~空からの贈りもの~

「森のこもれび」の山崎直のブログです。

「先死」~田中雅博僧医

2017-04-29 22:58:27 | 日記

今日、「こころの時代」で田中雅博さんの

『僧医いのちの苦と共に』という番組が放送されて

いました。

田中さんは、僧侶であり医師であり、自ら末期がんを

抱えながら、患者さんや多くの方と向き合って

来られた方で、70歳でお亡くなりになったそうです。

その田中僧医の言葉が今も私の心に響いています。

『「先生」というのは、先に生まれると

書きますが、「先死」(せんし)は先に死んだ人に

多くのことを学びます…』

「先死」という言葉を初めて聞きました。

私は、息子が亡くなった後、親より先に子供が

死ぬのは一番の親不孝だという言葉に、どれ程

傷ついたかしれません。

その度に「うちの子は親不孝ではありません」と

絞り出すように言っていましたが、打ちひしがれる

母親の私を見て、親不孝の意味するところを

あらためて感じた人もいたと思います。

「先死」である息子の死は、尊い出会いを

もたらしてくれました。そのことが私の生き方を

運命を変えていったのです。

私は、その時死から学ぶことの深さを知りました。

田中僧医は、(死と向き合った時)それぞれの

生き方が、それぞれの宗教になると言われて

いました。

誰もに平等に与えられている「死」なのに

私たちは、自分は「死」とは圏外のところにいる

という意識を、どこかに持って生きています。

ある医師が、自分が病になるなら、肝硬変より

癌の方がいい。癌は時間があるからと言って

いました。

田中僧医も癌は時間が与えらると言われてました。

ご自身もすい臓がんであったそうです。

田中僧医は、患者さんの話を聴く「傾聴」が

とても重要だと語っていました。

初女先生も「森のイスキア」の活動の前は

死を前にした人の傾聴をされていたと聞きます。

死を考えることは、生を考えることになるの

ですね。

「先死」 先に逝った人たちの声に耳を傾ける

大切さを、今日あらためて感じました。

死とは姿かたちの別れであって、無くなる

ことでは、決してないと私は思っています。

「いのち永遠にして」ですから…

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を前に進める言葉 | トップ | 夜明け前の… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先死にふれて (猫の寝息)
2017-05-01 00:12:22
共感して拝読。身体という形が無くなっても命は活躍している気がします。身近な人の死は生きて遺された人の人生観、いや、人生を変えます。変わらないと生きて行けない程の衝撃を与えられたとも言えます。 そんな経験をしたことの無い方もいつかは必ず生死との深い遭遇をします。
これは暗いテーマなどではなく、当たり前の話です。命は無から生まれ又無に帰るだけのことだからです。それを認識できたなら、必ず再び人生を喜びに満ちた時間として味わうことができると思うのです。私が兄、夫、弟を次々に亡くした時、ある方が『何故 貴女のような方がこんな不幸に会うのかしら、、。』と同情をこめた言葉で私を慰めようとしました。私は、それは絶対におかしな話だ、私だけが不幸の中にあるはずがない!これは人として避けられない輪廻や宿命なんだ。皆 この悲しみを乗り越えずに生涯を送ることはできないはず。私はそう心で訴えました。長くなり過ぎましたね。すなおさんのブログの文章がわかり過ぎる程分かるので力が入り過ぎました。では、この辺で。(^^)
響きます (山崎 すなお)
2017-05-01 19:26:16
本当に、体というかたちが無くなった時に、いのちというものは、もっと自由に活躍できるようになるのではと、思います。
息子が亡くなった時に「あなたみたいな人が、こんな目に合うなんて、神も仏もないね。」と言われたとき、私は強い信仰があるというのではなかったけれど、「神様はいます」と答えました。なぜ、そんなにきっぱりと言い切れたのか、自分でもわかりませんが…
底なし沼に落ちたように、悲しみがこれでもかってくらい押し寄せてきましたが、でも不幸とは思わなかったのです。
今でも、説明はできませんが、それが素直な気持ちだったのだと思います。
生きていく道を照らす光とは、大脳ではない何かが働くのでしょうか…
頂いたお言葉に、響きあう喜びを感じました。
有難うございます

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事