拶とともに、買い手が四歳の子どもであろうと、二十歳青年であろうと、八十歳の老人であろうと、原理的には同一の商品やサービスと交換されます。当たり前じゃないかと思うかも知れませんけれど、四歳の子どもにとっては,これは驚嘆すべき経験だったはずです。正味の人間として社会関係の場に出現した場合、四歳の子どもを交渉相手として対等に遇してくれる大人はまずいません。けれども、お金を使う人間として立ち現れる場合には、その人の年齢や識見や社会的能力などの属人的要素は基本的に誰もカウントしない。そこで使われるお金の多寡だけが問題で、誰がそれを使うかということには誰も顧慮しない。それが「お金の透明性」という特権的性格です。ですから、社会的能力がほとんどゼロである子どもが、潤沢なおこづかいを手にして消費主体として市場に登場したとき、彼らが最初に感じたのは法外な全能感だったはずです。子どもでも、お金さえあれば大人と同じサービスを受けることができる。このような全能感は僕たちの時代の子どもがおそらくまったく経験したことのなかった質のものだと思います。
 消費することから社会的活動をスタートさせた子どもはその人生のごく初期に「金の全能性」の経験を持ってしまう。そのスタートラインにおける刷り込みの重みは想像される以上に大きいと僕は思います。それは単なる拝金主義的傾向が刻印されてしまうということとは違います。そうではなくて、消費主体として立ち現れる限り、買う主体の属人的性質については誰からも問われないということです。
 問題は金の多寡ではないのです。「買い手」という立場を先取することなのです。「ぼくは買い手である」と名乗りさえすれば、どんな子どもでもマーケットに一人前のプレイヤーとして参入することが許される。その経験のもたらす痺れるような快感が重要なのです。
 幼い子どもがこの快感を知ってしまったら、どんなことになるのかは想像に難くありません。』(P50〜51)


つまり、昔とは違って、子供がお金を持って一人で買い物をするようになって以降、子供たちは「お金と商品の交換」という経済活動の場においては、大人とまったく同等の「お客様」として遇される経験を持ってしまった。お金を払えるかぎりにおいて、彼ら自身はいかに「空っぽ」な存在であっても、一人前の経済的主体扱いされることを学んでしまい、その結果、物事をそういう図式でしか見られなくなった。

そのため、教育の現場においても「お客様」という自意識が優先され「つまらない授業を聞く義務などない。授業料を払っている以上、聞くか聞かないかは、こちらの自由」という理屈になって、「学びからの逃走」が始まり、子供たちの学力が低下した、というのが、内田樹の立てた図式です。

もちろん、内田も、子供たちが、このように明確な「自意識」をもって論理的に「授業を放棄」し始めたとは言っていません。
彼らの親を含めて「商品としての学校教育」という「誤認」が一般化し、身体化してしまったために,子供たちは「自然に」、教師や授業を軽んずるようになったということなのです。

しかし、「学ぶことによって、適切な判断力を有する主体へと、成長変化する」はずの子どもたちが、まだその判断力が育たない段階で「教師」や「授業」の価値を、「消費者」としての「上から目線」で評価してしまうという「倒錯」が、ここには生じています。
そして、その結果、「消費者」の立場を堅持するかぎりにおいて、子どもたちは「そのままで、すべての商品を評価できる特権的主体(お客様は神様)」として「現状に安住する」ことを保証されることとなり、おのずと成長することを拒否する結果になってしまったのですね。

それが『お金を使う人間として立ち現れる場合には、その人の年齢や識見や社会的能力などの属人的要素は基本的に誰もカウントしない。』『消費主体として立ち現れる限り、買う主体の属人的性質については誰からも問われない』ということの意味なのです。

彼らは「消費者」であり「お客さん」であるかぎり、バカでも阿呆でも、一人前のごとく世間は扱ってくれるように見えるのですが、しかしそれは、誤認でしかありません。

例えば、アニメ制作者にとっては、アニオタのお子様たちは、バカでも阿呆でも「お客様」ですから、いかに腹の中でバカにしていようとも,商取引の現場である「お客様との応接」においては、彼らを下にも置かないように扱う。
つまり、感情の問題は別にして、経済活動の一環としての「アニメの制作」の場合、「1人の明敏な鑑賞者」よりも「1000人の暗愚なアニオタ」の方が、「必要」となってしまうのです。

しかしながら、彼らと「商取引の関係」を持たない私のような「客観的第三者」にとっては、「お客様」扱いが「自分の実力」によるものだと勘違いしているような、頭の悪い「お子様」は、単なる「脳みそお花畑」のバカに過ぎない。


じっさい、ここに書き込んでいる「『ぼくらの』原作至上主義」の大半は、こういうバカであると断じても良い。
バカでなければ、論理的な反論のひとつもあっていいのだが、頭を鍛えたことのない彼らには「無根拠な放言」以外にできることなどないのです。

そして、その実例が、私に「バカ」呼ばわりされ、からかわれている、2人の匿名「原作至上主義者」のお子様なのですね。

当然、彼らの頭では、この連載での議論を理解できません。
しかし、自分が理解できないものを、人が理解するのは悔しいので、せいぜい「幼稚な虚勢」を(匿名で)張るしかないのです。


また、彼らにとっての「匿名」とは、「無能な我が子を守ってくれる(盾になってくれる)母親」のようなものであり、彼らは一生「自立できないお子様」だということ、ひとつの証左だとも言えるでしょう。



第5回に続く


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
Unknown (ミスト(二十歳))
2011-06-10 01:20:47
他人の人格を否定しないと自分を保てない人だと解った
森田監督と一緒、余裕が無いんだね
自分の意見(それも他人の受け売り)が最高、それ以外はクソ、聞く気もない
大体、君も監督と同じで長すぎてイマイチ何が言いたいのか解らない
オナニー駄文過ぎる、気持ち悪い
読ませる気が有るのか無いのかハッキリしないし、こんなコメント欄で連載の真似事とか子供っぽい

そもそも原作主義なんて言ってないし
ぼくらのを元にした作品はラノベ版がアニメより理解して作ってるっていってんじゃん

何故アニメより改変が多いラノベが受け入れられてるかってのを考えてほしいな
ぼくらのは二つじゃなくて“三つ”な?

Unknown (Unknown)
2011-06-10 07:57:47
>アレクセー

私に反論したいなら

推薦した小説と映画を見て「批評」を書いてからにしろ。

「歴戦の〜」を自称するなら

他人の言葉なぞ引用せず

自分の言葉で「原作とメディア」を語ってみせろ。

それを読まなきゃ議論は出来ないでずww
Unknown (Unknown)
2011-06-10 23:10:15
自分の自慰文をダラダラと人に見せびらかして、
優位に立ったと身勝手に脳内妄想することでしか、
自己を保てない不治の病に侵されてるんだね。

かわいそうに。
マスターベーションをおぼえた猿 (園主)
2011-06-11 00:31:58
  イマドキの子供たち(第5回)


さて、上の2人の「匿名のお子様」の抵抗は、見てのとおりのレベルです。
たぶん、彼らは年齢的には「成人」なのでしょうが、内容的・能力的には内田樹の言うとおり「小学校高学年」程度のようですね。

「人格の否定」などと、自分が批判された時の「常套文句」を考えも無しに使っていますが、こういうのは「消費者」の立場で上からクレームをつける際に有効なだけで、例えば「学校の先生」や「お役所」相手にくらいしか効果のない物言いだというのが、まだわかっていない。

そもそも、「人格」も何も、名乗ることさえできない「ヘタレの半端者」なんか、「蓑虫」以下でしょう。
まだしも「蓑虫」なら成長し、いつかはその蓑を食いやぶって飛び立ちますが、彼らは一生、蓑に籠った「皮かむり」ままの死んでいくしかないんだから。

ま、一人前の「人格」としてあつかって欲しかったら、まずは「発言責任」を引き受けるために、堂々と「名乗る」こと。
自分の発言責任から逃げ回って、いつまでも「未成年」扱いを求めているような「甘ったれ」に、配慮すべき「人格」など、認める必要はありません。


そんなわけで、マンガとアニメとラノベくらいしか接したことのない「低能の子ども大人」は、前回も指摘したとおり「消費者」としての立場にあぐらをかいて、一生進歩することはありません。彼らは一生、一人前の「人格」を持ち得ない、人間としての「駄作」であり「失敗作」。
成長可能性が閉ざされているという点で、「未完成作」ですらないんですね。

そして、そんな半端者の「駄作」が、他人の作品を一人前に評価する能力があるつもりになっているのですから、これはもう客観的な評価として「バカ」としか呼びようがない。


で、今回は、そんな「脳みそお子様」の彼らには理解できないであろう、さらに高度な話をします。
読者の皆さんは、この議論にどれくらいついてこれるかで、ご自分の能力を測ってみて下さい。
ちなみに、以下の議論は、高校生でも頭の良い子なら、普通に理解できると思います。



就学年齢に達する前に、「消費者」として人格を確立してしまった彼らは、「教育」というものを「学費=代金」と「空間的に対置」して、等価交換されるものだと見て(静的な関係性の図式で理解して)います。
この場合,彼らは「消費者」として、「商品である教育」が「代金」と等価交換するに値するものか否かを「判定しうる、と前提されたの立場」に立ちますが,「未教育段階」にある「無学未熟」な彼らには、実際には「教育」の価値を判定することは出来ません。

物事を判定する能力を養うための「教育」を、教育を受ける前の彼らが判定しうると考えるのは、あきらかに論理矛盾なのですが、「教育」を「商品」として軽んじたために、「教育」をまとも受けず、自身の「未熟」を学ばなかった彼らは,いつまで経っても「学びの重要性」を学ぶことが出来ません。

このように「ダメ人間スパイラル」に陥ってしまった、最大の問題点は、彼らが「教育」というものの価値を、「金」に対置される「静的な関係性の図式」で捉えてしまった点にあると、内田樹は言います。
これまでにも語ってきたとおり、「教育」というのは「空間図式」的に計量できるものではなく、教育対象の「変化成長」という「時間」性の中で価値を有するものなのですが、こうした「現時点における価値不決定性」をもつ「教育」というものについては、おのずと「その中に身を投じてみる」つまり「変化に身を委ねる」こと無しには、その価値を感取することが出来ないのものなのです。

ところが「消費者」という「お客さまは神様」の立場から来る「全能感」を幼くして憶え込んでしまった子供たちは、「マスターベーションをおぼえた猿」よろしく、その快楽を手放すことができず、自らを「変化=時間」の中に投ずることが出来なくなってしまっていて,その結果が「低能の子ども大人」の完成ということになってしまうのです。

このようなわけで、内田樹は、いま若者たちに必要なことは、時間性の中になかに身を投ずることであり、その勇気だと言います。きわめて困難なことであれ、それなくしては、「学びからの逃走」ひいては「労働からの逃走」(労働に対する対価は、つねに遅れてついてくるため)が止まることはないからです。

内田樹の示した図式を全面的に支持するわけではないけれども、単純交換図式的な「経済原理」が世を被っている現代にあって、もういちど「時間性」を取り戻すことの重要性については、私も全面的に賛同したい。

「人間は、つねに未熟未完成であるからこそ、いつまでも成長は可能なのである」と考えられれば、人は未確定な「時間性の海」に、その身を投ずる勇気を持つことも出来る。
また、実際、有能な人間ほど、好奇心旺盛で、つねに自分の知らないものへのチェックを怠らないし、そこから未知のものを取り出してきて、我がものにすることに喜びをおぼえるから、未知を怖れたりはしませんし、変化成長してもいく。

ところが、幼いからずっと「親」に庇護され「消費者という特権性」に守られ「匿名という隠れ蓑」で自身を守ってきた「未熟な人間=鍛えられていない人」は、彼を「お客さん」扱いしてくれない「世間の風」が怖くてなりません。
すこしでも「未知の海」へ自身を投ずれば,それまで自身を支えてきた「幼い自尊心」がズタズタに切り裂かれ、鍛えてこなかった皮膚が傷だらけになり血まみれにされるのではないかと、それが恐ろしくてならないのです。

だからこそ、ここで虚勢を張っている「2人の匿名の子ども大人」の姿は、自分の部屋から一歩も出られないくせに、部屋の中から大声で威張り散らしている「引きこもり」の姿に酷似してしまう。

彼らは、自分の(オタク)部屋という「小さな王国」のなかで、何とか「王様」の位置を固守しようとするのですが、決してその部屋は自己完結してはおらず、否応なく、時に外部の風が吹き込んできて、彼らの「小さな王国」を脅かします。


私などはさしづめ、彼らの「小さな王国」の窓ガラスを突き破って吹き込んだ、暴風雨と言ったところでしょう。
もっとも私は、そうした「境界侵犯者」としての自分を、もっと優雅に「トリックスター」と呼んでいるんですがね(笑)。



第6回に続く


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
訂正 (アレクセイ)
2011-06-11 00:35:05
上の投稿は、もちろん私のものです。
「園主」というのは、私が自分の掲示板「アレクセイの花園」に書き込みをする時の「名義」です。
以上、記して訂正いたします。
もうひとつ (アレクセイ)
2011-06-11 01:16:41
と言っても、所詮アホな子たちに理解出来るとは覆いませんがね。
違うな間違っている (アレクセイ)
2011-06-11 01:47:05
そもそもだアニメが素晴らしいと作品と言うのなら、何故アニメ版は売上的にも世間の評価も低いというのだ。
アニメ版は所詮、原作を借り、ブログで失言した監督の失敗作、忘れたい黒歴史でしかない。

客観的に、アレクセイがそこまで言うには、ただの原作アンチにしか見えない。
その辺はどうだ?アニメがそこまで良いものならば、やりようがあるだろう?
他人を見下し、聞く耳も持たない、私には貴様の方が子供にしか見えない。

それにだ、所詮ネット、顔が見えない以上、名前など仮初に過ぎん。
こうやってお前の名を使うこともできる。意味は無いのだ。

暴風雨など所詮、雨だ。一時の天候、いつかは止む。
愉快犯の貴様など、さっさと消えて欲しいがな。
Unknown (Unknown)
2011-06-11 14:14:39
「アレクセイ」「ナイルズ」「ホランド」「田中幸一」「沖泰光」
ちょいとググるといろいろ出てきて笑えるな。

Unknown (Unknown)
2011-06-11 15:10:19
ttp://www.angelfire.com/id2/memo/HoraAre/

おじさん随分前からこまったチャンなのねw
Unknown (Unknown)
2011-06-11 18:16:18
「イタイひと」のプロだな
ワンパターンな悪口ですね。しかも「原作つき」(笑)。 (アレクセイ)
2011-06-13 19:19:55
  イマドキの子供たち(第6回)


必死にネット検索して「身元調査」したようですね(笑)。
だから、私は「匿名」でも「凡人」でもないと言ったのに。

もっとも、こんなありふれたイヤガラセなら、私には全然こたえない。
なにしろ、馴れているから(笑)。

「原作至上主義者」らしく、他人の猿まね(コピペ)しか出来ないのでしょうが、こちらはもうそういうのには飽きていて、ぜんぜん面白くないんですよね。「ひと捻り」くらいしてくれないと(笑)。


> そもそもだアニメが素晴らしいと作品と言うのなら、何故アニメ版は売上的にも世間の評価も低いというのだ。
> アニメ版は所詮、原作を借り、ブログで失言した監督の失敗作、忘れたい黒歴史でしかない。

アホ丸出しですが、これは彼らが自身の「頭の悪さ」を直視できない現実と、ぴったり重なった「誤認」ですね。

私がよく引用する、SF作家のシオドア・スタージョンの言葉で、俗に「スタージョンの法則」とよばれる格言がありますが、それがこの問いへの回答です。

『SFの90パーセントはクズである。──ただし、あらゆるものの90パーセントはクズである』

つまり、アニメファン・マンガ読者の『90パーセントはクズである』。
したがって、「売れる売れないと、作品の出来不出来は、基本的に関係がない」。
また言い換えると「傑作を高く評価している人の大半も,じつはその作品を理解しているわけではなく、世評に流されているだけ」だということですね。


ま、そもそも、販売価格がぜんぜん違うアニメDVDと原作マンガを「売上的」比較をしても仕方がないし、「世間の評価」って、それは上の2人のような「頭の悪いオタクの世間」の話でしょう。
この程度のことがわからないのは、彼らの「世間」が「頭の悪いオタクの世間」という極めて狭いものに、無自覚に限定されている証拠でしかありません。
このように「原作至上主義」の大半が「頭が悪い=鑑賞力が無い」というのは、彼ら自身の発言からも実証されます。



彼ら「原作至上主義者」の「幼児性」というのは、ここでの彼らの発言にも端的に現れています。
例えば、その代表例がこれら。


> Unknown ( )
> 2007-06-13 08:40:30
> これって、原作の良さを引き出す能力が自分にはありません、って宣言をしてるだけじゃないかと。
> 原作が嫌いなら断りなさい、それでもやらなければならないなら、我を出さすプロとして仕事をしなさい。

> Unknown (Unknown)
> 2007-06-13 17:46:13
> 好き嫌いで仕事するようなら辞めちゃえば?って思う
> あなたがやめても変わりはいるわけで

> Unknown (Unknown)
> 2007-06-13 20:53:56
> 原作が嫌いと言い切ってしまった時点で監督をやる資格は無いな。


要するに「僕の好きなものが嫌いな人は、あっちへ行け!」ということで、議論以前の、幼児的な「心情論」だけ。
原作が好きだからいい作品が作れるとか作れないとかは、そんなことは「ぜんぜん関係がない」ということすらわからない。

まあ、こういう「幼稚なお客様」たちは、わかりやすい「原作へのオマージュ」でも形式的に捧げておけば、自分まで誉められたような気になって満足するのでしょうが、彼らの「理解力」とはその程度だということです。

こういう「好き嫌い」でしか判断できない「お客様待遇の子ども」だからこそ、アニメ版の価値も意味も、理解できない。
現に、論理的に「アニメ版」を批判した人なんて、これだけコメントが寄せられていても、一人もいないし、原作批判である私の論文、

・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150

についても、内容的に反論した「原作至上主義者」は、一人もいません。

前にも書いたとおり、そもそも彼ら「原作至上主義者」は、アニメ版は無論のこと、原作すら理解していないんだから,それについての論文なんか、理解できるわけがないんですね。彼らには、そもそもその「能力は無い=頭が悪い」ということです。


では、アニメ監督の森田さんが、彼らと同レベルで「嫌い」と言ったかどうかですが、もちろんそんなわけありません。
原作のどこそこや考え方が嫌いで、それはこうだからという明確な判断があるからこそ、森田さんは「構造的な改変」を加えることが出来た。
そのひとつの現れが「セカイ系には抜け落ちている、社会を描く」という、意識的な方法論です。
言うまでもなくこれは、「好き嫌い」の話ではなく、明確に、原作についての「構造批判」なんですからね。

もちろん、これまで論じたとおり、頭の悪いのは何も「原作至上主義者」ばかりではありません。
現に、下のような人もいます。

> 原作未読 (Unknown)
> 2007-06-13 18:13:25
> 原作嫌いなら仕事を断ればいいんじゃね? プロとして

この人も「プロ」というものが、ぜんぜんわかっていない。
「一流のプロというのは、創造的破壊のできる人だ」くらいの理論すら思い浮かばない。


で、話を戻すと,このように「原作至上主義者」に代表される「幼児脳人間」たちの特徴とは、まさに森田監督が原作を批判した部分である「短絡性」にあったと言えるでしょう。だからこそ、彼ら「幼児脳人間」たちは、アニメ版を許せない。

要は、原作がそうであったように、「原作至上主義の幼児脳人間」たちもまた、「私の周辺」と「世界」が短絡されていて、それをつなぐ「中間的社会」が脱落している。

「幼児」が、「貨幣」を介することで、いきなり「大人の世界」と対等につながっているように「錯覚」してしまう。
「時間性」が無いという「貨幣」の特殊性を理解せずに、「経済的交換ゲーム」のレベルで「世界」を理解したつもりになってしまう。

内田樹が『下流志向』のなかで、こうした「幼児脳人間」とホリエモンこと堀江貴文との共通点を、次のように指摘しています。


『 ライブドアの堀江貴文前社長は一時期ニートを含む若年層に圧倒的な人気を博しました。どうして、無業者である若者たちが、天と地ほど生活水準の違うIT長者に共感の拍手を送るのか。この不可解なポピュラリティの理由として、メディアは「古い価値観の破壊者」に対する共感という説明をしばしば行ないました。でも、これはいささか言葉が足りないのではないかと思います。
 彼が体現していたのは、「最も少ない労働で、最も多くの利益を出すこと」、「最も少ない努力で、最も多い成果を得ること」を最高善とする思想です。彼は金が手に入れると六本木を見下ろす家を買い、ブランドものの服を身につけ、自家用ジェット機で旅行し、野球チームとテレビ局を買おうとし、最後は宇宙旅行に生きたいと言っていました。これはどれも「六歳の子どもでもそれをほしがる理由が理解できるような欲望」の対象です。ライブドア事件でいちばん心理的に興味深いのはこのことではなかったかと私は思います。重要なのは、成功するかどうかよりも、どのような価値観、どのような労働倫理に基づいて働いているかであり、その点において一致すれば、無業者も富豪も、「賢い生き方をしている人間」という同一のカテゴリーに算入されることになります。「賢い生き方をしている」という幻想的な自己規定が得られるならば、年収がいくらであるとか、社会的評価がどうかということには副次的な重要性しかない。それが社会的弱者がIT長者に送った拍手の意味だと私は思います。』(P172〜173)


もちろん、「賢い生き方」をしているのならば、所属する「社会階層」に本質的な意味は無いと言えるでしょう。
しかし、問題は「賢い生き方」の中味です。

ホリエモンの思想が現実にはどうであったかは別にして、彼が「ニートを含む若年層」に圧倒的な人気を博した理由は、ここで内田が言うとおりの、いたって単純な、わかりやすいものでしょう。

物事の価値を「貨幣との即時交換性」でしか量れない「幼児脳人間」は、「労働すること」「努力すること」そのものの価値など理解できないし、「中間搾取される多くの人たちの存在や悲劇」なども、理解したくもありません。
それを認めてしまったら、「勉強」や「教養」の価値を認めずにきた結果、いい歳をしても「幼児脳人間」に止まっている自分たちの生き方を、否定しなくてはならなくなるからです。

ですから、彼らは「指示ひとつで、何千万という金が得られる」という、単純化された「経済ゲーム」の原則を支持します。
「指示ひとつ」と「莫大な収益」の間に、「努力」や「経験的知」や「社会的中間項」といった「時間性」の介在を認めたくない。そんなものを知らなくても、ひとまず自分たちの考え方はホリエモンと「原理的に同じだ」という、「保証幻想」が欲しいのです。

それに対し、アニメ版の監督である森田さんのやり方は、こうした「願望」を真っ向から否定するものでした。


「原作至上主義者」の「幼児脳人間」の発想は、

 (1) 私は、原作を面白く感じた。→ 原作は、客観的に(誰もが認める)傑作。

 (2) 原作は傑作。→ そのままアニメ化すれば傑作になる。→ 原作を改編したアニメ版は駄作。

といった、幾重にも重なった「願望と事実の混同」に塗りかためられています。

それに対し、アニメ版の監督である森田さんの発想は「敬意を表するからこそ批判もする」というものであり、そして「敬意を表して、原作に挑戦する」といった「クリエーターの発想」でした。

言うまでもなく、こういう発想は「与えられることしか知らない、(価値創造をしない)子ども」にはありません。
子どもにあるのは、「消費者」の立場に立った、幼児的に単純な「好き嫌い」だけであり、「好きだからこそ批判する」とか「嫌いだからこそ黙殺する」などという「中間性」は理解できない。


そして、彼らが支持する原作には、このような「中間性」が無く、あるのは「単純な二者択一」です。その意味で、原作が描いているのは「重いテーマ」のようでいて、実際には「シンプルな選択ゲーム」でしかありません。

だからこそ、「原作」における田中美純一尉の「論理」は、「頭の悪い読者向けの、破綻した妄想論理」の域を出ず、あとは「扇情的な二者択一物語」でしかあり得なかった。
そこには「二律背反」を思考し抜く「思考努力」が無い。
「可哀相に」と読者の「感情に訴えるだけ」の、型通りの「お涙ちょうだい」しか無い。

そんな原作には無い「面倒な部分」を付け加え、「幼児脳人間」が見たくないと思っている「中間項としての社会」や「時間性」を付け加えたからこそ、アニメ版は「原作至上主義者」の「拒絶」にあったのです。

もちろん、「世の中、そんなに単純じゃない」という「現実」を直視している人(大人)は、仮にアニメ版が万全ではなかったとしても、「その目指そうとしたものが、何であったのか」を考えようとするだろうし、アニメ版は、それが可能な「深み」の与えられた作品でした。

ところが、「お子様」たちには、その「自分たちには計り知れない深み」こそが、自己を否定するものと感じられ、「憎悪」の対象にしか出来なかった。
言い換えれば、「原作」には、読者を「成長」へと導く「批評的要素」が皆無だった。だからこそ「原作至上主義者」の子どもたちは、「安心」して原作を「傑作」だと呼べたのです。
しかし、「安心できる娯楽作品」とは、概ね「優れた商品としての、凡作」なのです。


「原作至上主義者」の本質的感情と
Unknown (アレクセイ)
2011-06-13 19:24:19
(承前)


「原作至上主義者」の本質的感情とは、「自分が幼稚なバカだという現実を、認めたくない」という、この一点に尽きる。

私が彼らを「バカ」だ「低能」だと評するまでもなく、彼らは彼ら自身のコメントによって、自身の「頭の悪さ」ばかりではなく、その「幼児的独善性」と「幼児的視野狭窄」をみずから語って、自己証明している。

すこし頭があれば、せめてもうすこしは「利口そうな振り」「誠実そうな振り」をするのですが、彼らには、そういう「大人の判断」すら育っていないのです。

彼らは自分たちが、私より「頭が悪い」という事実を、内心では認めています。
しかし、それを認めれば、「消費関係」において営々と築き上げてきたプライドが音をたてて崩れそうに思えるので、ひとまず「自分の能力には一言も触れない」で、私や森田監督のような「明らかに格上の人間を貶す」ことに血道をあげるのです。

しかしながら、すでに彼らの「幻想」は、私によって完膚なきまでに突き崩されています。
それでも、自身の「空疎なプライド」にしがみつくのなら、やはり彼らは一生「今のまま」で、五十になろうが六十になろうが一緒ということになります。

いみじくも、彼らが大好きな原作で、田中美純一尉は言っています。

『それでも甘えた生き方をするとか、好きで生まれてきたんじゃないとか、そんなことを言うようなら、自ら死を選ぶべき。』

しかし、前にも書いたとおり、こうした「忠告」は、「甘えていない人間」にしか通用しない。

ですから「原作至上主義者=自分は大丈夫信者」以外の方は、人の振りを見て「自己懐疑」を学んで欲しい。
「こいつらの同類とは思われたくない」という判断は、まったく正しい。

バカは百人寄っても、利口には見えない。
ただ、バカは「数の力」に頼るしかない、というだけの話なのです。
一人の時は、彼らは、単なる「一人のバカ」でしかない。
だからこそ、彼らは「匿名」に埋もれて生きるしかないのです。


第7回に続く


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
Unknown (ミスト(防衛隊))
2011-06-14 01:10:48
>・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150

>についても、内容的に反論した「原作至上主義者」は、一人もいません。
そんな個人のサイト誰も知りません
ていうか賛同からもされてねーじゃねーか
ここでも誰も賛同されてないし
だれも共感しなきゃどこでも同じ


はい、論破


>バカは百人寄っても、利口には見えない
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損だ
Unknown (ミスト(防衛隊))
2011-06-14 01:39:54
あと「匿名」に異様にこだわるけどブログのコメントなんて好きに名乗っていいんだし、好きに変えれるし自演も出来る
某所でコラムごっこしてるからそれ名乗ろうが、どっちにしたって偽名だし「匿名」に変わらん
だったら本名晒せ

あとこんな過疎ブログでやっても批判しか集まらん
そんなに自分が正しい思うなら2chでも、ふたばちゃんねるでもヤフー質問箱でもどこでもいいから、そこで多数の人間の意見も聞いてみてみろ

それもしない、荒らし行為が目的なら、もう救えん
ただのバカ
Unknown (Unknown)
2011-06-14 02:25:54
まだやってたんか
マスターベーションの上に長い
そんなんだから出して問題の無い程度の名前の価値しか無いんだよ

ミスト君も相手すんな
まだ反論は無いの? (アレクセイ)
2011-06-18 21:03:12
時間をあげているというのに、中身が無いのは当然として、10行以上の文章が書けない「鳥頭」ばかりみたいですね、「原作は傑作だ」とか、理解もせずに騒いでいる「原作至上主義のお子様」たちは(笑)。

私の書き込みは、まだまだ続きますので、「雑魚」のみなさん、続きに期待せよ!

と、今回は「予告篇」のみでご容赦を(笑)。


※「雑魚」って、読めるかな?
Unknown (アレクセイ)
2011-06-18 22:42:32
今さら失敗に終わったアニメをヨイショするとか
面白いの?
Unknown (アレクセイ)
2011-06-18 22:46:09
逆に「アニメは傑作だ」とか、理解もせずに騒いでいる「アニメ至上主義の情弱」君(笑)は未だ誰からも支持されてないけどどうなの?

Unknown (アレクセイ)
2011-06-18 22:49:18
時間をあげてるwwww
かまってあげてるだけだっつーのww
「原作至上主義者」の本性は「ブログ荒らし」ぞろい (アレクセイ)
2011-06-22 17:15:14
『ぼくらの』原作至上主義者である、頭の悪い「匿名のお子様」たちは、「反論」する能力も無いので,他人の名を騙って書き込みをするという「初歩的なイヤガラセ」くらしか出来ません。

こんなことをやっても、原作『ぼくらの』支持者の恥さらしにしかならないということも理解できず、私の「原作至上主義者」批判の正当性を裏付けることにしかならない、ということにも気づけないほどの、「バカ」です。

こんな「バカ」揃いだったからこそ、「子どもっぽい原作」を理解も出来ないままに奉り、「大人っぽいアニメ版」を理解できないものだから誹謗するしかなかったんですね(笑)。

連載最終回。でも、私の書き込みは終わらない(笑)。 (アレクセイ)
2011-06-22 23:25:10

  イマドキの子供たち(第7回)


さて、「理論」的にも「証拠の提示による実証」おいても、アニメ版『ぼくらの』を誹謗するしか能のなかった、原作『ぼくらの』支持者たちが、「作品鑑賞能力も無いければ、その自覚も無い、甘やかされたお客様的戯言を垂れ流すだけの、大人子ども」であることが、立証されました。

バカでもアホでも、実際問題としてDVDなどの商品を買ってくれるのは、こうした「大きなお友達=頭の悪いオタク」たちなので、アニメ制作者たちは、彼らについての「事実=客観的な評価」を語ることができず、「バカ殿でも,殿様は殿様」として下にも置かない応接をするため、こうした「バカ殿」たちは、さらに自分の「能力」を勘違いしてしまいます。

当たり前のことですが、作品を「適切に評価する」というのは、誰にでも出来ることではありません。
「作品鑑賞能力」も、個人の能力であり、そこには自ずと「能力差」が存在するし、まして何の努力もしないで「作品鑑賞・批評能力」などつくわけがないというのは、「能力のある人間」からすれば「自明の事実」。能力のある人は、それなりに自身を磨き、鍛え、努力をしてもいるものだからです。

しかし、「能力の無い人間」は、能力の無いが故に、自分に「能力が無い」という事実に気づくことが出来ないし、うすうす気づいたとしても、自分が「無能な、その他大勢」でしかないというのを認めたくないから、その「事実」を意地でも認めようとはしません。

だいたい、ネット上の匿名言説で、頭の悪い「決めつけ」を語っているような人間は、オフの世界においては「他者からの承認」を得ることが出来ず、自分を甘やかしてくれない「世間」に対し、恨みつらみを溜め込んでいるような「意気地なしの負け犬」だと、相場が決まっています。

名乗ったところで誰もしらない。いてもいなくても誰も困らない。容易に代替可能な「その他大勢」に過ぎないからこそ、彼らは名乗らないし、名乗れないのです。


しかしながら、ここまで縷々論じてきたように、何の能力も無い「子ども同然」の「頭の悪いオタク」たちが、ただ「消費者」という特権的立場に依拠して、無根拠かつ居丈高に「作品」を評価する「主たる主体=評価者」になっているとしたら、これは「クリエイティブな創作の危機」ということになってしまいます。
そして本論の眼目も、その「危機的状況」を指摘し、警告を発するところにあります。

能力の無い「バカ」にも、意見を表明する権利は、当然あります。
しかし、他者の作品を評価するのであれば、その前提として「自身の評価能力に関する自覚反省」を持っていなければならないのですが、「バカ」はバカであるが故に、自身を客観的に省みることが出来ません。そこで問題となるのが、そんな「身の程知らずのバカ」な「消費者=鑑賞者」が、マンガやアニメの世界において、増えているのではないか、ということなのです。

当然のことながら、客層の「知的レベル」が下がれば、「高度な内容」の作品は「商品」として成立しにくくなり、アニメ作家たちが野心的に作品に取り組むことも困難になって、業界全体の「クリエイティブパワー」が漸進的に失なわれていくことになります。

例えば、「萌えとエロ」しか理解できないような「知性の欠片も無い顧客」が大勢を占めれば、「萌えとエロ」以外のところで勝負したいと願うクリエーターは、そうした野心を砕かれることになります。
「萌えやエロ」という要素自体が悪いのではなく、「それしか理解できない」お客ばかりになってしまうと、「それ以外のこと」が出来ない、ということが問題なのです。

もちろん、表面的には「萌えとエロ」をやっているように見せかけて、その裏で「重いテーマ」を仕込んで、最後にあっと言わせるなどという手法は、いくつかの作品で実際に試まれていますし、昔は昔で「わかりやすい勧善懲悪」という縛りを覆す、『海のトリトン』で採用されたような「裏技」も存在しました。

しかし、昔は、そうした「重いテーマ」を受け止められる「有能な鑑賞家」だけが、そうした部分をきっちり掘り起こして評価する一方、それ以外の「凡庸な鑑賞者」は「なんだかよくわからないけど、やけに暗い終わり方だったな」と独りごちることで終り、わざわざ人目のつくところに出しゃばってくることはありませんでした。

ところが、ネットの普及によって、「ゴミのような言論」が氾濫することになったというのは、周知のとおり。
もちろん、すべての人に意見公表の機会が与えられたこと自体は、決して悪いことではないのですが、「裾野」が広がれば、比率的に水準が下がるようになり、その「ゴミのような言説」が、この資本主義的民主主義の世の中で「数の力」を持ってしまうというのは、避けられない成り行きなのでした。

どんなバカ揃いであろうとも、頭数さえ多ければ、「多数決」でなら勝つことが出来る。

もともとバカに理屈は通用しないから、いくら少数の有能な鑑賞者が、理路整然と「正当な評価」を語ろうと、頭の悪い「その他大勢」に対しては、「猫に小判」「豚の真珠」で、何の効果も期待できません。

その結果、「頭の悪い読者も惹きつける、道具立て」という厳しい「条件」を課されながらも、意志あるクリエーターたちは、そこからはみ出していく作品を作ろうと努力します。
一方に「豚にエサを投げ与える」ように「お前らはこういうのが見たいんだろう」と言わんばかりに、中味も何もない「萌えとエロ」だけの作品を「仕事と割り切って」作るクリエーターもいれば、困難な状況に抗して、なんとかクリエイターとしての操を守ろうと、銭儲けにならない苦闘を選ぶ、奇特なクリエーターもいる。

当然、優れた作品の産み出されることを願った止まない私たちは、後者のようなクリエーターたちの努力を的確に評価し、称揚することで、そのクリエイティブマインドを側面から支援しようとするのですが、甘ったれた「消費者のお子様」たちには、こうしたビジョンがまったく存在しません。
彼らに、存在するのは、その作品が「自分の好みか否か」だけで、「その作品が何か」などということを問うのは、彼らには能力的に不可能なのです。

そんなわけで、せっかく心あるクリエーターが、厳しい条件の網をかいくぐって、なんとか新しい作品を産み出そうと努力しても、「あめ玉」の味しか知らないお子様たちには、複雑で深みのある味は理解できず、単に「不味い」ということにしてしまいます。
自分たちの「味覚=鑑賞力」を鍛えてこなかったお子様たちの味覚オンチとは「甘いか、不味いしかない」態のものなのです。

つまり、「知性」を欠いて「好き嫌いでしか判断できない」彼らは、まさに、東浩紀言うところの「動物」でしょう。
例えば、下の小説のなかで「人民」と呼ばれ、侮蔑されている存在に、彼らは近いと言えるでしょう。


『 〈人民〉とは、人間が虫けらのように生物的にのみ存在することの別名です。日々、その薄汚い口いっぱいに押しこむための食物、食物を得るためのいやいやながらの労働、いやな労働を相互の監視と強制で保障するための集団、集団の自己目的であるその存続に不可欠な生殖、生殖に男たちと女たちを誘いこむ愚鈍で卑しげな薄笑いにも似た欲情……。この円環に閉じこめられ、いやむしろこの円環のぬくぬくした生温かい暗がりから一歩も出ようとしないような生存のかたちこそ、〈人民〉と呼ばれるものなのです。』

    (笠井潔『バイバイ、エンジェル』より)


ともあれ、「豚のような消費者」の増加した結果、クリエーターの真摯な努力は、しばしば、そんな「味覚オンチのお子様たち」からの「無理解に発する非難」に晒されることになります。
彼らは言います。
「余計なことを考えずに、砂糖をたくさんぶち込めばいいのだ。客の求めるものを提供するのが、プロの仕事だろう」と。

こうした態度は、まさにアニメ版『ぼくらの』に非難の声をあげた、原作至上主義者のそれ、そのままなんですね。


このような、マンガやアニメ鑑賞者の「低レベル化」と言うよりも、「低レベル鑑賞者の表面化」が、クリエーターのやる気を削ぎ、「子ども向けの駄菓子」を無気力に生産するような、サラリーマン作家へと堕落させてしまう。

しかし、こうした危機的状況を、一気に解消する方法など、たぶん無いでしょう。
ならば、私たち「大人」が、「一億三千万、総幼児化」に潮流に、可能なかぎり抵抗して踏ん張るしかありません。

私の尊敬する、二人の頑固な小説家は、次のような言葉を残しています。


   果たして「勝てば官軍」か。
   果たして「政治論争」の決着・勝敗は、
   「もと正邪」にかかわるのか、
   それとも「もと強弱」にかかわるのか。

   私は、私の「運命の賭け」を、
   「もと正邪」の側に賭けよう。

                (大西巨人「運命の賭け」より)


    筆取られぬ老残の身となるとも、口だけは減らないから、
   ますます悪しくなり行く世の中に、死ぬまでいやなことをい
   って、くたばるつもりなり。

       (1985年10月15日付け日記より・『成城だより3』)

つまり、私のやるべきことは、ハッキリしています。

そして、「客層の幼児化」を前に苦闘を強いられている、意志あるクリエーターには、次の言葉を贈って、本論を締めくくりたいと思います。
彼もまた、自分のやり方を生涯貫いた、孤独なクリエーターでした。


  明日こそと思う気持ちがあれば、
  すこしの寄り道は許される。
  遠い道のりに、ため息をついてもいい。
  なにもかも捨てたつもりで、
  それでも残るものがある。
  それが僕の宝石だ

             (出崎統)


2010年6年22日


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
訂正と補足 (アレクセイ)
2011-06-25 16:48:01
上記文中の

> ならば、私たち「大人」が、「一億三千万、総幼児化」に潮流に、

は、正しくは、

 ならば、私たち「大人」が、「一億三千万、総幼児化」の潮流に、

です。

また、『成城だより』の著者は、大岡昇平です。
Unknown (堕落セイ)
2011-10-25 08:03:42
バカという言葉を安易に使う人ほどそう見える。あまりにも変なのでスルーされているだけなのに、「自分の意見に反論出来ない」と勘違いするのも。
Unknown (Unknown)
2011-12-08 17:24:39
アニメ面白かったです。
ですがこのブログを読ませていただき、最悪な気持ちになりました。

あなたはアニメで勝負しているのであってうんちくで勝負しているわけではないはずです。

面白かったアニメを作った人がこういう方だということをしって、このアニメを好きになれるかわからない。
とても残念です。

失礼します。
犬の遠吠え (アレクセイ)
2012-01-03 17:30:37
バカをバカと言うだけならバカにも出来ますが、バカをバカだと立証することは、バカには出来ません。

作品を良かったとか悪かったとか言うことはバカにもできなすが、何がどのように良かったのか悪かったのかを論理的に語ることは、バカには出来ません。

バカな人は、人を貶す前に、貶されて然るべき「失敗作」であるご自分をしっかり貶す訓練をなさるべきでしょう。

でないと、一生「ボクを甘やかせてくれないと泣いちゃうぞ!」という「お子様」のままでしょう。

森田監督にオススメ (アレクセイ)
2012-01-03 19:48:18
もしかして森田監督向きじゃないかというマンガを見つけました。

今井哲也『ぼくらのよあけ』(講談社アフターヌーンKC・全2巻)。

タイトルが似ているのは偶然(笑)。
内容的に非常に好感の持てる、アニメ向きの作品ですし、全2巻とまとまりがいいので、10回前後のテレビシリーズか劇場用の原作に良いんじゃないでしょうか?

良い作品なのに、いまいちマイナーなので、この作品で今井ファンになった私としては、しっかりした人にアニメ化してもらい、どっちも話題になるといいなと願っています。
もしまだ、ご存知でなければ、ぜひご一読を。

勝手に提案、失礼しました。
同業から見て (同業者)
2012-01-22 15:11:49
私は原作もアニメも知りませんでしたが、たまたまネットでOPを見て作品に興味を持ちました。
しかしこのブログを拝見して、監督の考えにショックを受けました。仕事とは、好き嫌いでするものではないでしょう?嫌いだから否定してやる、という姿勢、大人じゃないですよね。子供向けアニメ以外には携わってほしくない方だな、という正直な感想です。
ファンの夢を壊すような仕事の仕方、考え方、プロ失格と私は考えます。
Unknown (Unknown)
2012-02-12 04:50:43
原作が嫌いと公の場で言われるのは原作者への配慮が足りてないのではないですか。
今後見る作品の監督欄にあなたの名前があったら見るのは避けると思います。
無名の同業者さま他へ (アレクセイ)
2012-04-10 11:50:55
> 仕事とは、好き嫌いでするものではないでしょう?

好き嫌いでするものですよ。
一流のクリエーターが、どれだけ「好き嫌い」にこだわっているかをご存じないようですね。
作家には「非凡なこだわり」が必要なことも知らないようなクリエーターは、よっぽどつまらない流れ作業労働者でしょう。事実、そんな人の作った、凡作駄作は山ほどあります。

それにしても、クリエーターが匿名で他人の仕事を貶すとも思えないので、「同業者」って、いったい何の同業者なんでしょうね?(笑)

> 原作が嫌いと公の場で言われるのは原作者への配慮が足りてないのではないですか。
今後見る作品の監督欄にあなたの名前があったら見るのは避けると思います。

作家に当たり前の人間を求めるような見識のない人は、流行ものを観ていれば十分でしょう。

イデの導きの果てに 一一 30年目の『伝説巨神イデオン〈発動篇〉』 (アレクセイ)
2012-04-17 23:58:38
以前に、こちらにもご紹介した拙論、

 ・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
   (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150

を補足する内容を含む文章を書きました。
ご参考までに、下をご紹介させていただきます。

 ・ イデの導きの果てに 一一 30年目の『伝説巨神イデオン〈発動篇〉』
  (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2196


BBS「アレクセイの花園」(http://8010.teacup.com/aleksey/bbs




不快 (はぁ)
2012-06-10 12:49:13
最低の出来だと思いました
あまりに納得いかない内容なので監督は何を考えていたのだろうかと
このブログを見るに至りましたが・・・

じゅうぶん納得できました

二度とアニメの監督はしないでくださいとお願いしたい
嫌いなら最初から断ればよかったのに ただ不快
Unknown (Unknown)
2012-06-17 14:34:41
アニメ見て原作見る人だっているんだから、悪改変しすぎは良くないと。

もう、終わってしまったけどアニメ版はアニメ版でいい所がありました!

監督は凄いなぁ。
でも、皆が見るネットではあまり本音は言わない方がいいと思います(^^)

これからも頑張ってくださいネ!
Unknown (Unknown)
2012-06-19 18:15:11
アレクセイってひと気持ち悪い…
コメント欄で何やってんの…一人で延々と…
Unknown (Unknown)
2012-06-20 01:00:05
スルーでw
懐かしい (責任がない私)
2012-07-06 03:37:35
森田版ぼくらのは
原作漫画を知るきっかけになった。
OPも素晴らしいし、動くジアースが拝めた。
その点は感謝している。

内容に関しての感想。
心に響く箇所はすべて漫画からの移植で
オリジナル展開はツマラナイの一言。

匿名の好き勝手な意見を流せない製作者にとって
情報発信媒体としてのネットは害悪なだけだと思った事件だった。
今はtwitterの広まりで、ますます酷くなっている。
Unknown (Unknown)
2012-08-11 23:24:46
ようやくここにたどり着きました。
原作読んでアニメみたのですが、期待外れにもほどがありますね。
ぼくらの を知らない方々がたくさんコメントしておられますが、原作は本当に素晴らしい作品です。それを改変、しかも悪意を持って、とのことですのでこの監督を擁護することはできませんね。
なんで引き受けたんですか。本当に残念です。
Unknown (Unknown)
2012-08-17 13:05:59
おそいよw
どこまで行っても「原作厨」たち。 (アレクセイ)
2012-11-04 20:23:23

どこまで行っても、アニメ版批判者の意見は、具体性を欠いた「原作厨」の「私は気に入らなかった」の範囲を出ない。

自分の作品鑑賞能力を、自明の前提視しているけど、書いている文章を読むと、お里が知れる。
あとは、自分たちの面子にこだわっているだけに過ぎない。


・ 二つの『ぼくらの』 ーー原作マンガ版とアニメ版の相克
http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2150
原作病w (Unknown)
2012-11-23 07:51:21


アニメ版批判者の君たちを、原作病と呼称しよう。
 
Unknown (Unknown)
2013-02-07 16:29:09
原作を読んだのでアニメを見てみました

正直アニメ関係の仕事はしない方が良いと思います
Unknown (Unknown)
2013-03-24 18:50:33
こいつカスだわ。

今後一切アニメに関わるなよ。

早く○ねばいいのにな、コイツ。
Unknown (S)
2013-04-24 22:08:27
作品の事ばかり森田さんも皆さんも言いますが、
原作者様の気持ちはどうなるのでしょう。
鬼頭先生もあの作品を一生懸命描いたんだと思います
時間もかなりかかったと思います。
それを嫌いだからという理由で
好き勝手変えていいはずがないと思います。
原作を尊重して下さいというより
原作者をもっと尊重して下さい
そんな人にアニメを監修する資格なんてない
原作を大切に思ってる人だってたくさんいます。
それをあなたの駄々のようなもので大きく変え
原作者ファンは見ないで下さいなんて
地球はあなたのために回ってるのではないのです
ぼくらのの監督は他の方に行って欲しかったです
Unknown (Unknown)
2013-04-30 15:13:36
この人は永遠に気づくことが出来ないんだろうなぁ
Unknown (Unknown)
2013-05-15 16:08:56
アンインストールwwww アンインストールwwww
なんていうか、まあ (ぼくらの)
2013-09-23 10:38:46
原作あってのアニメだし、
監督さんがそんな偉そうに言える立場じゃないんだよね
こんなブログでプンプンするくらいなら、
ぼくらのの監督の話最初っから断れば良かったのに

あと、例の原作ファンは見るな発言。監督さん一人で全部作っているならともかく、
たくさんの人が関わって作ってるものを、あなた一人が「見るな!」って行った所でww
なんていうか、まあ (ぼくらの)
2013-09-23 10:40:29
原作あってのアニメだし、
監督さんがそんな偉そうに言える立場じゃないんだよね
こんなブログでプンプンするくらいなら、
ぼくらのの監督の話最初っから断れば良かったのに

あと、例の原作ファンは見るな発言。監督さん一人で全部作っているならともかく、
たくさんの人が関わって作ってるものを、あなた一人が「見るな!」って行った所でww
Unknown (Unknown)
2014-01-23 12:19:24
甘んじて受け入れると言いながらコメントに反論してる姿、実に滑稽でございます
偶然ですが、このような記事を発見できて嬉しく思います

理論立てているような書き方してますけど、色々とちぐはぐですね
人を敬うという人間として当然の理すら理解できていないモノが人を表現するという
実に面白い
どっちも好きだ! (イブ)
2014-05-04 19:30:50
初投稿です、僕は、原作、アニメ、小説、全部が好きです。僕は、ストーリーが、原作、アニメ、小説
、の3種類が異なるというのも、個人的には好きなところです。だから、アニメは、アニメ、原作は、原作で、納得しています。
まあ、色々な、意見もあると思いますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ぼくらの」騒動? (JINRAIさんのトコ。)
と言えばいいのかどうなのか。騒動になってないか(苦笑) 結構好きで見ている(リアルタイムではないけど)「ぼくらの」だが、その監督のブログに書かれている内容が重い。 要は「原...
070613メモ (gekka blog)
森田宏幸のブログ 負けました 「ぼくらの。」の監督のブログ。 注目を集めるという...
「ぼくらの」の何に期待しているかを実況民として書いてみる (EBINAVI)
エビフライは決して「ぼくらの」のアニメが関西最速放送だったから見ているわけではなくて、原作が好きなわけですよ、ええ。で、原作の改変なんてのはもうそれは織り込み済みなわけ...
2007-06-14 (瀬口たかひろのブログ)
絶賛作画中。 (今日思ったこと) ○アビスパはいいサッカーをしてるけど今日も勝てなかった。 ○http://blog.goo.ne.jp/moriphy/e/cb2cbcaea460d892deedc3d77685dd3eの日記に関して ○totoBIG 何口買おうか………。 ○おっぱいのこと
『ぼくらの』 原作とアニメ (INONOのブログ)
『森田宏幸のブログ』より〜引用 原作ファンの皆さんには負けました。 私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。 『ぼくらの』というアニメを作ってる
[ANIME][OPINION]森田監督のブログに寄せて (しまうま技研)
水曜日の発売日当日に「アンインストール」を買ってきた。 アンインストール アーティスト: 石川智晶, 西田マサラ 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2007/06/13 メディア: CD 購入した店では平積みされてたけど、既に相当数売れたみたいで、だいぶ平...
「ぼくらの」監督 森田宏幸氏のブログから考える (失われた何か)
http://blog.goo.ne.jp/moriphy/e/cb2cbcaea460d892deedc3d77685dd3e(森田宏幸氏のブログ) 「ぼくらの」の監督、森田宏幸氏がブログやってるのだが、以下のような発言をしていた。 私自身が原作を嫌いで、アニメーション
[アニメ]『ぼくらの』 (日々の雑感 (tach雑記帳はてな版))
これまた既にご存知のことでしょうが、『ぼくらの』のアニメ、監督のブログが凄いことになってます。 アニメ本編よりこっちの方が面白かったりして… 私が「ぼくらの」をアニメーション化するに際しての苦労を、「原作を嫌い」「悪意を持ってる」など、否定的な感情で説...