早池峰“地球との絆”プロジェクト

環境学習支援プログラムのサポートブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

支援募金について:ご報告

2016-05-09 11:08:25 | 支援募金について

6月15日をもって、この度の募金を締め切りました。
ここに、活動の最終報告をさせていただきます。
ご支援いただきました皆様方に改めて深く感謝申し上げます。
 

関連記事
熊本地震・支援募金について 2016/4/17

支援募金について:追記 2016/4/18

 



■これまでの募金額(6月14日最終)

65,130円

※全て送金いたしました。


■募金の経過


・4月17日より、一口1,000円として募金活動を開始しました。 

・4月25日より、知人の施設にて、募金箱の設置も始めました。
こちらのほうは、6月10日頃をめどにとりまとめたいと思います。 

・4月中は、まだ地震が収まったわけではなく、いつ再び大きな地震が来るからない状況との
ことだったため、その時々の必要に応じて被災者の方々へお使いいただけるように、
募金は溜め込まないで、集まった分づつお届けしてきました。


 ■現地の経過

4月

・くまもん天使の家は無事だったため、18日までは避難されたている方々へ届けるため、
おにぎりをひたすら握っている状態とのことでした。

19日からは、支援物資が集まり、営業を再開する店舗も増えてきたものの、断水が続いているため、
求められるものが 「お風呂・洗濯・トイレ」となり、自宅のお風呂を提供するため、
タオル・ソープ類・紙類を調達したとのことでした。

22日は暴風雨で、どこの避難所も大変だったようです。
土砂崩れの恐れがあるということで雨の中『避難所からの避難』をすることになり、
まだその小学校に避難していた約1000人が自衛隊のバスで別の場所へ避難したとのことでした。
そして翌日には25度以上の気温となり、多くの方は疲れもピークになっていたようです。
こうしたなか、くまもん天使は自宅を開放し、引き続き多くの方へお風呂を提供しているところです。

・24日に頂いた連絡では、親戚や友人たちは少しずつ、避難所から自宅へ戻り始めているものの、
未だ断水している地域もあり、引き続き、多くの方へお風呂を提供しているとのことでした。
 

5月

・益城の広安小学校への炊き出しの手伝いや、ご実家・ご親戚の家の片付けなどに行かれたとのことです。
・募金で、片付けのために必要大きめのゴミ袋、軍手、ビニール紐、ガムテープ、ブルーシート、砂袋等々を
 購入したとのことです。

くまもん天使より、メッセージです:
たくさんの皆さまから『現金』を支援していただいたお陰で、『必要な物』を『必要な時』に購入することが
できています。本当に、本当にありがとうございます。

 (被災した家屋の状況や地割れの様子など、写真が届けられましたが、これがご実家だと思うと・・
胸があまりに痛く、ここに掲載することは控えたいと思います) 
 


■みなさまへ

これまで募金の協力をしてくださった皆様、大変ありがとうございました。

このたび、熊本地震により被災された方々に、「いま」必要とされているモノ・コトのために、直接使っていただけることを目的として、岩手県盛岡市・花巻市を中心に募金の呼びかけをしてきた次第です。

募金とともに頂いたメッセージは、募金の報告と共に、都度くまもん天使届けさせていただきました。 
現地では、とても励みになったとのことでした。
 

皆様方の温かなご支援に重ねて御礼申し上げるとともに、これをもってこの度の募金活動の最終報告とさせていただきたいと存じます。

 

いわて芸術文化技術共育研究所
南幅直実 

 

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支援募金について:追記 | トップ | 宮沢賢治「花鳥図譜、八月、... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。