ポテト姫の気まぐれ雑記 part2

つれづれなるままに、気ままに綴るエッセイ集

行きつけの花屋さん

2016-10-18 | 日記・エッセイ・コラム

 私が今の家に嫁いでから、義母が商売をやっていた関係で、買い物する「店」も、「できたらここを...」という所を紹介され、町内の店は「ほとんど」決まっている状況でした。

 美容院、肉屋、おもちゃ屋、雑貨屋、お茶屋、花屋...etc. しかも、行った時には、「いつもお世話になっております。○○屋です。」と言わねばならない。

 最初の内は、どのタイミングで言えばいいのか? よくわからないし、気恥かしいし、嫌でたまらなかったけど、これが、慣れてくると、いろいろ便利で、むしろ「心地よく」なってくるから不思議。お店の店主たちに、「○○屋のお嫁さん」として顔を憶えてもらえるため、その後の会話が慣れてくるんでしょうね。

 そんなお店の一軒に、ある花屋さんがありました。私は、小学校高学年頃から、近所のお姉さんたちが「お花」を習い出すのを見て、ちょっと羨ましく思っていました。私も興味があったものの、既に長年ピアノを習わせてもらっていて、一時期は、ソロバンや習字も習っていたので、これ以上、親に負担はかけられないと思っていたので。

 やがて、同居した兄夫婦の義姉が、「安達流」のお花を習い始めると、毎週、家の中に素敵なお花が飾られるようになりました。これが、なかなか「いい」んですよね。「生け方の良しあし?」みたいなのはわからなくても、「家の中に花がある」のは、子ども心にも「いいもんだ」と思えたのでした。

 就職してから、すぐに、念願の「お花」を習い始めました。職場の先輩に紹介してもらい、職場近くのお宅で開いている先生の元に、毎週土曜日の午後通いました。流派は「池坊(いけのぼう)」。(先生によると、「池坊」だけが「華道家元」なんだとか。)

 家の玄関は、義姉が飾るので、私のは「床の間」に飾り、飾る場所がなくなると、叔母の家に飾ってみたり...。

 その後、「看板を取る」とこまで行き、出産を機に退職するまで続けました。

 そういう訳で、「家の中に花を飾る」のが習慣になってしまっていた私にとって、「お花屋さん」は重要でした。仏壇の花を買うついでに、玄関に飾る花を買うため、月に2回のペースで通い続けました。お彼岸やお盆には、お墓用の花もたくさん買うし、友人知人のコンサートなどには、フラワーアレンジなども頼んだし、すっかり「お得意様」状態になってからは、行くたびに珈琲を入れてもらったりして、私の「癒しスポット」?にもなっていました。

 そういうお店が、最近無くなってしまいました。ご主人が突然亡くなられたのです。

 まあ、見かけよりもけっこうなお歳だったようだし、最近「お疲れ気味かな?」という感じはしていたのですが、ある日突然倒れて、それっきりだったようです。

 「花屋さん」の他に、社交ダンスの先生もされていて、むしろ、どちらが「本業」なのか?わからない感じでしたが、お話好きで、オシャレな感じのオジサマでした。

 「悲しい」というより「淋しい」気持ちでいっぱいの私。シャッターの降ろされた店舗の前を通る度に、いつも色とりどりのお花が並んでいた光景が思い出されます。

 ご冥福をお祈りいたします。(-人ー)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもたちも、「うたごえ」... | トップ | 「I have a pen ! 」で思い... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
様変わりした街 (子猫)
2016-10-20 00:53:07
 私の家の近く半径100m以内で閉店したのは八百屋2店、魚屋1店、肉屋1店、中華料理屋1店、菓子屋1店、うどん屋1店、貸本屋1店、電気屋1店、パン屋1店、花屋1店、酒屋1店、ラーメン屋1店、カラオケ1店、弁当屋1店、コンビニ5店、葬儀屋1店、とうふ屋1店、床屋2店、パーマ屋1店、焼き鳥屋1店。以前はこの範囲で買い物を済ますことができましたが、今は宅配または遠くまで買い出しに出かけなければならなくなっています。
え〜⁈ 東京でも? (ポテト姫)
2016-10-20 09:33:49
八王子でも、そんな状況とは‥。(´・_・`)

どうして、そういうことになってしまうんでしょうね。ウチの方も、我々が気軽に、ちょいとオシャレなモノをお手頃値段で買えた「ジャスコ」や「ダイエー」みたいな店さえ、近くになくなって、最近は通販に頼ることが多くなりました。
シャッター通り対策 (子猫)
2016-10-20 18:49:06
 私の家の近くにある店はほとんどがテナントで、賃貸料を払うのに苦慮しているという声が聞こえてきます。
 街の中心部でもシャッターが閉まったままの個人経営と思われる店が少なからず見受けられます。
 また魚や肉、野菜や果物を小売りしている卸市場も半分ぐらい店を閉めており、以前のような活気がなくなっています。
 さらに、新しい大型店ができる反面、長く続いてきた大型店の閉店も計画されています。
 これらの原因は購買力の低下、その原因は収入の低下にあると思います。
 対策としては賃金を上げ、物と金の流れをよくすることだと思います。
家賃が‥ (ポテトの)
2016-10-23 06:35:19
そうか、テナントだと、家賃を払うのがキツくなって、撤退するケースが多いですよね。~_~;

住む所のバランスというか、若者、高齢者、子育て中、そういうのが、地域ごとに「分かれて」しまってる現状が、大きな問題なんでしょうね。
百貨店閉店 (やんごとなき姫)
2016-10-29 09:27:49
我が家から一番近い百貨店(電車で片道1時間:交通費は往復600円)が、4か月後に閉店となります。

日曜でも、お客さんが少なく、この百貨店のフロアを通過して、大型ショッピングセンターへ行く人のほうが多いです。

百貨店を毎日利用していませんが、お使い物や贈り物を購入するときに利用しています。

ちなみに、数日前には、配偶者の彼女の出産祝いを購入しました。
11月初めには、配偶者の別の彼女の結婚祝いの品を調達しに行きます。

現在利用している百貨店の閉店後は、電車で片道2時間の百貨店に行かなければなりません。交通費は往復1500円です。
いろいろと不便になります。

ネット利用を検討中です。
遠いですね‥ (ポテト姫)
2016-10-30 04:15:38
ウチの方は、水戸市が控えてるから、せいぜい車で30分程度の所にデパートはあり、いざという時には使えますが、電車で1時間以上乗るのは、大変ですね。(・・;)
それにしても、彼女の出産祝い? 結婚祝い? それらを「奥サマ」が買いに行くのって、矛盾してない?(-。-;
「生まれた子」の父親はまさか‥(゚o゚;;
配偶者ではなく、配愚者ですからね。(^_-)-☆ (やんごとなき姫)
2016-10-30 10:48:03
やん姫の立ち位置は、『配愚者の下宿のお姉さん』だと自覚していますので、配愚者の彼女たちのお祝いの件に関しては、配愚者の指示通り動いています。

生まれた子供の父親については、やん姫は関知しません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。