徒然なるままに -20代終盤の日々-

Quand estce qu'il devient bonheur Pourquoi estce qu'il pense

半島情勢と国内反対派の不思議

2017年04月23日 | 日記





これまで6年以上、日経ビジネスで鈴置さんの半島情勢を読んできたが
今が一番の緊迫
おぉ怖い


北が核を持ってしまった以上、早く叩いて核施設を潰したいアメリカと
放棄させる方法 これはまずない
これは、淳子さんの半島独立の成り立ちを読めばわかります
70年代の旧式兵器しか持たない北は、核を持つことでしか自国防衛できない状況にあるから


94年をスレスレで乗り切ったけど、あれは核開発の凍結
しかも、約束を破って開発してたのだから
アメリカには攻撃の言い訳が立たない
だけど、今、多大な損害とを天秤にかけてやめたい


緊急時には、日本国民へのメール、地域への放送、官民企業へのアナウンスが速報されるけど
7分しかない
地下があれば 換気扇を止めてコンクリの奥まった場所へ



それで、、、
これまで大騒ぎしていた左派のアホンダラ若者は?
対話で解決できるなら、今、前線に立ってやってみて
今が最もデモで9条抗議すべきだし、対案を持ってきてほしい
それってやってるの?
相手がミサイルとか打ってきても、何もしないなんてただの阿呆



国民を守ってくれるのは、自衛隊しかいなくて
相応の権限が必要なのは当然だし
本当に頼りにしております


あの人たちが、今、行動しないのは
自分の意思ではなく背後の組織圧力によるものなのか
言ったことに責任持たないとか
知らない 覚えてないとか
言うことと行動が一致しない
結局、何も信用できないってこと

全ては、言動ではなく、行動や事実で判断する



本当に、何も起こらないでほしいけど
延期されれば、脅威が増すだけ 被害が増すだけ
北の政権が続く限り、絶対に核放棄しないから


シリアが他人事じゃなくなるのが一番怖い
日本に難民が来るのも勘弁
もう数百万人来てるんだし
むしろ、半島緊急時には国籍がそうなら召集されると言う噂は本当?

何がベストな解決策かわからない
それは、国の成り立ちが他力本願であったことからも
言うことやること虚構ばかりで、信用できない
相手からお金をむしり取り、嘘を撒き散らし
それがブーメランになったのかも
自国の将来をも自分たちで決められないのだから










ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とまどい。 | TOP | 報道はBBC CNN見てます »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記