森に恋して

静・緑・健康

2017 ササユリを求めて、芦屋ゲート~奥池~ゴロゴロ岳~苦楽園口駅と歩きました。

2017-06-12 | 六甲山ハイキング
2017/06/11(土)曇りのち晴れ     本日の歩行数20,000歩強

AM8:50阪急芦屋川の北側広場で集合し、バス停から女8・男2がバスに乗り込みます。
芦屋ゲートで下車し、ゲートの左端の道を下ります。


自動車道を上って行き、ゴルフ橋(芦屋カントリークラブ入り口)の右側の道に入ります。
 

芦屋川の上流の、細い踏み跡で露岩の道で、池の谷への道を上って行きます。


右側には芦屋ドラブウエーが走り、その土手に宇津木が美しい。


奥池から流れ出た谷の水が美しい。


夏近くなっているのにこの緑の鮮やかさ。


露岩の道を、足をくねら無い様気を付けて進みます。
 

こんなコンクリーの橋を三度ばかり渡ります。





細い道から舗装の道に出ます。


そばの川渕に咲くウツギの花です。


一旦舗装道に出て、すぐに次の山道に入ります。
自動車道を右に進むと、奥池の住宅街に入ります。


ゆるやかな道からやや急な道を上り、住宅街の中に入り、突き当たりを右へ取ります。


石段を上がると、東おたふく山登山口のバス停です。


民家と、バス道の間の道で道路横の道に出ます。


車道は、自動車専用なので、危険も有ります、道傍の草むらの道を歩きます。
橋の手前から下に下り、住宅街の道に入ります。


広々とした道路で、北東の方面に進みます。


奥池への道を下り、途中にあるトイレをお借りします。
トイレの傍に綺麗な花が咲いて居ます。






白い花で、オルレア’ホワイオレース’では無いでしょうか。


奥山貯水場の記念碑です。


奥池遊びの広場に咲く、ヤマボウシの木です。




大瓢箪木(オオヒョウタンボク)でしょうか。


奥池のさらに奥に有る可愛い池です。


奥池の全景です。


ゴロゴロ岳、観音山方面への道です。


最初に見つけたササユリです。




小さい川を渡ります。


藪の中に有る細い道を進みます。


コアジサイが咲いて居ます。


細い道から右にゴロゴロ岳へ向かいます。


小高い丘のような場所でランチタイムにします。
この場所にもここ2~3年1~2本のササユリが咲いて居たのですが、今年は見られません。

代わりに赤い実の木が立っています。
 

ゴロゴロ岳へ右に曲がる場所です。
道標が古くなり、見にくく成って居ます。


雑草の奥の方に一輪のササユリが、手前には2輪のつぼみが立っています。


更に顔を見せて呉れたササユリです。


その先には、親子のササユリでしょうか。


こちらは一人ぼっちのつぼみです。


ゴロゴロ岳に人が居ないのは久しぶりです。


予定では、元に戻り観音山方面に行く予定でしたが、花に希望が持てず、苦楽園口方面に下ります。


御影石を採掘していたこの辺りで、大きな岩がまだ一杯残って居ます。








方向指示版が立っています。


少し奥まった展望の良い場所で、二級基準点が張ってあります。


岩の上からの展望です。
 

急な坂道を下ります。


大岩の道を下ります。




こんな場所に飛び出します。西宮北高の所です


民家の中に下って行き、北山公園下の交差点の所です。


釣鐘ニンジンかも。


オックスホードブルーではないかと思います。


奇麗なピンクのアジサイです。


北山公園の近くに降り立ち、すぐ近くに越木岩神社がるというので回って立ち寄ります。


本尊の大岩の前に祭られている祠です。




大岩の後ろを回ってみます。




社の本殿です。


このお宮さんで行われる、泣き相撲の土俵です。




手水です。


入り口の鳥居です。


苦楽園口の駅に到着し、一部電車で帰り、残りは、夙川の松の木陰で、反省会を済まします。

夙川のアジサイが綺麗な色をしています。


夙川を下って、夙川の駅まで下り、電車に乗り込み帰路に付きます。
一日天気は良く、風も緩やかに吹き、厚くなく寒くも無しのハイキングで、一日を楽しめました。










ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 伊丹の街探索(荒巻の... | トップ | 2017 神鉄谷上から、神戸森... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

六甲山ハイキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。