森に恋して

静・緑・健康

2017 神鉄谷上から、神戸森林植物園でアジサイ等を楽しみ、太子道を下って三ノ宮に帰ります。

2017-06-18 | 六甲山ハイキング
2017/06/17(土)晴れ        本日の歩行数23,000歩強

AM9:30神鉄谷上駅集合に、女3・男1と少し寂しい顔ぶれでしたが、元気にスタートします。
私達が、集合する前から、かなり多くのハイカーが集まっており、私たちがスタートするのと同じくらいに動き始めます。

谷上駅を出て線路の下を通り、西に少し進むと、ガードをくぐる様に成って居ます。


ガードを潜り、すぐ右に下る階段を下ります。
大きな団体は、この場所で再び集合して説明等を行っているようです。

川沿いに進み、広場まで来ますが、数人の塊がたむろしています。


大勢が動き始める前に動こうと、すぐに歩き始めます。
橋を渡り右に曲がり、山裾を進んで行きます。

板の橋を渡り川沿いに上ります。


最初の堰堤を上ります。


ゆるやかな登りで登って行きます。


山田道と書かれた道標が出てきます。
一本道なので特に変化は有りません。


いつの間にか、左側に川が流れています。


川底まで下り、向かいの石段を上ります。


川沿いに上って行くと、大きな岩が現れます。
昔の道標の様です。




その上には、小さいながら滝が見えます。
 

その上流には、右に小倉台への道が案内してあります。
 

板の橋がまた現れます。


川の傍に、宇津木の花が綺麗に咲いて居ます。


再び川を渡り、右から左に川が移り、やや長めの階段を上ります。


上に上がると、ごくゆるやかな道が伸び、川はかなり下に成って居ます。
道標が立ち、牧場の案内も書かれています。
 

かなり日差しが強くなり、大きな木の下で休憩します。
大きな毛虫も、暑さ偲びか、木の上の方へ移動しています。


造成地もなかなか進まないのか、本日は休業の様です。


ゆるやかな坂道を上って行き、自動車道の壁でしょうかコンクリートの壁に沿って登って行きます。
 

途中から林の中を進み、前が明るくなると、自動車道が見え、その向こうに森林植物園が見えます。


入り口から入り、大きな木の下でしばし休憩をします。自動車道は、強いタイヨウで暑そうに見えます。


その間に、大きなグループが到着し、入場門が一杯になります。
入り口がすくのを待って、中に入ります。
沢山のお客さんが売店などに群がって居ます。

足元には、アジサイの原種ともいわれる、シチダンカの花が沢山咲いて居ます。


ちょうど都合よく、テント付きのテーブルに空きが出来たので、ランチタイムにします。
ゆったりとランチを取り、売店などの品定めもし、目標のアジサイに向かいます。

休憩場の裏にあるお花畑を見ますが、この時期咲いて居る花は殆どありません。

名前を知らない花が咲いて居ました。


エンレイソウの花と、実を付けたのが有りました。






公園の方に向かう道の両側には、アジサイが咲いて居ますが、水の量が足りないのか、ちじんだ様な花が多くあります。
この両側の花は、青がほとんどです。


 



ヒメアジサイと名前がついています。






最初にシャクナゲ園に立ち寄ってみます。
さすがにシャクナゲは花は有りませんが、オオヤマレンゲが何輪か咲いて居ました。




公園内の案内板が立っています。

すぐ先には、チョウセンキハギと名の付いた萩が咲いて居ます。


兵庫県産のヤマアジサイと書かれています。


ここにもシチダンカの花が咲いて居ます。
 



赤は何もありませんが、ベニガクアジサイと書かれています。


ツルアジサイの説明が立っています。


説明と、ツルアジサイの所在とが離れているためと、つるが遥か高い所に上がっているのとで、花を見つけられない人が多いようです。
こんな大木に絡みついて上の方で咲いて居ます。


全体に花が遅れているのか、何となく寂しい感じです。




アナベルと言う外来種で、白の大きな花が咲くのですが、今年はまだ花が開いて居ません。


ハクチョウと名の付く花です。


こちらは、イヨテマリと名がついています。


やっと赤い花に出会え、蝶も嬉しそうに飛び回って居ます。






コガクウツギだと思います。






キョウガノコと可愛い名前です。


サラサウツギと言うらしいです。


鷹の爪の説明です。
この木の新芽は、てんぷら等にすると美味しいのだそうです。


長谷池のコウホネで、奥の方にはアサザが咲いて居ます。
 

時期的にも、カキツバタしかないのかも知れません。
花弁に白い模様はカキツバタらしいです。




ツツジがまだ咲いて居ます。


ツツジと長谷池。


長谷池のスイレン。


長谷池の中の島。


長谷池周りのツツジ。


綿帽子をかぶったような、ハグマノ木(スモークツリー)。




西の門を入るとすぐにある道標。


その傍に立つ、大モミジの木の説明。


大モミジの種。


西門を出るとすぐ、一位の木の説明。


その傍に、ササユリが咲いて居ました。ラッキーでした。


学習の森方面への道標。
 

学習の森の入り口の道標。


洞川湖を通り抜け、再び公園への道、この時期でまだ緑が新緑のように鮮やか。


まだ2時過ぎなのに、再び公園には人がほとんどいません。


池も静まり返って居ます。


再び公園から大龍寺への入り口です。


大龍寺を通り過ぎ、猩々池の入り口です。


猩々池も人が居ません。


ここには、黄色いショウブ、キショウブが咲いて居ます。


幻の滝と呼ばれる、猩々池の排水溝です、雨でも降らない限り、この水路に水は流れません。


太師道を下ります。






女学校の姿が見えてきまして、バス停まですぐです。


諏訪山下のバス停の公園にも、ハグマノ木は有ります。


ちょうど三宮行きのバスが来たので、バスで三宮まで出ます。
三ノ宮で、ささやかな反省会を済ませ、電車に乗り込み帰路に付きます。

一日天気は良く、気温もそれほど高くもなく、気持ちの良いハイキングでしたが、残念なのは、アジサイが少し遅れていたことと、水が少ないように思えたkとです。






ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 ササユリを求めて、芦... | トップ | 2017 掬星台~麻耶の石舞台... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。