「滝」の俳句~私の心に見えたもの

220728 佐々木博子(「滝」瀬音集・渓流集・瀑声集 推薦作品より)

春昼や堰越してより水光る 庄子紀子

2017-06-14 03:53:36 | 日記
 のどやかで、眠りを誘われるような春の昼と、力強く流れ、堰を越え、飛沫をあげて光る水の躍動の取合せ。春を感じるこころの張りが水に投影された句と思いました。(博子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口笛やわが故郷の花山河 加... | トップ | 春の宵ゆっくり外す貝ボタン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。