地理講義   

多少面倒な講義です。

245. 金沢(かざわ)の枡形   岩手県一関市金沢 

2017年04月04日 | 地理講義

弥栄金成街道にできた宿場町金沢(かざわ)は、西に行けば奥州街道金成である。東に行けば一関街道を通って気仙沼街道である。この2街道を結ぶ要衝に宿場町ができた。大名行列は通らないから、本陣も脇本陣も存在しない、在郷の宿場町であった。
駅逓場、問屋場、伝馬場、旅籠などが、長さ5町(500m)の宿場町にあり、小さいながらも宿場町としての機能は果たしていた。

東西にのびる宿場町の中央よりやや東の道路が屈曲している。枡形の中途半端な出来損ないのようではあるが、この屈曲部分枡形は坂道の頂上に近く、これより西は平坦、枡形はややきつい傾斜である。宿場の境界領域を定める目安としては十分であろう。

屈曲部分枡形の西側は宿場町の主要部分である。弥栄金成線。


屈曲部分枡形の東側は上り道。なお、この住居が頂上。さらに東は下りになり、一関街道に通じる。

宿場町であることを、各戸で明示している。それ以外に宿場町の面影は少ない。

 
宿場町の突き当たりが枡形であり、道路は右折する。宿場町のなごり。

 
復元された図。道路中央を流れる水路や伝馬の馬が描かれている。

解説の看板

 

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 244.秋葉山神社の枡形 登米... | トップ | 245. 桑折寺の枡形  福島県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地理講義」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。