ひとりごと

誰かにちょっと聞いてほしい。そんな時にひらくページ。

解放感!

2017-02-22 09:27:19 | 頭痛
単位に追われていた娘。
ついに昨日、全教科出席日数をクリアしました!
これで、三年生になれるぅぅぅ(T▽T)
二学期からずっと、長い辛抱の時でした。
娘も、ストレスから解放され、テンションアゲアゲ
ヘ(≧▽≦ヘ)♪
そして今朝、久しぶりに朝すんなり起きてきて、スープを飲み、送らずに自分で学校に行くことが出来ました!
三学期になって、初めてです。

とっても分かりやすい(^_^;)
ストレスとは、こんなに体に現れてしまうのか⁉と実感。
彼女はそういう体質なのでしょうね。うん。
留年してしまうかもしれないストレス、そりゃ大きかったと思うんです。
私だって、おかしくなりそうなストレスでしたから。
だから、それを乗り越えた彼女を誉めてあげたい!
昨日は、下の娘と三人で、ケーキでお祝いしました。
頑張ったで賞です。

今後の対策としては、まず、みんなと同じように出来るなんて思わないこと。
ストレスが体調に出やすい体質なんだから、ストレスをかけないような生活を、人より心掛けなくちゃいけない。
そんなんじゃ、ストレス社会で生きていけないんじゃないか、なんて思わなくていい!
いくらでも、道はあるんだから。
獣医になる夢は、無理かもしれない。
でも、ただでさえ大変な道を選ばなくても、違うアプローチの仕方もある。
実際、生物系の勉強は獣医科以外でも出来るし、今娘はそちらに心の舵を切っている。
獣医になるために必死に頑張るのは素晴らしいことだと思うし、出来るならチャレンジさせてあげたい。
出来る人はいい。
でも、彼女にはどうだろう?
それが彼女にとって幸せな道なのか?
心身を痛めつけて、幸せになれるのか?
頭痛もちの自分も自分。
それを含めてこれから色々考えていくべきだと思っている。
その中で、納得のいく、やりたいことを探していって欲しいと思う。

とりあえず、三年生になったら、最初から、教科ごとに休んでしまった数をカウントして、きちんとチェックしていくつもり。
一時間目に割り当ての多い教科や、この曜日にしかないという教科もあり、休みがかさんでしまうことがある。
今まで、お昼前に体調が戻っても、今日は休んじゃおうって時もあった。
でも、その積み重ねで、最後は世界史に悩まされた。
私は前から、一時間でも行きなさいって言っていたのだけど、本人にその意識が薄かったと思う。
もちろん、しんどいのはわかる。
毎日さりげなく学校に行ければいいのだけど、毎朝体調悪くて、毎日頑張って学校に行くのだから、疲れちゃうよね。
でも、ここ2週間くらい、頑張ってそれをやって、出来たから、多分本人の意識も変わったんじゃないかな。
こうやって、乗り越えていけるんだなって、実感したと思う。
だから、今回の頑張りをいっぱい誉めてあげて、自分をコントロールできたって意識を、実感させたい。
それは、今後のためにも、大事なことだと思う。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お菓子屋さん⁉ | トップ | 低気圧をブロック »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出席日数クリア、おめでとうございます! (ぽんママ)
2017-02-22 20:35:40
進級というプレッシャーのかかる中、ほんとに頑張りましたね。
他人事ながらスマホ見ながらニマニマしちゃってます。

頭痛もちの自分を受け入れ上手く付き合っていきながら、今回の自信がさらなる自信につながって、夢に向かって歩いてほしいですね。

うちもあやかろう(笑) 

高校では、うちの息子も欠席日数ちゃんと記録するよう教えておきます!!
Re:出席日数クリア、おめでとうございます! (morinoakari8787)
2017-02-22 22:14:54
ありがとうございます(^^)
欠席数の管理、高校はほんとに大事です!
頭痛はいつ暴れだすかわからないので(^_^;)

ぽん母さんも、あと少しですね!
思うように出来ないもどかしさ、よくわかります。
でも、今できる精一杯頑張ってる息子さんは、偉いです!
そんな息子さんを支えてるぽん母さんも、偉いです!
試験当日の状態が良いことを祈ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。