森に恋して

静・緑・健康

2017 マキノでメタセコイヤを見学し、堀切川沿いに歩き、緑池からマキノ高原スキ場へ進み蕨などの採取を楽しみます。

2017-05-14 | 京都・滋賀ハイキング
2017/05/14(日)晴れ        本日の歩行数15,000歩強

AM8:40大阪駅中央口集合に集まったのは、女1・男2だけで、すぐに8番のプラットホームに上がり、電車を待ちます。
8:45発の新快速がホームに滑り込むと、神戸方面からの仲間が、座席を確保してくれています。

連休後の日曜日と言う事も有るのかも知れませんが、電車は比較的すいています。
高槻から2人が加わり、さらに京都で1名が加わり、合計11人になります。

バスの都合も有り近江中庄からバスに乗り替えます。


30分余りの時間待ちで、国境行きのバスが到着します。
バスに乗り込み、マキノ支所前で下車します。


交差点に建つ案内板です。


高島市マキノ支所の建物です。


支所の前の道を進み、メタセコイヤ並木道の入り口に着きます。


この並木道は、全長2.4Kmに500本の木が植えられており、四季を通じてその景観を楽しませてくれます。


10分余り歩いて、ピックランドに着きます。
道の駅のように、近隣の農家から新しい野菜が持ち込まれ、即売会も行われています。


レストランなども有ります。


広場に咲いて居るのは、マロニエの花だそうです。


若干の買い物なども終わり、次への行動を開始します。
もう少しメタセコイヤを見ながら歩きます。
 



堀切川の橋に出会います。


川沿いに西山線と言う道がついています。


西山線を歩き、大きな砂防堰堤が設置してあります。


動物除けの大きな柵の鍵を開けて入り、マキノ高原方面への分岐に到着です。
真っ直ぐは、数年前に入り込み、少し怖い目をしたので、谷には入らず、右の道を選びます。


堀切川の橋の上から整備され過ぎの様な川を見ます。


道を上って行くと、緑池が現れ、東屋が立っているので、少し早いがここでランチタイムとします。






ピンクの宇津木が多く咲き、傍には、フジの花も咲いて居ます。


フジは大きな木に絡みついて高い所に咲いて居ます。




ピンクの宇津木の花もきれいに咲いて居ます。


山道の中間地点で、左に大谷山方面への道が現れ、希望者だけで登ってみる事にします。


後で報告を受けると、イワカガミの花が沢山咲いて居たようで、ワラビと共にいいお土産になったようです。


高原方面への道も緑が綺麗です。


山肌の黄色い花は、ヤマブキかと思いまっしたが、少し違うようで,エニシダではないかと。




山法師が一杯に咲いて居ます。


マキノ高原スキー場に到着し、少し上がるとワラビが多いとの情報で、残りのメンバーはスキー場の上部に行きます。


冬になるとスキー場になる比較的なだらかな場所では、パターゴルフの傍が立ち、めいめいに練習をしているのが見えます。


下の方には、温泉の建物も見えます。


温泉に入り、ビールで乾杯をして、少し早目のバスに乗り込み帰路に付きました。
バス乗り場から、温泉場の玄関を見ます。


マキノ駅からア乗り込んだ電車は、それほど混雑もなく、大阪までゆったりと座って帰る事が出来ました。

朝の内、水蒸気が多く、山が霞んでいましたが、歩き始める頃には青空も見え、一日快晴に近い天気で、ワラビも沢山取れました。







ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 黒井城跡~千丈寺山~... | トップ | 2017 極楽茶屋から紅葉谷に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都・滋賀ハイキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。