森ぶらりん

森・山・川をぶらぶらしながら
外遊びを楽しんでいます

徳舜瞥山 その3・頂上の巻

2017年03月18日 | 支笏・洞爺周辺

 

 

 

 徳舜瞥山 その1~3まで
tarumae-yamaさんやTOMさんにいただいた写真を使わせてもらいました。
ありがとうございます!

 

 中腹の針広混交林を抜け出し、頂上直下の急斜面に入ってきました。

 

 

だんだん林の木々がまばらになってくると同時に、斜度が増すー!(汗)

 

 

 

もーこの辺りにくると、5歩ごとに体力の限界~。
歩いては休み、歩いては休み、なんですわ。

 

 

 

急斜面なので、ちょっと登ると下界の景色の見え方がどんどん変わります。
それが楽しくて、また一休み。
また登って、しかし辛くて、また一休み。
そのうち景色を見たいのか辛いのか、どっちだか分からなくなり、また一休み。(笑)

 

 

 

先行するtarumae-yamaさんとTOMさん

 

 

 

その先に見える3人組。
果たして自分はあんな垂直(に見える)壁を登れるのか?!

 

 

 

これ、私。 四苦八苦

 

 

 

ついに! とおーーーーちゃーーく! 頂上です!

いや~大変だったけど、歩いてたら着くもんだわ~。

 

 

このすぐ右側はすぱっと切れ落ちた崖なのでご注意。
その崖に向かって動物の足跡が・・・。その動物はどうしたんだ?

 

 

 

山頂の向こう側に広がる絶景が、目に飛び込んできました。

支笏湖が鏡面です!

 

 

 

羊蹄山はちょっと雲に隠れちゃった。残念!

 

 

 

有珠山と右手前の洞爺湖。
その向こうは噴火湾で、海の向こうは遊楽部岳か狩場山方面かな?

 

 

 

振り返って支笏湖横の恵庭岳

2年前の台風で発生した土石流のあとがくっきり見えます。

 

 

 

記念撮影 ♪

 

 

 

山頂にてお弁当タイム。
のんびりしてたら雲がかかり風が出てきて、一気に寒~くなってきたので
下山開始です。

 

 

 

 下山を出迎えてくれた、バロンちゃん。
近くの農家のワンコらしい。
登山者がちょっとでもビニール袋のシャカシャカ音を出すと
すかさず寄ってきて、匂いチェック!!
ごめん~、あげられるもの無いんだわ~。

 また来年の冬に来るから、それまで元気に待っていてね。
おやつ食べ過ぎ注意!だぞ!
(与えすぎ注意!)

 

 

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳舜瞥山 その2・樹林帯の巻 | トップ | 快晴 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
徳舜瞥山 (シン)
2017-03-20 16:47:38
徳舜・ホロホロは大滝村?の方から2~3度登った記憶あります。2山がセットのように。
もちろん夏山ですが。

こんなに素晴らしい景色だとは、またまたビックリです。
スノーシューでしょうか。
支笏湖の鏡のように広がっているのが特に気に入りました。
皆さん、お若いですね。

せめてもう20年、若ければなぁと思わされます。
登らずにいい景色を見せていただき、ありがとうございました。
シンさんへ (mori)
2017-03-20 19:34:42
こんばんは。

そういえば、地図をアップしていませんでした。
冬コースも大滝村からのスタートなんですよ。夏コースの近くです。
でも車道の除雪があまり奥までされていないので、歩く距離は夏コースより少し長いです。
今回、山岳用スノーシューを使いましたが、平地用スノーシューというものもあります。
西岡水源地とか真駒内公園などを散策しても楽しいと思いますよ~。
素晴らしい雪景色!! (花散歩)
2017-03-20 21:15:03
ご無沙汰しています
画像をクリックすると素晴らしい景色が飛び込んできて目が釘付け、何度も見せて戴きました♪
凄い傾斜をスノーシューで登って行くんですね、疲れそう、体力に拍手です。
白い白い雪の山々と支笏湖の鏡面、本当に美しいです。
花散歩さんへ (mori)
2017-03-21 22:11:50
こちらこそご無沙汰してます!

この山は本当にけっこうな斜度でした。
体力ですか?私全然なくてびりをスローモーションで登りました。(笑)
疲れましたが、景色がもう最高で疲れが一気に吹き飛んだ感じです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む