森の風

日々の気づきなど綴ってみます♪

不思議としか言いようのないこと

2017-05-26 10:38:20 | 日記
久しぶりにブログを書いてみようと思います。

いつも読んでくださって有り難うございますm(_ _)m

ここからは、「ですます調」ではなくなりますがどうかご了承くださいね。

 
思い返せば、昨年末から急にいろんなことが起こり出して、あっという間に気づけば、もう初夏になっていたという感じ。

それは遠い昔の事のようでもあり、めまぐるしい変化はまるで夢を見ているようで…

3月に主人があの世へ旅立って、後片付けに追われるうちに、少しずつほんとにもうここには居ないんだと想うようになり…

でもまだ何処かにいるような気もして。

亡くなる2日前に静かに「ありがとう」と言ってくれたことは、今もずっとわたしの心の大きな慰めになっている。

最後まで、家族みんなで支えられたことも、きっと主人は、あの世で感謝してくれているだろうと自分を納得させている。

なんとなく、その証のようなことも、何度か経験していて。

人の心がわかるというお友達も、そうだと言ってくれた。

なので、あまり後悔はないというか、あの時、自分なりに精一杯やれたことにたいして、
本当に今感謝の気持でいっぱい。

行き届かないこともあっただろうし、気づけないこともあったと思うし、鈍くさいところも多々あったと思うけれど。

心の中で、主人にそっと謝るしかないんだけれど。

ともかく、これまでわたしが頑張ってこれたのは、

一人ではなかったからだということだけは、確か。

わたしの器や心の小ささからすれば、実は、途方もない事が出来たのだと思う。

一人だったなら、今もまだ悩み、いろんなことを悔いていたことだろう。

おそらく自分を責めていただろうし、体調も崩してしまっていたかも。

すべては、お友達が陰になり、長い間ずっと支えてくださったからこそ出来たことだった。

お友達は、わたしが頑張ったからだよと言ってくださるけれど、

愛情は与えるものだということを、身を持って教えてくれたのは、

そのお友達ただ一人だから。

今は、毎日お電話してもらっていて、お互いに今日の出来事などを話して、
楽しい時間を過ごせていることが、本当に有り難くて。

お友達も、いつも同じ気持ちだと言ってくれていて、それがとても嬉しい。    

わたしだけではなかったんだと…

双方が、同じようなバランスでいられることは、とても大切なことだと思うから。

お互いが共に支え合えていることは、何よりも心強いこと。

癒やし癒やされ…励まされ

また翌日も、お互いに目の前のことを頑張れるというプラスの流れ。

つまり相乗効果❣

子供たちや母にも、このことは公認で、みんな喜んでくれている感じがする。

お友達曰く、それは「わたしが変わってきたから」だとか。

自分でも確かに、前よりも心にゆとりがあるというか、安定してきているような気がする。

「~してくれない」とか「どうせわたしなんか」とか、

そんなふうに、わたしはいじけていたのかもしれない。

今は、こんなに親身になって心配してくれる人が居てくださることが奇跡に思えて

しかも、お友達も同じ気持ちだということを知って

言葉にならない想いでいっぱい…

あ・うん呼吸で、いつも自然にタイミングがピッタリ。

こんな出会いもあるんだなぁと、不思議でならない。

しかも、周りの全てが応援してくれているかのように、何から何までいろんなことが上手くなっていて…

それもタイミングがちゃんと重なっているかのようで

もうまさに奇跡。

不思議としかいいようのない気持ち。

神さまは、本当に居てくださるのだなという想いも、日に日に深くなっていっている気がする。

この貴重な出会いに、心から深く感謝して、

いつまでも大切にしたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この今の為に | トップ | 良い方へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事