TOKYO PHOTO SKETCH by Morisan

"TOKYO PHOTO SKETCH"はその名の通り写真で東京を撮らえたものです。平凡ですが観て頂けたら幸いです。

Vol.60 吾妻橋

2016年07月30日 | Tokyo Photo
吾妻橋(隅田川13橋その7)
吾妻橋は隅田川の橋の中で最も賑わいのある橋。
台東区側の浅草の賑わいと墨田区側には区役所庁舎ビル、
アサヒ・ビール本社ビル(ビル上の炎のオブジェ)そして東京スカイツリーと
ランドマークタワーが建ち並ぶ。
創架は古く1774年(安永3年)、幾度となく架け替えられ現橋は関東大震災1923年(大正12年)後の
復興事業により1931年(昭和6年)架橋される。

吾妻橋西詰め側の賑わい。


吾妻橋全景。


橋の上の観光客。


橋の下の隅田川テラスに出没するパフォーマー。




一転、こちらは橋脚で静かに佇む。


橋上から駒形橋方向を望む。


夕時の賑わい。


屋形船と吾妻橋。


駒形橋から夜の吾妻橋。

・・・end.
次回は「駒形橋」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.59 南高橋

2016年07月22日 | Tokyo Photo
隅田川界隈では最古の「南高橋」(中央区湊1丁目~新川2丁目)。
元々は明治38年から大正12年の"関東大震災"で被災するまで"両国橋"として架橋されていた橋で、
震災後の復興事業の中で元々橋のなかった現在の場所に設置された。
"両国橋"時代は3連トラス橋で被害の少なかった中央のトラス部分を現地に合わせ幅と高さ等を改修
して昭和7年3月に開通した。
写真は北側の「高橋」からスタート、「南高橋」に向かい再び「高橋」に戻ります。
撮影日:6月27日 

「高橋」。昼はあまり特徴のない橋だが夜のライティングはなかなか美しい。




「亀島川」に沿って綺麗に整備された遊歩道。奥の橋が「南高橋」。


遊歩道のプランターに咲いていた"キキョウの花"。珍しいので感激してシャッターを押す。


遊歩道の大きなバルコニーからは「高橋」「南高橋」両橋が望める。

「南高橋」の眺め。


「南高橋」へ向かう途中にあったレトロな建物。


右読みのネームプレートがそのまま着けられている「南高橋」。


「南高橋」東詰めにある「徳船稲荷」。


「徳船稲荷」の奥に「高橋」を望む。


「南高橋」上から「亀島川」と「高橋」。


「南高橋」の親柱。


明治期に造られたトラスが美しくライトアップされた「南高橋」。


遊歩道を再び「高橋」へ。


青いライティングが川面を照らす。


川面に踊る光。


「高橋」上から観る「南高橋」。

・・・end.
次回は「吾妻橋」です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.58 浅草寺 梅雨の晴れ間の半日散歩

2016年07月15日 | Tokyo Photo
浅草寺 梅雨の晴れ間の半日散歩 撮影日:7月11日

いつもながら混んでいる雷門前。8割方外人観光客に見える。


初めて上った、雷門前の「浅草文化観光センター」の8階からの眺め。なかなかの絶景!


雷門の大提灯をこんなに近くでゆっくり眺めたことはなかったかもしれない。


雷門の横で暑さでバテぎみの外人少年観光客のグループと、待ち人来たらずのおねーさん。


浴衣女子は皆元気であった。


人並み続く仲見世通り。




見た目だけは涼しげな緑の軒から「宝蔵門」を見る。


「ここがー いつもの あっしの居場所でさー!」。


甍のBig Wave!波に乗ったシャチホコ瓦。


ひしめく観光客。本堂より。


本堂内。見上げる天井絵。


裏方COLOURS。


頑張る"宣伝女子ーず"。


開演前!


店先の"招き猫"。


手形で"サヨナラ"。

・・・end.
次回は隅田川界隈に架かる橋では最古の「南高橋」とその付近を・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.57 中央大橋(隅田13橋 その6)

2016年07月15日 | Tokyo Photo
中央大橋=中央区内、新川2丁目と佃2丁目を結ぶ橋。
隅田川に架かる橋では2番目に新しい、平成5年完成の橋。
最も新しい橋は"千住汐入大橋"(平成18年完成)。
それだけに外観も現代的で洗練されている。

スミダテラス上流側より。佃島タワービル群と。


鋼鉄製の極太ワイヤー、計32本で斜張りされている。


主塔下のバルコニー上流側に設置されている「メッセンジャー」と題される彫像。(フランス、パリ市より寄贈)


隅田川に架かる橋では唯一橋自体がカーブしている。




対岸の石川島公園でくつろぐ人たち。その奥は相生橋。


V字の主塔の中の佃島・センチュリー・パークタワー。


中央大橋から見る下流の"佃大橋"。隅田川に架かる橋では一番地味かもしれない。


ビルに映る中央大橋主塔。


石川島公園からの中央大橋。


佃島公園を中央大橋に向かって歩いているとこんな場所がある。


中央大橋夜景。(佃島公園より)


八重洲通り・新川2丁目付近より。

・・・end.
次回は浅草寺・梅雨の晴れ間の半日散歩です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.56 本海野宿

2016年07月09日 | 旅写真
番外編ー10
本海野宿(長野県 東御市)撮影日:5月19日

真田家の祖とされる海野氏。真田昌幸が上田城築城の際、海野の住民を城下に集め海野町をつくらせました。
そして元々の海野の地が「本海野」となりました。

海野氏と真田氏を祀る宿の入り口の「白鳥神社」。




白鳥神社となりの「旧地蔵寺」前の石塔群。


立派なお屋敷の「ふくじまや」矢島邸。


海野格子の家。(二階部分の格子=長短2本ずつの格子)


お金持ちのバロメーターとされる"うだつ"。元は防火壁だそうだが、その実力の程は?
江戸期の"本うだつ"(左)と明治期の"袖うだつ"。
 
うだつ=卯建

自家栽培のアスパラを売るお宅。

残念ながら定休日だった蕎麦店。


蔵のある家。




白壁の路地。


水路の黄花菖蒲。


学校帰りの子供たち。

・・・end.
次回は久しぶりに東京・隅田川 中央大橋です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加