森の里ホームズ

ホームページの運営にあたって思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北イスラエル王国とユダ王国の滅亡 :一口メモ

2012-05-07 21:00:13 | 豆知識メモ
北イスラエル王国とユダ王国の滅亡 :一口メモ をアップしました。

 紀元前731年にアッシリア王ティグラト・ピレセル3世の臣として王位についた。ホセアの支配圏はエフライムの高原地帯に限られていた。紀元前734年の戦いに敗北して以来、ガリラヤとヨルダンの東地域はアッシリアの支配下にあった。ティグラト・ピレセル3世はこの一連の西進でメギドを征服し、ガリラヤ地方の諸州の行政的首都として用いた。

紀元前727年にティグラト・ピレセル3世が死んだ時、後継者のシャルマネセル5世は広大な領土を維持できないと考え、エジプトへの支援を頼んだ。しかし、シャルマネセル5世はイスラエルを攻撃して、紀元前725年にサマリヤを包囲した。ホセアは3年間アッシリア軍に抵抗したが、紀元前722年に降伏した。ここに北イスラエル王国は滅亡した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散乱(scattering):豆知識メモ

2012-05-07 20:58:54 | 豆知識メモ
散乱(scattering):豆知識メモ をアップしました。

 電磁波が物質に当たり、その進行方向が変化する現象。散乱によってエネルギーが変化しない弾性散乱(ミー散乱、レイリー散乱など)と、変化する非弾性散乱(ラマン散乱、蛍光など)がある。

 散乱は吸収とともに、大気の減衰(したがって光学的厚さ)を支配する要因である。パスラジアンスには、大気分子によるレイリー散乱とエアロゾルによるミー散乱が影響を与える。また光学的厚さが大きいときには、多重散乱の寄与が無視できない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚木の個人のホームページ(10) :森の里ホームズ

2012-05-06 15:30:45 | 厚木関連
厚木の個人のホームページ(10) を更新しました。

そらのおはなし
- 湯川春美さんのオリジナル絵本のギフトショップのページ。

をリンクしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳塞栓症 〔そくせんしょう〕 :一口メモ

2012-05-06 10:36:44 | 豆知識メモ
脳塞栓症 〔そくせんしょう〕 :一口メモ をアップしました。

 脳塞栓症(のうそくせんしょう)とは、心臓疾患(心臓弁膜症・心筋梗塞・細菌性心内膜炎・心房細動など)に由来する血栓が脳の血管に運ばれて脳内で詰まる病気で突発性の病気です。意識障害は脳血栓症より強く段階的に脳梗塞へと進行する。

脳塞栓症の原因は主に心臓弁膜症・心筋梗塞・細菌性心内膜症・心房細動などに由来する血栓が脳に運ばれて、脳内で詰まる事で塞栓ができるという点がその原因とされています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短パルスファイバーレーザ:一口メモ

2012-05-06 10:35:19 | 豆知識メモ
短パルスファイバーレーザ:一口メモ をアップしました。

 短パルス光の発生には一般的に共振器内に音響光学変調器(Acousto-Optic Modulator:AOM)や、電気光学変調器(Electro-Optic Modulator:EOM)のような能動素子、または可飽和吸収体のような非線形光学受動素子が必要である。

ファイバーレーザでは、レーザ光を生成する増幅媒質と光を伝送する媒質が一体でありファイバー中の光強度が高くなるため、自己位相変調(Self Phase Modulation:SPM)等の非線形光学効果の影響を受けやすく、能動素子や非線形光学受動素子のようなデバイスがない状態でも光スイッチング(パルス化)を起こすことが可能である。これまで、干渉を利用した非線形光ループミラー(Nonlinear Optical Loop Mirror:NOLM )、非線形増幅ループミラー(Nonlinear Amplifying Loop Mirror:NALM)が光スイッチングとして用いられてきた。しかし、そのパルス化の状態を維持するためには共振器内に位相制御素子や偏光子、偏波保持ファイバー等の偏光制御素子が必要である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーリア人の侵入 :一口メモ

2012-05-06 10:34:18 | 豆知識メモ
アーリア人の侵入 :一口メモ をアップしました。

 紀元前2300~紀元前1800年の間、南アジアに位置するインド亜大陸は青銅器文明が栄え(インダス文明)、ハラッパー遺跡(インダス川上流・パンジャーブ地方)、モヘンジョ=ダロ遺跡(インダス川下流のシンド地方)を残した。しかし陵墓や宮殿跡、あるいは武器、王の彫像などがみられず、どちらかといえば庶民生活関係の遺物が多く出土した。

 この文明の真の滅亡原因は不明だが、河川氾濫・気候乾燥化・交易中断・統制者の死亡などの諸説があり、その中で、侵入民族の破壊説もあったが、年代のズレがありこの説は否定されている。その侵入民族がアーリア人であった。東方系のインド=ヨーロッパ語族であるアーリア人は、もともと中央アジアの草原地帯で遊牧生活を営んでいたが、紀元前2000年頃、馬と戦車でもって、大移動を開始する。"高貴(="アーリア"の意味)な民族"と自称したアーリア人は、紀元前1500年頃、ヒンドゥークシュ山脈にあるカイバー(カイバル)峠を越えて、パンジャーブ地方に侵入し、先住農民(ダーサ?)を征服、農耕・牧畜生活を営み、氏族ごとに村落を形成した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走査方式(scan system):豆知識メモ

2012-05-06 10:32:46 | 豆知識メモ
走査方式(scan system):豆知識メモ をアップしました。

 衛星リモートセンシングにおける各種センサの主な走査方式には、航空写真や複数の光電変換素子を二次元的に構成した一般のCCDビデオカメラのようなフレームセンサ(frame sensor)によってプラットフォームの移動と共に移動方向に得られた映像面を逐次的に走査する像面走査方式と、数個の光電変換素子または電荷結合素子からなるポイントセンサ(point sensor)によってプラットフォームの移動に加えて対象物(地上)面を機械式走査を用いて、直角方向に走査する対物面走査方式がある。特に後者は素子を一本ずつ走査することからウィスクブルーム(whiskbroom)方式とも呼ばれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全身性炎症反応症候群(SIRS) :一口メモ

2012-05-03 15:09:02 | 豆知識メモ
全身性炎症反応症候群(SIRS) :一口メモ をアップしました。

 炎症が全身に及ぶと体温が上がり熱が出ます。心拍数が増え(頻脈、動悸)、呼吸数が上がる(頻呼吸)、あるいは病原微生物に対抗するために、血液中の白血球数が増えます。すべて全身の炎症反応であり、これらがみられる状態を、全身性の炎症反応症候群(systemic inflammatory response syndrome:SIRS〈サーズ〉)といいます。

SIRS(全身性炎症反応症候群 Sytemic Inflammatory Response Syndrome)は、米国で新薬の臨床試験の為に、菌血症患者の選択基準を1991年に定義したものです。すなわち、菌血症を始め、真菌血症、寄生虫血症、ウイルス血症、外傷、熱傷、膵炎、手術後などの種々の侵襲を誘引とする全身性炎症反応で、複数の臓器の機能不全が起こり、これを多臓器不全(multiple organ failure:MOF)と呼びます。多臓器不全の中でも、急性肺障害(ALIまたはARDSと呼ばれる)は発症率が高く、治療が難しいようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己周波数シフト(SSFS):一口メモ

2012-05-01 21:42:21 | 豆知識メモ
自己周波数シフト(SSFS):一口メモ をアップしました。

誘導ラマン散乱は、光ソリトンと組み合わさることでソリトン自己周波数シフト(SSFS:Soliton Self Frequency Shift)と呼ばれる現象を引き起こす。パルス幅が1psより短い基本ソリトンでは、スペクトル幅が十分に大きく(パルス幅とスペクトル幅の間にはフーリエ変換の関係ある)、パルス内で誘導ラマン散乱を生じ、短波長成分が長波長成分を増幅する(短波長成分のエネルギーが長波長成分に連続的にシフトする)。この過程は光パルスがファイバーを伝搬する間起き続けるため、ファイバーを長く伝搬するほど光ソリトンは長波長側へシフトする。この現象がソリトン自己周波数シフトである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペルシア戦争 :一口メモ

2012-05-01 21:41:28 | 豆知識メモ
ペルシア戦争 :一口メモ をアップしました。

 ペルシア戦争は、前5世紀初頭,アケメネス朝ペルシアの大遠征軍をギリシア軍が撃退した戦争のことである。「ペルシア戦争」とは、ギリシア側からの呼称である。この戦争は、2次にわたって繰り広げられたが、大兵力を動員し、圧倒的な戦力差をもって攻め込んだペルシアが2度も敗北を帰した。

 戦いの発端は、小アジア西岸イオニア地方のギリシア諸市がペルシアの支配に対して蜂起した、いわゆる「イオニア反乱」にある。前500年、ミレトスの僭主アリスタゴラスは、自らその地位を退くとともに、他のイオニア諸市にも、当時ペルシアにより支配の手段として利用されていた僭主政を廃止するよう働きかけた。この呼びかけは、ペルシアの支配をはねのけようとする市民たちに広く受け入れられて、各市に反僭主・反ペルシアの運動が起こった。これらイオニア諸市は同盟を結び、ギリシア本土に来援を求めてペルシアと戦い、サルディス、ビザンティオン、キプロスを攻めて成果をあげたが、ペルシア軍はやがて反攻に転じ、前494年、ラデ島沖の海戦で勝利を収め、ミレトスを占領して大勢を決した。イオニア諸市はふたたびペルシアの支配に服することとなるが、僭主政は復活されなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加