ポテト姫の気まぐれ雑記 part2

つれづれなるままに、気ままに綴るエッセイ集

子どもたちも、「うたごえ」好きかも?

2016-10-12 | 日記・エッセイ・コラム

 こちらに書くのが、ずいぶん久しぶりになってしまいました。

 私が、町の公民館で「うたごえ広場」なる講座を開かせてもらって、今年で4年目となり、3年間の「基礎講座」を終えて、今は「自主講座」という形式になってます。

 メンバーは少しずつ入れ替わっているものの、人数は、当初と同じ12~3名で落ち着いているのが面白いですね。

 今年から参加してくれた一部のメンバーの方より、「月に1回では、淋しいから、増やして欲しい」との要望を受けました。それに同意する方も多数だったので、そういえば、もう「自主活動」に入ったわけで、「基礎講座」の日程形式に縛られる必要もないことから、今月から「月に2回」行うこととなりました。

 今までは「第1木曜日」だったので、曜日を変えて「第3金曜日」に。曲目は「同じ」なので、「同じ曲目を2回」ということでも、納得してくれたので、その方向で行く予定です。もちろん、今まで通り「月1回」でもOKで、「金曜日だけ参加」もOKということで。

 はてさて、どうなることやら、うまく軌道に乗ってくれるとよいのですが。

 ところで、先日のこと、今年からスタッフに加わっている、町の「学童保育」ですが、最近ようやく、校庭に遊具が完成し、子どもたちも楽しく遊べるようになりました。でも、その半面、「時間だから、もう部屋に戻りましょう!」と言っても、遊びが楽しくて、なかなか止められない状態に。

 ブランコに乗っていた、ある女の子が、大きな声で「翼をください」を歌い始めたので、辺りは薄暗いし、人数も少なかったから、そこで私も「悪乗り」して、本来の声と声量で一緒に歌ってしまいました。笑われるかと思いきや、「もっと歌って!」との子どもたちの要望。そこで、「第九の一部」を歌ったり、みんなで「ビリーブ」や「旅立ちの日に」などを歌って楽しみました。

 すると、昨日の夕方も、そこにいた同じメンバーたちが、「また歌おう!」と誘ってきて、「ちょっと恥ずかしいから、やめよう。」と言っても、薄暗くなってきた同じシチュエーションの中で、また「翼をください」を歌い初めてしまいました。その後、「赤い屋根の家」や「ビリーブ」など、子どもたちの好きな歌を一緒に歌っていると、普段は恥ずかしがりな子も、近くで口ずさんでいるのが見えました。

 「この歌、保育園で歌ったよ!」と楽しんでいる子もいたり...。

 最近少なくなりつつある「みんなで歌う」シーン、は、かつての「歌声喫茶」世代ばかりでなく、子どもたちにも「求められてる?」と感じた場面でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マシコの青なじみ」コーナ... | トップ | 行きつけの花屋さん »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うたごえの輪 (子猫)
2016-10-12 21:41:57
 いいお話を聞かせていただきました。
 選曲する側が特定のコンセプトにこだわらずに選曲すれば、歳に関係なく歌の輪が広がるということのいい例だと思います。
みんなで歌うこと (ポテト姫)
2016-10-14 05:12:50
私たちが子どもだった頃は、音楽の授業といえば、先生がオルガンやピアノを弾いて、みんなで一緒に歌う形が主でしたが、最近はそうじゃない場合の方が多いみたいですよ。(´・_・`) 授業時間も減ってるし、「差し替え」も多いようだし‥。

その時、率先して歌ってた子は、いつも感心するほど、よく響く?ハスキーボイスで、音程もバッチリ。それに続く子も、キレイに通る声で、やはり音程バッチリの実力でした。
こういう子どもたちを集めて、一緒に歌える機会が作れたらいいのに‥なんて思ってしまったひと時でした。^_−☆
歌はともだち! (はまぎく)
2016-10-15 12:01:12
いいお話ですね。

来週コミュニティ祭りで歌う歌の歌詞に、

歌はあなたの大切なともだち
いつもそばにいる大切なともだちだから

というフレーズがあります。まさにその通りですね。

話変わって、先日のテレビ番組での、イントロクイズで、「木綿のハンカチーフ」を出演者の誰も当てられなくて、どうも40代の人でさえ、みんな知らなかったらしく、軽いショックを覚えましたが、、、、

Jポップは私たちが歌い繋いていかなければいけないかなあ?

恋人よ〜♪ (ポテト姫)
2016-10-16 05:27:53
私も、小学生の時は、みんなで歌える「音楽」の時間が大好きで、いつも心持ちにしていたものです。
「歌う」でイラスト検索すると、出てくる絵は、マイクを持ってるか、幼稚園生のお遊戯会みたいなのか、合唱団の絵ばかり。
「カラオケ文化」が、「みんなで歌う」シーンを減らしてしまったのかもしれないですね。^_^;

先日の大学OB合唱団のコンサートでは、「木綿の‥」の中で、けっこうな長さをソロで歌わせてもらった私としては、「イントロクイズ」で、誰も答えられない様子を見て、同じショックを味わいました。( ̄O ̄;)

「ユーミン」みたいに、アニメ映画などに使われたりしないと、ああいう名曲も、消えていってしまうんですかね。(´・_・`)
音楽 (やんごとなき姫)
2016-10-16 08:27:35
>子どもたちの好きな歌を一緒に歌っていると、普段は恥ずかしがりな子も、近くで口ずさんでいるのが見えました。

音を楽しむ・・・。
まさに、音楽ですね。

同じ『おんがく』でも、音が苦になるのは、音が苦…。

夕日をバックに、ポテト姫さんと子供たちの楽しそうな様子が目に浮かびます。
結局、pcで消しました。(^^;; (ポテト姫)
2016-10-17 04:25:25
>やん姫姉さん
「音楽の嫌いな人」はいない。しかし、「音楽を嫌いにさせてしまう人」はいる。それが「音楽教師」。
そんなことを、新人時代の研修でよく言われました。
以来、私は、せめて自分は「音楽の嫌いな人」を1人も作らないように、心がけてきたつもりです。(^^;;
たぶん、それだけは、いまだに「守れてる」んじゃないかと‥。(^^;;

できることなら、「合唱団」とまではいかなくても、子ども版の「うたごえ広場」みたいなのを、作ってあげたい気分です。^_−☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。