森の里ホームズ

ホームページの運営にあたって思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラミダス猿人「アルディ」:一口メモ

2016-10-29 09:22:41 | 豆知識メモ
ラミダス猿人「アルディ」:一口メモ

 1994年、アメリカのホワイト(カリフォルニア大学バークリー校)、日本の諏訪元(東大)などがアフリカのエチオピア、アワシュ川中流で発見した、約450年前の猿人の一種。1990年代にはこれが最古の化石人類とされていたが、2000年代に入り、さらにさかのぼる化石人類の発見が相次いでいる(人類の出現年代の項を参照)。ラミダスとは、現地の言葉で「根(ルーツ)」を意味するという。学名はアルディピテクス=ラミダス。発掘された歯などから犬歯が退化した(ということは明らかにサルとは違う)ヒトの化石であると判明した。この化石は1994年の英国の科学誌『ネイチャー』に発表され、当時として最古のアウストラロピテクスに先行する猿人と認定された。ただし腰骨や脚の骨が未報告であるので二足直立歩行には疑問もあるとされている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | ヒクソス:一口メモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。