森に恋して

静・緑・健康

2017 高雄・清滝・落合谷と歩き、保津峡駅から電車に乗り込み帰路に付きます。

2017-07-16 | 京都・滋賀ハイキング
2017/07/15(土)晴れ    

AM9:10京都駅烏丸口バス停集合で、西日本JRバスは3番です。
30分に乗る予定なので、ゆっくりと時間は有ります。

時間が来て、バスが停留所に滑り込んできます。
その間に、女4・男2が集合し、バスに乗り込みます。

本日から、祇園祭りの始まりとの事で、駅前の人出は徐々に増えています。
私達のバスは、ゆったりと座って行けます。

高雄のバス停に着いたのは、ほぼ1時間後でした。


バス停からバックする感じで、南側に有る土産物屋の左側を下ります。


京都洛西観光案内図がやや古く成って居ます。


急な石段を下り東海自然歩道に下り、赤い橋を渡り、神護寺の参拝口を、右に見ながら通り抜けます。


左・清滝/右・中川と、東海自然歩道の道標が立っています。


少し進むと、駐車場が有りますが、本日只今の所あまり多くはない様です。


料理屋の川床が店を開け、テーブルなどの準備が進んでいます。


街はずれに、トイレが有ったので、軽くしておきます。
少し進むと、関西電力の堰堤が有ります。


京都一周トレールの案内板が立っています。


下流には、大きな立派な橋が架かって居ます。


橋から見た、関電の堰堤です。


これまでは、清滝から登って来るのがほとんどで、下るのは初めてに近い歩きです。
登りではゆっくり景色を見る事はあまりなかったので、下りの景色などを楽しみにしています。






東海自然歩道の案内図が立っています。


この林の向こうには、先ほど見た関電の堰堤から流している水道が流れています。




深山の渓谷のような風景も見えます。


さすが、北山といいたいほど奇麗な杉が並んでいます。


緑に囲まれて、綺麗な水が流れる清滝川です。


道の横に水があふれています、関電の水道です。


キャンプでも張りたいような景色です。


山側の良く整理されている杉の木です。


やや流れが速くなったようです。


北嵯峨方面への分岐です。




西ノ谷の合流点です。


広い休憩場が有ります。
屋根付きは風雨にやられたのか、傷み放題です。


東海自然歩道の地図も有ります。


川の流れが、少し強くなってきました。


急な流れの先は、深みも出ます。


岩に挟まれた場所も有ります。


足元が危うくなる場所も有ります。


流れが速くなり、丸い岩が多くなります。


対面の山から流れ出た水が、大きな岩を覆うように流れ、滝と成って居ます。




こんな急な流れも現れます。


清滝が大分近づいてきたため、河原に降りて、ランチタイムを取ります。

とかげや虫が集まってきます。
ランチタイムを済ませ、一段高い道に向かいます。


堂島川が清滝川に流れ込んでいます。


中間点で一服します。


高雄と月輪寺と清滝の三方向へ分岐します。


清滝へ向かい、橋の手前に荷物をデポし、駐車場横のトイレを使います。


愛宕山への登山口です。


清滝の町中を通り、赤い猿渡橋を渡ります。


橋の上から、上流と下流を見ます。




川沿いから、階段を上がり対岸へ渡ります。




松尾芭蕉に関する記述が有ります。


階段を渡る前に下から橋を取ります。


橋を渡りながら、上流を見ます。


だんだん大きな岩が転がり、荒々しさが出てきます。


左右の谷間から流れ出る水が、川の水を増やし、流れも急になります。






道が高い所を通り、川が下に見えます。


こんなに荒々しく流れる様に成ります。


山の方を見ると、大きな木が根こそぎ引きずりおろされたように、ひっくり返って居ます。




流れが速くなってきます。


明神谷の登山口で、以前より荒れて居る様です。


途中大きな岩で休憩し、靴下を脱いで川に入って子供に還った様な気持ちになり、しばらく遊びます。

落合に到着です。


落合橋を渡って、上の道まで上がります。




上に上がり、赤い橋を渡り、トンネルを通り、トロッコ保津峡駅前の道を上って行きます。




保津川を下る、渡船に声をかけながら、さらに進みます。


長い坂道を歩き、JR保津峡駅までやっとたどり着き、橋の上にある駅から、電車に乗り込み嵯峨嵐山駅まで進みます。


多くの行楽客が行きかう中をかき分けながら、阪急嵐山駅まで、進みます。


愛宕山をバックに、渡月橋の多くの人達を映します。


阪急嵐山駅に着き、桂まで進み、大阪行きの電車で帰路に付きます。
山の中ではそれほど感じなかったのですが、京都に下ってからの暑さは、今年初めて感じた暑さでした。


















『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 川久保渓谷~大杉峠~... | トップ | 2017 妙見口~上杉尾根~初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。