♪音の広場♪ サウンドスクエアあしかが 各種ギター、ベース、ウクレレ教室からバンド演奏・Liveまで

各種楽器のレッスンからバンド演奏・Live出演に至るまで、生徒さん、参加者の皆さんとの足跡を書き記してまいります。

立派なボーカリストでした!! 10/16 BandSquareより

2016年10月17日 22時58分07秒 | サウンドスクエア

失敗を恐れるな!!
間違いを怖がるな!!

それは、失敗・ミスこそステージの華なんです。
しかし、一所懸命、夢中に・・・
がんばってると、なかなか、そんな理解にはおよびにくいかもしれません。

この急遽ボーカルにも参加いただいた坂田美裕さん(EG Vo)。
それも、2曲お願いし、1曲は知っている曲でしたが、
もう、1曲は初めて聞いた曲とのことでした。

この曲で、歌いだしが早くなってしまって・・・・。

慣れているメンバーであれば、そのまま続けてしまうのですが、
初めて今日参加した金子さん(EG)のこともあり、
やりなおしをさせていただきました。

途中で止めたこと・・・ 間違ってしまったことで・・・・
坂田さんは「ショック」だったかな?。

演奏中私はとても心配でした。
仕切り直しの歌声も幾分、意気消沈だった気がしましたので。

でも、最後までがんばってくれました。

私も、今だからこそ、「さっ!! と割り切って」リスタートしますが、
同じ立ち場なら、最後まで歌えなかったかもしれません。
(すぐ投げ出す・・ そういう癖ももってます。それがまた自分が嫌になる原因でもありましたけど)

でも、失敗にショックを受けること・・・
それは、それだけ全力で真剣に取り組んでいたからですね。
だからこそ、ショックも大きいですわけです。

でも、そんな失敗を繰り返しては、泣きっ面でまた立ち上がり・・・
私もここまで来ました。

また、かのスローハンド氏は・・・
あの曲のギターソロは「失敗」・・・ という、思うように弾けなかった・・と。
あの名演には、そんな話がある・・・。
「え??  失敗であれですか???」
無論、「神様」のすることですから・・・。

もちろん、私とは比べることも恐れ多い・・・。

でも、「世の中ってそんなもんじゃないの???」って、教えられた気がしました。

やはり、ミスや失敗というのは、目指すものがあって・・・ 狙うものがあって・・・
そして、散々練習をつんできて、そして「いざ!」って言う時に「得られなかった結果」だからこそ
価値があるんでですね。

いや・・・ これは何物にも変えがたい値打ちがあります。
そう・・・ 「たとえ望まざる結果であっても、それは自分で出した結果」
リッバなものです。

そして、一度は失敗したものも、再び、最後まで歌い終えたことは、
金子さんはじめ、まわりのメンバーがボーカルとともに最後まで演奏できたことに
大切な役割を果たせた立派なボーカルだったと言えます。

坂田さん・・。ほんとにありがとうございました。
心からお礼を申し上げます。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50人のアマチュアミュージシ... | トップ | 一人一人の参加が・・・  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。