「滝」の俳句~私の心に見えたもの

220728 佐々木博子(「滝」瀬音集・渓流集・瀑声集 推薦作品より)

かげろふに乗りし輓馬の鈴の音 阿部風々子

2017-04-06 05:18:36 | 日記
 農耕馬と鈴の音に、チャグチャグ馬コを思ってみたが、賑やかに鳴り響く鈴の音は、麗らかな陽気に浸り、のんびりした気分を醸し出す陽炎には少し強すぎる気がして、<シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた~♪>の方を思ってみた。言わずと知れた野口雨情の「雨降りお月さん」である。雨の中を、遠く長い道のりを濡れながらやってきた花嫁に対するねぎらいの思いを詩にしたと聞く。それならば、陽炎の中を嫁ぎ来た花嫁姿を思ってもいいのではないだろか。輓馬から察すると、たぶん半世紀以上にもなるご夫婦歴でしょう。そんな日のあったことをフラッシュバックするのに、陽炎の揺らめきは格好と言える。(博子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地震の島今水仙の香り満つ ... | トップ | レコード針替へるや春の赤い... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。