感性を磨き、これからの人生に飛躍を...

主に観劇記録、時々旅行日記。
残しておきたい日々の記録。
そして、尊敬する
大空ゆうひさんのことを書いてます。

女性限定!!おとまりスクールin海遊館

2017年04月18日 | イベント・ライブ

UPできていると思っていたら、下書き保存のままになっていたよ!!

 

2017年4月8日(土)~9日(日)

 

twitterのリツイートでこの企画を知りました。少し興味があって、同居人に話すると、すぐに申し込んでました。このおとまりスクールは結構人気のイベントらしく、今回は13.5倍という確率で当選することができました。水族館で寝れるんだよ?そんな夢みたいな話ある???

 

ということで、仕事終わりに行ってきました。

受付時間は19:30~19:55までに行ってくださいとのこと。

定時で仕事終わらせダッシュで海遊館へ向かいます。このおとまりスクールは、寝袋持参で夕食も済ませて来てくださいということだったので、受付までに銭湯に行き夕食を済ませる必要があったのです。まぁ夕食がなかったとしても、お風呂に入れないのだけは困る!!と思い、必至に銭湯へ。

 

検索で出てきた海遊館近くにある銭湯へ。

天然温泉テルメ龍宮

普通の銭湯ですが、とっても広い。朝潮橋で下車後徒歩15分もあれば着きます。レトロなお風呂やさんで疲れを癒し、海遊館へ向かいます。一応徒歩だと、30分ちょいかかるらしい。番台のおばちゃんに聞いてみると、『バスがあるよ~』と教えてくれました。20時まで頻繁にバスが走っているみたいですね。

天保山マーケットプレースに到着したのは19:30。ここで夕食をとって、急いで受付に。

 

受付19:50。最後の受付となりました。お金を支払い、抽選を引きます。これが寝る場所を決められる順番だったわけですね。ですからできれば早い目に受付に行った方がよいのかもしれません。残り物には福がある。。。誰が考えたのでしょうかね。私たちが引いた番号は12か13番でした。中途半端(笑)。

 

すぐに荷物置き場に案内され、10分ほど説明があったあとは、2組に分かれて、ナイトツアー開始です。少し暗くなり人がいなくなった海遊館を散策できます。が、思ったよりハイスピードで回っていきます。このとき、ガイドとなる飼育員の方が1名付いてくれます。私たちは興奮しすぎて、ガイドさんの話をほぼ聞かず、静かにワーキャー言ってました。迷惑ですね。約1時間ちょいかけて、館内をぐるっと見学します。

 

荷物置き場に帰ってからは、寝る準備。着替えや洗顔等を順番に済まして、22時前から寝床取りが始ります。今回は全員で36名。19組くらい?だったかな。お1人様もいらっしゃいました。私たちは真ん中より上のトイレに近い場所を陣取りました。ジンべエサメも見られます!!が、私たちの目の前を横切るのはエイさんばかり。。。なんならエイさんが邪魔でジンべエさんが見えないときも。

実は海遊館私初めて訪れたので、館内構造や、どういったところかよくわかってなかったんですね。どの場所が寝床ポイントなのか、何回か訪れているのであればわかっていたかもしれません。

22:30。消灯。めっちゃ早い!!!ワクワクして中々寝付けません。消灯するとおしゃべりも厳禁です。無音で水槽の光だけが照っていて、じーっとお魚さんたちを見ていると、なんだかとっても癒し空間!!そしてリラックスできます。30分ほどじーっとみて一旦寝ました。

夜中何回か目が覚めます。目が覚めても、淡い光と水槽の音、そして目の前には大量のお魚が泳いでいます。超感動!!!

 

朝6:00起床。廊下の電気が付き、みんな起きだします。夜中は写真撮影がダメだったので、次の日にめちゃくちゃたくさんとりました。これも私たちの貸切ですから、撮りたい放題です!!

←寝床。

朝準備をして6:30朝食会場へ。海遊館のお隣にあるホテルシーガルてんぽうざん大阪へ。ここのレストランで朝食ビュッフェです!!ホテルのごはんだけあって、なかなかおいしかったです。ただし、食事する時間は45分と限られており中々必至に食べました。

 

また海遊館に戻り、7時45分ころから50分ほどフリータイム!!ここで写真を撮りまくれます!!

←ゴマフアザラシの寝顔。 ←人がいないので座ってでも寝てでもなんでも撮れちゃう!!

 

このあとは、バックヤードツアーを40分ほどして終了です。アンケートを書いて9時半すぎには解散となりました。

ここで終わって帰るもよし、再入場も無料でできるということで、まだ遊び足りないという人はこの日1日いれるわけですからお得ですよね。

私はもう満足したので、早々と帰りましたけど(笑)。

←バックヤード見学①イルカさん。

←バックヤード見学②水槽の清掃員さん。バブルリングを作ってくれた。

 

 

中々行けるものでもないし、貴重な体験でしたし、とっても楽しかった。海遊館自体はそんなに興味ありませんが、こういう特殊なイベントにはまた行きたいものですね。

 

*掲載している写真は朝に撮影したものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京観光 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。