森の里ホームズ

ホームページの運営にあたって思うこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

占星術:一口メモ

2016-11-02 20:25:02 | 豆知識メモ
占星術:一口メモ

 天界の星の運行から未来を予測すること。後の天文学の起源となった。 太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う科学(占い)。古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができる。

 古来人間は何らかの方法で未来を予知しようとしてきた。そこからさまざまな「占い」が起こってきたが、最も精密な装いをもっていたのが占星術で、科学的な天文学や暦法を生み出したことでも重要であり、単なる「迷信」とは言い切れない深さと広がりをもっている。占星術の基本は、古代人が宇宙を仰ぎ見て、その広大さと不可知な世界に畏敬の念を抱き、天空で太陽や月、星の動きに神秘的な力を認め、それによって現世のあらゆることが動かされていると信じたところになる。そこから、星の運行や天体現象から国家や社会、個人の運命を予知しようとしたのが占星術である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウストラロピテクス:一口メモ | トップ | 熱可塑性樹脂の加工法:一口メモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

豆知識メモ」カテゴリの最新記事