水俣病の現在

2006年はチッソ付属病院から水俣保健所に「奇病」発見の公式通知から50年。水俣病公式確認から50年です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水俣病患者数3万人

2006年10月12日 | 水俣病
水俣病は次の4種類があり、水俣病患者総数は2〜3万人と推定される。全員を水俣病として公式認定するとチッソは倒産になるので、,砲茲訐治決着を急いだ。しかし、い里茲Δ文式認定を求める水俣病患者が1万人以上もいる。い両豺隋▲船奪修侶从囘負担が急増し、現行の補償制度が崩壊する。このため、政府は52年要件にもとづく認定制度をかたくなに守っている。水俣病患者の認定は、2000年以降、一人もいない。
水俣病患者は、一応、次の4型に区分される。
------------------------------------------------
‖嫉垣権時代に政治決着として、最終的な解決として、一時金260万円を受け取った水俣病未認定患者10,353人。
2004年の関西水俣病訴訟の勝訴で水俣病に認定された50人。各種の裁判で水俣病と認定された者は、合計7,890人。
水俣病であることを隠したり、気づかずに生活している者が20,000〜30,000人。
す埓に公式認定された水俣病患者数(2006.5.31まで)
熊本県  1,175 人(うち1,277人は死亡)
 鹿児島県  490人(うち305人は死亡)
 合 計  2,265人(うち1,582人は死亡)
----------------------------------------------------
水俣病に公式認定されと、チッソから慰謝料(1,600〜1800万円)、医療費(全額)、年金(月額68,000〜173,000円)が支給される。チッソはこれまで1,200億円以上を支払ってきたが、半分は熊本県からの借金である。チッソをつぶすと熊本県の不良債権となるため、チッソの補償を支援してきた。
水俣病患者が増加すると、チッソも熊本県も経済的に苦しくなるので、国と県は、認定患者を増やさない方針である。
水俣病の認定は、経済的・政治的・社会的な情勢で決まる。水俣病の病状で決まるのではない。水俣病の病状のある者の総数は2〜3万人といわれている。
-----------------------------------------------------
チッソから慰謝料、年金、医療費を支給されるのは公式の認定患者であり、死亡を含め2,265人である。
環境省の昭和52年判断条件(1977)以後、水俣病認定基準が厳しくなり、2000年以降の水俣病認定数はゼロである。当時の環境庁長官は石原慎太郎(都知事)である。
熊本県の水俣病認定者推移
1968年認定44名はチッソとの見舞金契約(1959年)から1968年までの合計である。認定合計1,775名である。52年基準(1977年)以降の水俣病認定者数は減り、2000年以後、水俣病認定はゼロである。




2004年の関西水俣病訴訟最高裁判決で52年基準が否定され水俣病の認定基準が2つになった。環境庁の52年基準と、2004年の最高裁判決の基準である。
最高裁判決に従えば、これまでの認定棄却には誤りが多数含まれ、認定患者が増えることになる。そのため、認定審査委員は全員辞任してしまい、後任委員が選任できなくなった。認定作業は中断したままである。
環境省は最高裁判決を無視し、政府の52年基準を堅持する方針である。水俣病患者の高齢化による死亡を待ち、水俣病患者の自然的減少で、補償金を減らす長期戦である。水俣病患者の自然消滅を待つ姿勢である。
ジャンル:
経済
キーワード
環境庁長官
コメント (1) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 1959年、水俣病の終わり( 仝... | トップ | 熊本地裁判決(1973)は間違いだっ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひどい (キーーー炉)
2009-09-18 20:45:22
今水俣病について勉強してるがかわいそう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL