廃校を巡る

風雪に耐えた美しい木造校舎。小さな空き地にポツンと二宮尊徳。
錆びたブランコに、朽ちかけた百葉箱。廃校ノスタルジア…。

芳賀町 水沼小学校

2017年04月04日 17時05分55秒 | 栃木の廃校
最近は日本刀が好きな女子を刀剣女子などと呼ぶらしいですね。
最近も足利市美術館で開かれた『山姥切国広展』では
全国から大勢の刀剣ファンが集まり、来場者は延べ37,820人。
なんと足利市立美術館の動員記録を大きく更新したそうです。

でも、実態は日本刀をイケメンに擬人化したゲームの影響らしいですね。
正直まったくゲームを知らないので魅力を知る由もないのですが…。

ワタシの日本刀のイメージはお正月の時期にデパートの催事場の片隅で
ジミーにやってる「日本刀展示即売会」のイメージですね。
まぁ、日本刀が即売できるものか詳しくは知りませんが、
じいさん達の趣味の世界と言った認識でしたので、
若い女子が日本刀にときめくとはまったく想像できません。

ワタシが知っている日本刀はルパン三世に出てくる
石川五右衛門のもつ「斬鉄剣」しかありません。
鉄さえ切れる、しかも飛んでくる弾さえまっ二つにできる剣。
切れないのはこんにゃくのみ…。

そんなわけで今回訪れた水沼小学校には
石川五右衛門の斬鉄剣によってまっ二つに切られてしまった二宮がいたのでした。
まさに辻斬りにでもあったかの様に胴払いで切られた姿は衝撃的です。
上半身を探しましたが見つけられませんでした。
 
冗談はさておき東日本大震災では芳賀町も被害が大きく、
亡くなられた方もいます。
地盤のせいか芳賀町・市貝町は揺れが激しかったようです。
二宮像の多くも足首から折れたものが多かったようですが、
このように胴体部分から折れたものは初めてみました。
現役校であれば修理もするのでしょうが廃校になっては修理も難しそうです。
公民館に転用された小さな学校跡の方が
地元で管理され修復される確立が高そうです。
今までも何体かの二宮像が地元の方によって修復されているのを見ました。


痛々しい二宮像





なぜか校舎はネットで覆われている。
これって現代アートの巨匠クリストの作品のようではないですか。
実際はガラス保護の防球ネットのようですが…。





2006年 水橋小学校、高橋小学校 3校の統合により芳賀町立芳賀南小学校になっています






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市貝町 杉山尋常小学校 | トップ | 芳賀町 上稲毛田小学校 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。