「滝」の俳句~私の心に見えたもの

220728 佐々木博子(「滝」瀬音集・渓流集・瀑声集 推薦作品より)

息切れの磴半ばなり初音聞く 谷口加代

2017-07-16 04:20:25 | 日記
 更に吟行句。経ヶ峯とよばれる静かな森のなかに、伊達政宗の霊廟である瑞鳳殿はあり、標高73.6m。ひたすら坂と階段なのだそうで、「磴」は「石でできた道」という意味。やっと半分ほどを登り来て息切れを感じたあたりで、「法・法華経」と初音。経読鳥とも言われる鶯が、瑞鳳殿でまであと一頑張りと励ますように聞こえたのかもしれない。杉木立の中にたたずむ絢爛豪華な桃山様式の建物は息を呑むほどの美しさだとう。吟行会には参加出来なかったが、長い磴を覚悟して一人で行ってみようと思う。(博子)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花塚のうしろ五月の空気濃し... | トップ | 師のこゑとまがふ郭公経ヶ峯... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。