「滝」の俳句~私の心に見えたもの

220728 佐々木博子(「滝」瀬音集・渓流集・瀑声集 推薦作品より)

ベビー靴の初めの一歩囀れり 中井由美子

2017-05-16 05:46:45 | 日記
 かわいらしい句。初めの一歩ですから一才くらいですね。家の中でだいぶ上手に歩けるようになったので、ベビー靴を履かせて外へ。転んでも怪我をしない芝の上でしょうか。囀りが大拍手のようで、笑う家族の顔まで見えるようです。作者は、第十回佐藤鬼房俳句大会で
「初蝶のまだ思ひ出を持たざりき」西山睦・特選
第47回県俳句大会で、
「初蝶の躓く風の生れにけり」が最高賞の河北新報社賞に選ばれ、新聞に写真と、「昨年誕生した初孫と、初蝶を重ねた。つまずきながらも進む初々しい生命を詠みたかった」とのコメントが載っていた。詠まずにはいられない慶び。お孫さんの誕生、そして受賞、本当におめでとうございます。(博子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百姓の顔に戻りし春の雲 鈴... | トップ | 男去る残雪の杭引き抜きて ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初孫 (由美子)
2017-05-17 22:27:02
博子さん 鑑賞ありがとうございます。
お祝いのお言葉も有難うございます。

初孫誕生の喜びの勢いで詠んだ句が運良く続けて良い選をいただけてうれしい限りで良い記念となりました。







初蝶 (博子)
2017-05-18 05:03:57
 お孫さんの誕生も受賞も本当におめでとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。