森に恋して

静・緑・健康

2016 西宮名塩駅~旧福知山線廃線跡~桜の園~武田尾

2016-12-13 | 京都西・北摂ハイキング
2016/12/11(日)晴れ        本日の歩行数19,000歩強

本来廃線跡ハイキングは、JR生瀬駅がスタートなのですが、途中狭い場所をおおくの自動車とすれ違いながら進むのが嫌で、西宮名塩駅を集合場所とし、
AP9:00 JR西宮名塩駅改札付近集合に、女6・男2が集合し、トンネルの中の駅舎からエスカレーターに乗り込み地上に出ます。
地上では、青空が広がり、肌寒い気温を温めてくれています。




駅前から左に進み、足元の道標に従い右の道に入ります。


町の人達でしょうか、ご婦人たちが落ち葉をきれいに掃除しておられる中を、あいさつを交わしながら下って行きます。
東の方には、雇用のの借りが太陽に照らされ、鮮やかな色に光っています。


道端に山茶花の木が有り、白い花が満開です。


廃線跡の道標を頼りにだんだん細く成る道を下ります。


かってはハイキングで歩いた事も有る川に架かる、あまごがわばし(尼子川橋)と書かれた橋を渡ります。




少し民家が増えた道から東の山を見ます。
 



国土地理院の二等水準点が大事にされています。


その奥には、西宮市の保護樹木と成って居る、大きなクスノキが立っています。




JR福知山線(廃線敷)200mの標識が立っています。


右に行くと、生瀬駅方面へ出る様ですが、私たちは直進し、細い道に入って行きます。


木々のトンネルを通り、急な階段を下ります。


飛び出した場所は、廃線跡のハイキング道の入り口です。


車止めの柵を通り抜け、廃線跡道へ入ります。すぐに先程渡った尼子川の下流、武庫川との合流地点の衣装替えした橋を渡ります。


橋の取り付け場所の囲いも新しく付けられています。


まだまだ紅葉の残る山を見ながら、ハイキング開始です。


すぐに対岸の岩場が立ちはだかってきます。




仙人岩でしょうか、大きな岩場が有りますが、歩ける場所はなさそうです。


最初のトンネルが見えてきました。


対岸の山も頂上の方まで色付いています。


最初のトンネルに、懐中電灯を灯しながら入ります。


トンネルを出ると、眼下に武庫川の渓流が見えます。


対岸の山々は紅葉が綺麗です。






渓谷美も有る武庫川ですが、こんな穏やかな流れも見られます。


二つ目の413mも有るトンネルが見えてきました。


切り立った岩場が見えます。


小さなトンネルが見え、トンネルの右側にもトンネルが有ります。




トンネルを抜けると十国の瀬と呼ばれる渓谷です。




三つ目のトンネルに入ります。
真っ暗なトンネルを懐中電灯が照らします。


トンネルを出ると、赤い鉄橋が見えます。


昔は、鉄橋の左側に道が付いておりましたが、新しく鉄橋の真ん中に道がついています。


鉄橋の下は、急な流れが牙をむいています。


鉄橋を渡り切ると、すぐ307mと長いトンネルが有り、トンネルを出ると、展望広場の看板が有り、椅子が設えています。


椅子の後ろの山には紅葉のモミジが美しく立っています。


展望広場には、西宮権現平桜と札のかかった桜が有ります。


その先には、親水広場の札がかかった広場があります。


桜の園の入り口にある広場で休憩場所と成って居ます。


桜の園入り口に立つ、地図です。


階段を上がって桜の園に入ります。


モミジの道を使って上に上がります。


はるか下に堰堤が見えます。


もみじ林(ケヤキとイロハモミジ)の説明。


そばの紅葉です。


どんぐりの道に入り、更に上に進みます。


城が丘広場でぜんざいを焚きます。






反対側から下ります。


急な坂道で下ります。


コナラの説明文です。


笹部新太郎「亦楽山荘(えきらくさんそう)を見ながらの東屋への道から見た紅葉です。


東屋で休憩の後、林間広場へ向かいます。


この時期に咲く、モチツツジでしょうか。


林間広場でランチタイムを取ります。


その後、大峰道を上がり、少し上がって大峰山と反対の道を上がり、P339.9mの山に上がり、落ち葉で滑る足元を踏みしめながら下ります。




かなり急な道を下り、廃線への道へと下ります。


飛び出した場所は、五つ目のトンネルの先の小さな橋のたもとに出ました。




ササベさくらの札がついた木です。


この広場で、コーヒータイムを取ります。


六つ目のトンネルをくぐると武田尾の駅はすぐそこです。
 

所が、トンネルを出てみると、工事中で道がなくはるか右の方に橋がある様です。


回り込んで元の場所近くまで帰ってきます。


駅の方に歩いていき、トイレを使用して、この後武田尾温泉街を見に行くことになり、橋を渡り、対岸に向かいます。


橋の上から見た現在の工事現場で、以前は下の段に家が建っていて、2年ほど前の洪水で3~4件の家が有ったのが浸かってしまい、流れた事も有り地上げ工事をしたものです。


武田尾温泉街は、この川のかなり上になります。


現在営業中かどうか分かりませんが、取り敢えず看板はかかっています。


看板の傍に、名塩への登山道が有ります。


JR福知山線の武田尾の駅です。
駅の半分以上はトンネルの中で、1/3程が川の上に出ています。


川沿いに奥の方まで進み、建物が2軒ほどあるのは確認できましたが、営業しているかどうかは不明です。

引き返して、「たけだおばし」を渡り、廃線の続きのトンネル内の道路を通り駅の方へ向かいます。


トンネル内の駅舎に架かる看板です。


久しぶりの廃線跡のハイキングで、天気も良く、施設の修理や追加工事で綺麗になって気持ち良く歩けたことで、楽しいまま岐路の電車に乗ります。











『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 神戸市西区の端谷城跡... | トップ | 2016 箕面桜広場~ようらく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都西・北摂ハイキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。