やるケン モリケン! 広島市議会議員 民主党 森本健治

市議会議員として 広島市を「住みたい街」「行きたい街」にしたい。森本健治その思いの丈を100kgオーバー体当たり!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページを立ち上げました。

2011年10月21日 | 日記
森本健治 オフィシャル ホームページができました。

http://hiroshima-moriken.jp/

ぜひ一度ご覧ください。
そして、毎日見るようにしてください。

ツイッターもあるので、つぶやき返してくださいね。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

作業所「わくわく」お花見に行ってきました

2011年04月19日 | 日記
4月17日(日)に、作業所わくわく家族会のお花見に参加してきました。


会場は竜王公園。満開の桜の下で、バーベキューをして楽しい時間を過ごしました。


みんなの笑顔も、満開です♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご支援ありがとうございました!広島市議会議員当選!

2011年04月11日 | 日記
ご支援いただきました皆様 誠にありがとうございました。

森本健治 広島市議会議員 に当選いたしました!



9日間の選挙戦。新人候補として皆様からの大いなるご支援、ご指導を賜り、堂々の4位当選という身に余る成果となり、人生最高の幸せを感じています。





衆議院議員のすげかわ洋先生をはじめ、後援会の皆さま、本当にありがとうございました。



これからは広島市会議員として新米ではありますが、市政にフレッシュな風、活力のある広島を築く原動力として、粉骨砕身働いてゆく所存であります。

市民の声を十分に汲み上げ、市政に反映できる議員として やるケン モリケン これからが腕の見せ所です!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

作業所 わくわく 入所式

2011年04月01日 | 日記
3月31日私が理事長を勤めさせていただいています広島市中区小網町のNPO法人 障がい者自立支援作業所 わくわく で入所式がありました。



新しいお友達が増えて、いつもより笑顔に満ちた作業所になりました。



開設7年目を迎え、登録者数も25人となりました。



機織り、ビーズづくりなど、商品作りを通して社会との接点を深め、やりがい、いきがいを見つけ出してもらいたいとおもうのです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

1兆円の重さとは・・・広島市の借金

2011年03月30日 | 日記
1兆円を1万円札で運ぶとなると輸送手段はどうなるのでしょうか?
1万円札は1グラム。
1000枚 1千万円で1kgです。
1億円は10kg。
100億円で1ton。
1000億円 10ton。
1兆はなんと 100ton!

10tonトラックを10台用意しなければなりません。

広島市の年間予算6千億円に対して 借金は約1兆円。
重量としても重いのですが、負担も重く圧し掛かります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな夢の胎動

2011年03月26日 | 日記
沢山の思い出、ドラマを生んだ広島市民球場が解体されています。



創造に破壊が伴うこともあるでしょう。
もっと大きな夢や希望を託して価値あるものを気づかなければ、解体が無意味に終わると思います。
跡地がただの緑地になるとすれば、私の子供のころからの市民球場の思い出が傷つけられる感じです。

大きな夢を市民球場跡地に託したいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成 産業奨励館プロジェクト

2011年03月15日 | 日記
広島市民球場跡地は右翼スタンドの一部を残し年間を通じてイベントができる緑地広場を整備する予定になっています。

緑地広場はすぐ傍に基町中央公園もあり、年間を通じたイベントが可能ですが、植木市などまばらにイベントがある程度です。

やはり、年間を通じたイベントを行うためには、イベント主催者のことを考えれば、天候に左右されない環境が必要なのではないでしょうか?

年間150万人の集客を見こむならば、屋根は必要ですし、柱で区分けされることなく、多目的に使える空間が必要なのではないでしょうか?

エアドームがそのように考えるとエアドームという形状がふさわしいと考えられるのです。

今は茫洋とした計画イメージですので、ご賛同頂ける方は、コメントに書き込みしていただく、事務所でお話しをするなど、前向きに検討したいと存じます。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

相生通り

2011年03月14日 | 日記
私の事務所は相生通り、広電 本川電停 南側にあります。



平和公園にも近く、中心地でありながらゆとりを感じさせてくれる地域です。



昨日の平和公園での風景。

フリーハグスの活動をしている人達を見かけました。

フリー・ハグズとは街頭で見知らぬ人々とハグ (抱擁) をして、素晴らしい何か(愛・平和・温もりetc)を生み出す活動だそうです。

愛や平和という言葉には広がりがあり、それを求める表現は多様なのだと思います。

いずれにしても、彼らが平和公園をその場所に選ばれた事を素敵に思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域座談会 開催

2011年03月13日 | 日記
私としましては、広島に住む人の一つ一つの期待を広島の大きな夢に繋げてゆければと考え、昨日、広島市中区在住の方々を中心に座談会を開きました。



参加者の方々から

「広島市の姉妹都市との交流を深めたい!」

「広島市民球場の跡地を大規模展示会会場、見本市会場、にならないか?」

等など、積極的な意見を頂きました。

私個人の思いとしては、市民球場跡地を“平成の産業奨励館”にしてはどうかと思うのです。

原爆ドームは被爆前 “産業奨励館” と名づけられており、その名を知る人も少なくなったのかもしれませんが、産業振興のシンボルであったようです。

広島がいずれ州都として機能し、今の経済を活性化させるためにも、交流人口を上げることは重要な課題です。

ここ数年 修学旅行生の数も減少してしまっているのは残念な事です。

過去から学ぶことは重要なことです。

加えて、未来が見えてくる何かがある、その夢が見えてくる仕掛けがあってもいいのではないか?

ディズニーランドはいつも何かイベントがあり、アトラクションも増やし続け、その変わっていくことでリピーターを増やしていると思います。

市民球場はかつて年間100万人を集めて採算が合っていたのです。

特定の用途だけではなく、展示会や国際会議も開けるドーム型の大空間があれば、音楽、芝居などアミューズメント性も加味して、年間を通じて大量動員できるのではないかと考えます。

これからの広島の未来の夢を一人一人と語り合いたい・・・



エイ!エイ!オー!

夢をかたちに やるケン モリケン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の海

2011年03月06日 | 日記
3月に入って気温が上がりませんが、日差しは春めいてきており晴れた日は清々しい気持ちになりますね。

ということで春の海を散策したのですが、風が冷たいものの春の海にはいろんな目的で人が集まっています。

観音マリーナの人工海浜。



ヨットの教室。



なんというものかはわかりませんが、シーカヤックのようなもので海を散歩していらっしゃました。シングルパドルで左側しか漕がないのに真直ぐ進んでいます。
女性の方がすごぐ早いスピードでグングン海面を走っています。



飼い主がペットボトルを海に投げ、ワンコが回収してきています。
何の訓練なんでしょうか?



海を見つめているワンコもいます。

市内中心部からわずかな距離で海と親しめる広島はやはり素敵な街だと感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然と親しむ

2011年03月04日 | 日記
昨日は雪もちらつく寒い日でしたね。
数日前は3月下旬並みの暖かい日が続いていたのに・・・
その暖かい週末に水辺を散策していました。


広島市は7本の川が流れ、瀬戸内の島々を眺める事が出来る素敵な街。

その自然の素晴らしさを後世にも残したいと思うのです。

ただ、自然を残すと言っても、その素晴らしさを感じない人ばかりでは、残すための努力も報われないわけで、自然と親しみ、自然の価値、美しさ、豊かさを感じる体験に基づく感性が育っていないと意味がないように思います。

私が子供の頃はまだ、護岸の整備も今ほどされておらず、水辺との距離感は近く感じたもので、親水性が今よりもありました。
安芸大橋上流あたりで泳いでいた記憶もあります。

せっかく自然の豊かさに恵まれた広島です。その自然の素晴らしさを残すと同時に、その素晴らしさを実感できる感性豊かな子供たちも育ててゆきたいと思います。

川のそばには柵もありますが、それは川と隔絶するものではなく安心して川を眺めるもととして理解し、一度じっくりと川の表情を見つめてください。

今の時期、天満川にも鴨が飛来してきています。
鮎が遡上を始めています。
アオサの緑が美しく川辺を彩っています。

広島の川は汽水域で海と川の生物が共生している生物種が多様な領域です。
横川あたりでスズキの80cmぐらいのものが悠々と泳いでいる姿に驚く事もあります。

自然と親しむ、自然の豊かさを感じる、その感性豊かな次世代の子供たちを育む・・・

サステナビリティの追及には子供の教育も欠かせない要素と思うのです。



吉島の処分場には公園がります。そこで釣りをしていた少年です。
50cmを超えるチヌを手にして、喜びに堪えない表情でした。
身近なところで自然から大きな感動が頂ける広島。

いつまでも自然と身近に暮らせる街づくり、感性豊かな人づくりをやるケン モリケン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミュニティの重要性

2011年03月03日 | 日記
広島市中区舟入第一公園では自然発生的に毎朝 ラジオ体操が行わています。
近所の方々が集まられ、顔見知りとなって、ほのぼのとした雰囲気が漂っています。



都市部は地域内での血縁は薄れているように思えますが、このような地縁というものを大切にされている地域があることを広島の誇りに思います。

秩序や安全を守る基本は家庭、そして地域。

広島は温かい気候と暖かい人柄に恵まれています。

そして、家族、地域を常日頃から支援し、家族、地域では賄いきれない課題を解決するのが広島市政なのではないと感じます。

コミュニティが活き活きとして、元気に挨拶を交わす、明るい街づくりの象徴としてこのラジオ体操があるように思え、このような小さな地域活動が広島全体に増えていくことを やるケン モリケン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるケン!モリケン

2011年03月02日 | 日記
はじめまして。
モリケンです。

山があり、海があり、温暖な気候、あらゆる条件を満たしている広島市に生まれ育ちました。

この、広島市の無限の可能性をひとつひとつ探し出し、「住みたい街」「行きたい街」にできればと願っています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加