「滝」の俳句~私の心に見えたもの

220728 佐々木博子(「滝」瀬音集・渓流集・瀑声集 推薦作品より)

大仏となり街を見る春の夢 谷口加代

2017-06-17 04:30:02 | 日記
 大仏様の目を借りる春の夢という、大仏の半眼は誰でも知っているが、「春ともなれば大仏さまもうつらうつらと・・・」と、夢の中の時空間の混乱に乗じて、自分の夢にしてしまう作句力に私は目の覚める思いがした。きっと長閑な街が見えた事でしょう。(博子)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の宵ゆっくり外す貝ボタン... | トップ | 春雷やまなこ息づく雲龍図 ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。