森の里ホームズ

ホームページの運営にあたって思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美女と野獣のカフェ&レストランBeauty&the Beast 口コミ情報

2016-11-29 20:18:25 | Webmasterの独り言
美女と野獣のカフェ&レストランBeauty&the Beast 口コミ情報

美女と野獣のカフェ&レストランBeauty&the Beast ブログ紹介ページ
 ● 限界エンジニアの冒険録
 - 【予約必須】横浜中華街の「美女と野獣カフェ」でディナーをしたのでレポートします。
 ● ファインド トラベル
 - 夢の国に来た気持ちに「美女と野獣」のコンセプトカフェが誕生しました! 
 ● maimaiのmogmog-diary
 - 横浜中華街にできたばかりの、美女と野獣のカフェレストラン Beauty and the Beastへ行ってきました!
 ● のりのりのブログ
 - 以前、中国茶の講習会でお世話になった緑園さんの前にある美女と野獣のカフェ・レストラン Beauty & the Beastへ
 ● 惣田麻衣きままにブログ
 - フランス童話『美女と野獣』の世界を再現したテーマパークのような空間で、料理が楽しめるカフェ&レストラン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美女と野獣のカフェ&レストランBeauty&the Beast応援ページ

2016-11-29 20:16:51 | Webmasterの独り言
美女と野獣のカフェ&レストランBeauty&the Beast応援ページ

● はまれぽ  - 入店した瞬間から童話『美女と野獣』のヒロインになりきれる。カジュアルフレンチも絶品。

を追加しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オシリス神:一口メモ

2016-11-29 20:14:02 | 豆知識メモ
オシリス神:一口メモ

古代エジプトで、死後の世界を支配するとされた神。

 古代エジプトの多神教の中の主要な神で、死後の世界を支配するとされた。オシリス神の妻がイシス神でその間に生まれたのがホルス神。イシスはオシリスが冥界の神となってしまったので、その代わりにホルスを現世のエジプトの王にしようとし、太陽神ラーをだまして絶対権力を我が子に授けさせたという。

● 古代エジプトの神々  エジプトに,オシリス(長男)、イシス(長女)、セト(次男)、ネフティス(次女)とう4人の兄弟がいました. オシリスとイシス、そしてセトとネフティスが結婚をし、長男であるオシリスが王となり、エジプトを統治しました. 弟のセトは、嫉妬して兄オシリスへの憎悪を募らせていました.そんな時、セトの妻ネフティスがオシリスと浮気をしてしまい,これを目撃したセトは怒り,オシリスを殺そうと企てました. オシリス体の寸法で造らせた美しい箱を披露し,この箱にぴったり合う方に差し上げますとして,皆の試させた後に入ったオシリスを箱に閉じ込め,ナイルに投げ込んでしまいました.このクーデターによって,セトは王の座につきました.セトはオシリスの体を14にバラバラに切断して,違う場所にばらまきいました. オシリスの妻イシスは,魔法を使って体さえあれば死者を復活できるので,バラバラになったオシリスの体を集めましたが,どうしても生殖器だけが見つかりませんでした.しかたなく仮の物で代用して,オシリスとネフティスの浮気でできた息子アヌビスが,オシリスの体を包帯にくるみました. そしてイシスが魔法の呪文を唱えるとオシリスが復活しました.しかし、偽の物が混じっていたために,不完全に復活したオシリスは,死者の世界の神として生きるとになりました. そして,イシスはオシリスとの子“ホルス”を産みます.ホルスは幾度となくセトから嫌がらせを受け,その度に死にかけましたが立派な青年に成長し,そして父オシリスの仇を討つため、ホルスとセトの長い戦いが始まりました.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネアンデルタール人:一口メモ

2016-11-29 20:13:18 | 豆知識メモ
ネアンデルタール人:一口メモ

 代表的な旧人の化石人類。ドイツのネアンデル渓谷で発見された。

 化石人類の中の旧人に属する人類で、約20万年間に現れ、4~3万年前に絶滅したと考えられる。1856年、ドイツのネアンデル谷(谷をドイツ語でタールという)で発見され、その後ヨーロッパから西アジア各地に広く発見されている。ネアンデルタール人は毛皮をまとい、洞窟に住み、剥片石器を用いて狩猟採集生活を行っていた。また脳容積が大きく、仲間を埋葬するなどの精神的な営みも行っていたことが知られている。また、喉や胸骨の構造も現代人とほとんど代わらないことから、言語活動も行っていたと想像する説もある。ネアンデルタール人は3万年前頃に絶滅し、現生人類への置換が行われたと考えられているが、最近の研究では両者はかなり長い時期にわたり併存関係にあったとされる。しかし両者の間に敵対関係や、逆に混血などの関係があったのかどうかについては諸説あるが、いまのところ不明である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発泡成形法(structual foaming):一口メモ

2016-11-29 20:11:18 | 豆知識メモ
発泡成形法(structual foaming):一口メモ

 原料樹脂にガスを発生する発泡剤を混入あるいは金型内にガスを直接注入する等の方法により発泡体の成形品を得る成形法。射出発泡成形、押出発泡成形等がある。発泡ポリスチレン、発泡ポリウレタン等を用いたものが代表的であるが、ポリエチレン、フェノール樹脂、エンジニアリングプラスチック等を用いる例もある。

■ 発泡ポリエチレン(foamed polyethylene)  ポリエチレンを発泡させたもので、包装緩衝材、建材、断熱材、自動車部品、浮揚材等に使用される

■ 発泡ポリスチレン(foamed polystyrene)略称FSまたはEPS  ポリスチレンの発泡体。スチレンモノマーと発泡剤(ペンタン等)を原料として重合し製造する方法と、ポリスチレンに発泡剤を含浸させて製造する方法がある。断熱保冷材、包装材料(トレイ、緩衝材等)、魚箱等に使用する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメン神とアトン神:一口メモ

2016-11-27 09:04:38 | 豆知識メモ
アメン神とアトン神:一口メモ

 アメン神 
 古代エジプトの多神教でのテーベの守護神。

 アメン(Amen)はエジプト語。ギリシア語でアモン(Ammon)とも表記する。エジプト中王国以来栄えていたナイル川中流の都市テーベの守護神としてあがめられていた神。新王国時代には太陽神ラーと一体化して、アメン=ラー信仰(アメン=ラー)が起こり、テーベのカルナック神殿を建設し、多数の神官が組織されて、神官の勢力は王朝の政治を左右するほどであった。アメン神の信仰は基本的には多神教で、マモン神のほかに、いろいろな神が存在した。新王国のアメンホテプ4世は、アマルナ革命で一神教信仰であるアトン神信仰を創出して、テーベの神官勢力を抑えることを目指したが、定着せず、アメン神信仰は維持された。

 アトン神 
 エジプト新王国アメンホテプ4世が創出した一神教の神。

 アテンとも表記するエジプトの神。エジプト新王国のアメンホテプ4世が、それまでの多神教であるアメン神信仰をすて、唯一神であり、万物の創造主であるとしてアトン神を創出し、その信仰を国民に強要した。アメンホテプ4世は、自ら名前をイクナートンと改名し、アメン神を祭るテーベの神殿を破壊し、その神官の職を廃止、アマルナに遷都するなど、いわゆるアマルナ革命を断行した。職をなくした神官はイクナートンの改革に反対し、その死後ファラオとなったツタンカーメン王のときには再びアメン信仰に戻ることとなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中空成形法(blow molding method):一口メモ

2016-11-27 09:01:47 | 豆知識メモ
中空成形法(blow molding method):一口メモ

 プラスチックボトルや容器類のように中が空洞の成形品を製造する際に用いられる最も代表的な成形法。まずパリソンと呼ばれるパイプ状の成形品を加工し、これに空気を吹き込んで最終成形品とするのが基本で、押出機で底のないパイプ状のパリソンを成形し、2つ割りの金型で挟み込んでパリソンに底を付け空気で膨らませる押出ブロー成形と、射出成形によって底のあるパリソンを成形し、金型の中で空気を吹き込んで成形する射出ブロー成形とがある。洗剤、シャンプー、清涼飲料等のボトルから灯油缶のような比較的大きな容器の製造まで幅広く用いられている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホモ・エレクトゥス(原人):一口メモ

2016-11-26 20:00:32 | 豆知識メモ
ホモ・エレクトゥス(原人):一口メモ

 猿人に次ぐ化石人類の段階。ホモ・エレクトゥス。出現時期には240万年前と、180万年前の見解の違いがある。アフリカで進化し、ユーラシア大陸に広がった。

 地質学上の更新世にあたる約180万年前に、猿人に続いて出現した化石人類で脳容積を増大させたホモ属に含まれ、学名はホモ・エレクトゥス(直立した人、の意味)という。その化石は猿人と異なり、アフリカから出てヨーロッパからアジアまでの旧大陸にに広く分布しており、ジャワ原人、北京原人、ハイデルベルク人などがその例である。おそらくアフリカで猿人段階から進化を遂げた一部が、脳容積を増大させる契機を掴み、「火の使用」を獲得することによって、生息範囲を広げることができたものと思われる。

 猿人の出現時期もどんどんさかのぼっているが、原人も同様で、約100万年前から30万年前までを活動時期とする説もある。数年前までは原人の出現は50万年前とされていた。

 原人段階の人類は、脳容積が増大し、火の使用・言語の獲得・石器製造技術の発達(ハンドアックスの出現など)など、飛躍的な「文化」を形成している。しかし、この原人と現代の人類(新人)の関係については、絶滅して現在につながっていないという説と、現在のアフリカ・ヨーロッパ・アフリカの各民族の祖先となったという説があるが、現在は前者が有力である。また、言語の使用に関しては、最近では疑問が提出されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合成樹脂フィルムの製造法:一口メモ

2016-11-26 19:58:11 | 豆知識メモ
合成樹脂フィルムの製造法:一口メモ

合成樹脂フィルムの製造法。

■ インフレーション法(inflation method)  押出機を用いて合成樹脂フィルムを製造する方法のひとつ。押出機の先端に取り付けた環状のダイからチューブ状に樹脂を押し出し、まだ軟化している内に中に空気を吹き込み、薄いフィルム状になったところで冷却した後に捲き取る。ポリエチレンやポリプロピレンの薄いフィルムを製造するのに適している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多神教:一口メモ

2016-11-19 09:51:40 | 豆知識メモ
多神教:一口メモ

 古代オリエントなど、各地に見られる、複数あるいは多くの神々を信仰する宗教形態。仏教、ヒンドゥー教も該当する。それに対して、唯一神を信仰するのが一神教で、ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教が同系列の一神教である。

 メソポタミア文明のシュメール人と、アムル人やアッシリア人などセム系民族はそれぞれ、自然神崇拝、あるいは祖先崇拝から始まったと思われる多神教信仰を持っていた。シュメール人ははじめ、天空神アン(アヌ)、大気(風)の神エンリル、地の神を意味し知恵を司るエンキ(エア)など7神を持っていたが、灌漑農耕が広がった頃からイシュタル神という豊饒と戦争を司る地母神(女神)が神々の中心となった(ギリシアのアフロディテ、ローマのヴィーナスにつながる神である)。また都市ごとに守護神を持っていた。ついでアムル人の建てたバビロンの守護神であったマルドゥク神をが、バビロン第一王朝の成立とともにメソポタミアの最高神とされるようになった。

 エジプトでは太陽神ラー(アメン・ラー)を中心とする多神教であった。多神教が支配的であったオリエント世界に一神教を初めてもたらしたのは、ヘブライ人のヤハウェ神信仰であった。またエジプトでも新王国のアメンホテプ4世はアトン神という唯一神への信仰を国民に強制したが、それは一神教革命としての宗教改革(アマルナ革命)とされている。エジプトでは一神教は定着せず、それ以前のアメン・ラー神を中心とする多神教に戻ったが、モーセに率いられたヘブライ人がエジプトから脱出したという伝承の背景に、一神教が認められなかったことがのではないかという見解もある。また一神教は前15世紀ごろのオリエント世界の統一の動きという政治的な流れの中で、アルファベットという表音文字の普及とともに民族を越えた普遍的な世界観を生み出していくこととなったと考えられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加