行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2009年7月19日(土)の日記

2009年07月19日 | 日記

朝6時前に目覚ましを合わせておいて、まずは天気予報を見る。関東は曇りで、周辺は雨のマークが付いている。おまけに、関東は南からの風が強くなると言っている。じゃあ、自転車で出かけるのは今日はやめておいたほうがいいなと思って、また寝る。起きたのは9時ごろ。

音楽を見るとか映画のDVDを見るとかもいいけれど、今日はホームページの更新に取り組むことにする。行徳のアルバム3の地域の風景は2004年の途中までUPしてあったが、続きをやって2004年末までの画像を追加する。そのほか、こまごまとした部分の直しなどをやる。 

この週末から各地域の盆踊り大会が始まっている。トップページのレポートにまだ一度も取り上げたことがない地域のを載せようと思い、午後7時を過ぎたあたりで香取一丁目と二丁目の盆踊り大会に行く。行徳と南行徳の中間で、自分の住んでいるところからも近いのに、盆踊り大会を一度も見たことがなかった。

まずはバイパスより旧道側の一丁目。香取公園での盆踊り大会へ。

そのあと、二丁目のほうへ行こうと行徳郵便局そばの信号でバイパスを渡る。郵便局の斜め後ろにあるのがうなぎの黒田

今日はニュースでも土用の丑の日だと言っていた。実はこのうなぎ屋は、かきいれどきであるはずの土用の丑の日に休むので知られている。実際に明かりが落ちて、入口のところにも休みの貼り紙がしてあった。

話には聞いても、土用の丑の日に店の前を通ったりしない限りは、なかなか信じられない気がしていた。こうして休んでいるのを見ると、やはり本当だと納得した。

休む理由ははっきりとは知らない。いつもよりも多くの量を処理するのが、単に大変だからだとか、人手が足りないからとか、おざなりになって味が落ちてしまうからだとか、いろいろな説があるようだが...

香取二丁目の盆踊り大会は、欠真間との境界の欠真間側にある欠真間公園で行われている。香取二丁目には公園や学校、神社などがないからだ。

二つの盆踊り大会を写して晩飯。バイパス沿いにある中華の百味亭に行く。

低価格を売りにしているし、また店内もきれいに保たれているし、家族連れを中心になかなか賑わっていた。

日が落ちてからちょっと外を歩いてもやっぱり暑いから、まずは生ビール。そして、豚肉と豆腐の田舎風炒め水餃子

生ビールはもう一杯飲んでしまった。締めは海鮮炒飯

帰ってから、盆踊り大会の画像でトップページレポートを作り、行徳のアルバム3などと一緒にUPする。

明日は、気温も少し下がって、穏やかな天気になりそうな予報が出ている。予報が当たることを期待しよう。