早池峰“地球との絆”プロジェクト

環境学習支援プログラムのサポートブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮沢賢治「花鳥図譜、八月、早池峰山巓」 ポストカード 2

2017-01-23 08:22:13 | プログラムの頒布

6月21日の記事『宮沢賢治「花鳥図譜、八月、早池峰山巓」 ポストカード』の、その後についてです。

はじめに作成したポストカードは、花鳥図譜、八月、早池峰山巓の詩の冒頭部分と、
「雷鳥が早池峰の岩の上から北の空を見つめる」イラストによる構図でした。
詩の抜粋部分は、以下の箇所です。 

(根こそげ抜いて行くやうな人に限って

それを育てはしないのです

ほんとの高山植物家なら

時計皿とかペトリシャーレをもって来て

眼を細くして種子だけ採って行くもんです)

(魅惑は花にありますからな)

(魅惑は花にありますだって

こいつはずゐ分愕いた

そんならひとつ

袋をしょってデパートヘ行って

いろいろ魅惑のあるものを

片っぱしから採集して

それで通れば結構だ)
 

ここで挿入した詩には、雷鳥の名前が入っていませんでしたので、
次に、この詩に雷鳥が登場する部分を挿入して、ポストカードをデザインしました。

(こゝに雷鳥が居るんですか)

(高橋さんは居ると見込をつけてゐる)

(でも雷鳥

雪線附近に限るさうではありませんか)

(ところがそれが居るんだと

一昨日ぼくが来た晩も

はい松の影を走るのを

高橋さんが見たんだと)

(でもほんたうの雷鳥なら

そんなに遁げたりしないんでせう

大へんのろいといふやうですよ)

(ははは

ところが大将

雷鳥なんか問題でない

背后のもっと大きなものをねらってゐる)

(あゝあゝそれだ

何か絶滅鳥類でせう)

(どこからそれをききました)

(今朝新聞へ出てました)

(ぢゃあ高橋さん昨日の記者へ話したな

だが鳥類ぢゃないんだね

鳥類ならばこゝが最后に島だったとき

自由によそへも行けたんだから)

(こゝが最后に島だった……?)

 

この雷鳥のイラストを塗り絵に・・・という声が寄せられたことから、
ぬりえ仕様のポストカードも制作しました。

 

これらは昨年2016年夏の間に、主に岩手県内の早池峰山麓周辺に位置する道の駅と、
公共施設に設置していただき、配布しました。
それから、花巻市大迫町にある「早池峰と賢治の展示館」にも置いていただきましたが、
何度追加してもあっとう間になくなる状況でした。

今現在は施設での設置・配布をストップしていますが、ぬり絵のポストカードについては、まだ在庫がありますので、
こどもたちのイベントなどに活用いただける場合など、ございましたらお問合せフォームより、ご連絡ください。

 

 ・・・ところで、

この詩の(  )は、なんでしょう? (適当につけたわけではないのです)

早池峰に雷鳥は居るの? (今は居ないのですが)

雷鳥が立っているのはどこ? 実際にある場所なの?

・・などの疑問に、このブログを通して少しづつお答えしていきたいと思います。



私どもの取組みは、環境保全啓発というカテゴリーに属しますが、例えば
「山に入ったら、1花を取らない 2ごみを持って帰る 3トイレのマナーを守る」
のような、行動をダイレクトに呼びかけることは控えています。

私どもが制作したツールを手にとって、そこから、なに?なぜ?どうして?の疑問が湧き、
その答えを知ることで、少しずつ自然の大切さに気づいていくこと、そのためにはどうしたらいいかを
自ら考えていただきたいと願い、宮沢賢治さんの作品をお借りしながら啓発ツールを制作しています。


共感してくださる方が一人、また一人と増えることを願いつつ。。。

 

(み)

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナス11度の窓辺 | トップ | ちょっと不思議なパンフレット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。