森に恋して

静・緑・健康

2016 御着~小富士山~華厳寺・大塩のじぎく公園を歩いてみました。

2016-10-16 | 播州方面ハイキング
2016/10/16(日)曇りのち晴れ    本日の歩行数15,000歩弱

AM10:00JR曾根駅集合に、女1・男2が集合しました。
10:08着の電車まで待ち、スタートします。

駅前広場には、街の地図が掲げられています。


こちらは駅の北側の地図です。


線路沿いに西向きに進むと、斜めの道がついた踏切に着きます。
渡り切ったところに新幹線が走っています。


その道を真っ直ぐ進むと、北からの道と合流し、道標が立っており、町中の道を真っ直ぐ南に進むようです。
道標の足元には、古い石の道標が立っています。


真っ直ぐに伸びた村中のみっちを進むと、正面に、目的の小富士山が見えてきます。


奥の方に、火の見櫓の様なものが立ち、屋根代わりのようにたくさんのスピーカーが四方八方に向けついています。


中鈴総合センターの立派な建物を見て、少し先で右に曲がります。


正面に見える白い建物は、四郷小学校の様で、その裏側から登り口に成って居る様です。


小学校に近づいて、トーテンポールが立ち、「笑顔とあいさつよいかんけい」と標語らしいのが書かれています。


小学校の前の自動車道を、もう少し西北へ進みます。


四郷小学校東口のバス停の前を通り過ぎます。


広い石段は、小学校の正門の様です。


すぐ隣に、四郷公民館が建ち、手前を左に取ります。


緩やかな坂道が奥まで続いています。


四郷幼稚園の建物です大きな立派な幼稚園です。


小学校の裏門の辺りに、登山口らしき細い道が見えます。


やや急になった道が上に伸びています。


吾亦紅の花が咲いて居ます。


上まで登ると、堰堤が左に見え、その先にT字形に分かれた草でおおわれた道が現れます。
地図と見比べ、左の道を選び草むらに踏み込みます。


小学校の子が作ってくれたであろう、「あなにきをつけて」と言うメッセージで、深く掘れた溝の様な道を上がります。


細い階段の様な道を上がると、手すりが現れ、石段も出てきます。


北東方面に高御位山や桶居山が見えます。


さらに急な道を、手すりと石段で登ります。


黄蝶が飛んでいます。


急な道を登り切ると、東屋と出会います。


南東方面の景色を楽しみます。


東屋を後にして南への道を進みます。
若干のアップダウンを経て、華厳寺跡に着きます。




広い前庭に、西国札所でしょうか、石仏が沢山並んでいます。






寺跡を後ろに進みますと、大きな岩が沢山ある広場に出ます。


下から登ってきた人でしょう、一人歩きの青年に三角点を聞くも不明。
山頂近くを探すも見つける事は出来ませんでした。
南側の景色です。


向かいに見えるのは、任寿山でしょうか、観測所の様なアンテナ等が沢山立っています。


アキノキリンソウが大きく咲いて居ます。


下山の道がはっきりしないので、任寿山方面の道らしき岩場を下ります。

細く急な露岩の道を下り、向かいの山との間で、少し広い道と合流します。

すぐに舗装された道とも出会い、下ります。
「河合寸翁と任寿山校」の案内板が立っています。
仁寿山校跡に寄って見たかったのですが、あとの行動との兼ね合いで、本日はスルーします。


ここから、白浜の宮駅まで、舗装道を延々と歩きます。
電車で、大塩駅まで進み、のじぎく公園に向かいます。


昨日この辺りは秋祭りであったのか、軒下に提灯が架かっています。
   

のじぎく公園の手前の、馬坂峠への入り口です。


キバナノジギクの説明版が有ります。


のじぎく公園に着きましたが、花は一輪も有りません。
まだ蕾が出たとこの様で、咲きかけの花も有りませんでした。




大池を巡り、駅に向かいます。


民家の庭の菊の様な花、クジャクアスターの花の様です。


ムラサキシキブがきれいな実をつけています。


無事大塩の駅に到着し、すぐに到着した特急阪神梅田行きに乗り込みます。

野路菊の花は有りませんでしたが、しっかり歩け、この時期にしては多くの花とも出会い、天気も絶好のハイキング日和と言ってもいい状態で、楽しい一日を過ごせました。




























































『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 門戸厄神駅~甲山森林... | トップ | 2016 六甲ケーブル下からア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。