廃校を巡る

風雪に耐えた美しい木造校舎。小さな空き地にポツンと二宮尊徳。
錆びたブランコに、朽ちかけた百葉箱。廃校ノスタルジア…。

群馬県 片品村 片品小学校 越本分校 

2017年06月16日 19時35分26秒 | 群馬の廃校
淡いパステルカラーの校舎が可愛らしい分校。

現在も集会所のようなかたちで活用されているようです。
群馬の廃校を巡って感じるのは閉校記念碑を残している学校の少なさ。
ここも同じく創立時や詳しい沿革もわからずじまい。
閉校は先に訪れた片品小学校東小川分校と同様に、2000年に本校に統合されたようです。 


















学校の前には茅葺きの民家。今だ現役のようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬県 片品村 片品小学校... | トップ | 群馬県 片品村 武尊根小学校 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

群馬の廃校」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。