行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2017年11月5日(日)の日記

2017年11月05日 | 日記

今年の妙典まつりは、上妙典の神輿の展示と渡御実演が行われると聞いた。渡御実演は午後12時半からというので、その前に会場風景などを撮影する時間を取るのを考え、正午少し前に着くように行く。

妙典センタービル前に設けられたステージとその前の観客席。

模擬店テント。

少し前、妙典センタービルやイオンで関ヶ島の後藤神輿(すでに廃業)が製作した神輿が展示されているのを発見したが、その神輿は今日は駅前広場で展示されていた。

その後ろをチーバくんが通っていった。

上妙典の神輿は車道に置かれ、渡御実演の開始待ち。

午後12時半になって渡御実演開始。

また渡御の間、駅前広場の一角で末広太鼓の演奏が行われた。

上妙典の神輿は駅前広場の車道を一周。その間、都合4回の行徳揉みを行った。

差し。

地すり。

千貫神輿と呼ばれる重量級神輿での行徳揉みは、上妙典流儀で行われ、差し・地すりの順になる。放り受けはやらない。

3年前の2014年、前回の上妙典の祭礼だが、妙典一、二丁目の渡御だけでなく、この千貫神輿を車で妙典駅前まで運び駅前広場での渡御も予定されていた。ところが台風接近による大雨で、渡御は時間を短縮して妙典一丁目だけとなった。今回の妙典まつりでの渡御実演は、3年前に中止になった妙典駅前広場での渡御が形を変えて実現したということにもなる。

30分ちょっとで渡御実演は終了。

自分のほうは昼飯を食べないといけない。妙典まつりの食べものを売っている模擬店はどこも長蛇の列。それで高架下の松屋プレミアム牛めしを食べる。

あとは午後2時半から行われる子ども神輿と太鼓の山車の巡行がある。それまでの間、ユニクロへ行って冬用の衣類を買ったりする。

子ども神輿。

そして太鼓の山車の最初だけ写して見送り、帰途につく。

帰ってから撮影した静止画と動画をパソコンへ移し、まずは動画の編集。動画は上妙典神輿の渡御実演を撮影した。

編集してYouTubeへアップロード。動画の時間は3分38秒となる。

 

晩飯は行徳駅前へ行って、サイゼリヤミラノ風ドリアわかめサラダ

 

3連休初日に行徳駅前のイルミネーションを写した。

去年は北口側・南口側それぞれの広場で1本ずつだけ樹木にイルミネーションが施されていた。今年はそういうのはやらないのかと思ったが、12月になってからイルミネーションを付ける予定があるという情報を発見した。行徳駅前だけでなく、南行徳駅の北口側(ロータリー側)広場にもその時期にイルミネーションを実施する予定。

市川市の公式サイト内に、「南行徳駅等周辺イルミネーション設置管理業務委託の一般競争入札のお知らせ」が11月2日付で掲載されていて、そこで公開されているPDFの「仕様書」を開くと詳しい内容が分かる。

行徳駅前の北口・南口は去年のような1本ずつではなく、背の高いクスノキはすべてイルミネーションが設置される。色はアクアブルー。

南行徳駅前はロータリーの5本と歩道の2本の背の高い樹木。それとロータリーの植込み。色は樹木はシャンパンゴールドで植込みがホワイト。

設置時期はいずれも12月上旬から中旬。設置後の点灯は毎日午後5時から午後10時で、期間は来年2018年の2月14日まで。

今は設置と管理、期間終了後の撤去を行う業者の競争入札募集中。順調に進めば12月中旬に、東西線の行徳地区各駅前にイルミネーションが灯ることになる。自分のほうは、そのときはまた各駅前へ見に行く、いや、行徳雑学館のレポートに載せるために写真を写しに行くことになるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2017年11月4日(土)... | トップ | 2017年11月7日(火)... »