TOKYO PHOTO SKETCH by Morisan

"TOKYO PHOTO SKETCH"はその名の通り写真で東京を撮らえたものです。平凡ですが観て頂けたら幸いです。

Vol.72 犬山城、大垣城、関ヶ原を巡る

2016年11月12日 | 旅写真
犬山城、大垣城、関ヶ原を巡る(西国周撮の旅 その4)

国宝「犬山城」は神社(猿田彦神社)の奥にある。
築城は信長の叔父織田信康。以後、城主は秀吉など目まぐるしく変わり、江戸期からは尾張藩付け家老
成瀬正成が城主となる。以後、明治まで成瀬氏が城主を受け継ぐとある。


カラフルな石垣の上に建つ犬山城天守。


その天守から観た木曽川の眺望。(ライン大橋と伊木山)


そのライン大橋から観た犬山城と犬山橋。


犬山城下の家。


「大垣城」
大垣は湧き水の街である。大垣市発行の「湧き水マップ」によると23か所もある。
その一か所(大手いこ井の緑地)で私もその恩恵に与る。(2ℓのペットボトル2本だけでしたが)


大垣城主 戸田氏鉄の像。石田三成は関ヶ原の合戦前にこの大垣城に入り徳川軍との戦に備えたという。


東門と朝日に照らされる大垣城天守。




西門からの大垣城。


「関ヶ原」
石田三成の陣の下の駐車場に車を止めたせいかこの後、西軍諸侯の陣址を廻ることになる。






関ヶ原古戦場の碑。


関ヶ原の蕎麦畑?


ご夫婦らしきお二人が畑仕事に勤しむ奥に見えるのが三成の陣址。


島津義弘陣址。


小西行長陣址。


秋めく関ヶ原の一景。(ススキと思いきやオギ)


戦国武将の中でも人気のある大谷吉継の墓所。

墓には綺麗な花が。

10分ほど歩いた場所に大谷吉継陣址がある。


西軍を裏切った小早川秀秋が陣取った松尾山が見渡せる「松尾山ビューポイント」


古戦場の中を行く径。



・・・end.
次回は「琵琶湖サンセット」です。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.71 奈良井、妻籠、馬... | トップ | Vol.73 稲村ケ崎 Sunset Wat... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。