廃校を巡る

風雪に耐えた美しい木造校舎。小さな空き地にポツンと二宮尊徳。
錆びたブランコに、朽ちかけた百葉箱。廃校ノスタルジア…。

茨城県 高萩市 横川小学校

2016年10月18日 19時24分22秒 | 茨城の廃校
茨城県で一番新しい小山ダム。
ダム建設によって一部の住民は移転を余儀なくされた横川地区。
ここに横川小学校がありました。閉校は平成元年。君田小学校に統合されています。

訪れた廃校は28年の歳月でいよいよ朽ち果てようとしていました。
百葉箱、トーテムポール、手作りらしい二宮像、卒業記念碑、鉄棒、滑り台、ブランコ…。
どれもがサビ、腐り、自然に帰ろうとしているようです。

新たに建てられたらしき集会場の裏手にはまさに自然に飲み込まれている木造校舎がありました。
竹や雑草に覆い尽くされ最初は校舎がある事に気づきませんでした。
校舎横には滑り台にブランコ、それに鳥小屋らしき物もありますが、
昼でも薄暗いほどの薮になっています。

明治6年開校の歴史ある学校ですが平成元年に閉校。
閉校時の児童は3名だったと閉校記念碑に刻されています。
統合先の君田小学校のHPを見ると、今年平成28年度をもってここも閉校するようです。
現在の在校生わずか4名…。
すごい勢いで過疎化が進んでいるようです。


道路からのアプローチにはまだ看板が残されています。





閉校記念碑には校歌に在りし日の校舎の姿のプレートが埋込まれています。




手作りらしき石膏の二宮像?



一時期トーテムポールはよく目にしましたが、最近はめっきり見なくなりました。


百葉箱もあまり見ませんね。



新たに建てられた集会場の裏にその校舎はありました…。





深い薮の向こうに見えるのは廃テイスト満載の木造校舎
 










ガラス越しに中を見ると黒板が見えます。思いのほか中はきれい。



校舎の他に講堂もありました



滑り台、ブランコ、鳥小屋かウサギ小屋らしきものも残っています。
写真では明るく見えますが実際は薮で薄暗い感じです。







卒業記念に作ったものでしょうか?
ちょっとホッとするゾウさん。


校庭横の小道には野菊が満開でした



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島県 塙町 真名畑小学校 | トップ | 福島県 塙町 片貝小学校 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。