奈良市の歯科医院 森歯科クリニックスタッフブログ

奈良県奈良市の歯科医院 森歯科クリニックのスタッフが歯のことをはじめ、色々なことを書いていきます!

スタッフの中原です

2017年07月13日 | スタッフのきまぐれ日記
こんにちは、スタッフの中原です。

最近ますます暑くなってきましたね。

みなさま、熱中症には気をつけてしっかりと水分をとってくださいね。

今回は年齢を重ねるごとに起こる、お口の中の様々な変化についてついてお話します。

まずは歯についてですが、歯周疾患にかかり本数が減ったり、

すり減って形が小さくなったりします。(すり減ることを摩耗といいます)

また神経や血管が収まっている歯髄腔という空間が狭くなり、

新しい象牙質が作られるので、温熱刺激に鈍感になります。

よって、虫歯になっても痛みも感じにくくなり発見が遅れる可能性が高くなります。

次は歯肉に関してですが、弾力性が低下して張りが失われます。

また歯肉が退縮するので、歯の露出部分が増え伸びたように見えます。

唾液分泌量も減少して口腔内は乾燥しやすくなり、

舌も、味蕾という味を感じる細胞が減少・萎縮して味覚が鈍くなります。

味覚の基本味である甘味、塩味、酸味、苦味の中で加齢による感度の変化が最も大きいのは塩味で、最も小さいのは酸味です。

こういった様々な変化が起こりますが、その原因は長期間に及ぶ外来刺激や細胞の減少・萎縮です。

加齢は全ての生き物に起こることで避けては通れないので、しっかりとお口の中のお手入れをすることが大切ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大谷翔平 | トップ | スタッフの浅川です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL