地理講義   

多少面倒な講義です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

248.藤沢町の枡形 岩手県一関市藤沢町

2017年07月16日 | ひとやすみ

岩手県一関市藤沢町の商店街は竹駒・八坂神社前で終わる。道は左に曲がる枡形。

岩手県藤沢町の商店街は、南から北に向かって緩やかな上り坂道に沿う。一様に赤ペンキのトタン屋根が並ぶ。左右併せて100軒ほどの商店街だが、開いている店舗は2割に満たない。郊外に新たな大型店ができ、客を奪われた、と月並みの台詞でシャッター商店街の説明ができそうである。
藤沢町には国道もないし、鉄道もない。忘れた頃に隣町へのバスが来るだけである。商店街はかつての在郷町としての繁栄が、いつの日にか戻ることを期待しつつ、半ばあきらめているようでもある。
在郷町とは近世以降、周辺農村と結びついて経済的利益を受けた田舎町のことである。農業に必要な種子・肥料・農具を周辺農家に売り、農家からは米・麦などを買い集めた。不作ならば農家は在郷町の商人からの借金を返済できず、小作・地主の身分関係になる。在郷町の商人は、農民に必要な資材を売って儲け、農地を貸して儲けたのである。地主として所有する田畑が広ければ、貧農を相手の日銭稼ぎをしなくても生計は成り立った。ただし、これは1948年の農地改革以前のことである。農地改革で小作農地を農家に返還したあとは、商業1本で生活を成り立たせることになった。

竹駒神社・八坂神社から見た藤沢町中心街。鳥居前が枡形である。

1960年代、藤沢町の商店街は商業だけで生活が成り立った。高米価政策により零細自作農は稲作収入を増やし、農閑期に出稼ぎで現金収入を得、そのカネが藤沢の商店街で消費されたのである。電器店、洋服店、レストラン、農機具店など、今では商店街では目立たないが、当時は派手な存在であった。商店は家族経営であり、人件費はかからなかった。電気・ガス・水道・税金・保険・年金負担もわずかであり、商店の経営は簡単に成り立った時代であった。
1970年代、米減反政策、出稼ぎ減少、石油危機などは藤沢町の商店街を直撃した。現在の藤沢町の商店街の景観は1970年代のままである。
1979年から2006年まで、佐藤藤沢町長の強力な政治力により、町政は町民病院を核とする福祉を中心に展開、世間の注目を浴びた。佐藤町長の名声は天下にとどろいた。一方、商店街の衰退を止めるために町全体の経済の底上げする意図で、総額400億円の国営農地開発事業に乗り出したが、思うような成果を得られなかった。この負債の残り100億円が後の一関市との合併交渉難航の原因となった。そして佐藤町長は病気を理由に町長の座を降りた。

竹駒神社・八坂神社は商店街を守ってきた。1神社が2神社である。

鳥居の扁額には竹駒神社(岩沼)と八坂神社(京都)の2神社名が記してある。元来、藤沢は宿場町ではないから馬の需要は明治以降のことであり、藤沢の竹駒神社は明治以降にできた。八坂神社も明治招元年に祇園感神院から改められた名称であり、藤沢の八坂神社は明治以降にできたとみなすことができる。氏子の建てた神社の建物は豪勢であり、藤沢は在郷町として、1970年代までは商業が繁栄していたことが分かる。
この神社において、商店街が独占的利益を続けるための策が練られた。商店の新規参入禁止、商品の値引き販売禁止、地主としての地代取り分や農家貸付金の利息統一、祭礼分担金額決定など、各商店の利害にかかわることが決められた。神社における決定は、商店街の申し合わせである以上に、神意の受託としての重みがあった。
神社前の枡形までが商店街であり、ここを外れて商店を開業すれば、神罰として商店街からは厳しい制裁が課せられた。

藤沢商店街の再生の議論はの場は、神社から役場に移った。


藤沢町商店街の再建策は、神社における話し合いから、役場における町議会に移った。1993年から2年間続いたNHK大河ドラマ「炎立つ(ほむらたつ)」の前九年の役、黄海の戦い(1057年)は藤沢町黄海(きのみ)が戦場であった。このドラマの放送を藤沢町PRの一助とするため、商店街では赤に白地の炎の旗を飾り付けた。TV放送から25年、色はさめたが、今もその旗が商店街を飾っている。他に商店街をPRする機会はなかったのである。町民病院の大活躍や国営農地開発事業の巨額赤字は、商店街の活性化とは無関係であった。
神社は商店街の独占利益を保障する役割を果たしていた。しかし現在、役場、農協、町民病院、大型スーパーは商店街から離れた郊外に立地する。竹駒神社・八坂神社は商店街の守護神とはなり得なかったようである。

藤沢町の商店街は、竹駒・八坂神社前が終わる。道は枡形であり、急角度で曲がる。

 .

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 247.伊里前の枡形 南三陸町... | トップ | 249.仙台市長袋の枡形  神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとやすみ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。