奈良市の歯科医院 森歯科クリニックスタッフブログ

奈良県奈良市の歯科医院 森歯科クリニックのスタッフが歯のことをはじめ、色々なことを書いていきます!

スタッフの浅川です

2017年03月21日 | スタッフのきまぐれ日記
最近リコールで来院されている方の磨き残しチェックをした結果、
歯と歯の間に汚れが残っている患者さんが多く見られます。
口の中は唾液・舌・粘膜などの作用で、
ある程度までは自然にきれいになることが分かっていますが、
歯と歯の間や根元の近くなどのように入り組んでいる部分は
本来の自浄作用が及びにくく汚れが残りやすくなります。
歯ブラシで磨いても、歯の噛み合う部分と、際の周りは綺麗になりますが、
歯と歯の間は、歯ブラシ又はフロスを使用して取り除かないと
いつまでも汚れたままになってしまいます。
電動ブラシであっても同じことです。
この磨き残した部分から虫歯や歯周病が始まってしまいます。
いつもきれいに磨けているところは虫歯にも歯周病にもならないのです。
この磨きにくい場所の掃除に歯ブラシだけでなく
もうひつの道具を使用することをお薦めします。
歯周病で歯と歯の間に隙間が出来てしまって食べかすが詰まりやすい方には歯間ブラシ、
今までに歯と歯の間から虫歯になった経験のある方にはデンタルフロスの使用をお薦めします。
今まで歯ブラシが難しかった部分が簡単にきれいになります。
どっちを使った方がいいかわからない方や、歯間ブラシにもサイズが色々あるので、
サイズを見てほしい方は遠慮なく衛生士にお尋ね下さいね(^ ^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん消滅の罠 完全寛解の謎 | トップ | スタッフの新谷です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL