ジイとボク(明日を見つめて)~備忘録~ この笑顔いつまでも…

明日を見つめるために今日を、そして今を大切にしていけたらと思います。心つむいで…感謝して
想い届く 願い叶う

想い

2017年03月30日 | 心の詩

電車のなかで感じたこと

小さい子供がいる。
それを見た僕は可愛いなと微笑ましく思う。
あの人はどう思う?
こちらのひとは?

きっと一人一人違うんだよね。同じものをみても。

先日、春喜のお宮詣りには奥さんと2人JRで博多まで行った。

当日はとても乗客が多くて奥さんと違う席に座ることになった。

大分を出て別府を過ぎると座れない乗客がかなりの数。

そんな時。僕の席の横で女性が手すりに手をおいてしゃがんでた。

ドキドキ・・・あれぇ~とそちらばかり気になって(笑)

目を横に向けると(奥さんは隣の座席に座ってる)子供が僕の背後にいることに気づいた。

席を立ち、どうぞと子供に席を譲る。

いいんですか?としゃがんでたのがお母さんだった。

はい・・・

そうしたら僕の隣に座ってた男性も席を立ち、親子に席を譲る形になった。

・・・僕が立ったことでこの方に迷惑をかけた?

そのまま列車は中津を過ぎて奥さんの後ろの席が空いたので座った。

すると小さな子供連れのお母さんが…また席を譲る。

奥さんの隣に女性と赤ちゃんが座る。抱っこしてるから隣の人には迷惑かけない。

小倉を過ぎるとまた席が空いたので座る。

するとまたまた子供を2人連れたお母さんが目の前に席を探すそぶりで近づいてくる。

う~~ん、お宮詣りのこの日。こんな巡り合わせなのかなと思いつつ席を譲る。

隣の人は(男性、若い)と思いつつ席を譲る。

・・・そうしたらその男性も席を立ち。母と子が座れた。

この時に奥さんにメールしたのが冒頭の言葉(そのまま)

赤ちゃんとか小さい子供を見ると可愛いなと思う人がいる。

でも感じ方は人それぞれだからどう感じてるかはわからないものです。

良かれと思ってやることが誰かに迷惑をかけてるのかも…

そんな想いを感じながら孫のことを思いつつの列車の旅にございました。

帰路は席を譲るような場面もなくずっと隣に奥さんと一緒でした。土佐。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 4月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。