上手に眠れば元気になれる・・・ オーダー枕とベッドの快眠ひろば

寝具の商品情報から正しい使い方まで。健康的に上手に眠る(科学的?)サイト。ふとん屋の爺の「寝言戯言独り言・趣味」の話。

羽毛洗浄選別工場 見聞記①・・・in台湾

2017-04-23 15:39:37 | 工場見学

 台湾にある羽毛工場を見学して来ました。溜まった仕事を済ませつつボチボチと見聞記を書いていきます。

 今まで誤解をしていた部分もあり、又、最新の工場設備を見聞でき勉強になりました。正に「百聞は一見に如かず」でした。

 訪問した工場(会社)は、南誠羽毛実業股份有限公司 と言います。

  この会社、日本の羽毛業界では知らない人は無いほどの「超有名会社」のようです(爺は初めてこの会社を知りました)。 ここで精製された羽毛の80%近くが日本向けとの事です。さらに西川三社もこの工場から買い付けをしていました。昨年は三社合計約100トンの羽毛を買い付けたそうです。他にも、イワタなども買い付けをしています。

 と言うことは、Wtakeiの販売している羽毛ふとんの多くが、この南誠羽毛実業股份有限公司からの羽毛ということになります。そんな訳で、適当に見て回る訳には参りません。しっかりと見てきました。

 

 今回の羽毛工場の見学で最も勉強になったのが、「ローダウン」と「ハイダウン」との選別という点でした。今までは、ラージフェザー・スモールフェザー・ダウンの3種類に選別されていたと聞いてましたが、この工場ではダウンをさらにローダウンとハイダウンとに選別していました。他の工場(会社)でも行われているかは知りません。

 ローダウン・ハイダウンとは何でしょう。

 

 ローダウンはダウン率の低い(50%とか70%など)ものと勘違いしそうですね。逆にハイダウンは90%とか95%などのダウン率の高いものと思う方もいるでしょう。全く違います。

 実は、ダウンの中では、成熟した良質なダウンほど落下が早いのです。そして、未熟ダウンやファイバーなどは逆に軽いために遠くまで飛びます。爺だけが知らなかったのかも知れませんが、より良質なダウンを選ぶために、選別機も進化していたのですね。

 こうして、ローダウン/良質ダウンは得る事が出来ます。フェザーは枕や敷きふとんなどに使われます。そして、ハイダウンもダウンには変わりありません。ハイダウンは処分されるのかと思いきや、安価な羽毛ふとんに使われるそうです。そう、通販などで販売されている羽毛ふとんなどに混ぜられているようです。やっぱり「値は値です」ね。「お値段以上」はそう簡単にはありませんね。

********************************************************************* 

  

愛知県でオーダーメイド枕ならWatakeiへ

 

最適な硬さの敷(BED)を探しませんか。測定は無料です。 

 愛知県内で日本ベッドをお探しなら、Watakeiまで! 

 キャメルのBEDパッド  ・  WOOLのBEDパッド  ・ テンセルのBEDパッドはこちら。 

固すぎたBEDマットをソフトにしたい・・・天使のオーバーレイ

     

ご来店お待ち申し上げます。

 じじへの質問もどうぞ!   futon@watakei.com  までお気軽にどうぞ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾の羽毛工場見学・・・そ... | トップ | 羽毛洗浄選別工場 見聞記②・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工場見学」カテゴリの最新記事